ベルリ・ゼナム単語

ベルリゼナム

ベルリ・ゼナムとは、『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場人物。同作の主人公の一人である。
担当声優石井マークは本作で初演(デビュー作ではない)。
作中ではに「ベル」という称で呼ばれる。

概要

軌道エレベータ「キャピタルタワー」の守護を的とした組織「キャピタルガード」の養成学校に通うパイロット補生。タワーを中心に発展してきたキャピタル・テリトリィにおける職業を養成する同校において、なんと2学年飛び級する程の天才的な感性と才の持ちである。

ガンダムシリーズ、特に富野作品の主人公が(補生とはいえ)最初から正規軍人で、かつエリートコースを歩いているというのはしく、天然で純なその人柄から見ても、ガンダム主人公としてはかなり異質な印を与える。
陽気でマイペースな性格の持ちであり、少しお調子者といった一面も見受けられる。しかしその性格に見合うだけの実もあり、常に余裕めいた笑みを崩さない。
しかし全く悩まないというわけではなく、自身の恩師であったデレンゼン・サマターと対峙し彼を撃墜・殺してしまったことで慟し悩み苦しむこともあった。

キャピタルタワーでの実習訓練中に宇宙海賊の襲撃を受けた際、モビルスーツG-セルフ」とそれを駆るアイーダ・スルガン邂逅を果たし、限られた人間しか動かせないG-セルフをなぜか起動できてしまった事から彼の冒険が始まる事になる。
紆余曲折を経て宇宙海賊と行動を共にすることになるが、キャピタルタワーから抜け出したウィルミット・ゼナムを保護し、彼女を送り届けるまでの間に「宇宙からの脅威」が迫っていることを知り、その脅威と戦うことを決意。
その「宇宙からの脅威」が進める地球再征計画「レコンギスタ」を止めるべく奮闘することになるが、用な戦いや人の死を望まない節が見られ、対立関係にある相手に対しても協調関係の模索の傾向が見られる。
終盤では「戦争の根っこになるものは取り除きたい」という考えに至っていた。

コード教の信仰者からか、作中で度々「スコード(意味:神様)」と祈っている。

なお、キャピタルガードの運行長官ウィルミット・ゼナムの息子であるが、家族構成の詳細や過去に関しては当初明かされていなかった。

その正体はアイーダ・スルガンである。元々彼はコロニー国家「トワサンガ」の名レイハントンの生まれであり、幼い頃に地球に亡命させられ、捨て子として処理された。そのベルリを迎え入れたのが育てのたるウィルミット・ゼナムという経緯である。このため、本来の名前はベルリ・レイハントンとも読む。
自身が想像もつかないところの出身であることアイーダへの実質の失恋から、出生を知った際はとてつもない衝撃を受けることになった。最終話失恋の傷心旅行でもあるかもしれない。

G-セルフを起動できたのは、G-セルフにはレイハントンの遺伝子を持つ者しか生体認できない「レイハントンコード」というシステムが搭載されていたからである。
なお、Gレコ発表時の富野監督インタビューで「姉と弟物語にしたい」と発言していたり、インタビューで「アイーダはベルリのだよww」と言っていた。ネタバレ反転

パイロットとしての大成とニュータイプ?

G-セルフとの初戦闘では性で劣るであろうレクテン(作業用MS)で互に渡り合い、G-セルフ側の不調などがあったとはいえ最終的には鹵獲に至っているあたり、冒険に出る前から既にそのセンスわせている。

その後もG-セルフを駆って様々な戦いを経ていくにつれ、その素質は開し急成長。
15話では旧世代の伝説と言われている「ニュータイプ」をある登場人物に想起させた。
しかし、そう言及されているだけでベルリがニュータイプであるという決定的な拠はない。

富士山エンド

最終的に、マスクと相打ちになる形で戦いを終えたベルリ。
終戦後はムーンシップに乗船しながら世界各地をすることになったが、その途中で親しい仲間にすら内緒で単身日本に抜け出す。
その後、二足歩行する乗り物シャンクに乗り、農家の人(CV富野由悠季 ※井荻名義)と出会ったりしながら単身富士山より世界一周のを始めたのだった。

名前の変遷

初期設定及び「はじめたいキャピタルGの物語」での名前は「ベリル」(beryl=柱石)であったが、現場で監督が何度も「ベルリ」と言い間違えた挙句「が間違えるはずがない。間違えてるとしたらベリルなんて名前が悪い」と逆ギレしたことから急きょ「ベルリィ」を経て、最終的には「ベルリ」に変更された。禿は「略してベルって呼べるからこれでいいんだ」と言っているが…。

関連動画

才能の無駄遣い

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%8A%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベルリ・ゼナム

187 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 00:32:13 ID: /kMZWLGNg3
青葉という同年代の友人を得たのがスパロボでの最大の幸福だと思う
なお戦闘アドバイスは直観的すぎて伝わらなかったもよう
188 ななしのよっしん
2018/06/11(月) 03:19:17 ID: ZEOUjEXhJ2
ベルリアイーダのどこが良かったんだ?アイーダもなんでカーヒル
みたいなろくでなしを好きになったのか。
189 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 11:41:45 ID: McVD6sinSV
養子とはいえ親との関係も良好というのもしい要素の一つ
190 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 12:00:59 ID: yCy69i6OuR
むしろガンダム主人公って実の親子の仲が険悪なケース多い。
191 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 06:11:29 ID: Kwsclmm9xx
>>188
遅いレスだけど、ベルリが最初にアイーダ意識したのって髪の毛の前でフワッとした時だよね。 あの時に匂いで本的に家族とか、親しい人間のものを感じて、心と勘違いしたんじゃないかなーと思ってる。

ベルリは普段からあの母親の本当の息子いことを意識して、見合う子供であろうと頑ってたって話もあるし、アイーダ家族の匂いに自分が甘えられる何かを感じちゃったんじゃないかな。その感覚に説明つけようとしていったらだということになっちゃった。

アイーダカーヒルに惹かれたのも、一種のファザーコンプレックスなんじゃないかな。父親が忙しいし立場的にもなかなか甘えられなくて、違う頼れそうな年上の男性に惹かれた、みたいな。
192 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 23:25:14 ID: TZaJA7rVKV
>>184
遅レスだけど、あれ漫画版の解釈踏まえて考えると、
既に大気圏パックに換装済みで鹵獲運用を想定しているかのような装備をしていたので、
そんないつでも戦闘に出せるようお立てした機体にキャピタルアーミィがわざわざ捕虜であるアイーダを乗せる愚を犯すとは考えられなかったので「敵(が乗ってる)と見なす!」という判断だったらしい。
実際にはアイーダまで一緒に乗ってたのでTV本編の通りのあり様だったわけだが…

ベルリもだけど、一の判断が命取りになる戦場で、
そうならないために取ったはずの行動がかえって致命的になると気づくのって辛いよな。
193 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 18:55:41 ID: p/3pxyNW3L
デ「教科書通りでいいから答えてくれ!」
ギ「マニュアル通りにやっていますというのは アホのやることだ! なあ兄弟!」
ベ「ありがとナス
194 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 04:49:40 ID: iZ54ZvRBJV
ベルリNTじゃないっていうなら人間最強になっちゃうけどいいの?
ヤザンだのアセムだのベルリの前じゃただのカスでしかないし
195 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 04:53:20 ID: WBaj1KejLB
スパロボのやり過ぎじゃね?
196 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 04:27:40 ID: oX/uMBS6mw
略してベルって呼べるのはめちゃくちゃでかいと思うが…。

急上昇ワード