ベナン単語

ベナン
1.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ
基礎データ
正式名称 ベナン共和国
publique du Bénin
国旗
国歌 新しい日の始まりexit_nicovideo
L'Aube Nouvelle
公用語 フランス語
首都 ポルトノボ(Porto-Novo)
面積 112,620 km2世界第99位)
人口(’18) 1148万人
通貨 CFAフラン(XOF)

ベナン共和国、通称ベナン(Benin)は、西アフリカギニア湾沿に位置する共和制国家

東にナイジェリア、西にトーゴ、北東にニジェール、北西にブルキナファソを接する、南北に細長い面積日本の1/3程度。

名の由来はかつてナイジェリア南部の位置にあったベニン王だが、場所も歴史現在のベナンとは特に関係がない。由来同様、英語での発音では「ベニン」になるが、お隣ナイジェリアに同じくベニン王を由来とするベニンがあるため、それとの区別のため、日本では現地発音に近い「ベナン」表記が用いられている。

概要

17世紀から18世紀頃にはダホメ王というで、奴隷貿易で栄えていた。その後19世紀末フランスに征されフランス領となり、1960年に「ダホメ共和国」として独立。しかし独立後しばらくは政治的には混乱が続き、1972年マチウ・ケレク大統領が就任するまでの12年間で5回の軍事クーデターが起こっている。ケレク大統領社会主義路線を選択し、1975年に「ベナン人民共和国」に名を変更。

しかし結局社会主義路線は経済的な失敗に終わり、1990年民主化、市場経済体制へ移行して現在の「ベナン共和国」となり、その後は大きな政情不安などはなく現在に至る。40以上の民族が混在するでありながら民族対立もく、アフリカの中でもかなり治安がよく民主的なであり、「アフリカにおける民主化のモデル」という評価を得ている。

憲法上の首都ポルトノボということになっているが、政府機関などの首都経済の中心地であるコトヌーに置かれており、コトヌーが事実上の首都となっている。日本大使館もコトヌーにある。公用語フランス語ということになっているが、日常会話は各民族がそれぞれの言葉を使用しているらしい。最も多数の言はフォン

経済面では後発開発途上国、いわゆる最貧に分類されるで、要産業は綿トウモロコシなどの農業経済的にはお隣ナイジェリアに大きく依存しており、特に自前の油田を持っていないため、石油の8割はナイジェリアから輸入している。

宗教南部はブードゥー教とキリスト教で、両方を一緒に信仰している民が多いらしい。北部はイスラム教徒が多いようだが、こちらもブードゥー教やその他の現地宗教、あるいはキリスト教とごっちゃに信仰している民がいるとか。クリスマス正月も祝う日本人みたいなものか。

ちなみに農村部では現在も一夫多妻制が存続しているらしい。

日本でのベナン人

日本で最も有名なベナン人と言えば、ゾマホンだろう。

本名ゾマホン・ルフィン。1998年からTBSで放送されていた「ここがヘンだよ日本人!」にレギュラー出演し、強キャラを残した。番組が終了した後もビートたけしに気に入れられ「オフィス北野」に所属。たけしの付き人として活動する一方、故郷に学校を建設するなどの福活動にもを尽くした。

その後、ベナン政府から駐日ベナン大使に任命されると、「オフィス北野」からは離れたが、現在でも日本とベナンを繋ぐ活動を続けている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%99%E3%83%8A%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベナン

1 ななしのよっしん
2020/09/14(月) 00:47:37 ID: s7oHXb4yuC

ベナン国旗
タイトル:ベナン国旗
Twitterで紹介する

おすすめトレンド