プリパラ公式親衛隊単語

プリパラコウシキシンエイタイ

プリパラ公式親衛隊とは、アニメ・ゲームプリパラ」のファンクラブである。

概要

アニメ公式ファンクラブとして2015年8月16日に発表され、同年10月1日スタートした。エイベックス企画し、ロムシェアリング運営を委託する形で運営されていた。
入会は0円、年会費は5,000円(税別)。会期制で、どのタイミング入会しても第1期の期限である2016年10月31日まで有効となっていた。当初は第2期以降への更新も予定されていたが、結局第1期で終了している。

ファンクラブ開始まで

概要で述べた通り、2015年8月16日に「プリパラ公式親衛隊」がスタートすることが発表された。「親衛隊」としたのは「そふぃ親衛隊」に倣ったためである。なお、この時掲載されていた親衛隊の特典は以下の通りである。

  1. 公式親衛隊オリジナル会員プレゼント
  2. オリジナルプロモプリチケプレゼント
  3. プリパラ関連イベントなどの優先申込のご案内
  4. バースデーカードをお届け
  5. 公式親衛隊限定イベントの開催
  6. 公式親衛隊限定オリジナルグッズの販売
  7. 会報誌の発送(不定期)・公式親衛隊デジタルコンテンツ
  8. その他、本隊が企画提供する各種サービス

発表と同時に無料メルマガ会員の登録受付を開始し、9月11日に「プリパラ公式親衛隊」が10月1日サービス開始することが発表され、入会の受付が開始された。
そして、10月1日、予定通りプリパラ公式親衛隊はサービスを開始。これらの特典があることを期待していた人が多数いたであろう。

しかし・・・

告知通りに実施されなかった特典

上記に掲げられた特典はろくに実施されなかった。実際にどのようなことになったかを1つずつ書いていく。

1. 公式親衛隊オリジナル会員証プレゼント

会員そのものは12月上旬から順次発送され、問題なく届いた。これがなければ親衛隊の一員になったとは言えないだろう。
が、問題はこの会員の存在意義である。この会員の裏には「署名された隊員本人のみが使用できます。」と書かれており、おそらく5. の公式親衛隊限定イベントで提示するものだったと思われる。しかし、この限定イベントは1回しか行われず、多くの親衛隊にとっては会員は何の意味もなさなかったのである。

ちなみにこの会員は再発行する場合、手数料が必要であったが、費用はどこにも記載されておらず不明である。

2. オリジナルプロモプリチケをプレゼント

特典の告知では不定期に親衛隊限定のプロモプリチケプレゼントする、と言うものであった。しかし、実際は入会者(2015年12月9日までの入会者および「アニメ JAM 2015」、「プリパラ ドリームクリスマスライブ」での入会者)を対に「ホワイトクリスマスノーワンピ」が12月上旬に発送された後は、全くプロモプリチケの配布はかった。

3. プリパラ関連イベントなどの優先申込のご案内

一特典の中では機していた特典。以下のイベントでは、プリパラ公式親衛隊に対して限定の先行受付が実施されていた。なお、割と当選率は高かったものの、必ず当たる訳ではなかった。

しかし、これしかまともに機していなかったと言うことは、イベントに行かない人にとっては親衛隊の存在が意味だったことになる。

4. バースデーカードをお届け

一応機していた特典で、2015年10月より描き下ろしのバースデーカードが順次発送された。ただし、誕生日に届くように発送されるのではなく、誕生末にまとめて発送していただけのようである。

なお、入会した時点で本来の発送時期を過ぎていた場合は、個別に発送されていた。

5. 公式親衛隊限定イベントの開催

この限定イベントが開催されたのはわずか1回。しかもよりによって開催日が会期終了直前と言うひどいものであった。

なお、このイベント事実上の「Brand New Dreamer」のリリイベであるくせに、また別にチケット代を取ると言う不思議なことをしていた。

6. 公式親衛隊限定オリジナルグッズの販売

そんなものはかった。売ると思われるオフシャルショップ2016年4月27日に開設されたが、既存商品を発売しているだけな上に特典が全くいことから、何がしたいのか全くわからない状況であった。

7. 会報誌の発送(不定期)・公式親衛隊デジタルコンテンツ

会報誌は2016年3月にVol.1が発送されてそれっきりだった(2016年3月9日までの入会者対)。薄っぺらいものの中身はそれなりの出来であったが、今後親衛隊でやりたいことが書いてあったりと、終了した今見返すととても残念なものである。

デジタルコンテンツは以下の2つが開されただけであった。

8. その他、本隊が企画・提供する各種サービス

これに関して実施されたのは以下の通りである。

終焉

このプリパラ公式親衛隊は会期制であったため、第1期の受付を5月31日に終了したが、肝心の第2期への継続告知がされずに時間だけが過ぎていき、第1期終了直前の10月26日に親衛隊そのものの終了が告知され、11月1日サービス終了らびサイト閉鎖となった。これにより、プリパラ公式親衛隊は色々と不満を抱えたまま、幕を閉じたのである。

結局、特典して告知されていた内容がろくに実行されなかったため、多くの親衛隊から不満が出ることになった(得したのはチケット先行受付の恩恵を受けた人ぐらいである)。しかし、会員規約には「いかなる理由でも返しない」と書かれているので、入会した時点で規約に同意しているので、泣き寝入り同然である。

こうなってしまったのは、メインターゲット女児であるコンテンツで有料のファンクラブを作ってしまったことだろう。入会するかどうかを決めるのは女児の親であり、大抵は財布の紐が固いことが多いため、女児入会者が少なかったと思われる(ちなみに女児入会者が全くいなかった訳ではないことを補足しておく)。
結果として、想定通りにユーザーを集めることができなくなったことで、オリジナルグッズなどの予算を確保できなくなり、ファンクラブとして破綻したと思われる(なお、会員番号はランダムとなっているため、結局親衛隊に何人が加入していたのかは不明である)。

なお、この時期のプリパラの筐体売り上げはむしろ好調であり、親衛隊が終了した原因は筐体売り上げではないことを記しておく。

まさかの復活

ところが、2016年11月8日に再始動が発表され、公式サイト普通に復活。そして、2017年3月10日に「アイドルタイムプリパラ応援隊」としてリニューアルすることが発表された。

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%A9%E5%85%AC%E5%BC%8F%E8%A6%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリパラ公式親衛隊

1 ななしのよっしん
2016/10/28(金) 19:40:13 ID: DA5HOdJqcB
会員は、2015年10月のとびだすプリパラ舞台挨拶でも使いましたね。会員を見せて優先購入のチケットと引き換える方式でした。少なくとも横浜ブルクでは、
・チケット引き換えのため、開演の90分も前に集合させられる。
・チケット代に加え1000円近く手数料が取られる。
・別に良い席でもない。なお結果的に優先じゃなくても普通に買えた。
2 ななしのよっしん
2016/10/28(金) 21:24:31 ID: FJ54DGCU8q
>>1
会員が発送されたのは12月だから、10月の時点では会員は存在しないのではないかと
どちらにしろ、本当にただの先行って感じなのは確かですね
3 ななしのよっしん
2016/11/09(水) 11:33:47 ID: clMYpJMsc2
まさかの復活。
でも確実にライブで席取りたいなら必須だし、一時終了は単に年間契約4月スタートにするため…?