ブロリー(ドラゴンボール超)単語

ブロリードラゴンボールスーパー

ブロリー(4作目)

ブロリー(ドラゴンボール超)とは、アニメ映画ドラゴンボール超 ブロリー』に登場する新しいブロリーである。
声優島田敏

ここではドラゴンボール超ブロリー(ドラゴンボール超)について掲載しています。旧劇場版に登場するブロリーについてはこちらへ。

概要

ドラゴンボール超 ブロリー』の製作にあたって、原作者である鳥山明によってその設定とデザインが一新された新たなブロリー。そのため『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』『危険なふたり!超戦士はねむれない』『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』に登場する従来のブロリーバイオブロリーとは別人であり、『BROLY』のブロリー悟空達は互いに初対面となっている。

公式からは「最強の敵」として宣伝されており、その破壊神以上とまで称されるほど。サイヤ人を体現するその絶の進化によって、劇中では独自の形態である「怒り」から超サイヤ人、さらには超サイヤ人フルパワーへと変貌を遂げていく。

スーパードラゴンボールヒーローズシリーズでは、従来のブロリーと区別するためか『ブロリー:BR』との表記がなされている。

劇中での活躍

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。
もし見たくないならブラウザを閉じて先に劇場版を見ろットォオオ!!!

劇場版時系列より41年前、まだ赤子だったブロリーは王族ではない一般の戦士でありながらその驚異的な戦闘力から特別視され、専用の保育カプセルに入れられていた。
その戦闘力を危険視したベジータ王ブロリー一人用のポッドで知的生命体がいない惑星小惑星バンパへと追放、パラガスもまた処刑されそうになったがその直後に惑星ベジータを脱出。
幼いブロリーパラガスと共に41年間小惑星バンパでの生活を余儀なくされた。

パラガスからは自身の復讐の為にブロリー璧な戦士に育て上げようとブロリーをバンパの過酷な環境の中シミュレーションとして相手をしたり、ブロリーが戦闘訓練をしている仲で仲良くなった怪獣・バアのを打ち抜き遠ざける等して厳しく、そして辛く育てられてきたらしい。
だが決してそれだけではなく、ブロリーがしっかり言葉を話せるようになっていたり、後にブロリーチライ宇宙食を貰った際に「お礼を言うんだ」と示され「ありがとうございます」と丁寧でお礼を言っているところを見るとただ厳しくしていただけではなく父親としての責務はしっかりと果たしていたようである。
ちなみに現在ブロリーが付けている巻は上記の出来事の際に吹き飛ばされたバアのであり、「もう関係は修復できないけど、自分はいつまでもバアと一緒にいたい」という意思の表れである。

これらのこともあってかブロリーパラガスのことをとして家族を感じており、旧劇場版のように「親父ィ…」ではなく「お父さん」と呼んでおり、
チライパラガス親っぷりを批判した際には「お父さんのことを悪く言うのはよくない」とはっきりと嫌悪感を示している。

また、首にはあの過酷すぎる小惑星バンパで宇宙船などの機器類も故障しているのにパラガスがどうやってこれを作った、または手に入れたのかは不明だがブロリー奮した際にその行動を抑制するための電流装置が付けられており、後にチライによってそのリモコンは破壊されるのだが、電流の恐怖がくなっても尚その装置を付け続けている。
あくまで推察にすぎないが、こんな危険なものでも「お父さんがくれたおくりもの」と思い大事にしているのか、はたまた単純に外せないだけなのかは不明である。

チライとレモによってフリーザ軍に連れられと共に軍門に下った後はチライ達との交流と得て彼らと友好関係を築いていった。

ブロリー(怒り)その後はフリーザの部下が7つのドラゴンボールをそろえたのを期にフリーザと共に地球へ降下。
パラガスの命ベジータに襲い掛かり、悟空たちとの戦を繰り広げる。

この際に大パワーを取り込み、人間態スピードを共存させるという、かつてドラゴンボールGTでの超サイヤ人4を思わせる独自の進化を遂げたことがパラガスの口からられている。

圧倒的なを見せつけて悟空たちを圧倒していた中、フリーザの思い付きによりパラガスデスビームで殺されてしまう。
そのを見たブロリーは怒り狂い、超サイヤ人変身
そう、悟空がかつて言ったように「穏やかなる心を持ちながらしい怒りによって」伝説戦士は今まさに覚めたのである。

ただでさえ強かったブロリーの強さは更に手が付けられなくなり、それは悟空達の一時撤退を余儀なくされるほど。
ちなみにその後悟空たちはピッコロ導の元フュージョン練習し、その間ブロリーフリーザの相手をすることになるのだが、劇中を見る限り悟空たちは練習中に2回ほどフュージョンを失敗しているため少なくともフリーザは1時間以上ブロリーの猛攻を受け続けていたことになる。

ブロリー(超サイヤ人フルパワー)悟空達がフュージョンに成功した後はゴジータブロリーの最終決戦に突入。
ゴジータ超サイヤ人ブルーに、ブロリー超サイヤ人フルパワーになり地球を揺るがすしすぎる戦いが繰り広げられる。
全に圧倒とはいかないが、ゴジータブロリー相手に優勢に戦い、ブロリーも戦いについて行ってはいたが押されていく。

クライマックスゴジータかめはめ波トドメとして放たれようとする中ブロリーチライ達の作戦で自身が長らく暮らしていた小惑星バンパへ強制的にワープ。こうして戦いは終わった。

戦いが終わった後はフリーザ軍を脱サラしたチライ、レモと共に小惑星バンパにて静かに暮らしている。
悟空の施しでを貰ったりしているためそれなりの生活はしているようだ。

これは悟空ブロリーの間に因縁がいもう一つの世界の話。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%28%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B6%85%29

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブロリー(ドラゴンボール超)

610 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 09:28:22 ID: pFN70TB4TT
ゴッドをすっ飛ばしてブルー変身している辺りそういう事だろうね
611 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 12:22:27 ID: XDKeaihUSv
>>582
現代の姉弟Dr.ゲロによる調整が終わる前にベジータ達の邪魔が入ったから性格に人間らしさが残ってたけど、未来姉弟は邪魔が入らずより冷になるよう人格の調整が済んでたからじゃない?(それでもゲロには逆らった) 未来姉弟が現代より弱いのは人格調整の引換えって感じで
何か根拠となる物読んでそんなイメージ持ってたかは覚えていないけど
612 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 19:06:41 ID: OrPVh37r45
それwikipediaソースなしので今はもう修正されてるデマ情報だったはず
613 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 20:33:52 ID: QpbZKbeR/y
まあ実際そんなとこでしょ
614 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 21:20:43 ID: OrPVh37r45
因みにが見た未来トランクス過去アニメコミックスだと、未来世界姉弟のあの残虐っぷりは

「自分らが覚めた時には既に悟空死亡済みだと知ってそのショック世界しだした」

って書かれてあるからDr.ゲロの調整じゃなくて本人たちが絶望してしまったことによるんだろう

あとそのデマ情報は今見に行ったらもうなくなってるよ
615 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 21:22:56 ID: OrPVh37r45
あと現代と未来じゃ南の都の同じ時間帯に現れる人造人間が異なるし悟空心臓病の発動も異なる

なので、単純に「未来トランクスが来たことで歴史が変わってしまった」でも普通に説明が付くよ
616 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 19:12:46 ID: q+bK4zsmoV
旧ブロリーとかけまして、新ブロリーと解きます
その心は



どちらもダニ(ィ!?)に厳しいです
617 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 12:18:37 ID: XDKeaihUSv
>>616
うまいいぞぉ!

>>614
現代の姉弟なら悟空心臓病で死んでも「仕方ないから好きにして暮らすか」くらいに言いそうな感じするし単にショックが原因と考えるのも違和感あるから、調整が原因でなければそのままトランクスの出現の影による根本的な物事のズレと考えるのが違和感ないかなぁ
618 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 17:36:21 ID: OrPVh37r45
>>617
トランクスセルも?)の出現で色々と根本からズレが生じたって考えのほうが違和感ないな
619 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 23:08:04 ID: 0aTkBmmB4B
歴史干渉のバタフライエフェクトみたいな感じで人造人間姉妹の性格も変化したんだろうな