ブルパップ単語

ブルパップ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ブルパップ(Bullpup)とは、銃器の設計方式の一つである。ブルパップ方式、ブルパップ式とも。

プルパップ(Pull-Pup)でもプルバップPull-Bup)でもブルバッブ(Bull-Bub)でもない。

概要

アサルトライフルの登場以降、小銃はより小で軽量な機動性の高いものがめられていた。

これまでの銃器設計では、機関部の後ろにストック床)が配置されており、全長を短くして機動性を向上させるには身の方を切り詰めていた。しかしそのやり方では弾が発射されても加速させきれず射程距離が落ちるし命中率が低下する。かといって切り詰めなければ狭い場所で思うようにが使えず、重量があるため持ち運びにも苦労するという弱点があった。

そこで考え出されたのが、これまで姿勢安定にしか使われていなかったストック機関部とマガジン(弾倉)を内蔵するというこのブルパップ方式である。これにより、弾を加速させる身の長さを維持したままで銃器の全体の長さを短くすることができるようになった。

ただ、1970年代1980年代にはステアーAUGオーストリア)、SA80イギリス)、FAMASフランス)と流行のように多くのブルパップ式ライフルが作られたが、デメリット・使い勝手の悪さもあってか、現在では従来式に置き換わるほどには普及・浸透していない。

ちなみに、名前の由来は「ブルドッグ(Bulldog)」の「子犬Puppy)」でブルパップらしい。らしいというのは、これですら有な説に過ぎず、はっきりとした由来がいまだ分かっていないからである。

長所・短所

長所

全長が短くなる
ストックの部分に機関部が入っているため、機関部のぶんだけを短くできるので機動性が高くなる。つまり屋外から屋内まで、場所の広さを問わずを使えるようになる。
身長が維持できる
バレルと機関部を切り詰めることなく後ろにもってきただけなので、弾が持つ本来の威・貫通を維持したままで戦える。
反動制御が容易
機関部の位置の関係から、反動の制御がしやすい。AUGの発時の口跳ね上がりは、撃ちやすいと評判のM16よりもはるかに小さいという。

短所

弾の交換に手間どる
従来は機関部とマガジングリップの前にあったため、弾が切れても射撃体勢のままマガジン交換を行うのは可だった。
しかしブルパップではグリップの後ろにマガジン機関部があり、マガジンの位置が胴体に近いため射撃姿勢を維持したまま取り替えるのは従来式にべるとスピードがやや低下する。あと撃っている途中でマガジンが落っこちても分かりにくい。
排莢が顔にくる
ライフルを撃つ際にはストックを抱え込むように撃つが、ブルパップは機関部がストックの内部にあるのでストックの横に莢を排出するがある。そのため発射されたばかりで熱のある莢が飛び出すと顔に当たって火傷してしまうことがある。排莢する側をきちんと設定しておけばこの限りではないのだが、戦場では咄嗟に逆撃ちを行わなければならない状況が生じてもおかしくない。この点では、いくら切り替えができると言ってもそもそも射手の左右を選ばないコンベンショナルタイプに対して絶対に勝ちがないのである。
いちおうFN F2000などのようにトンネルを使って別方向に排莢することで問題を防いでいるライフルもあるが、本来は効率的に相手を殺傷するための武器には不要な仕掛けということもあって、仕組みが複雑になってしまう。(トンネルが詰まった場合どうやって排莢するの?ということにもなる)
も顔に来る
機関部からの発射音や硝煙のをずっと間近でうけることになるため、場合・状況によっては難聴や視覚障などの障を持つ可性も摘されている。
これについては、「しっかりした銃器設計と適切な弾薬であれば問題ない」とする反論もある。
照門と照の間が短い
一般的に照門(リアサイト)と照フロントサイト)を用いた照準方法は、照門と照が離れているほど精度がよくなる。
全長が短くなっている分、照門と照の間の距離は短くなり、狙いが定めにくくなる。ステアーAUGA1がテレスピックサイトを標準装備し、アイアンサイトバックアップとしたのはこれが理由である。
この欠点については、「交戦距離が短くなる戦や室内戦では問題にならない」という摘もある。
置き換えるほどの価値がない
小銃を置き換えるとなると大な費用が掛かるのはもちろん、兵士全員が不慣れなブルパップに慣熟するための訓練をしなければならない。そうまでして置き換えるだけの価値があると判断されるには、ちょっとやそっとのアドバンテージでは到底足りないのである。おそらくアメリカ軍がブルパップをとすることは今後もないであろう。
逆に軍備が整っていなかった新ではそのリスク較的小さいとも言えるか。

主力小銃以外でのブルパップ方式

上述したようにメリットも多いがデメリットも多いので、わざわざ小銃をブルパップにしようという動きを見せる軍隊は多くないが、逆に狙撃銃においては割と好評である。

というのも小銃を置き換えると全員が訓練し直さなければならないが、狙撃手はそもそも数が多くなく、ある程度人員を選抜することも可であり特別訓練を施すことも容易である。
さらに、咄嗟に左右を切り替える必要もほとんどなく、人員が選べるので右撃ちを強要してもさほど問題にならない者を集めれば済む。
さらにさらに、どうせ狙撃銃ならスコープの搭載が前提なのでアイアンサイト々の話はほとんど関係ない。
加えて、全長を短くしつつ身長を稼いで命中精度を高めやすく、反動制御も容易である。

以上の事から、ブルパップ式は狙撃銃と相性が良く、バレットM95(M99)やSVUといった既存の狙撃銃のブルパップ化もさることながら、DSR-1、WA2000といった新規設計のブルパップ狙撃銃も開発されている。
でも結局L96とM24に勝てないのが悲しい。

主なブルパップ方式採用銃

アサルトライフル
スナイパーライフル
短機関銃

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブルパップ

8 ななしのよっしん
2018/04/09(月) 22:07:37 ID: rvGMwQi9f/
機関部に緩衝材詰めて音や衝撃を減らすのは…理なんだろうなだし
9 ななしのよっしん
2018/06/29(金) 13:32:08 ID: b7uD9bZEnZ
一方ロシアは汎用機関銃PKPブルパップ式にして特殊部隊用として正式採用した。

なんでも現場の方から室内戦や突入作戦、近接戦闘時に従来のPKPだと構えて撃つ時大きすぎるから使いずらいと言われたから作ったらしい。

…………汎用機関銃て、小銃と同じ組みだったけ?
10 ななしのよっしん
2018/08/14(火) 19:19:27 ID: qqfUvNw1sl
AK系はブルパップ化しやすいみたいですね・・・
ベクターCR21ベクターR4機関部丸まんま使ってるので。
R4として生産してセレクターの刻印とか止め場所のそのまんまの機関部だった)
11 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 11:12:32 ID: dfUJTHdPif
「排莢が顔にくる」ってのは「逆撃ちができないせいで左利き人権がない」って言った方が正しい。正直これそれほど問題か?って思うんだよな(左利き不利な製品なんていくらでもある)
後「照門と照の間が短い」ってのはブルパップに限らず拳銃カービン等の全長の短い全般に言える問題で、全長を短くしたことへの全なトレードオフ要素だし、結局スコープ載せときゃいいだけので解決する話
マガジン交換についてはまあそこそこ問題だけど実際に兵役でステアーAUG使ってたやつの話だと正直慣れれば割と大丈夫らしい

ブルパップ本質的な問題はここには書いてないけどトリガー機関部を離したことによって生じる諸問題で、典的なのが>>5でも挙げられてるトリガープルの重さ。他にはInRange TVタボールのマッドテスト動画で挙げられてたけど、簡単に取り外せないトリガー部分にゴミが入るともう戦場でのメンテじゃ対処しきれないという問題もある。

そしてこれだけの犠牲を払ってのブルパップの利点は究極的には「全長が短くなる」以外なくて、んじゃそこまで
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 00:37:33 ID: gTZyJU+U2q
>>11
「排莢が顔にくる」ってのはとか障物をにして横から撃つ時にスイッチングする時だと思う(持ち替えて構え方を変えたり、右利きの構え方で理やり左肩にを当てる)
スイッチングすれば直立した姿勢で撃つ場合でも暴露面積が減る、覗き込んだり寝転んだりすれば頭しか出てないとか出来る。
13 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 01:32:35 ID: PcFVbNeXDU
>>11
>「照門と照の間が短い」ってのはブルパップに限らず拳銃カービン等の全長の短い全般に言える問題

較や競合の相手が全長のある他のアサルトライフルなんだから、全長の短い全般の問題はむしろ言っとかないと困ると思うが…。トレードオフ関係にあるならなおさら
14 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 16:27:30 ID: mjwfQjQunP
他のブルパップは知らんけどFu○kin FA-MAS
マガジン交換は腐る程訓練するから問題にならないけど、煙たいしメンテナンス面倒だしキッチリメンテしててもよくジャムる
実際訓練したことないには理解出来ないだろうけど「全長が短くなる」メリットはデカい。
行軍や特殊パルクール戦闘訓練の負荷が減って嬉しいだろ。
15 ななしのよっしん
2019/09/03(火) 19:43:04 ID: AUGQqbjjJy
ぶっちゃけ一番のメリット身長善効果だと思う
何が向いてるかってーとマークスマンや較的交戦距離の長いケース
この場合、マグやアモを共通化するとしてもなお必要なサブ一丁分が減る
加えて長さに余裕が確保できるから必然的に制炎器や消音器と相性がいいし
身長が長ければ装を減らして寿命を長くしたり、より重い弾頭を使える=より有効な攻撃性を与えられる
16 ななしのよっしん
2019/11/11(月) 16:48:06 ID: MZlKESU5Ol
陸軍の次世代分隊火器プロジェクトで、ジェネラルダイナミクス社がブルパップ方式のRM277プロトタイプとして提出している。
この計画では現在の5.56mmより大口径の弾を扱う歩兵ライフル分隊支援火器を選定するって話で、現在三社が参加してるんだけど、他二社が分隊支援火器に関してはベルト給弾としているのに対して、このジェネラルダイナミクスではライフルから重心を伸ばして二脚をつけたような貌、つまりマガジン給弾となっている。
17 ななしのよっしん
2020/02/24(月) 19:52:31 ID: UZVIvLgIkF
トカレフで有名なトゥーラのブルパップへの拘りはもはや変態。AKを改造したグローザに始まり、PKPドラグノフブルパップ化まで敢行。最近では.50口径亜音速弾の突撃銃Ash-12シリーズまで手掛けている

急上昇ワード

2020/08/13(木)09時更新

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生