ヘラクレイトス単語

ヘラクレイトス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ヘラクレイトス(紀元前540年頃~紀元前480年頃)とは、古代ギリシア自然哲学者である。難解な思想から、「暗い人」「泣く哲学者」などと呼ばれる。

生涯

ペソスに生まれた。貴族階級の生まれであったとされるが、詳しいことは分かっていない。

自然について』という著作を書いたことで知られるが、この本は現存しない。ただ、別の哲学者がこの本から引用した文章が残っており、そこから彼の思想をうことができる。

ヘラクレイトスの思想

ヘラクレイトスの思想は、彼の著書が全な形で現存しないこと、他の学者によって様々な形で要約されていることから、正確な理解は困難である。

アリストテレスによれば、ヘラクレイトスは「万物の根アルケー)」を火と考えたという。これは、「アルケーとは何か」を考えるミレトス学の一人として彼を捉える考え方である。

確かに、彼は「ロゴスは火である」と書いている。しかし、注意しなくてはならないのは、彼はミレトス学と違って火が「万物の根アルケー)」としたわけではないということである。あくまでも「ロゴス」であり、火から万物が生成される(アルケー)、としたわけではない(これについては後述)。

万物流転

ヘラクレイトスの思想はプラトンの対話篇に何度か登場するが、その中で「万物は流転する(パンタレイ)」という言葉を残したとされる。世界は絶えず変化し続けているという思想で、彼はこれを「同じに二度入ることはできない」といった言葉で表現している。

ロゴス

ヘラクレイトスは、万物は変化すると同時に、対立や矛盾を含んでもいると述べている。彼はそれを「上り坂も下り坂も同じ一つの坂である」「にとっては生だが、人間にとっては死である」といった言葉で表現する。

しかし、こうした対立や矛盾こそが調和であり、その調和をる万物の理法こそがロゴスである、と述べている。

先ほど「ロゴスは火である」と述べたが、ヘラクレイトスは、火こそがロゴスの徴と考えた。火は、絶え間なく揺らぎ、燃え続ける点で「変化」であるが、一定の明るさを保ち続ける点で「不変」である。このような矛盾む火は、ヘラクレイトスにとってロゴスの徴と考えられたのであろう。

神について

ヘラクレイトスは、ギリシアで当時民衆が信じていた、オルフェウスディオニュソスの秘から得られると考えていた真理については、否定的だった。

一方で、「」というワードはしばしば出てきており、「にして」、「にして」、「戦争にして平和」、「空腹にして飽満」と言及している。また「にとっては、全てが美しく善良で正しい」とも述べている。

パルメニデスとの関係

同時代を生き、一見正反対のをした哲学者にパルメニデスがいる。こちらは、「存在は不変」というに、運動や緊関係で世界把握をするヘラクレイトスとは対照的である。詳しくは、「パルメニデス」の記事を参照。

後世への影響

世界の秩序を総べる理法として「ロゴス」を見るという思想は、プラトンアリストテレス、ひいては西洋哲学に大きな影を及ぼした。

また、対立や矛盾こそが調和をなすという思想は、ヘーゲルの弁哲学に先立つものとして、エレアのゼノンとともに評価されている。

語録

  • 「同じに二度入ることはできない」
  • 「上り坂も下り坂も同じ一つの坂である」
  • 「万物は流転する(パンタレイ)」
  • にとっては生だが、人間にとっては死である」
  • 「闘争は万物のであり、万物の王である」

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヘラクレイトス

1 ななしのよっしん
2013/09/24(火) 20:11:10 ID: WBnDG6RM23
辞書で発見したとき吹いたわ
暗い人てwww
2 本当は必要だろ
2016/12/04(日) 16:21:03 ID: zLZCGNvuTB
よくヘラクライストと間違う
3 ななしのよっしん
2017/08/14(月) 09:48:51 ID: cl3xOPWIXe
なんか中二病の時に見せたい感じ
4 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 13:58:00 ID: aztZBLCWMK
すこすこスコテイノ
5 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 13:52:23 ID: HSiCzZzUFj
ヘラクレス進化形態

急上昇ワード

2019/12/11(水)07時更新