ブレイド(ゼノブレイド2)単語

ブレイド

ブレイドとは、任天堂モノリスソフトと開発し発売されたRPGゼノブレイド2」に登場する亜種生命体であり、当ゲームにおける武器、防具、装備品にあたる存在である。

概要

ゼノブレイド2世界が広がり、そこに住むアルス(以下アルス)と呼ばれる巨大生物の上で様々な生き物が住むという世界で、ブレイドアルスが生み出したコアクリスタルと呼ばれるる正八面体に似た結晶に生物が触れることによって生み出される。この事のことはブレイド同調といい単純に同調とも呼ばれる。
同調するには素質が必要で素質がないものが同調を行おうとするとコアからの負荷に耐えきれず全身から大量出血を起こし最悪の場合死に至る。そのため素質のあるものは『ドライバー』と呼ばれ重宝されている。

生み出されたブレイドの姿は人の姿からの姿など様々で属性も異なりその出会いは一期一会と呼ばれており、中には特別な容姿やを持つ『レアブレイド』と呼ばれるものも存在している。
しかし、ブレイドとしての共通点として胸の部分には様々な形に変わったコアクリスタルがあるためブレイドか否かとして見分けるのはさほど難しくはない。
ブレイドドライバーが重宝される理由はブレイドより渡された武器と強化により、戦闘はもとより生活の様々な面でも役に立つためであり、ブレイド自身もドライバーの影を受けて共に変化・成長していく事になる。
また、ブレイド自身はドライバー事であればどんな怪でもすぐに直してしまう事、ドライバー死亡するか胸のコアに大きなダメージを負うと再びコアクリスタルに戻りそのきは一時的にくなるが、再びきはじめ同調が可となれば再びコアクリスタルに戻る前の姿になることから不死の存在と言われている
しかし、例外としてコアクリスタルに戻る前の記憶(自身の名前と一部の固有知識以外)はすべて失われることになる。

なお、前述のとおり同調自体は生物ならば可なので、ゼノブレイドシリーズではおなじみのノポンも同調が可であるがこちらは失敗すると個体によると思われるが鼻血が数日止まらなくなるらしい。

ブレイド同調

概要にて記したがブレイド同調にて生まれてくるブレイドは基本はランダムである。

基本はコモン・コアクリスタルレアコアクリスタルピックコアクリスタルの3種類から選んで同調することになる。後者なるほど強いブレイドが出やすいが必ずと言うわけではないので注意。
なお、同調の際にブースターと呼ばれるアイテムを使えば特定属性ブレイドを呼び出しやすくなるようだがこれも必ずと言うわけではないので注意。

以上のことからブレイドガチャとも呼ばれている。

尚、これらとは別にストーリー内やイベント等で、コアクリスタルと共にかつて伝説が残っていたり、ドライバーだった人から遺贈されたりといった理由で「中身が解っているコアクリスタル」が入手できる場合がある。この場合はランダムではなくそのブレイドが必ず登場する。

能力

概要に記したとおりブレイド戦闘で役に立つからまで様々なを持っているが、システム面でみると武器そのもののほかにそのキャラクターの役割、各種防御ガード率、クリティカル率、各種スタータス補正に影することになる。
このほか、戦闘面時にキャラクターに定期的にバフを与える『ブレイドアーツ』、戦闘時に効果を発揮する『バトルスキル』、フィールド等の戦闘以外で効果を発揮する『フィールドスキル』がある他、各ブレイドごとに必殺技が設定されておりレベル1~4までの種類がある。

また、コアチップアシストコアを用いてさらにを強化・付加することが出来る。
前者は武器の攻撃ガード率、クリティカル率に影を与える他、追加効果を付けるものもある。なお、使用すると取り外しができないという事武器の見たも変わることがあるので注意。
後者は取り外しが可アクセサリーのようなもので、最大3つまで取り付けが可であるが、取り付け可スロット数はブレイドにより異なり最悪取り付けが不可能ブレイドもいる。

属性

通常のブレイドは火・・氷・土・・闇のいずれかの属性を持って生まれてくる。
属性を持つブレイドは極めて特殊な存在に限られる。

武器種とロール

ブレイドの持つ武器によってドライバー戦闘スタイルであるドライバーアーツが決定される。
それぞれの武器種には得手不得手があり、攻撃防御回復の3種類に分類され、これがブレイドのロールとなる。
通常はアックスランスエーテルキャノンハンマーボールナッククローインリングの8種類のうちいずれかである。それぞれの特徴は以下のようなものである。

アックスガード率、クリティカル率、物理エーテル防御すべてが均的な値。攻撃値は高いがモーションが遅い。
ランスクリティカル率は高いもののガード、各種防御値はアックスよりも劣る。
エーテルキャノンエーテル防御と攻撃値は均的であるがその他の値は低い。敵のガード時に仰け反らない。
ハンマーガード率、各種防御の値が高く、物理防御は全武器種で最も高いが、攻撃値とクリティカル率は低め。
ハンマーほどではないがガード率は高く、クリティカル率もある。他の値は均的である。
ボールガード率、エーテル防御は均的だが他の値は低い。敵のガード時に仰け反らない。
ナックエーテル防御が低めだが、他の値は均的でモーションもめ。
インリングエーテル防御は全武器種で最も高いが、ガード率が均的でそれ以外は低め。

ただし、レアブレイドの場合は同じ武器種でもそれぞれ異なる特徴を持つので注意。

このほかパートナーとなるブレイドは特殊な武器を持っていることが多く、その際はドライバーアーツも固有のものとなる。
尚、人工ブレイドハナに限り、武器(ドライバーアーツ)はそのままでロールを変更することができる。

ブレイドの種類

通常ブレイド

一般的な姿のブレイドプレイヤーからはコモン、コモンブレイドと呼ばれるほか、モブとしても登場することからモブレイドなどとも呼ばれている。

アイテムなどで表記される通常レア度は一番下ではあるが、ブレイド独自のレア度であるクラウンによるレア度は4まである。見たこそ地味ではあるがランダムのためレア度とは異なる意外な強さ・利便さを発揮することも。

が多いため種類と武器種、ロール、属性を記述。

最もにかかるであろうタイプの人ブレイド。各には顔のタイプが4種類、ボイスが12パターン用意されており名前もランダムで決まる。そのためと名前のギャップがすごいことになっていることも……
必殺技男女別で効果も一部共通ではあるが基本は効果が異なり、男性バランスがよく、女性は回復が得意な傾向がみられる。
なお、ゲーム内でチュートリアル的で渡される『無銘コアクリスタル』からは『属性ナッククロー』が固定で出てくるとのことなので注意しよう。

ある程度同調を繰り返すと見かけるようになるタイプの人ブレイド。顔のタイプは4種類、ボイスは4パターン若干少ない。そのの名の通り見たが大きく、性別ソートではすべて男性の扱いになる。基本は男性女性と一緒ではあるが必殺技の効果はより攻撃寄りとなっている。

同様、ある程度同調すると見かけるようになるタイプの4足のブレイド、顔とのタイプは2種類、ボイスは4パターン。武器はツインリングのみでニアパートナーであるビャッコと一緒である。しかし、必殺技の効果が異なることや以外の属性も使えるので注意して欲しい。

ネタバレ注意 ※※注意※※
この先は、ゼノブレイド2についてネタバレが含まれております。
閲覧は自己責任でお願いします。

パートナーブレイド

キャラに固定されたブレイドのこと。位置取りとしては後述のレアブレイドに近いが、一部の状況を除きこのブレイドは決まったキャラから外すことはできない。

順番はゲーム内のブレイド図鑑順。大事なネタバレ部分は反転しています。
詳細は個別記事か実際にプレイすることをお勧めします。

以下のブレイドは敵対組織イーラパートナーレドであるが二週以降で同調可になった。

レアブレイド

コアクリスタルより稀に出てくる見たが特別なブレイド

通常レア度は最も高いものかそれに次ぎ、クラウンによるレア度も最大の5となっている。は固定であるもののその性は十分強
本作の注要素の一つで固定ボイスはもちろん、キャラクターデザインには有名なデザイナーが多数参加している。

なお、ストーリーを進める上では全く関係がないため、特定コアクリスタルから入手可な一部のレアブレイドを除き、入手方法は拾ったコアクリスタルブレイド同調によるランダム入手である。そのためストーリークリアした後も出会えないレアブレイドも出てくるがそこは運が悪かったと諦めよう。
あくまで一例ではあるがゼノブレイド2の総監督である高橋哲哉氏は一部のゲーム要素を残しつつ、約220時間で何とかすべてのレアブレイドえたそうである。
詳細は公式サイトexitプロダクションノートを参照してほしい。

順番はゲーム内のブレイド図鑑順。詳細は個別記事か実際にプレイして確認することをお勧めします。

以下のブレイドは有料DLC『エキスパンション・パス』で追加配信された。

 

 

ネタバレ注意 ※※注意※※
この先は、ゼノブレイド2ストーリーの核心に関するネタバレがあります。
閲覧は自己責任でお願いします。

 

  

 

 

 

人工ブレイド

パーティメンバーの一人であり、ノポン族少年であるトラが祖、親子3代にわたって開発した人工のブレイドドライバーの素質のない一族が夢のために作り上げた物であるが、同時に男のロマンを詰め込みまくっている。特徴は『エーテル炉』と呼ばれるパーツを動としているロボットであるが、ブレイドと同等の働きを出来るのはハナのみである。

ハナ以外で登場するのは試作人工ブレイドであるキクとその拡大コピー版のサクラ、そしてタテゾーがバーンに脅されて作らされた量産型ブレイドポッドである。
その後、有料DLCにてハナ遠隔操作するハナMk-が登場、支援機であるハナバスターに乗り込みトラ以外のドライバーと共に戦闘に参加する。

マンイーター

500年前に沈んだとされるユーディキウムでブレイドをより特殊なものにしようと、人間の生態器官(細胞)を移植させることによって生み出されたブレイド
現在においては忌避の者とされ、状況によっては法王庁に追われることになる。

普通ブレイドコアクリスタルに傷を受けない限りはドライバーが落命するとコアクリスタルに戻り、同調した際に記憶を失いながらも永遠を生きるのに対し、どの失敗に終わったマンイーターはコアクリスタルに戻らずあくまでブレイドを使える長命な存在にとどまることになった。

マンイーターの特徴としてコアクリスタルの色ががまじりあうか一色になっている。

ゲーム内でブレイドとして仲間に出来るのはパートナーブレイドの項ニア、下記のヨシツネベンケイになるがこの他にコール(ミノチ)、シンが当てはまる。
なお、ヨシツネベンケイは二週以降でコアクリスタルによるランダム同調で入手することになるが「ストーリー的には破綻してしまうがゲームとしての楽しさを優先した」と公式は発表している。

ブレイドイーター

コアクリスタル移植された人間であり、厳密にはブレイドとは異なる。

これはマンイーターの技術を人が生きるための技術に利用したもので、コアクリスタルの色は移植元のブレイドと同じであり、移植元のブレイドも限定的に行使できる。
なお、クリスタル移植は一部でも可で同調後のブレイドドライバーでも可、またブレイドイーターとなってもブレイド同調は可である。

ゲーム内に出てくるのはジーク、マルベーニ、サタヒコでありサタヒコ以外はコアクリスタル移植は一部のみである。
なお、2週以降にサタヒコをブレイドとして仲間にすることが出来るようになった。

異世界からの訪問者

有料DLCにて過去ゼノブレイドシリーズからやってきたキャラクターたち。

彼らは過去シリーズに登場していた本人たちなのでブレイドではないが、アルストではブレイドとしての役割を果たすようになるので記述する。

ブレイドの正体

 

 

 

 

ネタバレ注意 ※※注意※※
この先は、ゼノブレイド2ストーリーの核心に関するネタバレがあります。
閲覧は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

亜種生命体であるブレイド。その正体は巨(以下アルス)の幼体にあたる存在であり、と呼ばれる存在が作り上げたこの世界の理である。

不死と言われるブレイドであるが実際はある程度の年が経つと死を迎えることになる。
そして、死期を悟ったブレイドアルスの体内へと戻るとブレイドとしての記憶をすべてなくし、その身をアルスへと変態させると新たな生命を生み出してゆくのである。
つまり、ブレイドアルスへと変わり、アルスは新たな生命と共にコアクリスタルを生み出し、さらなるブレイドを生み出すという命の循環の一部であった。

なお、このことを知っていた古王イーラではアルスを畏れ敬うとともに、新たに生まれたブレイドと共存を図る信仰を持っていた。

ブレイド誕生の理由

コアクリスタルブレイドアルスコアクリスタルの命の循環をなすこれらが誕生した理由は、と呼ばれる存在が滅亡した世界の再生が関わっており自然発生したものではない。

世界が滅びてしまった理由、再生する理由等はくが、を使い滅びた世界分解・再構成を行った後に生命の種として『かつて存在した生命の記憶を持った素子』であるコアクリスタルを生成する物質をへと解き放った。
解き放たれたコアクリスタルと反応し新たな生命核を形成しそれはやがてアルスへと変化し、さらにアルスコアクリスタル情報をもとに様々な生命を生み出していくことでアルストは作り上げられた。
しかし、アルストに生まれた知的生命体がかつての世界と同じような理由で滅びるのではないかと危険視し、それを防ぐ計画として『ブレイド』を生み出すことにしたのである。

はとあるものを管理していたトリニティプロセッサーであるプネウマ、ロゴスを基幹として、生み出されたブレイドの外界からの淘汰圧や同調した生命体の情報、更には経験や感情までも記録し、それを元に新たな進化コードを形成、コアクリスタルへと送り返しささらなるブレイドを生み出すこととした。つまり、ブレイドコアに戻った際に名前と基本性格以外をくすのはデータをの転送を行っているためである(記憶と言う従来のデータ転送したのちにOSクリーンインストールゲームセーブデータを消したような状態というのが近い)
なお、このことからプネウマ、ロゴスはあらゆるブレイド情報を持つ存在であるマスターブレイドへと変化し、それぞれヒカリホムラ)とメツとなってゆくことになる。
そして、データの収集と進化コードが進んだブレイドはやがてアルスへと変化し、蓄積された情報をもとに新たな生命を生み出したうえで、生み出された生物が同じく生み出された新たなコアクリスタルと同調しさらなる情報を蓄積するという『命の記憶の循環』というものをブレイドを使い作り上げたのである。

なお、ゲーム本編ではられてはいないが公式サイトプロダクションノートにて『ドライバーブレイドの関係性の変化』というブレイドの変化を知ることが出来るものもあるので気になる方はぜひ読んでほしい。

コアクリスタルの本来の目的

コアクリスタルは『かつて存在した生命の記憶を持った素子』と紹介したが、その本来の的はかつて存在した人間細胞の代わりとして生み出されたものである。

これをと呼ばれる存在は『人が永遠をめた業』と表していたが、マンイーターやブレイドイーターの存在から本来の使い方をされ続けていると考えるプレイヤーもいた模様。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89%28%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%892%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブレイド(ゼノブレイド2)

71 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 04:24:30 ID: c/nrStvkMU
ダツミ追加ストーリー参戦おめでとう
72 匿名1
2018/06/16(土) 03:25:13 ID: GlU8eZ3LCF
ベンケイ、ヴァサラ、あとテロスもだっけ?はチャレンジバトルモードとの相性抜群だな、ベンケイとヴァサラで回避アーツ二つ持つこともできるし、ただ火力ありずぎてヘイトがヤバいのは知らん。
73 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 22:03:34 ID: exttUXDQpO
に性からで
KOS-MOST-elosヒカリシュルクフィオルンハナでスタメン埋めてて思った
後発DLCで良かったなと

どの外注絵師レアブレイドが死蔵だったよ
KOS-MOSを引くための途中経過にはなったかもだが
74 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 21:09:11 ID: uUut5EaM76
>>73
後発だからこその性かもね
シュルクフィオルンに至っては有料コンテンツだからってのも理由に入りそう
75 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 22:23:10 ID: exttUXDQpO
まあハナバスターは全然使ってないけどね
本編中はハンマー好きで使ってたけど
76 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 20:59:59 ID: GiWAQyk/s7
>>73で上がってるメンツに三人も属性がいる時点でね…
77 ななしのよっしん
2018/08/05(日) 11:25:06 ID: AiSezTO89G
ブレイドリリースって世界観的にどうやってるんだろう
コアクリスタルにでも放り投げてんのかな
78 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 07:01:23 ID: 3BB7JBLpfE
ドライバー殺さなきゃコアに戻らんわけで、
消えて欠片残すのを見るにコア直接ぶっ壊してる気が、、、。(中でも出会わないし)
そもそもドライバーと離れたブレイドは本来の出し切れないから本当に他所へやったとしても、
オーバードライブなきゃモンスターに襲われた時点でかなりキツイ。

まぁが次の人に拾われたいとかカサネが遠く離れてても、他のブレイドが記憶失う感じの言葉言うし、
マジも死なずコアに戻して石どっかに放り投げてるっポイっすよね。
79 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 10:35:08 ID: tCoj9jf+4Y
ダツミはエピックブレイドなのに、あちこちでレアブレイド扱いされている件について
80 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 11:13:24 ID: uUut5EaM76
>>79
最初の紹介でレアブレイドとして紹介されたし、そもそもエピックブレイドなんて単出ててないししかたない