ヘンゼルとグレーテル単語

ヘンゼルトグレーテル

ヘンゼルとグレーテルとは、グリム童話に収録されている作品である。

「ヘンゼル」は「男の子」、「グレーテル」は女の子である。

曖昧さ回避

概要

グリム童話に収録されている童話のひとつ。

ヨーロッパの子捨てを題材にした童話であり、子供達が知恵を使って苦を乗り越えるサバイバルの教書でもある。

19世紀終盤にはオペラにもなっており、ドイツオペラ傑作に数えられている。

あらすじ

ヘンゼルとグレーテルの兄妹母親の発案で口減らしのため暗いの中に置き去りにされてしまうが、前日に子捨ての話を聞いていたヘンゼルはに連れてこられる途中で印の石を落としており、その石をたどって兄妹に帰る。

兄妹は再びの中に置き去りにされるが、今回は小石を調達することができず、パン投げ捨てるもの、とパンくずを小石の代わりに筋においていく。しかし、パンくずに食べられてしまい、兄妹帰り道を見失いの中で迷ってしまう。

兄妹の中でお菓子の家を見つけ、「これから毎日家を食おうぜ?」とそのを食べ始める。しかし、そのに住んでいたBBA魔女に捕まってしまい、ヘンゼルは閉じ込められ、グレーテル魔女の小間使いにさせられてしまう。

魔女はヘンゼルをかまどで調理して食べようとするが、グレーテルは隙を見て魔女をかまどに突き落としを助け出す。このとき、兄妹魔女の隠し持っていた財宝を手に入れる

グレーテルが機転を利かせて二人はから抜け出し、事にまで帰り着き、父親との再会を喜ぶ。そのときすでに母親は死んでおり、それから父親兄妹幸せに暮らしましたとさ。

改変について

この物語初版は相当残酷な部分があり、後の版や後世の作家によって変されている部分が多い。

変例としては

などが上げられる。

なお、フンパーディンクによって作られたオペラ版は特にヨーロッパではクリスマス時期に上演される定番の作品だが、その性格上子供の観客が非常に多いためか、全体的に甘口に変されており、最大の変更点として母親が口減らしのためにに置き去りにするのではなく、食料がくて困った母親兄妹イチゴ摘みのお使いを頼むという形になっている。

考察

  • ヘンゼルとグレーテルが捨てられるのは暗いの中であり、当時のヨーロッパ人が抱いていたへの恐怖がにじみ出ている。当時のの中にはをはじめとするアウトサイダーが紛れ込んでおり、でも暗いため危険な場所であった。
  • 魔女アウトサイダーの暗喩であり、隠し持っている財宝も犯罪によって手に入れたものと考えることができる。
  • 序盤では泣くことしかできず、の後にくっついてるだけのグレーテル物語後半になるに連れて徐々に賢くなっていることがわかる。その点に注するとこの物語グレーテルの成長物語ととることもできる。
  • しかし、のために魔女をかまどで焼き殺すという行動はヤンデレ的行動であるとも考えられる。を守るために魔女を手にかけたグレーテルに対して、ヘンゼルがこの先どのように接したのかはられていない。

現代の創作において

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヘンゼルとグレーテル

34 ななしのよっしん
2016/02/15(月) 10:58:12 ID: qAb7SBk4UV
>>11
たまたま実況動画で1の方を見たんだが…………
死に方がえげつねぇorz
35 ななしのよっしん
2016/06/03(金) 17:00:35 ID: Kl/zO93ETs
にしつけで1週間置き去りにされてた男の子が生きてたんだと
36 ななしのよっしん
2016/08/26(金) 12:18:57 ID: 1aXNqgKKOQ
この童話に出て来るお菓子の家魔女によって生きたままお菓子に変えられ
子供達。魔女ヘンゼルとグレーテルに身体を生きたまま食われる子供達。苦の表情で涙を流す挿絵が不気味だったな……。
37 ななしのよっしん
2017/06/17(土) 01:54:33 ID: hcUs/Idsxz
貧すれば鈍するという言葉があるが、この話は中世において一度飢饉というものが起きれば人の世がいかに容易く倫理も情も世紀末になってしまうのかという話なんじゃないかと思う。
口減らしに親が子を捨てるというのは現実に起きていたわけだし、悪い大人が甘い言葉で子供を誘い、人買いに売ったり奴隷として働かせたり他に食べるものがければ子供を殺して人を食らおうとさえすることだってあったかもしれない。
捨てられた子供だって死にたくない一心で殺人強盗のような、重い犯罪に手を染めて法者になる子もいただろう。
38 ななしのよっしん
2018/02/02(金) 21:40:15 ID: TCFrFduV1j
魔女グレーテルをだましてかまどで焼こうとしてたんだよ
だから全に正当防衛
39 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 19:31:17 ID: OGeR0aUdEE
とりあえずバーバ・ヤガーの仕業にしとけばメルヘンは成立するが
彼女の足の上に建っているはずなのであった
40 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 19:22:09 ID: vgiGWnHOd5
最近の本だとに行く理由が、お使いだったり、兄妹で遊びに行ったっていう日常的にありがちなことが多くなってるそうな。ついでにお母さんの性格もごっそり変わってるらしい。
他の昔話もそうだけどこういう変を見てると時代だなぁとしみじみ感じたり
41 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 17:07:28 ID: e6YFXsvDvo
おばあさんは本当に悪い魔女だったんだろうか
本当にお菓子の家などあったのだろうか
ヘンゼルとグレーテルは本当に「可哀想な子供たち」だったのだろうか
真実は二人しか知らない
42 ななしのよっしん
2019/05/29(水) 01:32:44 ID: hcUs/Idsxz
NHKの幻解ファイルを見ていたらこの童話がグリム童話しく登場人物に具体的な名前が付いているみたいな事言っていたけど、「ヘンゼル(ハンスに縮小辞elを付けて子供っぽく言い現わした名前)」「グレーテル」という名前は他の童話だと「ハンス」とか「賢いグレーテル」のようにグリム童話では「よくある男の子女の子の名前」として結構頻出する名前だったりする。
43 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 13:30:27 ID: yiExbkaItS
>>41
親に捨てられてんだからその時点で十分に可哀想じゃねぇ?(マジレス
その後の行動がどうだろうが、守ってくれるはずの相手に見放されるって点だけで同情できる