ブレグジット単語

ブレグジット

ブレグジット(Brexit)とは、ドイツ第四帝国欧州連合EU)からの英国脱退をす通称・俗称である。

概要

ブリティッシュ(British)orブリテン(Britan)orブリタニア(Britannia)とエグジット(exit)を合わせたかばんである。

2016年6月23日英国でブレグジット是非を問う投票が実施され、ブレグジット支持が反対を上回った。

2019年1月10日安倍晋三首相がブレグジット協定案の支持を表明。

2019年1月15日、英議会下院はブレグジット協定案を、アイルランド問題への対応不備をな理由に否決した。欧州側は、ユンケルEU委員長が「秩序な離脱のリスクが高まった」と緊急明を表した。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブレグジット

1 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 13:16:04 ID: ULgs0bl/8t
離脱する際の条件や制裁、アイルランドとのをどうするかという問題があって離脱決定しても離脱前の状況をズルズル引きずる可性が高いとかなんとか
2 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 23:39:59 ID: 7DKYalfBiJ
短期的にはどうあがいても絶望、仮にハードブレグジットを回避しても長期的には英国大勝利!な訳もなく
今の英国政界の醜態を見るに、今後何をやってもブレグジットの後遺症を引きずるのは明らか。更に悪手を連発して自爆し続ける恐れすらある
この事態を招いたのも、強かな外交とか狡猾な何枚舌とかそんなムーブとは逆も良いところのお粗末な立ち回りのせいだし

何というか…産業革命ボーナスタイムが遂に終わって、世界中を思うがままに荒らし回ったツケを払う時が来たんだろうなぁ
まあそれを言うならEU米国日本も大なり小なりそんな感じなんだけど、イギリスは地が乏しいぶん特に厳しい
ブレグジットの損失は、英語圏とその繋がりでカバー出来ない分野が余りにも多すぎるからね。政治カスだと全にバレたのも痛いな
3 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 00:37:55 ID: mpNQH4TK3P
解散総選挙をやらなければ今よりましな展開になってたのかな
4 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 03:20:36 ID: PqQmFUGCiB
記事でも触れてる、アイルランドとの問題がほんと厄介事らしいなあ。
ブリテンの多数決としては「あの地なんていいから理矢理にでも離脱してくれ」みたいな弾けた想いが強いんだろう。
でも政府は「民主主義だから民の意思(多数決)に従おう」というほど思いきれるわけじゃない。
最悪だとアイルランドとの紛争が再燃も有りえるかもしれんというし。
方針がちぐはぐになるわけだ……どうなることやら。
5 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 22:39:51 ID: gELJqJi+Ej
しかしどうなんのこれ
やっぱや〜めた、みたいな事にはならんのかな、やっぱり

急上昇ワード