ブロックチェーン単語

ブロックチェーン

ブロックチェーン英:blockchain)とは、ビットコインの基幹技術として2008年に発表されたネットワーク技術。分散台帳技術(Distributed Ledger Technology、略してDLT)のひとつである。

概要

資産情報や取引情報を、ネットワーク上で分散して共有することにより、効率的なデータ処理、透明性の確保が可となる。ビットコインに代表されるような暗号通貨仮想通貨)の取引にとどまらず、融、不動産、医療など様々な産業での応用が期待されている。

例えば、ビットコインブロックチェーン上では、ビットコインの誕生以来すべての取引が台帳に記録されている。一定期間内の取引(トラザクション)のまとまりをブロックと呼ぶ。ブロック同士をつなげるものをチェーンと呼ぶ。ブロックはひとつ前の取引と関連する情報が記録され、チェーンで繋がれているため、一部のブロックざんするとデータに不整合が起こる。

一般的な情報管理においては、サーバー情報を保管する中央集権的な方法がとられている。一方、ブロックチェーン技術においては、P2Pネットワークを利用して情報を管理する方法がとられている。中心となるサーバーが存在せず、ネットワークに参加する全ての利用者間で対等にデータを保持する。これにより、もが全ての取引記録を閲覧でき、相互に不正な取引を監視することができる仕組みになっている。

これらの理由により、情報ざんが極めて困難となっている。この仕組みにより暗号通貨は通貨としての信用が担保されている。(暗号通貨においては、取引所のセキュリティの問題で不正な送が行われることはある。)

ビットコインやそれに倣った多くのプロジェクトが採用していることもあって、ブロックチェーンは分散台帳技術の中でも代表的なものである。そのため時に「ブロックチェーン=分散台帳技術」であるかのようにられることもある。しかし「ブロックチェーンではない分散台帳技術」も存在するためこの二つはイコール関係ではない。

影響

もともとはビットコインに信頼性を持たせるための技術として開発されたブロックチェーンであるが、銭の取引にとどまらず、情報を取引する様々な業界に大きな影を与える可性を持っているとされており、近年のフィンテック(FinTech)、シェアリングエコノミー人工知能による自動化などのトレンドと関連して注されている。

平成27年度に行われた経済産業省の調によると、ブロックチェーン技術の潜在的な市場規模は約67兆円に上ると推計されている[1]。また、2017年には三菱UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行が相次いで店舗、人員を削減する方針を発表しており、今後ますます既存のビジネスへの影は大きくなっていくと思われる。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ブロックチェーン技術を活用したサービスに関する国内外動向調査報告書(概要)(PDF形式:1,729KB)exit、9スライドブロックチェーン技術の展開が有望な事例とその市場規模」より。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブロックチェーン

1 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 17:00:30 ID: e0h5BWLMuA
ブロックチェーン暗号通貨は別で々~ってよく見るけど
別にしたらそれもうブロックチェーンである必要性ある?
2 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 17:06:45 ID: /md8ncxF2+
言ってる意味がよく分からんが・・・
WikiWikipediaの違いみたいなもんだろ
3 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 17:46:43 ID: CDRoMLF/GD
確かにブロックチェーン暗号通貨以外でも役立つようになる技術だが、ブロックチェーンで物事を滞りなく流すにはどうしても「通貨」の概念が必要になってくる。
4 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 23:38:29 ID: e0h5BWLMuA
>>2
いや、メロンメロンパン位違うぞw
>>3も言ってるけど暗号通貨を切り離してしまうとブロックチェーンの思想である
トラストレスシステムが構築できない
ブロックチェーン単体でも有用だけどなんかね・・・という話

急上昇ワード