ブラフォード単語

ブラフォード

ブラフォードとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険』第1部「ファントムブラッド」の登場人物である。

CVはそれぞれ、奈良徹劇場版アニメ)、津田健次郎テレビアニメ版)、神奈延年PS2ゲーム版)。

概要

名前の元ネタバンドyes」のメンバー ビル・ブルーフォード。かつては日本語カタカナ表記ではビル・ブラフォードと書かれていた。

作品中の歴史上の人物としてのブラフォード

ジョジョの奇妙な冒険第一部の舞台となる19世紀から遡ること300年も前の話、ブラフォード騎士に生まれる。

家族を皆亡くし、騎士としての鍛錬の中で一人孤独に耐えていたのだがそこをスコットランド女王メアリー・スチュアートに気に入られ、以降はタルカスと共に忠を誓った。

一見すると体は小さく見えるのだが身体は侮れず、30kgのを身に着けたまま5kmの河を泳ぎ切り、向かいにいた敵軍を単独で奇襲するほどの体と肝をそなえている。また、成功者がわずか5人しかいないとされた「77輪」にも成功している。これらの難関を乗り越えられた要因には優れた身体は当然として、自らの髪の毛を自在に操る「死髪舞剣(ダンスマカブヘアー)」のによって細い体のハンデを補っているということが挙げられる。

しかし、ある時君のメアリーの夫がの死をとげ、イングランド女王エリザベス一世はこともあろうに「夫を殺した犯人メアリーである」というでっち上げを開した。当然民が黙っているわけがなく、内いたるところの貴族女王メアリーに対して矛を向ける形となり、たちまちメアリーが従えていた軍のうちタルカスブラフォード率いる軍以外のすべての軍が壊滅してしまった。

そこでエリザベス一世はタルカスブラフォードに「投降すればメアリーの命を助ける」という交渉を持ちかける。忠を誓った女王のため命を差し出した二人であったが、処刑される寸前にとうにメアリーが殺されてしまったという衝撃の事実を知らされてしまう。タルカスもだが、ブラフォードの憎悪は非常に強く、死刑執行人の足に長い髪の毛が絡みつき蝕みながら死んでいった。

このことは19世紀のイギリスの教科書にも書かれており、イギリス人で知らないものはいないといわれている。 ちなみに、現実歴史実在する人物と関わっているために勘違いされやすいが、ブラフォードタルカス実在の人物ではなくフィクションである。

屍生人としてのブラフォード

この殺される直前の恨み、憎しみをつけたのがディオであり、処刑から300年たった19世紀にディオに忠を誓い屍生人となってこの世にる。しかし生前の戦士としての誇りを捨てたわけではなく、対峙したジョナサン・ジョースターとの決闘を「このブラフォードにこの者の命の幕を引かせていただきたい」と願ったほど。

ブラフォードジョナサン決闘は一旦の中で行われ、水中戦に勝るブラフォードによりジョナサン水上に出ての呼吸をすることができず波紋を封じられてしまう。しかし、ジョナサンは「逆に考えるんだ」というの教えを思い出し、面に上がるのではなく、逆に地盤沈下によって底に閉じ込められた酸素を吸い、水中のための波紋疾走を放つ。だがブラフォードは、額に傷を負うも水中を伝わる波紋と同じさで一水上に泳ぎ逃れることで、何とか波紋を回避し致命傷には至らなかった。

そして最終決戦の場は陸の上となり、ブラフォード死髪舞剣ジョナサンの動きを止め、で止めを刺そうとする。しかし、ジョナサンカウンターにより逆にを経由して銀色波紋疾走を流され腕が融解してしまい、続けてジョナサン山吹色の波紋疾走を叩き込まれることで致命傷を負わされるのだった。しかしブラフォードは、全身が融解しはじめ醜い姿になりながらも立ち上がり、再びジョナサンに襲い掛かる…と思われたのだが、ジョナサンピクリとも動かず、それどころかブラフォードジョナサンにあてただけで止めてしまう。

ブラフォードは既に波紋により屍生人としての身体が砕け散っていた。しかし、それは高らかな人間の精を取り戻したでもあった。この時ブラフォードジョナサンのことを「300年経った世界の友人」と考え、互いが互いに対して敬意を表し、ブラフォードジョナサンに対して自分のを差し出した。そのには「Luck(幸運を)」の文字が刻まれており、さらに彼は自分の血で"P"を書き込み「PLuck(勇気を)」としてジョナサンに渡し、満足した顔でこの世を去った。

ゾンビでありながら生前の誇りを失わず、一対一での戦いにこだわり、水中でも相手だけでなく自分にもハンデを与え、機転でピンチを切り抜けるジョナサン勇者の素質十分と称え、最後にはジョナサンを友と呼び散っていく様は第二部のワムウに通じるところがある。

死髪舞剣(ダンス・マカブヘアー)

髪の毛を利用した彼独自の闘法。髪の毛自由に操ることができ、それによりをつかんで攻撃したり、相手の体を拘束して投げたり縛り付けたり出来る。また皮膚を貫く鋭さを持ち、おじぎのような膨圧運動することにより髪の毛から相手の血を吸ったりできる。伸縮自在なため、たとえ波紋髪の毛を破壊されてもすぐにまた伸びていく。

詳細は死髪舞剣の記事を参考。

死髪舞剣自体は生前も使用していたが、基本的にはを振り回すことによる戦いの方法であり、血を吸ったりいくらでも伸びるといったものはゾンビになってから手に入れたものである。ただし、処刑の直前に髪の毛処刑人の足に絡み付いて食い込んでいたり、第4部に登場する山岸由花子が吸血要素以外まったく同じスタンドを使っていたりするので、ファンの間では実はスタンド使いだったのではないかと噂されている。

ゲーム作品のブラフォード

ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド

PS2ゲームジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」にも登場している。

このゲームゲームバランスがぶち壊れていることで有名だが、このブラフォードとの戦いはそれが顕著に表れた戦いとなっている。ゲーム後半部分にて最難関じゃあないかとさえ言われている(但しゲーム全編にて最難関とは謳われていない)。

ディアボロの大冒険

フリーゲームディアボロの大冒険」でも敵キャラクターの1人として登場する。

髪の毛を絡みつかせ動きを封じ、続いて髪の毛を介して養分を吸収、満腹度を大きく減少させてくる。
ハイウェイ・スターと同様で、攻撃のダメージ以上に満腹度ダメージを与えてくるので食料など満腹度を回復する手段がいと、ヘタな敵よりも厄介。さらに一旦絡みつかれたらその場から動けなくなるので対策は十分用意を。
ちなみに吸血鬼属性の敵なので波紋体質になれば大ダメージを与えられるので、殴り合いでも大分倒しやすくなる。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブラフォード

11 ななしのよっしん
2014/07/27(日) 06:58:54 ID: 7JeCG6xNse
王権時代に民の意見なんてあんまり関係ないからな。
単に大義名分としたってだけだろう。
12 ないちゃん
2014/12/20(土) 14:51:26 ID: 4HkAN/2wpM
ぬん
タイトル:ぶら
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

13 ななしのよっしん
2014/12/24(水) 22:37:47 ID: AbdxUdTOG+
一部ラストジョナサンとその仲間たち(仮称)の集合絵にもいる辺り人間として認められたってことなんだろうか

なおタルカスはただのゾンビで終わった模様

あとブラフォード戦は波紋疾走の連発も見所だと思う(スカーレット→ターコイブルーメタルシルバー→サンライトイエロー
14 ななしのよっしん
2015/06/17(水) 11:24:20 ID: lbrAKYQNrV
>>13
ディオ被害者の会の面々な…
個人的にはタルカスも入れてやってほしかったね。
結局最後まで正気には戻れなかったけど…
いや、だからこそ余計に可哀想な存在だと思う。
15 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 00:18:19 ID: KJlyB8BUd9
>>14
タルカスは本性を露わにしただけで被害者でも何でもないんだよなぁ…
16 ななしのよっしん
2016/06/21(火) 18:20:07 ID: hTvKwzw9H/
>>15
タルカスは元々ブラフォードと同じ騎士が高いだったのにディオのせいでただの化物になったっていう点では被害者じゃない?
17 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 13:14:11 ID: QdrY3vPE6p
タルカス暴ではあっても元々君の為に命捨てられるくらいの倫理観の高さは持ってるからな

世の中に対する憎悪はタルカスの方が上回ったというだけでは

もしくは単に順番が違ったらブラフォードタルカスと同じ反応したかもね
ブラフォードタルカスに関してはその程度の違いしか感じられない
18 ななしのよっしん
2018/03/23(金) 09:28:37 ID: q4wY4Kqu5S
>>15
本性とかじゃなくて、ゾンビ化の影だろう
生前見た感じだと、ブラフォードと同じように
心からメアリーに忠を誓っていたみたいだし
19 ななしのよっしん
2018/03/30(金) 03:06:02 ID: qEBQErPzKP
後のGガンの復活チャップマンにタルカス特有の戦場での暴性だけ残して増幅させたみたいなもんだろう
ブラフォードはたまたなんとか解き放つ機会があっただけ
20 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 19:22:19 ID: IJUTza0kq7
現実歴史実在する人物と関わっているために勘違いされやすいが、ブラフォードタルカス実在の人物ではなくフィクションである

当時の子供なんてまさに実在の人物と思い込んだかもね。
インターネットも普及してない時代、子供情報なんて限られてるし、
漫画子供にとっては情報など『硬度』の概念はキン肉マンで知った)だろう。