プリキュア単語

プリキュア
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

プリキュア』とは、少女戦士達が正義を守るために悪の組織と戦う、テレビ及び劇場用アニメーション・それらのコミカライズ作品シリーズの名称である。また、その作品に登場する特殊なを持った少女達の呼称。

第一作から最新作まで「ニチアサ」と通称されるテレビ朝日系日曜放映で放映されている。
現在放映中のシリーズ2019年2月スタートの『スター☆トゥインクルプリキュア』。

制作東映アニメーション株式会社

原作東堂いづみ

概要

第一作OP題歌『DANZEN!ふたりはプリキュア』で「リティキュアキュア」と呼ばれているとおり、可さ(Pretty)+癒し(Cure)を視聴者に与えるヒロインこと伝説戦士「プリキュア」達が活躍するシリーズ

「『美少女戦士セーラームーンシリーズ確立された、男児向け集団ヒーロー物的な文脈による少女戦士達の物語作り」と「『ドラゴンボールシリーズで培った肉弾戦・格闘戦の表現技術」と言う、東映アニメーションの持つ二つの強みを生かした作品である。またドラゴンボールからの流れで、週刊少年ジャンプ的な王道勝利・努友情)路線も女児向けに応用されてはいるものの、少なからず継承されている。

女児向けアニメ(ryという煽りが頻繁に見られるが、男性諸氏もハマってしまったからといって悲観する必要はい。

しかし、やはりコンテンツとしてのメインターゲット女児なのである(毎年仮面ライダースーパー戦隊並に売り上げるその市場規模からもわかる)。なので、大友はちゃんと大人としての分別を持って、女児を押しのけたり引かせたりせず、その親御さんに不信感や不快感を与えないように自重して楽しむのだ。

ふたりはプリキュア(初代、無印などと呼ばれる)』の放送開始前は、前々作である『おジャ魔女どれみシリーズ』の完成度の高さから冷たい扱いを受けた本シリーズであったが、やたらパワフルネタ度満載のOPが流れるや否や色々なお友達ハートゲットし、現在に至る。

小さなお友達においては、男児向けアニメさながらのアクロバティックな肉弾戦を繰り広げ、とどめの線や気弾で怪物を浄化する主人公たちが、他の女児向けアニメヒロインとは異なる「戦うお姉さん」として受け入れられた。

一方、大きなお友達においてもそれは同様で、この手の変身美少女ものにおいて本格的な肉弾戦を体とした戦いを行ったのはプリキュアが初めてであり、それまでの「ステッキからが出て相手を倒す」という定番戦闘に飽きられつつあった状況下において、新な作品として評判になった(その後のシリーズにおいては、まず徒手拳の肉弾戦を行い、最後にアイテムを駆使した必殺技で勝負を決めるパターンも定番化している。これらのアイテム取得は玩具展開上、プリキュアのパワーアップイベントとして物語に組み込まれていることが多い)。また、キャラ萌えにも十分応えてくれるキャラクター作りがなされている。しかし、大きなお友達からは「日常学校生活眼を置いたエピソード中にも毎回戦闘シーンを入れる必要があるため、脚本にムリが生じている回がある」「作画(絵柄)が毎回変わり安定しない」「登場キャラクターの描写が甘い」などといった意見も散見される(しかし、女児向けアニメとして考えれば必要十分なレベルを持つ)。

なお、通常新作アニメ4月または10月から放送されることが多いが、このでは「おジャ魔女どれみ」以降、2月上旬から新作アニメが放送される。これには、新学期(新入学)商戦に合わせて新しい関連商品を販売し、年末商戦で関連商品の在庫を消化するためという夢も何も無い現実的な理由がある。

また、時折新年などとは別に休止日を設けるため、1年の放送回数は50回に満たないことが多い。

生みの親の一人である鷲尾天プロデューサー2009年開された『プリキュアオールスターズDX』で本シリーズから一度身を引いたが、現在企画としてシリーズを支えている。

海外での名称はほとんどが「Pretty Cure」(サバン・ブランドによる「スマイルプリキュア!」以降の作品の外国語ローカライズ版については「Glitter Force」)、韓国での名称が「프리큐어」(プリキュア)、中国語圏での名称が「美少女」(グワンツィーメイシァオニュー)になっている。

シリーズ紹介

テレビシリーズ

2019年現在まで放送されているテレビシリーズの概略はプリキュアシリーズ一覧及び各作品の記事を参照。

映画プリキュア

プリキュアオールスターズ

ゲーム

関連動画

ニコニコ動画での本編・MAD

かつて、本シリーズは現行のアニメとしては非常に権利関係に寛容であり、本編の即日うpなどは日常茶飯事であった。
当時の本編の再生数・コメント数は群を抜いていた。
一方で、そういった著しい権利侵権利者に与える影は大きかったようで、現在では本編や一部のMADなどのアップロードは厳しく規制されている。

これからの現行シリーズ本編は、在テレビ局6社へ提出した申入書に基づき運営判断にて削除されている。
ちなみに、製作局のABCは在テレビ局ではなく在阪テレビ局、つまり大阪テレビ局である。
画面ギリギリの位置にウォータマークを出してくれる控えめな良い局である高校野球の件は許してやれ)
なお、DVDソース本編は「東映アニメーション株式会社」名で削除される。

プリキュアシリーズ系の動画に関して、音楽系については、JASRACニコニコ動画契約の関係上故か較的削除は穏やかだが、本編動画を単純に切り貼りした系のMAD等は削除されやすい。
また、2~3ヶに一度程度の頻度で削除祭りが開催される。
この祭りにおいては、3ケタ単位で関連動画削除されるので注意が必要。

なお、時々プリキュアと見ると内容問わず即時削除を行う削除担当者がいる。
東映アニメーションの関係者か、プリキュアが嫌いなのか大好きだからこそなのかは定かではないが、その場合は潔く諦めるか、担当者がいない時間を見計らってアップロードし直す事。

MAD削除基準に関しては調中、、、

小ネタ

制作関連

  • 女の子だって暴れたい!」漠然と書かれたこの一言が初代の作品作りの柱となっており、それはシリーズ全体の基盤のようになりつつある。
  • プリキュアの変身シーンの決め台詞必殺技の決め台詞は基本的に毎回ちゃんと収録(新録)している。よって前半と後半とではのトーンや演技が変わってしまっているキャラが何人かいるが、その回ごとの微妙な心情変化も反映されるというメリットもある様子。
  • フレッシュ以降ダンスの振り付けを担当している前田健MIKIKO、原ななえ、振付稼業air:manは、よく勘違いされやすいがあくまで振り付け担当であってモーションアクターまではやっていない。
  • 戦闘ではごく一部を除き、プリキュアに対する顔パン腹パンなどキツイダメージ描写は基本禁止されている。
  • プリキュア対プリキュアは、MaxHeart劇場版2以降は暗黙の了解で避けられている。これは味方同士に限るもので、この時の経験からなのかライバルキャラとしてダークプリキュアという概念が誕生した。以降、味方プリキュア同士の戦いはほぼ皆無で、一フレッシュで「幻惑に惑わされた四人がお互いを敵と勘違いして戦う」という展開があるくらい。一応仲間洗脳されてやむなく戦うことはあるが、基本的に「物凄い闇のになすすべなく倒れながらも必死に呼びかける」など殴り合いを可な限り避けた演出が多用される。
  • 動きの多い作品だがパンチラNG水着映像としてはナシとされていた。プリキュアの多くがスパッツ・バニエキャラなのはそのため。一度だけこれ+シャワーシーンを披露したmktnがいたが、保護者から良い顔をされず以降は本編で控える方針になった。また、当時ネットではプリキュアにまつわる数々の規制鷲尾Pがかなりかれたこともあった。が、これらは女児のことを考えた(保護者込み)措置なので文句を言っても仕方ないことである。
  • プリキュア映画定番となったミラクルライト(による演出)は、子供の退屈しのぎの為に、当時は映画プロデューサー、そして後にプロデューサーを引き継ぐ梅澤Pが考案した。最初は反対意見も多かったが、評判がよかった為に定番化。昨今定着した応援上映の嚆矢になったとも言われている。
  • DVDなどにおいても、作画修正がほとんどされない。明らか作画ミスですら放置しているものも多い。しかし一方で、細かい演出修正がされていたりもする。

キャスティング関連

セーラームーンとの関係

プロモーション関連

放送枠について

※以下は2019年2月現在情報を元にしています。

関連商品

関連チャンネル

関連項目

キャラクター関連

動画関連

関連記事

関連企業

関連人物(スタッフ)

関連リンク

関連資料

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリキュア

6381 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 19:34:07 ID: +ZD1Ebtn7S
https://www.nhk.or.jp/anime/precure/ranking/exit

中間発表、ハトキャ強いなぁ
キャラも3人20位以内で曲も3曲10位以内だし
6382 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 10:04:47 ID: 0v7QlZdwst
>>6380 作戦と集団性なしでやって行く方向性だろプリキュア以外ならよくあるよやっっけとは少し違う感じがする。
6383 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 18:53:35 ID: +ZD1Ebtn7S
最近はかなりギャグ入ってる幹部いないもんね
幹部同士の会話でもギャグそんなにやらんし
あんまりやりすぎるとスタッフが感情移入するって問題が出てくるが
6384 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 20:39:33 ID: 1XLgJQH4eW
近年敵の掲げる理念が「人間ならしもプリキュアすら持ちうるだろう不安や偏見」を強く反映してるからかな?
化すに化せないけど、かといって事情も聞かずボコるのも違う。そういう距離

クライアス社なんかは半数以上が日本の現代〜近未来人で、価値観そのものはプリキュアと大差ないし
6385 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 07:23:54 ID: yMO04ik49X
人間もが持っている負の情念とかと闇の内の闇が敵のみたいな展開が多い。これはこれで考えさせられるが
6386 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 11:30:59 ID: RQ21AMzWK7
>>6383
思えばベールが1番悪役としてもネタキャラとしても両立出来てたよな
6387 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 16:49:11 ID: sNVxWS6pKM
いつか双子プリキュアとか姉妹プリキュアが出てきたら可愛いなと思う
6388 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 22:40:37 ID: XcVBZafeeS
お前たちのプリキュアって醜くないか?
6389 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 15:04:57 ID: 2X6i40QhEm
さっきNHK投票に行ったけど、
ダークドリーム公式プリキュア扱いじゃないんですよね。
ライダーで言えばシャドームーン扱いかな?
6390 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 15:13:18 ID: GB6SbjTHM9
その辺を入れ出すと、あのキャラもこのキャラもって話になり基準が曖昧になるからね

急上昇ワード