ブリュンヒルデ単語

ブリュンヒルデ

ブリュンヒルデ(ブリュンヒルト、ブリュンヒルド)とは、以下のようなものである。

  1. ブルンヒルト - 西ゴート王実在した、6世紀頃の王女。下記の伝説神話の類に登場する人物のモデルになったとされる。
  2. ブリュンヒルト - ゲルマンの伝説「ニーベルンゲンの歌」に登場する。本記事で解説。
  3. ブリュンヒルド - 北欧神話、「エッダ」「ヴォルズンガ・サガ」などに登場する。本記事で解説。
  4. ブリュンヒルデ - リヒャルト・ワーグナーオペラ(楽劇)、「ニーベルングの指環」に登場する。本記事で解説
  5. ブリュンヒルデ - 「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」、「Fate/Grand Order」に登場する。本記事で解説
  6. アニメOVERMANキングゲイナー」に登場する兵器オーバーマン
  7. アニメ崖の上のポニョ」のポニョの名前。
  8. ゲーム斬撃のレギンレイヴ」の登場人物。
  9. ブリュンヒルト - 「銀河英雄伝説」にて、主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムが座乗する戦艦
  10. 極黒のブリュンヒルデ - 岡本倫による漫画。及びそのアニメ化作品。
  11. 傷ついた悪ブリュンヒルデ - ゲームアイドルマスターシンデレラガールズ」の神崎蘭子が描く理想のステージ衣装が名はブリュンヒルデ!!

「ニーベルンゲン伝説」

ブリュンヒルデは、ゲルマンの英雄ジークフリートの生涯を描く伝説、伝承である「ニーベルンゲン伝説」のヒロインとして登場する。基本的にヴァルキュリャとして設定されており、の命に逆らって役を果たせなかった罰で閉されている。そして、それを発見した殺しの英雄ジークフリート愛し、結ばれるが様々なすれ違いや他人の企みによって、やがて引き裂かれてしまう。そして何らかの形でジークフリートは死すことになり、多くの場合ブリュンヒルデはその後を追って自死を遂げることになる。

「ニーベルンゲンの歌」のブリュンヒルト

「ニーベルンゲンの歌」においては、イースラント(アイスランド)の女王として登場。数多くの婚者を武術で圧倒し、殺してしまうというアマゾネスの長のような姿になっている。
彼女はブルグント国王のグンテルからも婚を受けるが、当然「結婚たけりゃ腕で来い、私に勝てりゃだけどね~(意訳)」と返す。

英雄ジークフリート魔法アイテム隠れ蓑」を使ってグンテルを補助。自信満々のブリュンヒルトは負けてしまい、渋々グンテルの妻になることを受け入れる。だが、婚礼のに初のまぐわいをせんとやってきたグンテルを押さえつけて縛り上げ、天井からるしてまう。グンテルに身体を許す気などさらさらいブリュンヒルトであった。

そこでジークフリートはグンテルに変装してブリュンヒルトをづくでベッドに組み敷いて、グンテルの優位を彼女に知らしめた。それからは彼女おとなしくなる。

数年が立ち、ジークフリートの妻であるブルグントの王女クリームヒルトが里帰りし、ブリュンヒルトとクリームヒルトは互いの夫自慢が高じて口論となってしまう。そこで、クリームヒルトは婚礼の晩にブリュンヒルトを組み敷いたのは変装したジークフリートだとカミングアウト。みんなの前で恥をかかされたブリュンヒルトは自室に逃げ帰って泣くことになる。

ブリュンヒルトを泣かしたことでブルグントの騎士団は怒り、特にトロニエの勇士ハーゲンジークフリート狩りの場に誘い出して、彼の急所をついて暗殺。このことが、クリームヒルトのとんでもない復讐劇につながっていくことになる。→クリームヒルトの記事へ。

ちなみにこの後のブリュンヒルトはめちゃくちゃ影が薄くなり、物語から事実フェードアウトしてしまうのである。

「ヴォルズンガ・サガ」のブリュンヒルド

「エッダ」「ヴォルズンガ・サガ」などの北欧神話でもブリュンヒルドの物語られるが、だいたいの流れは「ニーベルンゲン伝説」と同じである。ただ、「ヴォルズンガ・サガ」ではブリュンヒルドの出自がより詳しくられている。の夫であるヘイミルという領に育てられたこと、12歳の時にアグナルという男に魔法の羽衣を奪われて忠を誓わされており、これがオーディンの命に逆らう原因となったことなどである。

ここでは彼女結婚する勇者シグルズとなっており、その末はシグルズの記事を参照のこと。彼との間にはアスラウグというが生まれていることも「ヴォルズンガ・サガ」では設定されている。

「ニーベルングの指環」のブリュンヒルデ

リヒャルト・ワーグナーが楽劇「ニーベルングの指環」のヒロインとしてブリュンヒルデを描いたことは、彼女を近現代における代表的なワルキューレヴァルキュリャ)に押し上げた。近年の創作サブカルにおける「ブリュンヒルデ」と名の付くキャラクターは、ほとんどがこれの影下にあると言っても過言ではない。

二人を引き裂く悪役が王妃クリームヒルドから、アルベリヒの息子ハーゲンに変わっているなど、細部は異なるとは言え、やはりジークフリートとブリュンヒルデのたどる運命はシグルズの記事に上げられた流れと変わらない。しかし、オーディンにあたるヴォータンとの間の親子としての情の対話や、「ラインの乙女」への「環」の返却という最終的な物語のケリをつける役彼女に与えられる(「ブリュンヒルデの自己犠牲」)など、大幅にヒロイン性を増していると言える。

また、ワーグナーオリジナルのブリュンヒルデを長女としたワルキューレ姉妹が設定されており、これも創作サブカルに影を与えている。詳細はワルキューレ(楽劇)の記事へ。

「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」、「Fate/Grand Order」でのブリュンヒルデ

ネタバレにつき反転

サーヴァントの一騎、ランサーとして登場する。設定としては北欧神話のブリュンヒルデをベースにしている。詳細は→ランサー(蒼銀のフラグメンツ)の記事へ。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB%E3%83%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブリュンヒルデ

1 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 21:36:39 ID: nPDILN540T
が名はブリュンヒルデ!!