ヘクター・ドイル単語

ヘクタードイル
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

ヘクター・ドイルとは、刃牙に登場するキャラクターである。CV.子安武人

概要

最大トーナメント終了後脱獄した死刑囚の一人で、イギリスのグラスゴー郊外にあるカリオ刑務所から脱獄し、敗北を知るために日本へ向かう。
電気椅子にすら耐えうる強体と目隠しをしたまま拳銃を装備した刑務官を何人も殺する格闘センス、全身に仕込んだ武器などを駆使して戦う。
ちなみにイギリスには海賊法・国家反逆法・軍法以外で死刑は存在しないため(※1)ひっそりと軍人である設定である。
そのためか日本へ来る時は軍のコネを利用しミルベンフォー(※2)を利用して来日し、ストラダムとも接触している。
死刑囚5人の中ではおそらくは最年少であり非常に若い。且つ中性的な顔つきをしており、多少違和感は残るものの女装も可
普段の装は上下をで統一しパンツヒョウ柄のものを用している。サングラスをかけたり普通のものとは少し違う眼帯を付けるなどお落に気を使う面もある。
体内に武器を仕込んでいること、敗北についての思想、に戦う相手が心会やであること、死刑執行に耐え抜いて周囲の人間全滅させての脱獄等、同じ死刑囚の中でもドリアンと似通っている面がある。
余談だが死刑囚の中では日本でかなりまともな生活をしている。自宅暮らしの柳龍光は例外として、スペック刑務所暮らし、シコルスキーボロビル暮らし、ドリアンは戦時中に作られた地下部屋暮らしを送っている各死刑囚面々に対し、ドイルはなんとにホテル暮らしをしている。

戦法

死刑囚の中でも取り分けノールールの思想が強く、本人の弁ではあるが核兵器の使用まで想定している。そのためか、ほぼすべての戦いにおいて武器を使用している。
体内にも武器を仕込んでおり、体中にり巡らした配線で起動して攻撃することができる。
体内の武器の使用に必要なのか防御用かは不明だが腕にが埋め込まれており、重傷は負うが日本刀太刀ガードすることもできる。
武器のほかに不意打ち・だまし討ちをよく利用する。素の身体も非常に高いものの、地下闘技場代表のファイターには及ばない面が多い。

渾身の追い突き
人の顔面にける威を誇る強な追い突き。脱獄時とビスケット・オリバ戦で使用。シコルスキーの渾身の一撃すら効かなかったオリバにも有効打となる。
襟の仕込みカミソ
襟の裏に使い捨てミソリのを仕込んでいるだけだが、喧時の常套手段である「胸倉を掴む行為」に効果抜群であり、相手にダメージを与えた上で隙のできたところに更に追撃する。
手首、肘、両膝の飛び出しナイフ
特殊な手術で手首と肘からスイッチを入れれば飛び出てくるナイフを体内に移植している。純戦闘力の向上のほかにも不意打ちで使えば一撃必殺となりうる。シコルスキーカーヴィンナックル以上の切れ味である。
プリンパンチ
腕に強なばねを仕込んでおり、凄まじいパンチを放つ。
ブレストファイア
胸部に大量の爆薬を仕込んでおり至近距離人間爆撃で倒すことができる。自身は鋼プレートで保護しているため被爆せずに使用できる。
正拳
愚地克巳友情として授かった空手技。初めてなのに速攻でものにしておりからさすがと言われる。

本編での行動

登場初期

電気椅子に耐えきっての脱獄後、軍用機で来日。来日後ランニングトレーニング中のロブ・ロビンソンケンカを売る。命の危機が迫っているのにプロだのなんだの言って喧はできないとするロビンソンにがっかりし、ロビンソンが勢いで胸倉を掴んでしまった際、襟の仕込みカミソリに動揺した隙に首を掻っ切って倒す。その後闘技場へ向かい各死刑囚や地下闘技場ファイター邂逅

その後しばらく出番がなかったが、刃牙の通う学校に登場する。
この時地上から二階ジャンプして侵入するのだが、丁度学校教師が地上から二階ジャンプはできん!と刃牙説教を垂れている最中での登場だった。(※3)イルく時間が惜しいのでシンプルに入ったとのこと。
登場していきなり呆然としている教師を吹っ飛ばすが、いきなり泣き出した刃牙の態度に一気を取られ机越しに思い切り蹴り上げられる。蹴り上げられたものの試合場とプライベートでの喧の違いを理解している刃牙を賞賛し、コンパスカッターなどを拾い臨戦態勢に入るが刃牙にはとっとと逃げられてしまう。
この場では深追いはせず撤退する。

VSビスケットオリバ

長らく登場はなかったが来日して暴れまくっているビスケット・オリバが警視庁にいることを知り、婦警に変装しこっそり背後から襲撃する。(※4)オリバは偶然にもドイルについて情報室で調中であった。
オリバに対し自身もアンチインの一人であると

ミスターオリバ二質問
警視庁ノ中ニイル オレ ヘクター・ドイルハ
捕マッテイルノデショウカ イナイノショウカ?

と、問いかける。
不意打ちで肘の仕込みナイフでオリバの顔面を切りつけるとともに幻惑剤を仕込む。オリバの巨体ゆえすぐに効果は表れなかったが、オリバが余裕の態度で会話を長引かせたため十分に効果は得られオリバにめまいを起こさせる。さらに傷口を狙ってハイヒールが剥がれる強さで蹴り上げ、反撃しようとしたオリバにハイヒールをぶつけ、その隙に脱獄時に見せた渾身の追い突きを炸裂させてダウンを奪い取る。
倒れたオリバを余裕をもって見下していたが、突如オリバの反撃で足を掴まれ片手で散々振り回された挙句、警視庁が揺れる地震が起きるほどの渾身ので床に叩き付けられる。自では起きられなくなるほどダメージを受けた上、この騒ぎに流石に近辺にいた警官が駆けつけるがオリバがドア越しに追い返す。

ミスターイル二質問
この場合(ケース)ハ君ニトッテ
救ワレタノダロウカ 救ワレナカッタノダロウカ?

このままとどめを刺そうとオリバが胸倉をつかんでドイルを引き上げるが襟には仕込みカミソリが・・・。その隙を逃さず、右拳を顔面にブチ込み、ナイフをオリバのに突き刺し、二段蹴りをオリバに決める。
そのまま速攻で部屋の点検口を使い撤退する。
勝負自体は痛み分けで終わっているが、丸腰のオリバに対して不意打ち・幻惑罪・体内に仕込んだ武器・ナイフを用いても倒し切れなかった上、一撃で致命的なダメージを受けたことからオリバを相当な実者であると認める。
地下まで逃げた後変装を解いて、走行中の地下鉄スパイダーマンのごとく飛びついて帰路につく。
なおオリバはこれだけの戦闘の後でありながらほぼノーダメージでピンピンしており、治療も受けずに渋川剛気及び警視庁エリート柔道を楽しんだりしている。

VS鎬高昇

潜伏しているホテルでストラダムと会い、パンツ一丁で自身の体内に仕込んだ武器の数々を披露する。
その時鎬高昇が室内に乱入し、いきなり襲撃を受ける。鋭い足を喉に喰らい強ダメージを受ける。何とか立ち上がり体内の仕込みナイフを作動させ臨戦モードに入るが、強カウンターで同じ喉をやられる。
幾度となく繰り返し攻撃を受けるが、幾度か倒れたドイル勝利を確信した鎬高昇が闊に近づき顔を近づけたため、スプリンパンチブチ抜く。さらに全身の仕込みをすべて稼働させ全臨戦態勢に入る。鎬高昇はカウンター狙いでドイルが先に動くのを待っていたため、ドイルが腕を動かしただけで思わず動いてしまう。全身の武器を稼働させたのはフェイクで、そのまま胸に仕込んだ大量の爆薬爆発させ鎬高昇を吹き飛ばしKOする。
 
普段から重火器を使用する軍人であるストラダムですら、この体内の暗器の数々を使った戦いには疑問を呈し、この戦いを横から見ていた感想として「男の戦いではない」と批判される。ストラダムから拳銃の使用の可否を問われるがそれもアリだと答え、更には核兵器の使用の話も持ち出されるが、それも仕留められることなく発射できるのならアリと答える。また、最強とは何かと問われ「負けぬことだ」と表明する。そして敗北を知りたいのに、負けないように武器まで使用することについては「全を尽くしたうえで負けた時こそ敗北を満喫できる」と答える。

VS烈海王

ある日、百貨店で買い物をしているとエレベータの中で烈海王と鉢合わせる。烈海王に隙を作るためなのかそれとも本心なのか「ここで戦うのはまずい」とするが烈海王に「私は構わん!」と拒否される。これを幾度か繰り返しながら行動を共にし、最終的に飲みに誘いバーに入る。
自身の故郷のであるスコッチを注文しつつ雑談を振りそして蝋燭をやるが、直後鏢をに突き刺され片を失明する。さらには自身がやろうとした火炎放射を喰らい、更なる追撃で全身に32本の鏢を喰らい、たまらず逃走する。店からは脱出できたが、烈海王による追撃ので動きを封じられ青龍刀で切りつけられる。がこれが功を奏し自身を封じていた分まで切れたため、煙玉を使用しマンホールから逃走する・・・ように見せかけ背後から鏢でを突き刺す。
 片失明と重傷による失血で手元が狂って急所を外してしまったためを止めることはできず、次なる武器の七節昆で全身の鏢を吹き飛ばされる。最後の切り札であるブレストファイアーも回避され、さらに連撃を喰らい底的に追い詰められるが、突如現れたジャックハンマーに麻酔を撃ち込み失させる。
ジャックハンマーはドイルに倒された鎬高昇の紅葉からドイルの話を聞き、敵討ちがてらドイルと戦うつもりであった。満身創痍のドイルではつまらないと思ったジャックは、その場は宣戦布告のみを行い立ち去る。一人残されたドイル、最初は帰ろうとしたが、麻酔を打たれて防備となった列が不良に絡まれたり野良に絡まれたりと危険な状態であり、どうにも放っておくことができず起きるまで警護する。は結局まで覚めずドイル瀕死状態となるが、ドイルに大恩を感じた速な搬送と心会の協で何とか一命をとりとめる。その後から看病を受けるが対立するもの同士一緒にいることはできずひっそりと病室を抜け出す。

VS神心会

私に輸血してくれたと聞いている
心から礼を言う
アリガトウ

場で練習中の愚地克巳の前に現れて治療の御礼を述べる。言いにくい事であると前置きをした上で対立するもの同士としてを葬ることを宣言。もそれを承諾し戦うことになるが、空手着を着て戦うことを要し持参した空手着を着るふりをして素く耐火を着込み、薄粉をブチ撒け粉じん爆破を起こし、やその場にいた空手数十人諸共ビルのフロアごと吹き飛ばす。
逃走中に愚地独歩と遭遇、さんざん侮辱され挑発され逆上したところで、独歩の提案した「一撃づつ腕で殴り合う勝負」に乗るが、初弾を即座に空手技のし受けで防がれ、怒涛の空手技による急所五連撃で倒されてしまう。
心会場に運び込まれ意識を取り戻すとそこには愚地克巳がいた。敗北を認めるかどうか問われるが答える前に蹴り倒され気を失う。再び覚め今度はスプリングで顔面を狙うが軽くかわされ急所四連撃を喰らい失。幾度かそれを繰り返したのち遂にを迎え食事を取り再び立会うが、この時に武器を使わなくなっていることを摘される。怒りのままに攻撃を繰り出すがかわされ反撃を喰らい、下段突きを眼前に迫らせながら敗北を勧められるが拒否、そのままコンクリートブロック三枚を破壊するという下段突きを顔面に喰らう。顔面が大きく陥没折する重傷を負う。
次に覚めた時にははすでにいなかった。心会門下生からドイル勝利を通達される。その後の自宅に向かい自宅から顔を出したを、膝まづき自らのを地面に敷いて出迎える。瀕死に遭いながらも敗北を拒否し続け意地をっていたが、により勝利を譲られることで意地をる必要が突如なくなってしまった(=敗北)。初めて得られた敗北は、意地をり通すことからの解放という喜びであった。この行為はそのプレゼントをくれたに対する最大の敬であり且つ敗北を認めたことの表明であった。

VS柳龍光

心会と和解したことで対決は終了したが脱獄死刑囚という身分上、心会の手引きで中東へ密入することになる。最後の別れ際との友情として正拳突きを教わり、更にはから帯を授与される。しかし、出航直後に柳龍光の襲撃を受ける。先手を奪おうとするが回避され手で残りのを失明させられてしまう。さらにタバコを利用した陽動作戦に引っかかり、皮にも先ほどからもらった帯で首を絞められる。ここぞとばかりに正拳をブチ込み反撃に出るが決定打にはならず、逆に柳龍光の反撃の底で船外まで吹き飛ばられ首つり状態となる。なんとか帯をロープ代わりにして這い上がるが、日本刀を抜いた柳龍光が待ち構えておりっ二つになる勢いでられ、腕に仕込んでいたでかろうじて防ぐ。致命傷とはならなかったものの腕の出血による貧血で失を起こしそのままに転落する。

その後長らく生死不明だったが、他の死刑囚たちが全滅した後に沿いの洞窟に潜んでいるところをビスケット・オリバに発見される。満身創痍な上に両失明という絶望的な状態であったが勇敢にも戦う姿勢を見せる。しかし当然敵うはずもなく失させられ逮捕される。
その後は日本警察病院で治療を受けておりにやられた手により失明の治療を行っている描写がある。※5

評価

常人離れした身体を誇るものの総合的な実としては同じ死刑囚の柳龍光敗北したことから下位であると言える。
ロブ・ロビンソン戦以降、不意打ちの粉爆破で勝利した愚地克巳戦以外は、勝利したとしても劣勢に立たされる戦いばかりである上、その勝ち方には戦いを見ていたものから痛批判されることが多い。
とはいえ電車に飛び移る強やオリバにすらダメージを通す強な追い突き、オリバの一撃を受けた上で逃走をすることができるなど、同じ死刑囚であるシコルスキーと身体において同等もしくは上回る描写もある。
イルについては上記の実よりも、烈海王愚地克巳とのエピソードの数々が高く評価されている。
また思想自体はかなり危険なものであったものの、他の格闘同様に彼は彼なりの最強を純しているのである。上記のをはぐくんだエピソード然り決して人間性がないわけではない。

脚注

※1中世からそれ以前にかけてのイギリスはかなりの死刑であり、窃盗罪などの較的軽い犯罪にも死刑が適用されたほか、史上最年少の7歳の少女死刑記録もある。死刑止させた現行法はそのリバウンドと言えよう。イギリス本土では1969年、北アイルランドでは1973年止、その後は国家反逆罪、軍隊内部での犯罪海賊行為のみ死刑制度がおまけ程度に残されていたが1998年止。ごく一部の々では2006年まで死刑制度が残っていたが執行はされた記録はない。
そして1998年止ゆえ、連載当初である1999年ギリギリ死刑制度が止された後である。ドイル脱獄したカリオ刑務所はグラスゴーにあるため2006年まで死刑制度があったごく一部の々とは別の地域である。まあ矛盾だらけのバキ世界にとってはこの程度矛盾でも何でもないのだろう。。。

※2ミルベンフォースという基地は存在しないが、ミルデンホール軍基地は実在する。ミルベンフォー軍基地のモデルとなった基地であると考えられる。なおこの基地はイギリス軍の管理下のものではなくアメリカ軍の管理下、つまり在英米軍基地である。そのためドイル自身はイギリス人ではなくアメリカ人の可性もある(警視庁データベースでも籍は不明とされていた、米軍兵士のストラダムともコネがあった)。もしアメリカ人であればイギリスの軍法の適用外となり海賊法か国家反逆法を犯したことになる。

※3おこの脚は作中でも異常である。というのも最終決戦時の範馬勇次郎エスカレーター込みで二足で登ったためである。勇次郎は本気ではなかった可性を大いに考慮してもなお、一足飛びで二階へ飛び移ったと思われるドイルの脚は作中でもトップクラスと言える。

※4余談だがこの時にオリバに出したコーヒーブルーマウンテンであり、かなりの高級コーヒーである。

※5ビスケットオリバの弁ではペプチド・アコニチンアチシン・スコポラミンなどのが打ち込まれていることが分かる。植物性のアルカロイドの名前が挙がっており神経となる基性有機化合物であることが作中で描写されている。上記の成分以外にも成分表には多くの成分があげられている。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%98%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヘクター・ドイル

82 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 17:25:33 ID: 11qTwg1u5a
イルは格闘より暗殺者向きなんだよな
初見殺しの仕掛けばかり
もそうなんだけど
83 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 17:32:07 ID: 11qTwg1u5a
心会全体にやった事に関してはドリアンよりドイルの方が酷いと思うけど恨まれなかったのは人徳なのかねえ。
爆破てビルは破壊するわ門下生酷い事になっただろうし。
84 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 01:12:18 ID: yQFbwLQqcM
刃牙キャラに多いネットリとした煽りしないしむしろ煽られる側で乗せられるあたりが嬌あるせいで行多いわりに悪いやつって印が少ないわ
85 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 18:37:49 ID: mVKqf33bik
外逃亡失敗して盲目になったのは板垣なりの倫理だったと思う
己はドイルを許した。それでも他にも大火傷負った被害者もいるのにそのまま脱出はどうなの?という自制心が働いたんだろう
86 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 15:02:47 ID: BQxgpYifCt
戦法は死刑囚で一番格闘から離れてるけど強さへの考えとか闘争心とかのメンタル部分は一番格闘な気がする
87 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 18:09:00 ID: 2iYkP2+GIZ
何故盲ろう者になったんだろうか?
88 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 23:04:47 ID: nuLfSbiK9g
昔はドリアンスペックぐらいしか印に残らなかったんだけど、今見返すとめちゃくちゃ好きになった
89 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 18:02:37 ID: BYPBl8thD0
ガイアとこいつが戦ったらどっちが勝つんだろう
90 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 00:21:34 ID: xKrz7mlc2J
>>89
ガイア環境利用闘法、ドイルは体自体が器って感じだから、似て非なるものなんだよね。周囲に利用できるものがあればガイアが勝つだろうけど、一切なにもない場所ならどうなるか分からないって感じな気がする
91 ななしのよっしん
2019/10/10(木) 17:03:42 ID: eTJkiNaYz6
イルの罪は上官殺しだったと思う