ブンビーさん単語

ブンビーサン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ブンビーさんとは、『Yes!プリキュア5』『Yes!プリキュア5GoGo!』の悪役にして、ある意味もうひとりの主人公と言えるキャラクターである。

担当声優高木渉

ブンビーさん

概要が入りましたよー

プリキュア5シリーズ両作に登場する敵役。2年続いたプリキュアシリーズで両方の作品に出てくる幹部キャラはブンビーさんただ一人である(敵のボスとしてはジャアクキング様がいるが・・・)。

以下、彼の壮絶な人生を辿る。

中間管理職時代「おぉっと、言い訳はいいわけ」

第2話で初登場。序盤は、悪の組織ナイトメア(株)」の頂点のように君臨していた。当初からデスパライアの存在は明らかにされていたが、それでも影に包まれ全貌が明らかにされないなど、悪役ドンとしての格を漂わせていた。

が、カワリーノさんの登場により一気に威厳が失墜。おっかない上の圧を痛めつつ、部下には嫌味をとかく言いまくるという典的な中間管理職としての地位を明らかにした。

部下に嫌味を言うシーンは、全お父さんを次々と撃滅してきたが、そんな彼の中間管理職としての生活もそう長くは続かなかった・・・。

部署の解散~下っ端へ「こんな終わり方イヤだーーー!」

失敗続きによりとうとう部署を潰してしまったブンビーさんは、新しい部署にて下っ端としてコキ使われるようになる。一応彼はナイトメアの幹部のはずなのだが、他の下級社員と一緒の席に座らされるなど(ちなみに中心の円卓には彼が座る余裕は十分にある)、その降格人事がに見えてわかる扱いになった。

この時期になってくると、カワリーノさんからの視がどんどんしくなり、話しかけてくれるだけで喜ぶなど寂しい姿も散見されるようになってくる。しかし、によって部下のガマオくん、上ハデーニャさんが次々と消されたため、とうとう辞職を考えるようになる。

が、ナイトメア(株)の前では辞職など許されず、役立たずとしてカワリーノの手によってナイトメアのビルの屋上から突き落とされてしまった。

落とされる直前の

ブンビー俺達アンタ具じゃない!」

という台詞日本お父さん達に大きな希望を与えた。

カワリーノ「アァン?!」

ブンビー「ああ、スイマセ・・・」

このように謝ったが結局許されず、ブラッディさんのように身内に消される形で殉職に終わったかと思われた。ところが・・・

エターナル再就職「また叱られてたんですか?山本さん」

自分が飛べることを思い出したブンビーさんは、奇跡の(?)生還を果たし、エターナル(財)に再就職した。が、入社視され、あげくコスチュームが土木系っぽい作業着に変わるなど、待遇は一気に悪くなった。おまけプリキュアを攻めに行ったら濡れ衣を着せられてフルボッコにされるなど、運も向かなくなってしまった。

一応一年間の戦いの中で生き延びたこともあって、その情報を買われた。が、報告書オタクアナコンディによる報告書地獄により、苦しい下っ端構成員としての日々を送ることになる。

その中で、先輩とはいえまだ若手のスコルプという自分より下の存在を見つけ、わざと「昆布さん」「スコップさん」などと尽く名前を間違え、彼を若干的に追い詰める中間管理職時代の手腕を発揮。

「まだいな・・・」

だが、そういった交流の中でスコルプと徐々に意気投合し、ついには一緒に出撃してプリキュアを追い詰めるほどの仲となる。が、ミルキィローズという悪魔の登場で、そのスコルプというただ一人の戦友すら失ってしまう。

お茶汲み係時代「お茶が入りましたよー」

スコルプを失った後、ブンビーさんの迷走は混沌極まるものとなった。新たに上としてやってきたネバタコスドSの性悪オヤジであり、よくわからない相手にずっとコキ使われる日々が続いた。

次々と現れる新戦の中、彼の居場所はどんどんなくなっていき、お茶み係としてエターナルパート開始時の「お茶が入りましたよー」が決め台詞になってしまった。

そんなお茶み係としての地位も失われていくことになる。イケメンリア充ムカーディアさんの登場は、彼の日本の立場すらなくし、いよいよブンビーさんの居場所はエターナルから消えることになる。

仕方ないのでお菓子バイトしたり(TVシリーズの現役敵幹部が映画プリキュアに登場したのは、ブンビーさんだけである)、どう言うわけかプリキュアリーダーになろうとするが、どれもうまく行かず、あげく敵に寝返ろうとしたのがバレてとうとう処刑されてしまう・・・。

と思ったがそれでも生き残り、彼はついに無職となってしまった。

バイトの日々~起業へ「ああ、早く行けぇ・・・」

仕方なく文尾という偽名を使い人間世界で惨めにアルバイトを続けていたブンビーさん。

そんなある日、にっくきムカーディア京介)が現れ、そんな彼の正体をプリキュアの前で(天然的な意味で)暴いたことで、かつてのリア充の面を一気に丸潰れにした。計画が台しにされたムカーディアはその後ブンビーさんもな転落人生を送ることになる。

しかし、そんな彼に救いの手を差し伸べたのも彼だった。館長とのお通りをアシストしたブンビーさんによって、ムカーディアNo.2の座を狙うためにアナコンディ意を密告する。が、そんな彼を不要とみなした館長によってムカーディアは消滅してしまう。

このことが、ブンビーさんの人生を大きく変えることとなる。

悪行三昧の日々に見切りをつけた彼は、最後になって「悪党は皆殺し」という恐ろしい方針を掲げるプリキュア軍団を勇気を振り絞ってアシスト、その結果、大ピンチだったプリキュア5は救われた。

最終決戦に際して「私も行こうか?」とここに来て死亡フラグを立てようとしたが、「ブンビーさん、ありがとう」というキュアドリーム天使のお言葉により、何とか一命を取り留める。こうして、ブンビーさんの長い戦いは終わった・・・。

敵役でプリキュアに赦され、おまけに名前で呼ばれた彼は、人間世界での再起を許された。

ついにブンビーさんは、ナイトメア(株)のような巨大なビル・・・の上にある小屋でブンビーカンパニーを起業することに成功する。そう、ようやく彼は自分の職を見つけることが出来たのである。が、初めての社員はあのカワリーノそっくり!しかも働いてくれない

ブンビーさんの痛に悩まされる日々は続く・・・。

その後のブンビーさん

こうして、名実共にプリキュアの味方となったブンビーさんは、プリキュアオールスターズDX2久々に元気な姿を見せてファンを喜ばせた。カワリーノ似の部下を引き連れて、プリキュア妖精運営するフェアリーパークへ遊びにやって来て、良い年こいて遊園地ではしゃぐという可らしい一面を見せている。

しかし、深海の闇ボトムによって歴代悪役達が復活。その中には、かつての部下・アラクネアや同僚のハデーニャ、自分と同じ先輩悪役であるウラガノスがいた(ウラガノスはブンビーさんの影を受けたのか、本編ではギャグキャラと化していた)。

戦いに明け暮れた生活から遠ざかっていたブンビーさんは、すっかり普通人間になっていたのか変身や飛行も忘れ、キントレスキーの岩石落としに命からがら逃げるのが精一杯だった。

しかし、足を洗って善人となったブンビーさんは、自分と同じように心してプリキュアの味方となった先輩格の霧生満霧生薫や、後輩格のウエスターサウラーと共に、ミラクルライトを振ってプリキュア応援した。なお、隣にいた増子美香が写真撮影に専念しているため、彼女の分までミラクルライトを2本振っている。

翌年のプリキュアオールスターズDX3にも引き続き登場。今回は台詞かったが、ミラクルライト応援している時には前回では見られなかった満面の笑顔を見せて、プリキュア応援した。

総括・その他

続編「Yes!プリキュア5GoGo!」にて、OPに少しだけ登場した時の実況での持ち上がりは凄まじく、全プリキュアファン子供たちを驚かせたのは記憶に新しい(ブンビー役の高木渉氏すら「あー!ブンビーが出てる!」と驚いたそうである)。

彼の不屈の精と、声優高木渉氏の独特なアドリブもあり、プリキュアファンだけでなく、ブンビーファンも急増し、派遣切りなどに脅える全お父さん達にも勇気を与えた。

ブンビーさんのされっぷりはスタッフ・出演者にも表れており、シリーズ構成成田良美女史は「本当なら5(Yes!プリキュア5)で倒される予定で(Yes!プリキュア5GoGo!に)出すつもりはなかったんですけど、魅的すぎて殺せないんですよ」とWebラジオっており、次回作の企画段階では続投させる気がなかったものの、シナリオを変更してまで続投させたことを匂わせている。

ニコニコ動画においてもファンは多く「ブンビーさん」とタグ検索したところ、”115件”もの関連動画ヒットした。(2015年2月6日現在編集者調べ。)
中にはナイトメア時代特集もあるなどいかに彼がニコニコユーザーされているか理解頂けると思う。

蜂形態(真の姿)

処世術のため人間体のほうが常態化してしまったため、本人ですらその姿を忘れてしまうほどだったが、彼のの姿はこちらである 

キン肉マンに出てくる人のような体に、仮面ライダーのようなクリアアイの中に玉があるなど、怪人にして意外とヒーローチックデザインである。

であるが色がやたらカラフルで、メインの色はと、らしからぬ色をしている。なので飛べるが、何故かそういう姿をほとんど見ない。

一応かなり強いはずで、劇中では一番最初にプリキュアとの戦いに打ち勝った強敵である。

続編では針を撃ち出すなどパワーアップして登場・・・のはずがその後ほとんど活躍出来なかった。おまけ人間世界で暮らしていく都合上、もうこの姿は出せないものと思われる。

関連動画デカッ!

関連商品が売れれば、バンダイの株も鰻登りです、YATTA!

関連コミュニティが動いてる・・・マスクのうえから

ああ、早く関連項目にいけぇ・・・

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブンビーさん

71 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 15:19:39 ID: uvMPIo1gGk
十年ぶりの登場で思わずガッツポーズ
72 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 15:53:25 ID: VOBbSNwSWl
まさかブンビーさんの姿が見れるとは
ブンビーカンパニー倒産したのかw
73 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 16:19:24 ID: bd9CSn5oww
まあ、よりにもよって見たも性格もカワリーノさんにそっくりな部下と
一緒な時点で先行き不安な予感しかしなかったしなカンパニー
74 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 20:57:23 ID: bAR1bPZfcu
でも何度も転職した経験があるだけに、ブラック企業に対して
逃げるという事を覚えたのは結構デカいと思う
それが出来ずに病んだり死んだりする社畜は多いから地味に偉大な一歩なのよ

一応5の最初の大ボスだっただけに実もあるし
75 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 06:07:45 ID: v5Goe7IStN
ちょうどピーサードグラブルで復活したんだな
この2人はプリキュア史の中でも特筆すべき敵幹部だと思う

敵幹部の中で、実績上2年間プリキュアと戦った上で生存したブンビー最強記録と
5話で死んだピーサードの最弱記録は未だに破られてないんだよな
76 ななしのよっしん
2018/10/22(月) 22:06:47 ID: /f9awBblhE
乗っ取られたのかもしれない>ブンビーカンパニー
77 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 17:22:37 ID: E7U+rQzomA
劇中描写を見る限り、クライアス社の方がナイトメア(株)よりも労働環境が良く福利厚生がしっかりしている感じなのに、ブンビーは何を思ってナイトメア(株)の方が良かったという評価を下したんだろうか…?
78 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 23:43:24 ID: 63Q9UmoJ77
お蔵入り設定資料には仮面つけたブンビーさん
キャラデザがあるんだろうなあ 見たい
79 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 21:07:25 ID: ulf/+gr/eW
プリキュア史上初のシリーズをまたいで登場した敵役
されてるなぁ
80 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 11:34:53 ID: Zc21i898ms
>>76
会社そのものは存続してて、そもそもブンビーさんは「社会経験を積むため一時的に移籍してた」ってのがインタビューとかによると正しいらしいゾ…

急上昇ワード