ベンチャーズ単語

ベンチャーズ

The Ventures(ザ・ベンチャーズ)とは、アメリカ合衆国インストゥルメンタルバンドである。

概要

結成から50年以上経過した現在でも高い人気を誇るおじさんバンド日本前絶後のエレキギターブームを巻き起こし、彼らの虜になった少年たちがその後の日本ポピュラー音楽を担うことになった。そういう点でいわば日本音楽を形作ったといえるバンドである。 また、ゆう子の「京都」、和泉子&山内賢の「二人の銀座」、欧陽菲菲の「御堂筋」などを作曲したことでも知られ、日本の歌謡界に与えた影も大きい。2008年に本アメリカロック殿堂入り2010年には日小綬章を受賞した。

略歴

1959年ドンウィルソンボブボーグルによって結成。結成当初は2人がギターを担当し、クラブなどで演奏していた。正式なベーシストドラマーがいなかったため、ノーキー・エドワーズ、ホーウィー・ジョンソンメンバーとして招き活動するようになる。
しかし間もなくホーウィーが交通事故の後遺症によって活動できなくなり脱退。ドラマー不在の形となるが、その後メルテイラーが加入。ドンボブボーグル、ノーキーメルというこの4人で、ベンチャーズは黄金期とも言うべき人気絶頂期を迎えることになる。
初来日は1962年。予算上の都合からドンボブボーグルの2人で来日した。ベースドラムには日本人を参加させるが、ベースウッドベースだったりと「めちゃくちゃだった(ボブボーグル談)」ため、すぐにドンボブの2人編成に切り替えた。
2回の来日は1965年ドンボブボーグル、ノーキーメルの4人で来日したこの年のツアーは大成功を収めた。そのかつてないエレキサウンド日本中に衝撃を与え、各地でエレキギターブームが起こった。

ベンチャーズの特筆すべきところは、幾度かのメンバー交代があったものの、結成から現在に至るまで一度も解散せずに活動を続けている点であろう。

1967年ノーキーが脱退→1968年からリードギターにジェリー・マギーが加わる。

1996年ジャパンツアー中に体調不良を訴えたメルテイラーが急逝→1997年より彼の実の息子であるリオンテイラードラマーとして参加。

2004年を最後にボブボーグルが体調不良ツアーに参加できず→スタジオメンバーであるボブ・スポルディングが2005年からツアーメンバーとして参加。

2015年を最後にドンジャパンツアーメンバーから脱退→ボブ・スポルディングの実の息子であるイアン・スポルディングが2016年からツアーメンバーに加入。
 
この他にも脱退・加入の例はあり、メンバーの交代は少なくなかったが、1962年の初来日以来、ベンチャーズは毎年のように日本ツアーを行い、ファンを魅了し続けている。メンバー変更による演奏の変化はあれど、彼らのかっこよさは結成から50年以上経過した現在でも失われていない。

メンバー

ドンウィルソン
リズムギター、曲によってはボーカル担当。ベンチャーズ結成メンバー。最近ではサングラスを着用している。クロマチック・ラン、通称「テケテケ」は彼の代名詞とも言える。「ダイヤモンドヘッド」、「パイライン」など、ベンチャーズを知らなくても1度は聞いたことがあるような曲で、ひときわ存在感を放つのがこの「テケテケ」である(ベンチャーズ初期のライブでは、パイラインのテケテケをノーキーがやっている)。全メンバー中最高齢ながら、スプリングリバーブを存分に聞かせたテケテケ、切れ良く刻むカッティング、コードストロークは齢を重ねるたびに荒々しさを増し、ギラギラいているように思える。体面の問題から2015年を最後にジャパンツアーメンバーから脱退。今後はスタジオメンバーとしてベンチャーズを支える。
ノーキー・エドワーズ
リードギターベース担当。ベンチャーズ加入直後はベース担当であったが、後にボブボーグルと役割を交代し、リードギター担当となる。カントリーミュージック根本に持っており、エレキブームを巻き起こした1965年ライブで彼が見せた鮮やかなピッキングは数多くの人々を魅了した。その頃はフラットピックを使用していたが、最近ではサムピックをほとんどの曲で使用。カントリー色を更に強くしたフィンガーピッキングハムバッカーのウォームなサウンドが彼の特徴である。ちなみにベースを弾く場合はフラットピックを使用する。一時期、の間はベンチャーズと行動を別にし、ジャパンツアーリードギターとして参加していた。ソロ名義のアルバムも数多く出している。笑顔が素敵である。2016年ソロで最後のジャパンツアーを行った。
ジェリー・マギー
リードギターベース担当。ノーキーが脱退した後の1968年よりリードギター担当として加入。2人のサウンドの違いに日本ファンは戸惑い、一時ベンチャーズの人気は薄れたが、再びベンチャーズの人気が高まると共に彼も必要不可欠な存在となった。ノーキーと同じくサムピックを使用するものの、ブルース根本に持つ彼は、ノーキーとはまた一味違った滑らかなフィンガーピッキングシングルコイルの枯れたブルージーな音を特徴とする。ノーキーと同じく、ベースではフラットピックを使用する。ソロ名義のアルバムも数枚出している。2016年からはツアーメンバー中最年長となったが、涼しい顔で滑らかにストラトキャスターを弾きこなす彼のテクニックは衰え知らずである。
ボブ・スポルディン
リズムギターリードギターベース担当。体調不良によりボブボーグルがツアーに参加できなくなった2005年からベンチャーズのツアーに参加している。そのためベンチャーズに加入したのも2005年と思われがちだが、実際は1981年からスタジオミュージシャンとしてベンチャーズに参加、30年以上に渡ってベンチャーズに貢献し、「5人のベンチャーズ」とも呼ばれる存在である。ボブボーグルのようなプレイ快さ、手さはいが、堅実、かつ安定感のあるプレイでベンチャーズを支えている。メンバー1の長身ベースギターのほかにドラムも出来るマルチプレイヤーである。2016年からはドンに代わりリズムギターメインに担当、ベースの座を息子であるイアンに渡した。
リオンテイラー
ドラム担当。メルテイラー息子である。10歳で演奏をはじめ、テーブルを厚の筒でいていたという。演奏から学び、彼のプレイや、彼が創り上げた「スティックオンベース」(ベースの弦をドラムスティック叩き、音を鳴らす技)を見事に受け継いでいる。メルが急逝した翌年の1997年よりベンチャーズに参加し、父親譲りの迫あるドラムを披露している。本アメリカでは1番人気があり、サイン待ちの時間も長いとの事。2016年ツアーでは、イアンベースに加えボブ・スポルディングのギターも同時にスティック演奏するという技を披露。父親の技を進化させ、会場を大いに沸かせた。
イアン・スポルディン
ベースリズムギター担当。ボブ・スポルディングの息子である。ドンラストツアーとなった2015年ジャパンツアー中、9月中野サンプラザ演で数曲演奏2016年からツアーメンバーとなることが紹介された。ベンチャーズが世代交代に成功し、その歴史現在でも受け継がれていることを徴する存在である。彼も父親同様マルチプレイヤーであり、ベースギターの他キーボード演奏できる。

旧メンバー

ボブボーグ
ベースリードギター担当。ベンチャーズ結成メンバー。「テケテケ」はもともとボブが考案したものであり、それをドンアレンジして現在の形にした。当初はリードギター担当であったが後にノーキーと役割を交代、ベース担当になった。チョーキングを絡めたり、高速で弦をピッキングしたりしてベースをうならせる彼のプレイは「リードベース」と呼ぶに相応しく、「ワイプアウト」などでは、ギタリスト顔負けのフレーズを披露していた。また、彼はリードギター演奏する際にアームを握ったままでピッキングすることがあり、それも彼特有のサウンドを生み出していた。2004年を最後に体調不良が原因でツアーに参加できなくなり、2009年75歳でこの世を去った。現在でも彼のプレイに対する賞賛のは止まないことから、彼の存在がどれだけ大きいものだったかが分かる。
メルテイラー
ドラム担当。1962年よりベンチャーズに加入。1965年の来日時、グレッチのシンプルドラムセットから繰り出される「ワイプアウト」のドラミングや(下記動画参照)、キャラバンドラムソロは見るものをれさせた。彼のプレイは特にジーンクルーパの影が大きく、「スティックオンベース」もジーンクルーパのプレイを参考に彼とボブボーグルとでアレンジしたものである。長年ベンチャーズのリズムを支え続けた。1996年ジャパンツアーの途中に体調不良を訴え、検の結果肺と判明。ツアー途中で帰したが帰から10日後に62歳で急逝。彼が去った後のベンチャーズのドラムは、彼の息子であるリオンによって受け継がれることとなる。
ホーウィー・ジョンソン
ドラム担当。交通事故により1962年に脱退。
ジョー・バリル
ドラム担当。メルテイラーが脱退していた1972年から1978年まで在籍。
ジョン・ダリル
キーボード担当。1969年から1972年まで在籍。2008年ロック殿堂授賞式に出席した。

その他、サポートメンバーが多数在籍していた。

代表的な楽曲

※印はベンチャーズオリジナル作曲

ここに記載されている曲はほんの一部であり、毎年行われるライブではバラエティーに富んださまざまな楽曲を聴くことができる。

関連動画

  

関連商品

DVD

   

 

CD

ニコニコミュニティ

ベンチャーズに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ベンチャーズ

11 ななしのよっしん
2013/01/22(火) 09:50:10 ID: webRgo9lSq
ベンチャーズって、素人の自分の中では「テケテケテケテケテケテケ! フバ、ンバ、フバ、ンバ、フバ、ンバ」というイメージがある。
12 麻帆
2013/03/08(金) 08:44:49 ID: v0P5612f3V
記事の内容が丁寧で高質だなぁ
13 ななしのよっしん
2013/04/06(土) 04:26:11 ID: yghsaMf+PL
メルが亡くなるほんの1ヶ前('96/7?)の日本ツアー大阪演(確か近鉄劇場)は親に連れて行ってもらった記憶がある。
当時9歳だっただが未だに当時のライブを覚えてる。
14 ななしのよっしん
2013/10/27(日) 20:10:17 ID: eMh87vElU+
On Stage '73からOn Stage '75辺りをCD化してくれないかね。
ジョーリルドラムノーキーテレキャスの音が好きだから是非高音質で聴きたい。
特に75星空は必聴。
15 ななしのよっしん
2015/02/02(月) 09:51:59 ID: ugqO+GyYOL
創設メンバー最後のツアー “テケテケ”ベンチャーズ
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1427240exit_niconews

お疲れ様でした。
16 ななしのよっしん
2015/08/06(木) 10:05:08 ID: hhaDPDUA/K
ドンさんお疲れさまでした。
リズムギターボブスポさんにチェンジいたベース息子イアンポルディングが担当するそうです。

>>14
on stage'73はやっとジャケで再発されましたね
ジョーリルタイトなドラムが心地いい。メルリオンも最高だけど。
17 ななしのよっしん
2015/08/14(金) 16:56:01 ID: AInEcm5n3u
>>sm26906981exit_nicovideo
18 ななしのよっしん
2016/04/17(日) 10:15:41 ID: A44eDIl8k+
団塊の世代にとってはビートルズと並んでまさに「」そのものだね!
19 ななしのよっしん
2017/08/08(火) 18:31:24 ID: muPqyc7E9M
2017年ツアーも始まって今更な上、賛否両論あるかもしれませんが2016年ライブは個人的に大満足でした。
これまでのベンチャーズらしい安定感のあるナンバーもあり、リズムギターにワウを使ってよりロック色が強くなったアレンジナンバーもあり、バリエーションに富んだ面ライブだったと思います。
イアン氏もこれからどんどん活躍してほしいですね。
今年はまだライブに行っていませんが、どんな演奏が聴けるか非常に楽しみです。
20 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 22:23:36 ID: Slxr9eAwmx
ノーキーが亡くなったってのだけでもショックなんだけど手術での感染症が原因ってのが悲しすぎる