プリテイキャスト単語

プリテイキャスト

プリテイキャストとは70年代後半に中長距離戦線で活躍したである。
70mの大逃げを打ち、そのまま3200mを逃げ切り7身差で圧勝した1980年天皇賞で有名となった。

プリティキャストと誤記されることが多いが、本項名で示すとおり「プリテイキャスト」が正しい。(イが小文字ではない)

品種 サラレット
性別
毛色 鹿
誕生 1975/03/20
死亡 1995/06/28
日本
生産 吉田牧場
高田久成
調教
戦騎手 横山富男・柴田政人
脚質 逃げ

概要

カバーラップ2世ワカクモリュウズキをだすなど吉田牧場期待の種で、タイプキャストは重賞競走を7勝、1972年にはマンノウォーSを勝ち1972アメリカ最優秀古の実績を残した名しかしながらデビューは遅れ、しかも初勝利は8戦となかなか勝ちあがれなかった。

勝ち上がった後は気性の悪さもあって長らく条件としてすごした。6歳時に8番人気ながらダイヤモンドSを7身差で制してようやく重賞となり、名として格好をつけた形となった。その後余勢をかって天皇賞に挑戦するも15着と惨敗した。

天皇賞後はそのまま重賞戦線に挑み、札幌記念(当時はダート)2着、毎日王冠3着など惜しい戦績を残すも、ごろには目黒記念を最下位で敗れ、かなり評価を落としてしまった。

その目黒記念の後出走したのが天皇賞。プリテイキャストは不安定な逃げであり、前走の惨敗もあって11頭中8番人気。この天皇賞ではダービーカツラノハイセイコと、故障でクラシックを棒に振るも日経勝利など調子を上げていたホウヨウボーイなどが人気していた。

レースはプリテイキャストが戦前の予想通りハナをきったが、第1コーナーあたりで後続を50m以上突き放す大逃げに出た。人気カツラノハイセイコホウヨウボーイが控えて互いに牽制し合う形となったため、実は遅いペースで逃げているにもかかわらずもプリテイキャストを捕まえに行こうとはしなかった。

かつてプリテイキャストの戦をつとめた横山富男騎手(横山典弘)とメジロファントムは遅まきながら捕まえに行こうとするものの後続を最大で100mほど、最後の第4コーナーの時点でも50mほど突き放している状態では万事休す。ゴール直前には実況していた盛山毅アナウンサーが「2番手以下は絶対に届かない!!」と叫ぶほどの内容で、同年のダイヤモンドSとおなじ7身差でプリテイキャストはを手にすることになった。人気の2頭はそろって掲示板を外す敗退となった。

その後、有馬記念に出走するも、出遅れで先頭を奪えず12着惨敗となった。最優秀5歳以上天皇賞を勲章にプリテイキャストは引退となった。

その後、ナリタブライアンが出走した菊花賞にて息子のスティールキャストと同じく長距離レースでの大逃げを打ち話題となったが、他に立った産駒を出すことはできず、死亡した。

逃げ馬として

当時3200mという長距離で行われていた天皇賞で、身差では表現できかねる大逃げを打ち(「60mぐらい」と実況されている)、なおかつ7身差で圧勝したというインパクトは今でも色あせてはいない。
後続がそろいもそろって牽制しすぎたという状況はあったにせよ、そういう状況を作り出すのも逃げの戦術のうちであることは間違いないだろう。
今のところ子孫に彼女える逃げは出ていない。しかしJRA史上に残る大逃げを決めた彼女こそ伝説の逃げと呼ぶにふさわしいものであるだろう。

なお、2019年現在においても彼女3200mの天皇賞を勝った最後のである。

関連動画

伝説の大逃げ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリテイキャスト

1 ななしのよっしん
2012/01/03(火) 14:47:37 ID: +98sKDFc7G
このコメントいとは!
あそこまで大逃げが決まると逆にスカッとしますw
2 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 22:00:07 ID: D9g53T1scP
息子ナリタブライアン菊花賞を添えたね

3200を逃げ切るはもう出てこないかなあ
ハードル高すぎるしぃ
3 ななしのよっしん
2016/08/10(水) 23:14:23 ID: YDZinIHD6a
関連項目に逃げより先にツインターボ置くのやめてwww