ベルキュロス単語

ベルキュロス

ベルキュロスとは、MHFに登場するモンスターである。飛竜種。

名前の由来は、旧約聖書に登場する、悪魔ベル(Bel、ベルゼブブとも言う)と、ギリシャ語を意味するキュロス(Kyros)をあわせたものと思われる。

亜種ドラギュロス

概要

飛竜
ベルキュロス
別名
原種 舞雷竜
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

MHFシーズン4.0(2008/12/17)から新フィールド峡谷とともに登場した飛竜。体の色は峡谷の保護色となっている。
漢字表記は「舞雷竜(ぶらいりゅう)」で、を使った攻撃を得意とする。弱点属性は氷。

他のMHF組(エスピナスヴォルガノス、アクラ系)よろしく古龍種涙目戦闘力をもつ。HR81から挑戦可だが、HR81に到達したハンターの多くはまともに戦えずにされること請け合い。実際自由区で低HRプレイヤーが参戦するとどの場合攻撃に対応できずに散ってゆく。

普段は低飛行をしている。この間はにもかからず、打点の低い武器は尻尾以外に攻撃を当てづらい。
とは言ってもMH3以降のリオス種ほどではなく、該当するのは双剣ぐらいであり弱点が尻尾なので大して問題ない。
怒り状態になると急上昇し、上昇しきった後に雄叫びとともに広範囲火力の急降下キック攻撃を行ってくる。
ベルキックと通称されるこの攻撃は当たれば即死級だが回避性くてもフレーム回避可なので、かつてはMHFにおいて一人前のハンター標とされていた。
しかし襲が終わると同時にしばらく地上に降りているので攻撃のチャンスがある。この間に部位破壊をするのがオススメ。
キック後少しの間地上にいることから、これを利用したハメやハメがあった。
しかしシーズン9.0からは降下中の放電に攻撃判定が告知なしで追加された。そのため、を置いたらすぐ着陸地点から離れないとダメージを食らってしまう。

ベルキュロスから作られる武器には、迦楼羅八咫烏鳳凰朱雀などの名がつく。

MHFモンスター人気投票で見事1位いた。ちなみに2位亜種ドラギュロスであった。
やはりビジュアル面やド手なアクションと、何よりも戦い甲斐がある強さを持ちながら理不尽さはMHFらしさがユーザーの心を鷲掴みにした模様。

MHF-G3(2013/12/18)でG級対応。難易度5。
ノーマルモードでは一号ベースのようだ。
HCベルの新モーションを行う際のように、上に舞い上がった後鉤電撃わせ、
それを振り回し副尾横方面からに前後に、その後また振り回して前方に5つ(中心はベルの先)に移動式球を設置する。
向かって左側は間隔が広く、右側は高密度で設置する。相変わらずすり抜けられるのでたいして脅威にはならないが、
設置のために振り回す鉤麻痺判定がある。
近接は足元にいるだけでやりすごせるが、その後確定で低威ながら着地放電を仕掛ける。
また、鉤叩きつけ時に電気スパークを起こすようになっており、
3回叩きつけ時には引っかかるモーションがある。

生態

ベルキュロスは体内器官からではなく、成分に大量のミネラルを含む体液の働きにより放電している。そのため、高温でも溶けず体内器官を保護する高濃度の脂肪や通電性の高い甲殻、帯電による熱に耐性の高い鱗や鬣など、自分の身を電撃から守るためのしくみが発達している。

部位破壊をした部位を更に怯ませるとその部位が帯電していく。一箇所の帯電から180以内に三箇所以上帯電させると180後にベルキュロスが自身の電撃によりショートし帯電箇所に応じたダメージを受ける。破壊可部位は背中、鉤、副尾(三本のうち左右の尻尾)、尻尾ん中の尻尾。破壊ではなく切断)。

また飛竜種の中では高い知をもっており、ハンターの行動によって自分の戦法をかえるとてもしい飛竜
この設定はゲーム内ではクエストによって個体ごとに攻撃方法が違うという表現がされている。
ハンターの間では一号機、二号機、三号機とそれぞれ呼ばれる。
電気を操り個体によって行動ルーチンが変わることに加えて怒り解除突進時などやけに機械的な動きをすることがあるため、ギルドが作り出した機械ではないかとネタにされることもあった。
余談だが後にメカレウスをコンセプトとした(きかいりゅう)ゼルレウス実装されている。

個体差

臨、ベルキュロス
シーズン4.0の看モンスターとして満を持して登場した1号機、起動。 登場初日は初見殺しのベルキックや側面、背後へのノールック殺法でハンターの屍の山を峡谷に築く。
しかしわずか1日でエリアチェンジの滞を麻酔弾で撃ち落す「麻酔ハメ」が発見されてからは、逆に自分の屍を毎日のようにす羽となった。剥ぎ取り、捕獲それぞれ5というレア素材を保有していたが故の悲運とも言える。
後に回収され、2号機以降全ての機体に採用された対麻酔弾装甲を搭載した1号として再デビューを果たす。
剛臨、舞雷竜
1号機の高火力と戦うこととなる。この高火力1号機と同時期にロールアウトされた。
火力強化にコストがかかったせいか、起動試験を受けるハンターはG9まで剛種チケットを1枚要されていた。
しかし入手素材飛竜種汎用素材で、また質の変化さえないという変種にも劣る造りの粗さが露見してしまう。
そして舞雷竜討伐のが手に入ることもあり1号機以上に麻酔ハメの被害に遭ったという不幸な経歴を持つ。
ける
1号機の戦闘テストの為に配備された悪対応が登場する。
特徴や報酬などは一切変化がなく、試験的に生産・配置されたサボテンは効果時間が短すぎてハンター達にとってはただのオブジェ程度にしか見られなかったため、ギルド側の配慮不足が伺える。
1号機の実戦データを基に修が加えられた2号機が登場する。
最大の特徴は数少ない生物らしさであった昂時の連続鉤叩き付け及び硬直を一切排除、その代わりに頭部に高出レーザーを搭載したことである。より機械の名が相応しくなった間である。
レーザーは連射が効くのだが、ある程度撃つと溜まった熱を放出するため威嚇をして隙をす。
一撃の威こそ鉤よりも劣るが、射出した間に前方遥か彼方まで届く射程距離大口径による攻撃範囲の広さ、そしてベルキュロス本体の回頭性の向上により相手の攻撃を許さぬ恐るべき殺戮兵器と変貌した。
また、これだけの性を持ちながらも連続射出にも耐える為、威の低さを手数でカバーしている。 これによって対単体戦においては類の性を誇ることとなった。
尚、報酬はたてがみが削除されて帯電鱗が支給された。
荒野に降る稲妻
2号機の悪対応ハンター達の不満を抑えるべく報酬に本来は捕獲でしか獲得できない髄が支給されることとなった。
これによってハンター達のドンドルマ離れをある程度解消することには成功したが、同時に実験的に配置した通行止めの岩がハンター達に不満を与えることとなった。
青天の霹靂
遂に々の前にその姿を見せた3号機。
特徴としては、記憶容量の増加によって1号機、2号機のほぼ全ての攻撃をこの機体のみで可にした点である。
その行動パターンはまさに多の一言であるが、残念なことに1号機の行動が全て2号機よりも対処が容易な為、逆に弱体化してしまったという本末転倒な結果を迎える事となった。また、新規に追加された武装である全方位放電の発射速度が致命的に遅いのも弱体化に一役買ってしまっている。
更にこの頃には既にハンターの間で落とし穴を連続で仕掛ける「ハメ」戦術が確立されていた為、40000zガラス玉を量産するただの貯と化してしまったようである。
恒例の悪対応かと思われたが、一部の攻撃が1号機から2号機のものへ変更されており、便宜上3.5号機となっている。
これにより一応の強化は施されたことになるが、やはり1号機以上2号機未満という立場は変わらないようだ。
大方の予想通り、報酬に本来は剥ぎ取りでしか獲得できない絶縁脂が支給されており、さり気なく強化に対するハンターからの不満を事前に抑えることには成功した様子である。

特異個体

フォワード5(2012/11/14)で追加された。全体的に緑色イメージチェンジしたベルキュロス。
ベースは界の3.5号機というか1~3号機全ての技を使う決定機。
特異個体の追加行動より2号機辺りの既存行動が厄介というもあるが、悪だった尻尾判定は緩和したようだ。
でなぎ払った後ベルキックをかましたり、高度から突っ込んできたりとを生かした攻撃を多く持つのが特徴。
当たり判定が広く回避しづらいので注意。

剛種になると、高度からレーザーポイントを照射したあとに極大ビームを撃ってくる。
予備動作が長いので通常時は左右に躱すかベルの下に潜れば問題はないものの、怒り時は着地時にベルキックを放つため危険である。
このレーザーポイントがどういう原理なのかはだが、公式ユーザー機械ネタに乗ってきたとも言われる。

なお峡谷特異個体ベルは異常なほど移動オンラインになるので連戦は罰ゲームといっていいだろう。
特異個体ベルと同時にでのクエストが配信されるようになったため、素材が欲しいときは素直にクエストに行くほうが吉。

関連動画

プレイ動画 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベルキュロス

49 ななしのよっしん
2013/02/23(土) 17:19:56 ID: H8gvD0Gap/
>>47
まあ、そこはフィクション世界だし、Fの各パッケージに描かれているハンターって
どう見ても勝ちい装備でモンスターと相対してるよね

最初の炎ハンター装備のとかさ
50 ななしのよっしん
2013/06/08(土) 04:55:17 ID: d499aF03RS
プロハンはあんなどう見ても地雷な装備でも勝っちゃったりするんだろう

にしてもビジュアル面でのインパクトという点
トラウマ級の圧倒的な量を見せ付けてくれるという点
この2点を備えたモンスター人気が出る傾向にあるんだな
イビルジョーの3初登場時の人気っぷりもそんな感じだったか

さて、ちょっとライダーキックされてくるかな
51 ななしのよっしん
2013/06/17(月) 10:51:06 ID: pGHyZhdVJZ
トラウマといっても今は育成ベルあるから
そっちで慣れてから行けばいい
52 ななしのよっしん
2013/06/26(水) 21:21:22 ID: NFBsEYujy0
MH4で来ないかなー
53 ななしのよっしん
2013/06/30(日) 10:35:15 ID: a+RmZRoWQ8
ニャキで剛ベルをガチってたころが懐かしい
麻痺効耐性回避圧なんて多分くめなかった
なれたら回避1も有れば楽々よけれたから脳汁プレイやれたw
54 ななしのよっしん
2013/10/30(水) 11:52:07 ID: OTN8SmgBFC
ベルのテーマ曲の”迦楼羅舞いし峡谷”って凄いかっこよくていい曲だな
Fやってないがモンハンで一番好きかも
55 ななしのよっしん
2014/02/12(水) 05:25:18 ID: gVVtUHt7h0
おいおいインフレし過ぎでG武器担いで育成ベル行くと槌で3段殴り2回で死んじまうぞこいつ…
56 ななしのよっしん
2014/07/03(木) 16:45:29 ID: eTU5TnnOXg
HC剛種の初見時はロックオンからのブレスで吹き出した
57 ななしのよっしん
2015/01/30(金) 14:16:12 ID: +1qqvF+3/+
ラスタで行ってきたけど回復系全て持ってったのに負けた
やっぱククボ&ゴゴじゃ限界かな
58 ななしのよっしん
2016/10/02(日) 08:49:44 ID: UsZZyH6eWN
最初は対策もわからずボッコボコにされてたけど少しずつ回避に慣れていって攻撃に転じられる機会を覚えていったらいつの間にか楽しくなってた。
初期のクック先生を思いさせる感じで個人的には良モンス

急上昇ワード