プリゴジンの乱単語

23件
プリゴジンノラン
6.9千文字の記事
  • 34
  • 0pt
掲示板へ

プリゴジンの乱とは、2023年6月24日ロシア内で発生した武装反乱である。

概要

グループの創設者である「エフゲニー・プリゴジン」が中心人物となったため、日本語インターネット上では「プリゴジンの乱」と暫定的に呼称されている。他にも「プリゴジンの変」「ワグネルの反乱」など様々な呼ばれ方をしている。

2023年6月24日ロシア民間軍事会社傭兵組織)「ワグネルグループ」を率いるエフゲニー・プリゴジンは、突如ウクライナ領内に展開していたワグネル部隊ロシアに侵攻させた。

ワグネルロシア首都モスクワから200km付近まで一気に進軍したものの、同日プリゴジン突然撤収を命。後述するように、ロシアの隣ベラルーシルカシェンコ大統領の仲介により、「ワグネルロシアの政権から一定の譲歩を引き出しつつモスクワへの侵攻を停止して撤収。参加したワグネル隊員などへの訴追などは行われず、プリゴジン本人もベラルーシに移る」というかたちで収束した。この時点でワグネルロシア正規軍の軍用機を数機撃墜していた。

同年8月プリゴジンは搭乗していたプライベートジェット墜落事故により死亡したため、反乱の動機も、一日で侵攻を中止した理由も不明なままとなった。

背景

グループ民間の存在であってロシア防省/ロシア軍下にあるわけではないにもかかわらず、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン」とのコネクションを背景として勢を拡大。スーダン中央アフリカ共和国マリリビアなどのアフリカロシア政府の意向を反映した軍事活動を行う大規模な民間軍事会社PMC)となっていた。

2022年に始まったロシアによるウクライナ侵攻においては、最前線で戦うなど立った働きを見せていた。「数か間戦って生き延びれば刑期を免除して給与をもらって除隊できる」といった条件で囚人リクルートしていたとされ、これは日本語インターネット上では俗に「ワグネルチャレンジ」などと呼ばれている。

プリゴジン自身のによれば、戦地「バフムート」では、戦闘員として採用した受刑者5万人のうち2割にあたる1万人が死亡、また別のルートで採用した戦闘員もほぼ同数が死亡、つまりワグネルグループから約2万人の死亡者を出すという戦闘を行っていたことになる。

だがこの戦いの中で、ワグネルの創設者であるプリゴジンロシア軍に対する不満を明確に表明するようになっていった。

2023年5月5日には、プリゴジンSNSテレグラム」にて、ロシア防大臣の「セルゲイ・ショイグ」やロシア連邦軍参謀総長でウクライナ侵攻総司令官「ワレリー・ゲラシモフ」を名しして「弾薬はどこだ!」と怒りのを挙げる動画開。戦闘に必要なだけの弾薬ロシア軍から提供されていないことに対する強い不満の表明だったとされる。[1]

2023年5月下旬には、プリゴジンプーチン政治ブロガー「コンスタンティンドルゴフ」氏のインタビューに答えて、上記のバフムートでのワグネルの死者数について触れつつ、ウクライナ軍のの高さとそれに対するロシア軍の対応の拙さを批判した。そして
こうしたすべての分断は1917年のような革命とよばれるものに行き着きうる
まず兵士が立ち上がる。その後は、彼らのする人々が立ち上がる。その数が数だと思うのは間違いで、既に数万人はいるだろう。殺された者の族だ。そして今後も数万人が加わるだろう。々はそれを避けられない
ともったという。[2]

2023年6月2日には、プリゴジンテレグラムにて「バフムートからワグネルが撤退するルートに、ワグネル部隊を狙う地雷爆発物が敷設されていた。これはロシア防省の関係者によるものだ」との投稿。「ロシア軍ワグネルに危を加えようとしている」と明確にし始めた。[3]

2023年6月4日には、ウクライナの占領地でロシア正規軍の軍人にワグネル部隊が攻撃を受けたため、この軍人を拘束したと発表。その軍人を尋問する動画開した。[4]この軍人はロシア軍ロマン・ヴェネヴィチン中佐。彼は解放された後に「ワグネル武器を盗み、動員された兵士ワグネル契約を結ばせ、防省から武器を強奪しようとするなど、ロシアの最前線で「秩序」をあおっている」と非難するコメント読み上げる動画開している。

2023年6月5日には、プリゴジンは「東部ドンバスでのウクライナ軍の反攻に対し大きな損を与えた」というロシア軍について「単純に乱暴でばかげたSF」と非難した。[5]

2023年6月10日には、ロシア防省のニコライ・パンコフ次官が「志願部隊」(ワグネルも含む)に「防省と直接契約を結ぶ(つまりロシア軍下に下る)よう要請するつもりだ」と述べた。「要請」としつつも、7月1日までに契約を結ぶ義務があるとする、強制的なものであったようだ。だが翌日11日にはプリゴジンから「ワグネルはそのような契約をボイコットする」という明が発表された。[6]

2023年6月13日には、プーチン大統領が会合にて契約を結ぶことへの支持を表明。ワグネル/プリゴジンプーチンとの意見の相違が明確になった。[7]

2023年6月17日には、プリゴジンは「独自の契約書案をモスクワ防省に持ち込んだが、受理を拒否される」という様子を収めた動画開した。契約書案には「防省がワグネルの活動を全面支援し、次官ポストを用意する」ことなどを盛り込んでいたという。[8]

2023年6月21日には、ウクライナでの戦況に関し、「ロシア防省が民を欺いている」「ウクライナ反転攻勢が失敗しているとロシア防省は発表しているが、実際には武器弾薬の不足により多くのがごっそりと敵側に奪われている」と批判する動画プリゴジン開した。[9]

勃発

そして2023年6月23日プリゴジンテレグラム投稿した音で、「ロシア軍ワグネル部隊を攻撃し、ワグネル戦闘員が大量に死亡した」と非難する明を発表。「次は々の番だ」「クーデターではなく正義の行進だ」とも表明した。[10]

これに対してロシア連邦保安局(FSB)は「武装反乱の呼びかけ」と見なすとしてプリゴジンへの刑事を開始すると発表。[11]

翌日2023年6月24日にはプリゴジンが、ウクライナに入っていたワグネル部隊を越えてロシア南部ロストフ州に入ったと発表。「防省の部隊、むしろ々のをふさぐために投入された徴集兵と言うべきだが、彼らはに退いた」「警備員が々を出迎え、戦闘員と抱擁を交わした」とも述べた。[12]さらに、そのロストフ州の州都である要所ロストフナドヌーに到達したワグネル部隊ロシア軍南部軍管区部を包囲する写真開。[13]その後、同部に入り、ワグネル部隊が飛行場を含む内の軍事施設を握したとも発表した。[14]

また同日プリゴジンは「民間車両に混じって移動していたワグネル車両に対してロシア軍ヘリが攻撃してきたため、これを撃墜した」と表明した。[15]

同日、ロシア防省は公式テレグラムにて、この軍事行動に参加したワグネル隊員に呼びかける以下のようなコメントexitを発表した。

Минобороны России

⚡️ Обращаемся к бойцам штурмовых отрядов «ЧВК «Вагнер».

▫️ Вас обманом втянули в преступную авантюру Пригожина и участию в вооруженном мятеже.

▫️ Многие ваши товарищи из нескольких отрядов уже осознали свою ошибку, обратившись за помощью в обеспечении возможности безопасно вернуться в пункты постоянной дислокации.

▫️ Такая помощь с нашей стороны всем обратившимся бойцам и командирам уже оказана.

▫️ Просим проявить благоразумие и скорее выйти на связь с представителями Минобороны России или правоохранительных органов.

▫️ Мы гарантируем всем безопасность.

(和訳例:

ロシア防省

⚡️ 私たちはPMCワグネル傭兵部隊戦士たちに訴えます。

・あなたは騙されてプリゴジン犯罪的挑戦と武装反乱への参加に巻き込まれました。

・いくつかの分隊に所属するあなたの同志の多くは、恒久基地に安全に帰還できるように支援めており、既に自分たちの間違いに気づいています。

・私たちの側からのそのような支援は、申請したすべての戦闘員指揮官にすでに提供されています。

・慎重に、できるだけロシア防省または法執行機関の代表者に連絡してください。

・私たちは皆様の安全を保します。

同日、プーチン大統領民に向けた演説を行い、その中で「々は反逆罪に直面している。この反乱に参加したものは全員処罰する」「内部の裏切りから自を守る」などと、プリゴジン/ワグネルのこの軍事行動について「反乱」「裏切り」と見なして厳しい対応をとる旨をった。[16]

だが、プリゴジンはこの演説に対して、テレグラムで「大統領は大きく誤っている。々は愛国者であり、々は戦ってきて、今も戦っている。ワグネル戦士全員だ」「大統領連邦保安局(FSB)、その他の人物の要請で投降するものはもいない」と述べ、投降を拒絶して戦闘継続する姿勢を示した。[17]

同日には、ロシア情報筋からの情報として、上記のロストフナドヌーとモスクワの中間付近(モスクワ南方500km)にある、ボロネジ州の州都ボロネジの全ての軍事施設をワグネルが制圧したと報道された。さらに、ボロネジ州では石油貯蔵施設で大きな火災も発生したと報じられた。[18]

その後もワグネル部隊北上継続し、モスクワへと着々と進行。ロシア当局側はこれに対してモスクワに通じる道路を封鎖し、さらにモスクワ内でも「の広場」が閉鎖されるなど警備が強化された。[19]

収束

だが、2023年6月25日午前2時00分ごろ(日本時間)、ロシアと同盟関係にあるベラルーシ大統領府から「同ルカシェンコ大統領プリゴジンと協議を行い、ロシアの領土で流血の事態になることは許されないということで合意した」「プリゴジンワグネル戦闘員の移動を止めるというルカシェンコ大統領の申し出を受け入れた」「ワグネル戦闘員の安全が保される選択肢が検討されている」などのコメントが発表された。さらにおよそ1時間後には、「ルカシェンコ大統領プーチン大統領電話で会談し、プーチンからルカシェンコに対して謝意が伝えられた」とも伝えた。[20]

その後、プリゴジンテレグラムで、「ワグネルを解散させようとしたロシア政権に対して正義の行進を開始し、24時間のうちにモスクワの200キロ手前まで到達した」「この間々は自分たちの戦闘員の血を一滴たりとも駄にしなかったが今や流血が起こり得る点に達した」「ロシア人の血が流れる責任を理解し、々は隊列を方向転換させ予定通り野営地に戻る」と記した。またプーチン大統領報道官「ドミトリー・ペスコフ」からも「プリゴジンワグネルへの刑事訴追は中止」「プリゴジン氏はベラルーシへ移動する」「ワグネル傭兵ロシア防省と雇用契約を交わすことも可」といった内容が発表された。[21]

プリゴジンの死

プリゴジンはその後、ベラルーシロシアを行き来するなどしていた。だが2023年8月23日プリゴジンの乗ったプライベートジェットが上8500メートルから墜落し、氏を含む10名全員死亡する事故が発生した。[22]これが人為的な物なのかは全く不明だが、ネットSNS上ではロシア軍が関与しているのではないか、暗殺・粛清ではないかとの噂が絶えない状況となっている。

評価

民間軍事会社然と反旗を翻して首都に向けて進軍、大統領がこれを「反逆罪」「裏切り」と非難する演説を行うという大事件ながら、急に進軍は停止され参加者もおとがめなしと発表される」というこの奇妙な収束については、各所から戸惑いのが挙がった。

BBCロシアの編集長「スティーヴローゼンバーグ」は、ワグネルの撤収が決定した後に報道映像において
こういう時はただ両手を挙げて「今のはいったい何だったんだ」と言うしかありません
プリゴジン氏はほんの数時間前まで部下を率いて丘のてっぺんまで上り詰める決意を固めていた様子でしたがそのまま部下を率いて丘を下りていきました
この異様な事態のな当事者の間でどのような合意がされたかあるいはされなかったのか私たちはいつまでも知りようがないままかもしれません
と、困惑を隠せないコメントを残した。[23]

ワグネル内部からの情報開しながらこの侵攻を称賛していたワグネルテレグラムチャンネルAP Wagnerexit」(この件を機にチャンネル名変更)は、
Пригожин обесчестил не только себя, но и всех кто в него поверил.(和訳:プリゴジンは彼自身だけでなく、彼を信じるすべての人たちの名誉を傷つけた)」
Эх ты лысый бестолковый дурачок.(和訳:ああ、このハゲ馬鹿野郎)」(注:どのハゲの事か不明。プリゴジンルカシェンコプーチン全員ハゲている)
12 военных пилотов были уничтожены в ходе попытки остановить продвижение музыкантов.(和訳:ワグネルの進軍を阻止しようとして軍のパイロット12名が死亡してるんだぞ)」
などと怒りのコメント投稿した。

Twitter日本語ユーザーの中では、「室町時代御所巻みたいだな」と日本史クラスタがざわざわしていた。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *「ショイグ!ゲラシモフ!弾薬はどこだ!」 ワグネル創始者が激怒:朝日新聞デジタルexit
  2. *ロシアで「革命」起きうる、敗退続けば ワグネルのトップが発言 - CNN.co.jpexit
  3. *ワグネルのトップ、ロシア国防省が地雷敷設と主張 バフムートからの撤退ルートに - CNN.co.jpexit
  4. *ワグネル、ロシア兵を拘束 正規軍に砲撃受けたと主張 写真3枚 国際ニュース:AFPBB Newsexit
  5. *ワグネル創設者、ロシア軍の主張を一蹴 ウクライナ東部での攻撃めぐり - BBCニュースexit
  6. *ロシア軍、雇い兵組織「ワグネル」を傘下に置く意向 プリゴジン氏は反発 - BBCニュースexit
  7. *プーチン氏、志願兵と国防省の契約支持 ワグネルは拒否 | ロイターexit
  8. *ワグネル創設者、傘下入り迫る露国防相に猛反発…戦況巡りプーチン氏に公然と異議 : 読売新聞exit
  9. *ロシア国防省は「国民を欺いている」 ワグネル創設者 写真4枚 国際ニュース:AFPBB Newsexit
  10. *ロシア軍の攻撃で「膨大な」戦闘員死亡、ワグネルトップが非難 - CNN.co.jpexit
  11. *ロシアFSB、ワグネル創設者への刑事捜査開始 「武装反乱」の呼び掛けで - CNN.co.jpexit
  12. *ワグネル戦闘員、ロシア南部ロストフ州入りか 州知事は平静呼び掛け - CNN.co.jpexit
  13. *民間軍事会社ワグネル武装反乱か ロシア軍南部司令部に戦闘員 | 共同通信exit
  14. *ワグネル創設者、ロシア軍南部拠点入り 市内の軍事拠点制圧 写真5枚 国際ニュース:AFPBB Newsexit
  15. *ワグネル部隊、ロシアの軍用ヘリ撃墜 プリゴジン氏 写真3枚 国際ニュース:AFPBB Newsexit
  16. *プーチン大統領「裏切りと反逆に直面」 ワグネル捜査巡り - 日本経済新聞exit
  17. *ワグネルのトップ、投降を拒絶 プーチン氏が「誤っている」 - CNN.co.jpexit
  18. *ワグネルがモスクワ南方500キロの軍事施設制圧 英報道 - 産経ニュースexit
  19. *ロシアでワグネル反乱 プーチン氏「裏切り」 鎮圧の構え 正規軍と衝突 - 産経ニュースexit
  20. *ベラルーシ ルカシェンコ大統領がプリゴジン氏と協議 事態打開図る | NHK | ロシアexit
  21. *「ワグネル」プリゴジン氏、モスクワへの前進中止を発表 ベラルーシ大統領が仲介とロシア報道 - BBCニュースexit
  22. *ワグネル代表プリゴジン氏、飛行機墜落で死亡か 搭乗者名簿に名前とロシア当局 - BBCニュースexit
  23. *「死ぬ覚悟」の「正義の行進」から一転「流血回避」で撤収 ワグネル、1日の動き - BBCニューexit

【スポンサーリンク】

  • 34
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリゴジンの乱

1184 ななしのよっしん
2023/09/20(水) 19:47:42 ID: d/73XGO61S
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1185 ななしのよっしん
2023/09/20(水) 20:06:59 ID: F2LtGrH4eQ
プリゴジンの他にウトキンも死んでることを思い出してあげてください
この二人はロシア軍の都合の悪いこといっぱい知ってるだろうし普通に口封じだと思った
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1186 ななしのよっしん
2023/09/20(水) 20:22:07 ID: GhQhPp6mTL
プリゴジン、ウトキン、チェカロフ、この3人のワグネル幹部は万一に備えて絶対に同じ飛行機に乗らなかったんだけど、今回同じ飛行機に乗って3人同時に死亡したのも不審な点のひとつなんだとか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1187 ななしのよっしん
2023/10/11(水) 19:39:21 ID: ZEnwYTYntB
何で一緒の飛行機に乗ったんだろう?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1188 ななしのよっしん
2023/10/17(火) 12:04:02 ID: TPmXe5GI08
そもそも本当に飛行機に乗っていたのか。
下手するとその飛行機そのものが実在するのか。
東側の定番ネタを今さらやらないでくれとプーチンに言いたい。

多分、プリゴジンが死んだという一点のみが信用できるのだろう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1189 ななしのよっしん
2023/10/17(火) 12:10:00 ID: 9UjxsaqBER
「生きてるプリゴシン達が一同に同じ飛行機に乗ってた」とはまず考えられてないよ。いくらなんでも油断が過ぎる
乗っていたのは死体か、人のパフォーマンスか、そもそも撃墜なんてしていないか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1190 ななしのよっしん
2023/10/29(日) 16:31:44 ID: wDjf1M3tOD
ワグネル戦闘員 多くが別の部隊に”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231029/k10014241001000.htmlexit

営のロシア通信は28日、民間軍事会社ワグネルに所属した戦闘員の多くが、プーチン大統領に強い忠心を示すチェチェンカディロフ氏が率いる部隊に加わっていると伝えました。

プーチン大統領は先末、ワグネルの元幹部と会談し、ウクライナ侵攻に参加する志願兵の部隊を組織するよう示していて、ことし6月に武装反乱を起こしたワグネルを政権の統制下に置きながら兵員不足を補っている実態がうかがえます。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1191 ななしのよっしん
2024/02/19(月) 00:30:34 ID: YHbyvOmJ3c
傭兵集団から国家の正規軍に加入なんて普通に出世だし、こんなの二つ返事でしょ
恐い社長もいなくなったし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1192 ななしのよっしん
2024/03/24(日) 23:54:49 ID: sJu5Oiwmh8
武装反乱なんてカッコよく言われてたけど一や陳情、あるいはプロレスのたぐいだったよなこれ
弾薬足りないと叫んでた時ですらウクライナ軍の数倍の火力バフムート圧してたわけだし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1193 ななしのよっしん
2024/04/26(金) 20:37:01 ID: KRlsb7Svg0
なんか最近プリゴジン像できたらしいね、深層ニュースでやってた
👍
高評価
0
👎
低評価
0