ベノラ単語

ベノラ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ベノラとは、特撮ドラマ電光超人グリッドマン』に登場した怪獣である。

別名は「怪獣

着包みは第3話に登場したボルカドンのものの改造

概要

身長70m / 体重:83000t
現実世界に現れたと仮定した場合)

登場回は第25話「決戦ヒーローの最期・前編」および第26話「決戦ヒーローの最期・後編」の前後編。

藤堂武史ヶ丘郊外にある工業地帯からもたらされる排煙とちょっとしたトラブルで吹きかけられたトラックの排気ガスへの不快感から他の人間もそれに苦しめばいいと考えて生み出した怪獣

武器は口から高速で乱射する火球弾と、両肩の突起にある気門から放出する高濃度のガスで、このガスにはカーンデジファーの発案によりグリッドマンの中枢神経麻痺させる特殊な物質が仕込まれており、これを吸い込むと過去の体験と記憶に基づく強い幻覚作用を引き起こすようになっている。

誕生後は工場地帯の排煙処理システムコンピューターワールドに侵入してそのプログラムを破壊、システム暴走させて大量の有物質を含んだ煤煙を工場の煙突から尽蔵に排出するように仕向け、ヶ丘一帯をその煙で包み込もうとした。

すかさず駆けつけてきたグリッドマンとの戦闘に突入するとそのガスを向こうに浴びせかけ、それを吸い込んだグリッドマン過去に戦ってきた怪獣に苦戦した時の記憶から来る幻影に苛まれて混乱状態に陥ってしまい、そこに火球弾も合わせた波状攻撃でグリッドマンを心身ともにしく痛めつける。これに気を良くした武史は煙をスクリーン代わりにした「デッドプロジェクター」という映像投影装置を作動させてその現実世界人間達にも見せつけ、彼らの絶望感を煽ろうとした。
グリッドマンの窮地にゆかと一アシストウェポンダイナドラゴンを送り込むも、既にグリッドマンの体限界に達していたため一時撤退を余儀なくされる。

グリッドマンを退けた後もベノラはプログラムを破壊し続けてシステム暴走を加速させ、はその煙でもがき苦しむ人々で溢れ返ってしまう。それだけでなく煙はヶ丘どころか関東一円に広がっていき、しかもその日の内にそれが日本全土に拡散する事が予想された事から遂には日本政府が非常事態宣言を出す事態にまで発展した[1]

ベノラのガス攻撃への対策のため一サンダーグリッドマンの時のようにダイナドラゴンを防を備えた新たなグリッドマンの強化武装にする事を思いつき、速作業に取り掛かるもの惨状を重く見た直人とグリッドマンはそれの完成を待たずして再出撃、グリッドマンとの再戦では彼の素い動きにガス攻撃を封じられるが、至近距離で火球弾を当てて怯ませた隙にガスを食らわせ、またもグリッドマンを精的に苦しめる。

そこに改造の終わったダイナドラゴンが到着、グリッドマンダイナドラゴン合体した[2]新形態“キンググリッドマン”へと強化を果たすとその装備の前にガス全に化され、さらに相手の拳で肩の気門を潰されてガス放出を喪失する。以降は終始劣勢となりキンググリッドマンの圧倒的な格闘きまで叩きめされた挙げ句、最後にはキンググリッドランチャーとキンググリッドビームを立て続けに撃ち込まれて消滅した。

ベノラが倒された事で狂っていた工場の排煙処理機も正常化し、を覆っていた煙は全て取り払われた。

SSSS.GRIDMAN

2018年放送のTVアニメSSSS.GRIDMAN』にもこのベノラと全く同じ形態的特徴を持った名称不明の怪獣が登場する。

響裕太内海将宝多六花の住むツツジ台ののすぐ近くに堂々と居座っているが、ただ静かに佇んでいるのみで動く事も破壊活動も行ったりせず、かつその存在は裕太以下グリッドマンと関係のある人間にしか認識できない。
しかも一体だけでなく、町の周りには何体ものこの怪獣達が立ち並んでいる。

ツツジ台で人間に扮して生活しているアノシラス2代目)の説明によると、新条アカネが支配する仮想世界であるツツジ台において彼女が作り出した怪獣の活動で生じた被害を修復およびそれで死亡した人間に関する記憶の竄を行い、さらに何らかの理由でツツジ台から出ようという人間に対しては気門からのガスでその意識を上書きする事で彼らにあたかも自分達が町の外に行っていたかのように錯覚させるなど、町民達の精も含めて町全体の状態を維持、管理する役割を担っているとの事。

しかし、第10話にてツツジ台存続の意欲を失いつつあったアカネが生み出した怪獣ナナシ(B形態)の暴走によって全個体が破壊されて機を停止、放置されていた残骸はグリッドマンアレクシス・ケリヴとの戦いで使用したフィクサービームによる世界の修復と再構築に伴って全て消え去った。

ちなみになぜこの怪獣の姿が本来は武史が創造した怪獣のはずのベノラに似ているのかについては最後まで本編の中で説明される事はなかったが、視聴者の間では本作が特撮版の続編である可性から新条アカネがかつてCWから現実世界に向けて投影されたグリッドマンとベノラの戦いのに関する情報を当時の資料か何か[3]で記憶しており、それを元にこの怪獣制作したのではないかと考えられている。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *同時に日本政府コンピューターワールドで暴れる怪獣とそれと戦うグリッドマンの存在を認識し、さらに「デッドプロジェクター」を介してのカーンデジファー自らによる人類への宣戦布告も行われた
  2. *正確にはダイナファイターいたキングジェット部分のみ
  3. *SSSS本編の年代が2018年前後だった場合、それをリアルタイムで見ていたとしたら彼女は既に成人に達している世代になる

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベノラ

1 ななしのよっしん
2018/11/14(水) 23:51:46 ID: pp35RpbLSZ
まだかったのか、記事立て
しかしSSSS.GRIDMANベノラ
単なる舞台装置で終わるのか、
それとも終盤で大暴れしてくれるのか?
2 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 11:15:43 ID: iXzIGXo1OS
こんな強怪獣が量産されるとかグリッドマンはもう終わりだぁ……
3 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 20:34:20 ID: Zz3UEMl8e+
アニメ放送に合わせて原作も2日に1話づつ無料配信されてて
丁度9話放送前に元ネタ21話「処刑!! 夢のヒーロー」が配信されて今ベノラ回前編の25話配信中だから
アニメ10話もベノラ回の可性が…?
4 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 21:29:34 ID: MpaNnR5Npe
>>3
物理的にもクビにされちゃたねベノラ・・・
あんなに一生懸命働いたのに
5 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 02:06:45 ID: bLBld2yrev
>>4
10話を見た感じ、を治すだけじゃなく、で隠すのも、記憶を操作するのも全部ベノラがやってたみたいね…
こんなによく働く怪獣みたことない
6 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 14:32:29 ID: yYWRJDfLls
割と残るとして、何故アカネは「ベノラ」を作ったのか?
武史と元々知り合いで偶然武史のコンピュータからベノラデータを見て製作したのかと思ったけど、原作最終回で武史のコンピュータは壊れたのでそれはない
じゃあ、原作だとベノラはCWの戦いを世界中の人に初めて認知された際の怪獣だから、そこからインスパイアを得て製作に至ったのか?
でもそれだとグリッドマンのことも知らないとおかしいし…(アレクシスにグリッドマンの記憶を消されてた可性があるけど
7 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 20:46:23 ID: 7qyCNmqgYM
>>6

収斂進化みたいなもんで、ただ単に似たってだけだと思う
8 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 17:28:03 ID: nt1u8JnzrY
怪獣としてのをそのまま持ってるから
偶然似たのではなく意図的にベノラとして作ったんじゃないだろうか
9 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 11:57:05 ID: M/DWYqTFyH
ベノラエピソードは初めて人類にコンピューターワールド怪獣の存在を知らしめたし、直人達を除いた人類が一その姿を確認できた怪獣でもあるから、アカネちゃんの世界=直人達が存在するあの世界ならば、その辺りにベノラの同族が管理用として生産された秘密がありそうな気がする。
10 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 08:42:48 ID: 72KeIl9M4S
今更だけどアニメ版の怪獣怪獣(ベノラタイプ十三将))って名前で、15歳少年少女から生まれる怪獣は等しくベノラの形になるってだけで、特撮版のベノラを模した説は否定されたな。
全集とかでもベノラそのものでなくあくまで酷似した怪獣扱いであるところを見ると、ベノラであってベノラではないのが、あの怪獣真実みたいだね。

急上昇ワード