ベイン単語

ベイン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ベインとは、バットマンに登場するヴィラン(悪役)である。本名不明。

概要

1993年に初登場。バッツ悪役の中では新参の部類。図体はまさに筋肉達磨といっていいほどデカい。戦いで消耗していたバットマンを強襲、その背を折って一時的な引退に追い込んだ、「最初にコウモリを壊した男」。元ネタ1930年代のパルプ・フィクション「ドック・サヴェッジ」。

サンタ・プリスカ出身。革命ゲリラである終身役囚の子供として刑務所で生まれる。刑務所時代は「オシトー(小さなクマさん)」と呼ばれるテディベアを常に抱えており、自分を迫する者をその背に隠されたナイフで刺していた。八歳の時に犯した最初の殺人もこのナイフによるもの。バットマン:アーカム・シティで彼の登場シーンテディベアがいるのもこれに由来する。

刑務所帝王としてのし上がったベインだったが、人体実験の被験体として筋肉強化麻薬ベノム」を注入されてしまう。この麻薬は直接髄にチューブを通して注入することで筋を大幅に増化させるが、被験体どを死に至らしめ、生き残った一の被験体12時間ごとにベノムを供給されなければ生きられない身体に作り変えてしまうものだった(ちなみに、これを実行したのはアーカム・シティの登場人物でもあるDr.ヒューゴーストレンジである)。

以降、彼は自ら「ベノム」を名乗り仲間元ネタの「ドック・サヴェッジ」の登場人物をモデルとする)と共に刑務所を脱走。かつて刑務所の中で聞いた、犯罪者の巣窟となったゴッサム・シティと、そこを恐怖で統制するバットマンの話に興味を持ち、彼を倒そうと試み始める。

見た全なパワーキャラだが、幼少期から多数の本を読み漁り、イエズス会の修士の教えを受けたため、六ヶ国語を操るほど頭が良い。刑務所を脱走した後も、直接対決を避けてアーカム・アサイラムの囚人達をバットマンにぶつけ、三ヶに渡って苦しめた挙句、その洞察と推測でバットマンの本拠地であるバットケイブの場所を突き止めた。

というか、バットマンが執拗に隠している正体に、推理だけで辿り着いている。これは、バットマンの心理に着してその正体に迫った結果、頭がおかしくなってしまったDr.ヒューゴーストレンジ常のであるラザラス・ピットを借りたことで推理することの出来たリドラー、そもそも最初からバットマンの正体を知っていたハッシュレッドフードなどを除くと、頭ひとつ飛び抜けた成果といえるだろう。

映像作品では・・・・

バットマンロビン Mr.フリーズの逆襲」に登場。本名アントニオ・ディエゴ。但しこの作品のみの名前。元囚人。ポイズンアイヴィーを創り出したジェイソン・ウッドルー博士の手によるモンスターの一体で、ヴェノム植物由来のために肌が掛かっている。作中では全な脇役で、パワーはあるが知性のない怪物となっているため、批判が多い本作の批判の対の一つになった。

2012年開されたのノーラン版バットマン完結編「ダークナイトライジング」でもトム・ハーディが扮して登場した。ゴッサムを襲撃するテロリスト集団のボスで、レスラーのようだった原作のベインとは大きく異なる悪なデザインマスクを被っている。ノーランシリーズリアル志向の為、マスクから注入される物は原作筋肉増強剤ではなく、過去のある事で顔に醜い傷を負った為、鎮静剤を注入してるという設定になっている。剤を摂取しないと痛に苛まれ、最悪死に至る。実はバットマンブルース過去に所属し、バットマンの手によって壊滅させられた、ラーズ・アル・グール率いる「影の同盟(リーグオブシャドゥズ)」の元メンバーであり、ラーズの手に負えなくなったために破門されたとされるが…

他、バットマンアニメにも登場することが多く、その場合の設定は概ね原作に準拠するようだ。

ゲーム

バットマン アーカム・アサイラム(ゲーム)」に登場。特にアーカム・アサイラムにおいて騒動を巻き起こした身体強化タイタン」は、合成麻薬ベノムベースとしている。刑務所の地下に閉されており、登場時はベノムを抽出され続けたことでガリガリに痩せ細っていたが、タイタンを注入されて元の体を取り戻すと共に暴走バットマンに襲い掛かってくる。その巨体を生かしたパワー攻撃は脅威的だが、ベインの攻撃は周りのザコ敵にも有効であり、上手く使えばザコを一掃することも可

続編である「バットマン:アーカム・シティ」にも引き続き登場。ストーリーミッションには直接絡まず、アミューズメント・マイルにあるクランクおもちゃ会社にいるベインに話しかけることでサイドミッションが開始する。今回はアーカム・シティに点在するタイタンのタンクを見付けて破壊するように依頼してくる。ミッション終盤には多数のザコ敵を相手にバットマンと共闘し、自分の攻撃がバットマンに当たると謝ってくるというちょっと可愛い意外な一面を見られる・・・・が、そのサイドミッションタイトル「脆弱な同盟関係」となっている時点でその結末は・・・・

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベイン

20 ななしのよっしん
2013/07/07(日) 12:41:31 ID: EVakhS0OSj
テーマ曲に関しては前作のジョーカー以上に印的だった
21 ななしのよっしん
2014/09/10(水) 17:19:21 ID: /8jLGvLMfh
アーカムオリジンズのベイン格好良かったな
最後は残念だったがしょうがないか
22 ななしのよっしん
2014/11/23(日) 23:53:11 ID: +HKO+JoheT
DKRでは筋々の体と優れた知性、そしてカリスマを併せ持つヤバイ悪役っていう感じがよくでてた
最期は残念だったけど、これは黒幕が別にいたからというより、黒幕じゃなくなった途端に扱いが露に雑になっちゃったのが大きい
奈落から這い上がった子供本人じゃなくても、その子供の中でも外でも守り続けた男としてかっこ良く描く余地はあったと思う
それをせず、キャラクターとして丸っきり用済みって感じでぞんざいに処理されちゃったのが残念だ

でも、そこまで丁寧にやってたらただでさえ長い映画の尺が大変なことになってそうだし、結局のところタリアを出さずにベインだけをラスボスに置くのが良かったとそういう話になるんだよな
23 ななしのよっしん
2014/12/31(水) 18:37:56 ID: WjeFGe04wb
バッツマスクを破壊した時点でもう決着は付いてたからな
24 ななしのよっしん
2015/01/09(金) 10:19:34 ID: ckI5zNxw7n
バットマンに勝った後については書いてないのね。
25 ななしのよっしん
2018/01/10(水) 00:46:42 ID: lqXiZXLx0s
3月だかに翻訳版が出るであろうI am baneって言うエピソードでの他のヴィラン達との格の違いっぷりがほんとカッコいい(ジョーカー除く)
26 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 11:34:08 ID: FxRdyvVEwA
どうも二種類の評価があるキャラの様だ。

片方は、知性と性を兼ね備えたバットマン大物悪役
片方は、バットマンを倒す為だけに創作された悪役仕事を終えた後キャラが迷走している
27 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 02:08:30 ID: DnDgx5/0Zc
アイアムベインだとバットマンと似たような思想、出自だったのにここまで違う存在になってしまうって感じだったな
あと他のヴィラン基本的に大嫌いでコスプレ集団って馬鹿にしてたり
28 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 18:15:27 ID: 5OBA1aW8BB
インジャスティスジョーカーの「ベインなの?バネなの?」ってセリフ好き
あれ英語だとどうなってんだろ
1だとスーパーマン側について2だとグロッド側についたり結構強かに立ち回ってマルチバースモードベインEDだとブレイニアックの背折ってたな
29 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 16:35:42 ID: +JI+3i8vU2
微妙リアル志向にしちゃったノーラン映画版じゃ
だいぶ違和感を発揮しちゃってたな

肉弾戦するスタイルなのは別にいいんだけど
あのどう見ても「ゲームの敵キャラだったらこれ絶対弱点だろw」っていうむき出しのマスクパイプがマジ普通に弱点なのは致命的すぎる
マーベルっぽいザ・漫画って感じの世界観だったら別にいけるけど、ノーランの作ったあの雰囲気がでとなってギャグになってる
そんな弱点剥き出しにしとくな

急上昇ワード

2019/10/18(金)23時更新