プルフリッヒ効果単語

プルフリッヒコウカ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

プルフリッヒ効果とは、ドイツのプルフリッヒ(Carl Pulfrich, 1858/9/24-1927/8/12)が1922年にNaturewissenshaftで発表した錯視である。

概要

片方のの前に暗い色を付けた透明な膜をおき、その状態で視線方向に対し垂直に揺れる振り子運動を見ると、あたかも振り子が楕円軌を描くように見える。

これは、視神経における暗いの処理が明るいより遅いため、内では常に遅れた位置の情報を処理しているため、振り子が本来ある位置とは違う位置に知覚されるのである。

この現3D映像などの立体視に利用された。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E5%8A%B9%E6%9E%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プルフリッヒ効果

1 Georva
2019/07/25(木) 11:07:16 ID: Jdeb0edbcV
意外に知られてないが、立体アニメと銘打って放送されてた番組「家なき子」(東京ムービー)
劇場版では立体視用のメガネ(片が暗くなるフィルタ)が配布され、プルフリッヒ方式で立体視ができた。作り手の労地獄だったそうな。
セル画を所謂多重時間差ス横クロールさせて立体感を強調する手法。

急上昇ワード