プリンセスブライド単語

プリンセスブライド
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

プリンセスブライド(Princess Bride)とは、字句通りに訳せば「」という意味である。

ここでは同名の小説映画について解説する。同名の曲についてはPrincessBride!を参照のこと。

概要

元々はW・ゴールドマンによる長編小説であり、内容はメタフィクションに満ち溢れている。

物語は2部に分けられるが、1部は実は「ゴールドマン子供の頃に読んだ長編小説プリンセスブライド」が、大人になって読み返すと冗長で長ったらしい記述ばっかりであったことを知り、読書の面さを広めるために筆を取る」というストーリーになっており、いわば長いまえがきである。

2部ではそのゴールドマンによって編された「プリンセスブライド」を、端々に書かれた「いかに私がその冗長で長ったらしい記述を省略したか」という付記を読みながら内容を追うという筋書きになっている。
だが実はこの「プリンセスブライド」なる長編小説現実に存在せず、この小説もまた(冗長で長ったらしい記述を含めて)ゴールドマン自身による創作である。

その内容も「中世のとある舞台に、腹黒王子婚を迫られる美しいと、彼女人で死んだと思われていた青年との物語を描いた、ハートフルファンタジーコメディ」という冗長で長ったらしい説明とは裏に、えらくストーリーが展開される。中世ヒロイックファンタジーでおなじみの海賊巨人が敵として現れるのはまだいい方で、その後に伝統的な怪物と危険な魔術と陰湿なが圧倒的な物量で迫りくるのである。

映画版「プリンセス・ブライド・ストーリー」

冗長で長ったらしい小説を冗長で長ったらしく解説した冗長で長ったらしい小説を基に作られたのが映画版である。

こちらはメタフィクション的な要素はだいぶ薄まり、おじいさん息子に荒唐稽なファンタジー小説読み聞かせる、という場面から物語スタートする。
しかし冗長で長ったらしいストーリーはまったく息をひそめ、旧来の中世ファンタジー世界をきちんと表現した映像に、驚異的ご都合主義でありながら破綻していないコメディタッチストーリーロマンス・冒険活劇・ファンタジー・童話・胡散臭さ・おじいさんのヨタ話っぷりを余すところなくSFXで表現した表現技法などが話題を呼び、トロン映画祭で栄誉ある最高賞を授かるほどの破天荒な作品になっている。

日本国内でも邦訳された映画をして「隠れた名作」とのが高い。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリンセスブライド

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • プリンセスブライドについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2020/04/02(木)00時更新