ヘルダー単語

ヘルダー
3.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ヘルダーとは、「銀河英雄伝説」の登場人物で、ラインハルト・フォン・ローエングラム初陣を描いた短編外伝白銀」で登場する。

概要

惑星カプチェランカに数多ある帝国軍基地の内、連隊規模の兵を有するBIII基地の基地官。階級は大佐。不機嫌で陰気そうな容姿をした人物で、ベーネミュンデ侯爵夫人の手の者から出世と引きかえにラインハルト殺せよという内容の密書が届き、戦死という形で彼を殺そうと謀略を巡らす。

原作では彼の部下であり協者であるフーゲンベルヒ大尉情報を聞き出して返り討ちにしたところで物語が終了するため、具体的にどのような最後を迎えたのかは不明。ただし、「」におけるグレゴール・フォン・クルムバッハ憲兵少佐の発言やラインハルトの内心のつぶやきから、その後もラインハルト暗殺を諦めずにその命を狙ったが、キルヒアイスと一緒に逆襲に成功し、公式には「戦死」扱いになっていることがられている。

石黒監督版OVAでは

概ね原作どおりだが、OVAでは後半オリジナルでヘルダー大佐との決着まで描かれるため、その人物像が掘り下げられ、する家族がいること、歴戦の軍人だが命がけで戦うのに嫌気がさしていること、そして寒いのが苦手で基地から出たがらないという設定が追加されている。カプチェランカ極寒惑星だというのに、そんな人材を基地官に据えるあたりに帝国軍人事局の悪意を感じられる。単に気に留められていなかったか、カプチェランカ勤務をしているうちにそうなった可性もあるが。

それだけにベーネミュンデ侯爵夫人の手の者からの申し出は、危険の少ないもっと安全な任務につきたいと常々願っていたヘルダーにとっては唐突に転がり込んできたその機会であり、絶対に成功させて本勤務になってやるという気概を持って、ラインハルトと諍いを起こして敵意を抱いていたフーゲンベルヒ大尉を協者として取り込む。ラインハルトに思うところありまくりとはいえ、さすがに味方殺しという悪行に手を染めることにいと後ろめたさを見せたフーゲンベルヒの様子をみて、彼を扇動しながら見えない位置で拳銃を手に取っていた。拒否された場合は即座に口封じのために射殺する心算だったのだろう。

こうしてフーゲンベルヒを利用してラインハルト初陣での殺を論んだのだが、ラインハルト々と帰還し、フーゲンベルヒは未帰還という結果になり、自分が命じたこともバレているのではとしく動揺する。が、ラインハルトは特に警しているような様子は表面上は見せず、それどころか今度はこちらから敵基地を奇襲しようと自ら死地に飛び込むような積極的提案をしてきたこともあって、「フーゲンベルヒは敵にやられた」「なにも気づかれていない」「戦闘中のほうが殺す機会がある」と判断してラインハルトの提案を採用する。

そしてラインハルトに単独行動を命じ、しばらくして彼のいるポイントに行って人撃したのだが、それはその辺のをかき集めて軍服を人にしているだけのダミーで、ラインハルトに背後を取られてしまった。これで一巻の終わり……かと思われたが、ここから歴戦の軍人としての圧倒的戦闘経験によってラインハルト天才と互以上の銃撃戦を演じ出す。

めてもらっては困るな!私はこれでも幾多の戦場をめぐってきたのだ!」
「何度も何度も、命を的に戦ってきたのだ!それでようやくえたのが今の地位だ! だがそれも所詮、最前線の官だ! こんな辺惑星で、陽もあたらない氷の中で、家族にも会えず! 明日をも知れぬところで戦い続けるのはもうこりごりだ!!」
貴様を殺せば、やっと暖かい安全な本に帰れるんだ! 貴様のように、の七りで出世が約束されているようなものに、わかってたまるかっ!!」

ヘルダーの怒りと嘆きは当然のものであったかも知れない。命がけで戦いづけてきた結果与えられたのが最前線の、しかもよく小競り合いで壊滅するのがしくないような類の基地の官職とあっては溜め込んでいた不満はそうとうなものがあったろう。そんなところにやってきたのが皇帝の寵である。別に前線なんかに出なくても、自分が望んでやまない安全な場所でぬくぬくとしているだけでエスカレーター式に出世が約束されているような存在である。

彼は今まで味わってきた理不尽や不条理をも思い出したかのように連射を続け、エネルギー切れになる。が、それは演技でわざと作った隙であった(戦闘前にブラスターエネルギーカプセルを見て、エネルギー残量が少ないことを確認している描写がある)。飛び出してきたラインハルト引き金を引く前に、高速でエネルギーカプセルを取替えて逆撃、ラインハルトブラスターを弾き飛ばして銃撃戦完全勝利した。

が、トドメの一撃というところでキルヒアイス乱入。ヘルダーの手首を撃ち抜いてラインハルトの窮地を救った。そして基地副のマーテル中佐ラインハルト暗殺の現場を撃されたこともあって、もはや隠蔽のしようもないと諦めた。しかしラインハルトとしてはそれで満足できなかった。の安全のためにも、黒幕ベーネミュンデ侯爵夫人に責を負わせたがった。ラインハルトは現皇帝の寵であり、それに対する悪意から犯行及んだとあれば、大逆罪に準ずる罪であり、いかにベーネミュンデ侯爵夫人といえども処断は免がれないだろうと考えたのだが、そちらに思考をさき過ぎていたためか、闊にも眼前の問題に気づかなかった。

「大逆罪……、大逆罪は、一族まで死刑……!!」

帝国の刑罰は連座制である。とりわけ国家室の権威にかかわる事柄に対して寛容の精などあるわけもなく、ヘルダーのように身分があるわけでもない実行犯とその一族に容赦などしないであろう。皇帝への叛逆者として法廷に立たされ、死刑判決を受け、自分が、妻が、幼い子が、家族全員が処刑されていくありありと想像できてしまった。

そんな未来は断じて認められなかった。そもそも、ベーネミュンデ侯爵夫人の誘いに乗ってラインハルトを殺そうとしたのも、する家族のいる場所に帰りたかったからなのだ。半狂乱になってヘルダーはもふらさずに底に向けて走り出し、そのまま転落して秘密を守った。

予想外の結末となったものの、それでもラインハルト禍根を断とうとマーテル中佐に事の相を軍法会議言してくれるように頼んだが、マーテル中佐はヘルダー大佐を名誉の戦死扱いすることに決めた。彼も遇的にはヘルダーに近く、彼が行に及んだ背景がよく理解でき、を誤った上官の家族にまで責を負わせたくはなかったのだろう。

藤崎版漫画では

フーゲンベルヒが石黒オリジナル外伝のザイデル兄弟を連想させる民出身の伍長となり、病弱母親のために物資横流しの汚職を働いているものの基本的に善性の人間として描かれ、汚職が告発されるのを恐れて渋々協者になっているという設定変更により原作のフーゲンベルヒの行動の一部がヘルダーのものになっている。

いつもナイフ携帯しており、 柄で机を一定間隔でく癖がある。実際、ナイフの扱いはすごいものがあり、ブリザードが吹き荒れる猛吹雪の中、遠距離からのナイフ投げで標的の心臓を射抜くという、地味すごいことをやってのけている

ラインハルトの乗った機甲からの反応がいつまでたっても消えないことから、フーゲンベルヒを伴って「戦死確認」もしくは「確実な殺」のために赴くが、中のやりとりから想像以上にフーゲンベルヒがラインハルトに入れ込んで心変わりしていることを察して、身柄を確保した後に侯爵夫人に寛恕を願ってみると言ったが、それでもラインハルト暗殺をあくまで実行する心算であった。ベーネミュンデ侯爵夫人という黒幕を教えようとしたフーゲンベルヒを口封じのために、ついでラインハルトをも殺そうとしたが、その際にアンネローゼを侮辱したため、原作フーゲンベルヒと同じ死に方をした。

公式記録ではヘルダーとフーゲンベルヒは「行動中に行方不明」と処理された。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヘルダー

1 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 17:46:54 ID: yepUvAbheP
この人、アニメだとめっちゃ強くて驚いた
2 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 20:00:21 ID: U4nb+Teilo
要するに一面ボス
3 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 06:43:31 ID: dDWYNI3As3
ベーネミュンデ勢の中では一番の小者……というか(案外苦戦するし、結構キャラ立ちしてるという意味で)
4 ななしのよっしん
2020/01/24(金) 01:05:15 ID: RogdJ+xtN7
後日談でマーテル中佐も数年後に起きた同盟軍との戦いで玉砕したってのがちょっと物悲しい
5 ななしのよっしん
2020/07/11(土) 17:21:26 ID: 8v24b44QY0
ただ家族と過ごしたくて本へ戻りたかっただけなのにと思うと
同情せずにはいられない
全に宮廷闘争の被害者だよなぁ
6 ななしのよっしん
2021/11/02(火) 19:26:16 ID: YMYEvH7tU8
最初に説明あったように、常に基地を殲滅しあっては作り直してを繰り返してるわけだから、死亡率もめちゃくちゃ高かったんだろうな。 そんな中、本勤務になれるチャンスが来たわけなんだから、こいつの心情も分からないでもない