編集  

プロットアーマー単語

プロットアーマー

プロットアーマー(plot armor)とは、キャラクターが窮地に陥っても不自然に助かる展開を揶揄した言葉である。

概要

 いわゆるご都合主義批判のひとつとして、「死ぬのが自然な状況を不自然にも死なずに切り抜けた」時に揶揄のために用いられるフレーズ。生命的な意味での死以外にも、社会的、精的、的、出番的など多くの意味に応用される。プロトアーマーのことではない。

 「プロット」とは「話の筋書き」である。よって「プロットアーマー」を日本語に直訳すれば「話の筋の」であり、「致死性のダメージを受けても、話の筋の都合でリアリティ視してダメージ効化してくれる見えない」といった意味合いの言葉となる。どんなに命知らずのなことをやらかそうが何故か死ななかったり、圧倒的強者と戦って負けたのに何故か生還したり、弾のされても何故か一発も被弾しなかったりする登場人物に対して、「あいつが死ななかったのはきっと作者が話の都合という名の見えないを着せたからだ」とする皮である。

 もちろん、生存に足る十分な理由が作中で示されている場合はこう呼ばれることは少なく、作者の都合など作品の外に理由がある(と思われる)場合において用いられるのが一般的。また、その性質上、登場人物がどんどん死んでいくタイプの作品において使用されることが多い。

 プロットアーマーの対主人公だけに限らず、ヒロインライバル主人公仲間、その他人気サブキャラクターなど、「この展開だと死ななければ不自然だが、プロットの都合上ここでは殺せないと思われる登場人物」全てである。このように主人公以外も対となるため、いわゆる「主人公補正」という言葉とは少し範囲が異なる。また、「主人公補正」という言葉は窮地の不自然な回避だけではなく不自然に持ち上げられる展開なども意味するため、そういった意味でもプロットアーマーとは異なる範囲を示す言葉といえる。

 (とはいえ、使用者によっては、上記のように「不自然に上手くいく」ことも含めて主人公補正全体をプロットアーマーと呼ぶ場合もある)

 なお、このフレーズで揶揄される作品において、実際に作者本人が「話の筋の都合で作中のリアリティ視した」と述懐していることを根拠にしているケースはまずない。ほぼ全てのケースが、作者の意図を知りようのない読者が「これは作者が自分の都合で作中のリアリティを捻じ曲げているに違いない」と推測し、確のないまま述べられる憶測であり、つまり、その本質は邪推である。

論点

 ある作品において、特定の登場人物だけが恣意的に優遇して扱われているように見える場合、そこに作者の意図を感じ、思わず邪推してしまうことはある程度仕方がない面もある。特に特定の登場人物のリアリティの線引きとそれ以外の登場人物のリアリティの線引きが大きく異なるように見えるならば、そのズレにある種の座りの悪さを感じてしまうことはごく自然なことである。

 しかし、プロットの都合上、重要な役割を担う特定の登場人物を途中で退場させられないという状況はほぼ全ての創作において当たり前の前提であり、決して特定の作品だけに見られるものではない。要登場人物、特に主人公を「今はそういう流れだから」という理由だけで考えなしに途中で退場させることは、その時限りの衝撃は与えられるだろうが、その後の展開を円滑に進めることが非常に困難になるのは想像に難くない。

 およそ物語というものは登場人物の生死を描くことが的ではなく、その生き様を通じて何らかのテーマを描くことを的としており、登場人物の生死はそのテーマを描くための手段のひとつに過ぎない。登場人物の自然な死にこだわるあまり、テーマを描くことができなくなっては本末転倒だ。その意味において、登場人物の生死が作者の都合で左右されることはむしろ当然のことであり、それ自体が悪いわけではない。

 つまりここで問題になるのは、「途中で登場人物を退場させられない」という作者の都合や、それが作品に反映されることそれ自体ではなく、助かった理由がられていない、っていてもそれに説得がない、伏線が足りないという構成の不足である。プロットアーマーという揶揄フレーズの根底にあるのは、「退場を回避させたい意図があるなら、助かっても不自然でなくなるだけの根拠を事前に積み上げるべきだ」「この展開には根拠が不足している」というであり、誰彼構わず殺せとしているわけではないことには注意が必要だ。もし単に誰彼構わず殺せとわめいているだけの場合は、遠慮なく視してよい。

 ただし、作中で発生する全ての事に十分な根拠を提示することは実際のところ非常に困難であり、時には偶然助かった展開に持ち込むしかないこともある。あるいはテーマるためにあえて偶然助かった形にすることもあるだろう。それらまでいちいちプロットアーマーと揶揄するのはキリがない。それに、偶然が運命を左右する場合において、必ずしも死ぬのがリアルというわけでもない。重要なのは作者がどのような意図をもって(あるいは特段の意図なく)なぜそうしたのかを慎重に考慮することであって、偶然助かった=これはプロットアーマーだ、と脊椎反射的に断ずることは避けるべきである。

 また、どこまでをリアリティのある展開と取り、どこからをご都合主義的展開と取るかはきわめて主観的な判断にならざるを得ず、当然、そこに共通認識のある厳密なラインなど存在しない。自分や賛同者にとってはご都合主義的な展開にしか見えなくても、他者が見れば理のない自然な展開に見えるということは多々ある。

 そのようにあやふやな主観を論拠に揶揄という名の攻撃を仕掛けることは容易に混乱と紛糾を招くため、あえて悪意を持って混乱をもたらしたい場合でもない限り、使用を推奨されるフレーズとは言いがたい。できればもっと穏やかな他の言葉で適切に言い換えることが望ましいだろう。

 また、作中には十分な伏線られていたが、単に自分がそれを見逃していただけということも十分に考えられるため、その場合は素直に己の落ち度を認める度量がめられるところである。

使用上の注意

 この言葉は「この作者には構成がない」と批判しているに等しいため、特にファンコミュニティで用いる際には非常に気を遣う必要がある。
 この手の揶揄フレーズの常として、仮に冗談であっても不快感を示す人間も少なくないため、決して軽々と使用してはいけない。もし何も考えず気軽に用いようものならば、その作品及びファンに喧を売っていると解釈されても仕方がないことを肝に銘じよう。

発祥

 いつ頃に生まれた表現であるのかははっきりしない。カタカナ表記よりも英語表記の方が先に存在していたようであり、英語圏で生まれた俗語かと考えられる。スラングに関するクラウド辞書サイトUrban Dictionary」にも「plot armor」のページが存在するが、2016年8月3日現在のところ、この言葉の発祥については同ページられていない。おそらく創作物のファンコミュニティなどで自然発生したものと思われ、明確な起を探るのは困難である。

 Google検索を使用して探ってみた範囲では、現在残っている最古の使用例は2006年4月24日英語圏の創作系サイトdeviantart」に投稿されたコメントのようだ。そこでは「Love the plot armor thing btw」と記されており、plot armorという言葉が既によく知られた言葉であるかのように説明なしで使われている。よって、この投稿が最初の使用例であったと言うより、これより古い使用例(ウェブサイトインターネット掲示板ログ)が年の経過によって検索に引っかからなくなってしまっただけという可性が高い。

 カタカナ表記「プロットアーマー」で探して見つかる現存する最古の使用例は、2012年3月に個人のTwitterアカウント上で「プロットアーマーモブは悲惨すぎ…」とツイートされたもののようだ。ただし非ツイート削除済みのツイート検索に引っかからないため、あくまで「現存する中では最古」というだけである。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC
ページ番号: 5435456 リビジョン番号: 2391491
読み:プロットアーマー
初版作成日: 16/08/02 23:49 ◆ 最終更新日: 16/08/06 20:29
編集内容についての説明/コメント: カタカナ表記でのより古い使用例をTwitter上で見つけたため更新し、「発祥」の節にまとめて下方に移動しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プロットアーマーについて語るスレ

29 : ななしのよっしん :2017/10/27(金) 11:21:30 ID: PJY4wwAUyJ
対義は「レッドスーツ」だな
プロットの都合で死なされる役回りがそう呼ばれる
30 : ななしのよっしん :2017/12/16(土) 22:55:51 ID: 7YDQTVG7Qw
洋ゲーにありがちなでも殺せるゲームでも子供は殺せなかったりするのはこれ?
それとも単なる規制かな?
ここで死んでおくべきって所も人によりけりだから判断が難しい
31 : ななしのよっしん :2018/01/25(木) 09:32:25 ID: 8FMaSpDFjm
ニンジャスレイヤーはこの記事の作成時期分にまだ追い付いてないから詳しくは分からんのだが
2部~3部初期の作品だと、上手くプロットアーマー問題を回避する技法に溢れていてかなり勉強にもなると読んでて思うし、個人的に大きな魅の一つだと感じてるので、その辺の構成がもし甘くなってるなら敏感に反応する人も出てくるだろうとは推測できるな
32 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 00:58:11 ID: 7QSgKvn83o
ヘッドショット不殺弾だから助かった
33 : ななしのよっしん :2018/04/03(火) 20:53:25 ID: w+3zEX/0fL
ゲ〇・ボルグ「狙った心臓は必ず頂くが、プロットアーマーの破り方なんて知らねぇよ!」
34 : ななしのよっしん :2018/06/10(日) 03:58:19 ID: EA/J/NCcE7
ストームトルーパー効果だな
35 : ななしのよっしん :2018/07/04(水) 19:43:48 ID: e4N7QIFXM9
このページ作ったのどうせヘッズやろ?
36 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 06:31:01 ID: BX2/tBV0UT
>この言葉は「この作者には構成がない」と批判しているに等しいため
ってあるけど、逆に「批判の意図はないけどプロットアーマーと言う言葉を使う」っているの?
37 : ななしのよっしん :2018/09/03(月) 18:55:51 ID: E6vSumYiWv
客観的に単の解説するっていうより、この言葉使うは基本アホ!人格欠陥者!ってトーンを一貫して感じるんだけど…
何か好きな作品貶されでもしたんか
38 : ななしのよっしん :2018/10/02(火) 03:34:27 ID: BX2/tBV0UT
>>37
されたんじゃね?
>>35も言ってる通り、忍殺への批判として有名になった言葉だし

まあそれだけ3部後半以降の忍殺に対して不満を持つ読者が多くて、それを封殺しようとしたヤツが多かったって言うにしかならんけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス