ブガッティ単語

ブガッティ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ブガッティとは、ドイツもしくはフランス自動車ブランドである。

概要

正式名称ブガッティ・オトモビルBugatti Automobiles SAS )はフランスに本社を置く自動車メーカーである。今のブガッティはフォルクスワーゲンが往年のブガッティの商標権および製造販売権を獲得し100%子会社として1998年に買収、ブランドを再生させた物である。

本拠地はフランス、モルスハイム近郊のドリスハイムでフォルクスワーゲン2000年12月にブガッティを正式に設立した際。1856年に造られ創業者エットーレ・ブガッティがゲストハウスとして使っていたシャトー・サン・ジャンを購入、装し本社とした。以前のブガッティの工場はスネクマが手放さなかった為、このに「モダンアトリエ(本社)の南隣に建設する」と発表し新しく建設された。

歴史

1909年イタリア出身の自動車技術者、エットーレ・ブガッティがアルザス(当時ドイツ領)に創業。1940年代初頭までに高性スポーツカーレースカーを製造している。

1987年れてしまっていたブランドイタリアの実業ロマーノアルティオーリが手に入れ、モデナ(イタリア)に設立、ブランドを復活させる。1995年に経営破綻する。

1998年ドイツフォルクスワーゲンが買収、ブガッティの創業地・アルザス(フランス)に移し設立する。現在まで「ブガッティ」のブランド自動車の製造・販売を行っている。

イタリア人によるフランス車 1909年~

ブガッティ社の創始者、エットーレ・ブガッティは1881年、イタリアはブレシア芸術の一族のに生まれた。彼は若くして「プジョーべべ」等多くの自動車の設計に携わり、こうして生まれた数々のは彼の評価を高めることになった。

こうして自信をつけたエットーレイタリアを飛び出し、1909年、当時ドイツ領であった(現フランス領の)アルザス地方にある小さな町、モルスハイムに移り、ブガッティ社を設立した。しばしばドイツ自動車メーカーと表記されるのは誤記ではなく、このためである。

エットーレ革新者として多くのエンジン自動車を設計し、モータースポーツにおいてフランスグランプリでの勝利を皮切りに、第1回、2回、3回モナコグランプリでの3年連続優勝、タルガ・フローリオでの優勝などかしい成績を残した。この頃がブガッティの頂点だったと言っても過言ではいだろう。

その後はガソリン気動車航空機エンジンの設計にも乗り出したが、商業的に成功しなかった。そして1939年、エットーレ息子ジャン・ブガッティがレースカーテスト中に事故を起こし死亡してしまう。これは非常に致命的であった。ジャンは若き日のエットーレのような革新者であったが、エットーレはもはや革新者ではなく、SOHC、リジットサスなど古い技術に固執する老人となっていたためである。それを示すように会社の業績は下を向くようになる。さらに第二次世界大戦でモルスハイムの工場は破壊され、1947年にはついにエットーレ・ブガッティが他界する。

第二次大戦後、絶体絶命危機にブガッティは復活の狼煙を上げるため、1950年から創設されたF1世界選手権に参戦した。が、出来たマシンは危険極まりなく、ドライバーが「命が惜しい」と言って自らシートを降りたほどであった。この原因はジャンであったローラン・ブガッティがエットーレと同じくリジットサスに固執したため、と言われている。こうしてブガッティは自動車メーカーとしての幕を下ろした。

その後はルヴァロワ工場で飛行機エンジンを細々と生産しイスパノ・スイザ社に納入していたが、1968年にスネクマ社(現・サフラン)に併合された。現在サフラン下のメッサー・ブガッティ社として飛行機ブレーキ・ホイールを製作している。

イタリア人によるイタリア車 1987年~

こうして自動車メーカーとして永遠の眠りに付くかと思われたブガッティだったが、1987年イタリアの実業ロマーノアルティオーリが突如としてブガッティの商標を手に入れ、ブガッティの復活計画が持ち上がる。

こうして、上記のメッサー・ブガッティとは関係のい、ブガッティ・アウトモビリS.p.A.が設立された。開発はランボルギーニカウンタックパオロ・スタンツァーニとマルチェロガンディーニのコンビに決まり、二人はカウンタックの後継し開発を進めた。

が、それはアルティオーリが望んでいた「フェラーリ的なスーパーカー」ではかったため、スタンツァーニ、ガンディーニ両氏と対立し、二人はプロジェクトを途中で去ることになった。結局フェラーリ・F40エンジニアであるニコラ・マテラッティランチア・トレビの内装を担当したジャンパオロ・ベネディーニが後を引き継ぎ、ブガッティ・EB110完成した。

EB110は予想以上に売れず、生産されたのは139もしくは154台といわれている。その後EB112というコンセプトモデルを発表するが、ロータスを買収するなどの過剰投資がたたり、倒産してしまう。

その後EB110パーツはレーシングコンストラクターとして有名なダウアー社に引き取られ、製作途中の車両を引き継ぎ、ダウアーB110として数台が製造された。また、ダウアー社の他にもブガッティ・アウトモビリS.p.A.の副社長であったジャンマークボレルがパーツを買い取った後に新会社、Bエンジニアリングを設立し、エドニス・V12というスーパーカーベースにもされている。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブガッティ

1 ななしのよっしん
2010/07/11(日) 19:48:15 ID: yblQDhmcVT
!と言いたい所だけど。
今のブガッティを中心に過去ブガッティ歴史として簡潔に取り上げた方がええ様な気がするw
2 ななしのよっしん
2013/01/14(月) 19:31:40 ID: +vqIbfvb23
イタリア人がドイツしたブランドの名が
またイタリア人によってって結局ドイツに帰るというのが因縁めいて面い。
それでもなんとなくフランスブランドのように思えてしまうのは
戦前フランス時代にフランスとして獲得した
やかな高級レースでの名がどれだけ大きかったかのなんだろうな。

>>1
自動車史上の重要性のほとんどがオリジナルブガッティの物なんだから仕方ない。

急上昇ワード