ブラ=サガリ単語

ブラサガリ
  • 31
  • 0pt
掲示板へ

ブラ=サガリとは、ジェダイ騎士オビ=ワン・ケノービ戦闘の際使用する究極の義である。

概要

この技は、一般人から見ると高所にぶら下がって危ないように見えるが、勝利フラグを簡単に立てることができるという恐ろしい技である。

この技は状況と効果から二種類に分けることができる。自分からぶら下がりにいき発動させる動的ブラ=サガリと、相手に吹っ飛ばされたりなどして発動する受動的ブラ=サガリである。後者の方が較的勝利フラグを立てやすい。

一方でこの技には自分の武器を落としやすいという欠点があり、この技を極めたオビ=ワンでさえこれを防ぐことは不可能である。しかし、わざと武器を落とすことで集中を高めているという説もあり、武器を落とすこと自体がブラ=サガリの効果をより発揮する条件とする説もある。

なお、このブラ=サガリには上位技としてチノ=リが存在する。詳細は後述。

オビ=ワン以外の使用者

アナキン・スカイウォーカー / ダース・ヴェイダー
EP3惑星ムスタファーにて使用。ダークサイドに堕ちた彼は、この地にて恩師オビ=ワンと対決する。お互い長所を潰し合う「」故、戦いは長期化。切迫した状況の中、ついにブラ=サガリを発動するオビ=ワン。だが、長年連れ添った子はそれすらも想定の範囲内だったのか、自らもブラ=サガリを発動し、その効果を打ち消すことに成功する。ブラ=サガリですら勝利フラグを立てられない最大の敵を前に、オビ=ワンは苦渋の決断を下す。
ルーク・スカイウォーカー
EP6で惑星タトゥイーンにて使用。親友ハン・ソロを救出すべくジャバ宮殿に赴いたルーク。しかしそう簡単には行かず、ジャバの部下の手によって拘束されてしまう。ルークハン・ソロ共々、タトゥイーン砂漠に潜む危険生物・サーラックに食べさせられそうになるが、この「落ちたら命の保はない高所」という状況は、一通り修練を積んだ彼にとって好都合だった。緊の一、ジャバの部下が彼を突き落す直前に、彼は自ら飛び降り、体を捻って乗っていた足場にぶら下がった。この行動と共にBGMメインテーマへと切り替わり、彼の勝利が確定した。なお、BGMまでもが味方をしたのはサーガを通じて彼一人である。
ヨーダ
EP3惑星コルサントにて使用。パルパティーン議長として長きに渡り機会を伺っていたシスの暗ダース・シディアスを打ち倒すべく、ヨーダは単身最高評議会会議室へと潜入する。奇しくも同じ「」を使用していたシディアスヨーダ。その性質から戦いは化、双方一歩も引かない拮抗した戦いを繰り広げる。シディアスフォースの電撃を受け止め、その場で弾き返すヨーダ。だがその威はすさまじく、シディアスだけでなく自らも吹き飛ばされてしまう。とっさにブラ=サガリのチャンスと判断したヨーダは議長席に掴まろうとするが、普段ブラ=サガリを使うまでもなく勝利してきたためか練度が足りず、失敗。シディアスがしっかりとブラ=サガリを行っていたこともあって、敗走せざるを得なくなった。
ダース・シディアス
EP3惑星コルサントにて使用。長きに渡る計画が佳に入り、ジェダイの大半を殺することに成功したシディアス。偉大なを持つ子も得て、順満帆。彼はここで偉大なるジェダイマスターヨーダとの決戦に臨む。拮抗する戦いの中でブラ=サガリの機会を見つけた彼はすぐさま発動。ヨーダを上回る素い機転で勝利フラグを掴みとったが、引き際を正確に判断したヨーダを倒すには至らなかった。おそらく、ヨーダも不全ではあるがブラ=サガリを行っており、効果が薄れてしまったのだと考えられる。

名言

ブラ=サガリはヴァーパッド以上にダークサイドに近いであることを私達は決して忘れてはならない。

オビ=ワン・ケノービ

上位奥義チノ=リ

チノ=リはブラ=サガリをマスターしたオビ=ワンが開発したブラ=サガリの上位義である。ブラ=サガリよりも難度の高い条件で発動し、その効果も偉大なるジェダイ騎士が使うにはあまりにも強で凄惨なものであることから、開発が済んでからも使用することはなかった。

だが、ブラ=サガリを相殺できるまでに変わり果てた子から銀河を守るため、 そして子自身をその業から救うため、彼は苦渋の決断を、チノ=リを使うことを決めたのである。

チノ=リ発動の条件

  • ブラ=サガリが相殺されていること。
  • 相手がダークサイド、もしくは悪人であること。
  • 相手が傲慢であること。
  • 相手とべ、発動者に地の利があること。
  • 残りの尺が短いこと。

上記の条件を満たし発動されたチノ=リは、アナキンの両脚と左腕を切り落としたばかりか、彼の全身を焼き尽くすという結果を生み出した。想定通りの結果…いや、苦楽を共にした友人であり、でもあるアナキンのその姿は、オビ=ワンに想定以上の大きな苦痛を与えた。

コラム:フェット親子とジェットパック

銀河一恐れられる凄腕の賞稼ぎ・ジャンゴ・フェット。自在にを飛び多な武装からなる攻撃は悪なダーク・ジェダイすら打ち倒し、万全の状態ならばジェダイマスターとも相対できるとされる実者。息子であるボバ・フェットもジェダイれた銀河父親譲りのセンスと武器で活躍しており、その実ダース・ヴェイダーですら「お気に入り」とするものであった。

そんな隠れた実者であるフェット親子を苦しめたのは、他のでもない、その背に負ったジェットパックであった。自在に宙を舞うというジェダイですら真似できないことを行うことができるジェットパック。各上の相手に対して戦いを有利に進めることができるそのアイテムは、存在自体が敗北フラグなのかもしれない。

関連動画

ブラ=サガリ習得の際に参考となる動画を以下に記す。「チノ=リ」と思しきものも映されているが、詳細は不明。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 31
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%A9%3D%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブラ=サガリ

228 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 03:01:18 ID: m/3GIItPWL
ネットで言ってる分にはいいけど、リアルで話してるときにブラ=サガリとか言われると幻滅するよね
229 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 17:42:40 ID: GrioiZXQPa
パダワンでも使える技だからそれほど強い義かどうかは疑問もある
あるいはオビワンが傑出して優れたジェダイだったのか
230 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 17:54:41 ID: fNS+xg1ikT
>>229
ヨーダドゥークー伯爵クワイ=ガンオビ=ワンと受け継がれていくうちに洗練されていった基本技なんだよ・・・多分。
231 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 15:29:33 ID: fYdW5brYIZ
チノチャンを得たぞ!
232 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 10:43:39 ID: 2OlpTpr0oX
なっちなっちうるさいのはI have the high ground.の時点で海外ネタにされてる事を知らない時点で色々ダメっすね
暗黒面に落ちてないか確認するといいよ
233 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 22:35:23 ID: 2NL+aL1AhM
戸田奈津子の例の訳の最大の問題は、「地の利を得たぞ!」ではなく、「It's over, Anakin.」を「お前の負けだ」と訳したこと。
It's over, Anakin.」には「終わりだ、アナキン (だからもうやめろ)」というニュアンスがあるのに「お前の負けだ」と訳したことで原文のニュアンスが消えてる。
234 ななしのよっしん
2019/09/26(木) 01:18:56 ID: mDcPWB80tW
>>233
別に戸田さんひいきではないが、
お前の負けだ(だからもうやめろ)」
でいいんじゃない?
235 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 18:15:38 ID: 2NL+aL1AhM
>>234
「(勝負の勝敗を含めて、これでもう何もかも)終わりだ、アナキン(だからもうやめろ)。」
It's over」は直訳すると「事が終わる」だが、「全てが終わる/何もかもが終わる」という意味がある。
例:「~ until/till it's over.」→「全てが終わるまでは ~」
It's not over.」→「何もかもが終わったわけではない」
It's over, Anakin. I have the high ground.」はオビ=ワンからアナキンへの最後通牒。実際、オビ=ワンは戦いの中でアナキンへ説得を試みている。

よく、「I have the high ground」は「実が上だ」と「地形的に上だ」のダブルミーニングとされるが、個人的には納得できない。
まず、「I have the high ground」を「地形的に上だ」と解釈するのは(全に間違いではないが)おかしい。"high ground"には高台/高所という意味もあるが、敵または競争者に対する優位な立場という意味がある。
例のシーンでは、アナキンは筏の上にいて足場が不安定だが、オビ=ワンは地面の上にいるので足場が安定している。よって、「(高所にいるだけでなく足場がアナキンよりも安定していることを含めて)私の方が有利だ」と解釈すべき。
「実が上だ」という解釈もおかしい。単純な強さだけで言えば、当時のアナキンオビ=ワンよりも間違いなく上。オビ=ワンは防御に長けたソレスアナキンの猛攻をなんとか耐えている状態だった。
アナキンを挑発する意図があったのなら話は別だが。実際、オビ=ワンが「I have the high ground.」と言った直後にアナキンは「You underestimate my power! (を見くびるな!)」と言っている。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
236 ななしのよっしん
2020/01/13(月) 23:10:46 ID: Bbzq1SXtUv
アナキンオビワンパルパティーン
3人同時にブラ=サガリしてるシーン
なんかシュールで好き
237 ななしのよっしん
2020/03/28(土) 18:09:44 ID: pEc9IDWvb6
地の利を得たぞはアナキン役のヘイデンが急な坂を登るのが嫌いだったのを元にしたらしいな
ようつべIGN 地の利で検索すると出てくる
戦いの結末が当初は違っていた事にも触れてるけどよく理解できなかった…オビワンが自分のセーバー引き寄せたらアナキンの体を切ったってことかな?

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

総統閣下シリーズ DYNAMIC CHORD 神之塔 加賀美ハヤト AGRS 杉田智和 大蛇丸の人 桜色