プレガバリン単語

プレガバリン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

プレガバリン(Pregabalin)とは、鎮痛薬である。先発医薬品名はリリカ®Lyrica®)。

概要

有機化合物
プレガバリン
プレガバリン
基本情報
英名 Pregabalin
化学 C8H17NO2
分子量 159.23
化合物テンプレート

プレガバリンは、γ-アミノ酪酸GABA)の誘導体であり、神経性疼痛などの治療に用いられる。神経性疼痛は、神経系が物理的な圧迫や機的な損傷などを受けて引き起こされる。神経性疼痛における痛みは体の障に伝える危険信号としての役割を失っており、痛みそのものが生活の質を下げる障となっている。このような異常な疼痛を伝える神経系において、プレガバリンは電位依存性Ca2+チャネルα2δサブユニットに結合し、Ca2+神経細胞内への流入を低下させ、奮性神経伝達物質の放出を抑制することで鎮痛作用を示すと考えられている。GABAに類似した構造をもつが、GABA受容体には結合しない。

先発医薬品名のリリカ®Lyrica®)は、Lyric(叙情)、Lyrical(叙情的な)を由来とする。リリカ®の剤形はカプセル剤OD錠(口腔内崩壊錠)があるが、生物学的同等性が示されており、同一の適応症に同一の用法用量で使用される。日本における適応症は以下の2つだが、海外ではてんかんや全般性不安障にも使用されている。

副作用として、めまい、傾眠、意識消失などがあるため、自動車の運転など危険を伴う作業は控えること。とくに高齢者の場合、転倒による折などのリスクもある。頻度は低いと考えられるものの、死亡例を含む劇症肝炎や肝障副作用が報告されているため、倦怠感、食欲不振、発熱などが続く場合は医師薬剤師に相談すること。急に投与を中止すると不眠、悪心、頭痛などをきたすおそれがあるため、1週間以上かけて漸減する。

リリカ®は、2017年度の医薬品売上高が第1位937億円)[1]2018年度は第2位(1,007億円)[2]であった。痛や関節痛などの適応外疾患への“濫用”が背景にあるとの摘もある[3]。また、リリカ®による神経性疼痛の治療はあくまで対症療法であるため、疼痛の原因疾患の診断および治療を併せて行い、リリカ®を漫然と投与することのないよう添付文書に記載されている。

関連項目

脚注

  1. *2017年度 国内医薬品売上高ランキング - AnswersNewsexit
  2. *2018年度 国内医薬品売上高ランキング - AnswersNewsexit
  3. *乱用される国内販売トップの鎮痛薬「リリカ」 - 論座 朝日新聞exit

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プレガバリン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • プレガバリンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!