ペイルライダー(MS)単語

ペイルライダー

ペイルライダーとは、機動戦士ガンダム サイドストーリーズに登場するモビルスーツMS)である。機体名称は『ヨハネの黙示録』における死をる「第四の騎士」に由来する。

本記事ではペイルライダー・キャバルリー、デュラハン、トーリスリッター等の生機も解説する。

概要

連邦スレイヴレイスやジオン軍マルコシアス隊の前に現れたモビルスーツ。意図は不明ながら、ジオンに留まらず友軍であるスレイヴレイスをも攻撃対と見なし、圧倒的なを以て殲滅しようとした。

サイドストーリーズに収録された三つのミッシングリンク物語で深く関わっており、連邦編ではスレイヴレイスがペイルライダーを明かし、ジオン編ではマルコシアス隊に焦点を当て、本機に関わる者の末を描いている。
クリア後にミッシングリンク終章が解放され、そこでペイルライダーわるストーリー完結を迎える。

機体設定

PALE RIDER
ペイルライダー
RX-80PR
頭頂高 18.0m
重量 43.7t / 56.8t
1570kw
103200kg
搭乗者 クロエクローチェ
ヴィンセント・グライスナー(漫画版)
装甲 ルナチタニウム
特殊 HADES
武装

ペイルライダー計画の中心的機体。
本機と同時期に開発された試作MSレッドライダー」「ホワイトライダー」「ブラックライダー」の運用データをフィードバックしており、さらにオーガスタ研で極秘裏に研究されていたHADESという特殊なシステムを搭載している。

MSの量産化が一段落した連邦は、戦争終結後を見据えて次世代機の開発計画(後のPR計画)を推進した。
これらRX-80の4機はその計画の初期段階で開発されていた機体群で、高性MSとしてコストを度外視にした当時最新鋭の技術が導入されている。
結果として量産化不可能との判断が下ったが、後に連邦軍のレビル高官・グレイヴの政治的基盤を固める為に計画が私的利用される事となる。

本機のベースになった機体はジム・スナイパーⅡ
これ以外にも外観・装備・I/Fは当時の高性機の物を取り入れている。試作色が強いRXナンバーだが実際にはジムベースの機体である。
ジム系にしてはしくコストが高騰してしまい、本仕様のままでの量産を断念、生産を打ち切っている。後にコスト削減的で再設計したペイルライダー・キャバルリーが生産された。

本機のヘッドバイザーにガンダム系の口元を合わせた「ヘビーガンダム」や「ガンナーガンダム」のような形状で、連邦系特有のゴーグデュアルセンサーを採用している。

戦場・戦況に合わせて使用される豊富なオプションが用意され、特に同オーガスタ製のガンダム5号機ガンダム4号機の「ハイパービーム・ライフル」、また5号機専用の特殊重兵装「ジャイント・ガトリング」等を装備する事もある。オプション兵装を装備した状態はそれぞれ陸戦重装間戦仕様とも呼ばれる。

HADES

本機は一時的に反応性を最大限に引き出す「HADESHyper Animosity Detect Estimate System」という特殊なインターフェイスを搭載している。

を基調とした色を加味しなくてもやはりあのEXAMシステム関係にしか見えないということで、発売前からファンの間で関連性が疑われていたが、案の定ブルーに関わった技術士官アルフ・カムラ言で、ブルーに積まれたEXAMベースにしている事が判明した。いわく上からの圧(恐らくグレイヴの示)でデータを持っていかれたらしい。

オーガスタ研に譲渡された際、開発はHADES完成の為に非人的な研究を始めた。搭乗者にはハデスの反応性に追従するため人工的な身体強化を施し、理矢理な神経伝達の向上を促し、さらに機体を操るためだけの生体ベースとしては不用な“思考”を鈍らせる投を行った。人権を尊重せず追い討ちをかけるような強化に被験体が耐えられるはずもなく、搭乗者は徐々に記憶障に苛まれ、生き永らえない体になった。

これは悲劇を生み続ける序章に過ぎず、後のニタ研の一つに数えられるオーガスタ研で生み出された「強化人間」技術へと昇していくのである。

ちなみに漫画ガンダムカタナ』では、ハデス同様EXAMを参考に生み出された「妖刀システム」が登場している。

顛末

ペイルライダーア・バオア・クー攻防戦ヴィンセント・グライスナーを隊長とする名実共にエース部隊と呼ばれるまでに成長した「マルコシアス隊」の前に姿を現す。
マルコシアス隊の決死の連携攻撃でペイルライダーを活動停止に追い込む事に成功するが、同時にマルコシアス隊も壊滅、最後の戦闘は相討ちに終わった。

事だったヴィンセントは行動不能状態のペイルライダーに接触する。ペイルライダーのコックピット内でヴィンセントに映した現実、つまりペイルライダーに搭乗していたのは幼さが残る一人の少女であった。

トーリスリッター

ミッシングリンク終章・ペイルライダー編に登場する10年後のペイルライダーの姿であり最終形態。

スペック
TODESRITTER
トーリスリッター
AMX-018[HADES
頭頂高 22.8m
重量 56.8t
3,400kw
123,600kg
搭乗者 クロエクローチェ
装甲 ガンダリウム合
チタンセラミック複合材
特殊 HADES
武装

ミッシングリンク終章・ペイルライダー編から登場するペイルライダー修機。ジオン軍残党が捕獲したペイルライダーは後にネオジオンへ合流、10年後まで修が続けられた。

第1世代機のペイルライダーが第1次~第2次ネオジオン戦争時に活躍するのは難しいが、セミ・モノコック構造を見直し、第二世代機以降のムーバブルフレーム構造を修に取り入れるなど駆動系、また武装も別物と言っていい程強化された。
なお頭部内蔵のHADESブラックボックス化した技術である為ネオジオン側は手を付けていない。

バックパックにサブ・ジェネレーターとバーニアを6基搭載、稼働時間延長のためにプロペラント・タンクを2基接続。さらに巨大なハイパービームサーベルを装備している。

背部スラスタバインダーに有線式兵装のインコムトライブレードを装備。インコム基部にはトライブレードが装着され、インコムを格闘戦に応用したり射出後にトライブレードを放つといったに変則的な使用も可になった。
シールドバウハイパーナックルバスターガ・ゾウムの物。更にドーベンウルフ系の隠し腕を採用している。

ネオジオン系と次世代オーガスタ系MSドーベン・ウルフガンダムMk-Ⅴ)も修案に織り込まれており、性と高火力な武装群は既に第4世代MSに相当するものと思われる。

機体名はドイツ語で『死の騎士』という意味。死を騎士、そのまま「ペイルライダー」のことである。

ペイルライダー・キャバルリー

漫画版に登場するペイルライダーの量産試作機。式番号RX-80PR-2。

量産検討化へ向けて、ペイルライダーベースに再設計した機体。機体名には「騎士団」を意味する「キャバルリー」 がついている。安定性とコストダウンのため、パーツ換装や余剰装備の排除が行われているが、次世代機としては申し分ない性を持つ。
また、ジャイアンガトリングメガビームランチャーマイクロミサイルランチャーを一体化した「シェキナー」という複合兵装を携行しており、死荷重を避けつつ十分な戦闘力を維持している。

「HADES」も搭載されているが、一般兵用にデチューンされたものとなっている。だが、それでもパイロットへの負荷は凄まじく、ピンチ時の最後の切り札に等しい機となっている。
しかし、システムブラックボックスはそのまま遺されており、ニュータイプや同系統のシステムを搭載した機体との共鳴による暴走の可性もんでいる。

作中ではソロモン戦での投入のために輸送されていたところをスレイヴレイス隊により奪われ、隊長であるトラヴィス・カークランドが乗り込んでいる。 

ペイルライダー・デュラハン

同じく漫画版に登場。式番号:RX-80PR-3

キャバルリーからHADESをオミットした機体。それ以外のキャバルリーとの機的な違いは不明だが、漫画版でフィル・デール曹長が搭乗した機体はジム・ガードカスタムガーディアンシールドジーラインアサルトアーマーのヒートランスハイパーバズーカを装備していた。

漫画版では戦後にHADES奪還を的とするペイルライダー追撃任務で投入された。ヴィンセント達を何度か襲撃するも撃退させられ、最後の戦闘ではヴィンセントの搭乗するペイルライダーに組敷かれて共にに沈み、ペイルライダーバックパック爆発に巻き込まれた。

アナハイム・ラボラトリー・ログ』によるとPR計画の量産試作機の内の1機との事。

ペイルライダーDⅡ

矢立文庫の公式web企画アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場。式番号:RX-80PR-4

ペイルライダー・デュラハンを修した機体。修はオーガスタ研が担当。
U.C.0084にティターンズが次期機を検討している段階でデータ収集のために運用された。カラーリングは濃紺色を基調としたいわゆるティターンズカラー

機はファーストロットを全て損失していたため、ティターンズセカンドロットとしてパーツを用意させた。組み立てと同時にリニアシートの導入、センサー類・アビオニクスの刷新、スラスター強化など数々の近代修を施し性向上が図られている。また、漫画版では携行しなかったシェキナーも用意されている。

0084年9月アレキサンドリア重巡洋艦アル・ギザ所属の第7小隊に配備された。

RX-80&GFX-1

何も関係ないと思うが、RX-80という式番号が初めて与えられたのはペイルライダーではない事にも触れておかねばならないだろう。

MJ1989年11月号に掲載された『F.M.S』(福地モビルスーツステーション)に登場する2機のモビルスーツ
子供妄想の類という設定でも微妙な部類。80年代小林藤田をはじめ、ガンダムメカニックデザインを担当したメカデザイナーが綿密な設定ガンダムを発表していたが、本機の場合は設定がほぼないと言っていい。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%28ms%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ペイルライダー(MS)

50 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 17:08:21 ID: NZopg2KObS
ネーミングがもう一年戦争の機体って感じがしないな
51 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 10:53:28 ID: krwjzSofC2
>>49
コスト度外視の高性機という設定なんだから、もっと変な装備を付けるべきだよね
実体のあるを打ち出すとビームサーベルに変わるとかロケットキャノンミサイルマルチランチャーみたいに、
「やりたいことはわかるが、上手くいくはずがない」とでもわかるような変態装備を使ったらいいのに
52 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 08:19:48 ID: uj4Yh7mxbZ
>>48
その連邦無双ゲーの中、確かに運営異常で過剰な運営を常に漏れなく注がれてるゆとった連邦機体には敵わないものの、
ジオン機体としては数少ない自己満ポイでなく勝利ゲージにきちんと貢献できる機体として地味屋台支え続けているトーリスリッターは、人気のある内にさっさとHGUCで出すべき

もまぁ確かに出た当初はちょっとこれは…と感じるデザインだったが、
味方のトーリスには何度もお世話になって、自分でも最近入手して思い入れが出てきた
53 ななしのよっしん
2018/03/05(月) 19:23:54 ID: v+QPMunYbQ
本当に評価がしづらい機体だね
まさにミッシングリンクなあり得ない強さ・設定・デザイン
(10年も改造しないで新しい機体作ったほうが絶対得だ)
でもかっこいい
トーリスリッターは悪くなった連邦機という情でイイ
ペイルライダーとともにガンダムオンラインでも使ってるぜ
54 ななしのよっしん
2018/03/05(月) 22:01:16 ID: enS2K4uhB4
デザインは好みだし設定も良い(他の一年戦争ガンダムの良い所取り感が強いが)。
だけどいくらなんでもブルーディスティニーと被りすぎ。
機体色どころかシステム回りの設定まで・・・二番煎じ過ぎて新鮮味がほぼい。
女性的フォルムってそれじゃあジムコマンド系列みんなそうなのかよ、と言いたい、とても言いたい。
55 ななしのよっしん
2018/04/12(木) 03:37:54 ID: wJKnZg/ThX
何が1番ヤバいかって言われると、ハデスシステムもそうなんだけど、ベースジムスナイパーⅡポテンシャルの高さなんだよね

1年戦争前期に様々なデータ取りを行った後に開発をした機体なだけあって、いかに優秀な機体であったかを物語ってる
56 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 19:33:37 ID: +MIF651yta
パッと見ジムドミナンスに似てるけど、なんか関係あるのかな?
今やってるコミカライズブルーディスティニーサイドストーリーズの設定織り込んでるわけだし、その辺掘り下げて欲しい。
57 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 19:05:32 ID: 7HjXAUDR2P
(凸)の面した化け物。それの一言だよ・・・コワイ
58 ななしのよっしん
2018/11/21(水) 21:36:27 ID: RExmLV7m9G
>>54
>だけどいくらなんでもブルーディスティニーと被りすぎ
そらそうよ、設定的にBDに対抗心覚えて作ったっていう設定だし

>>55
ポケ戦であっさりやられたせいで勘違いされがちだが、
ジムスナって装甲以外はガンダムゲルググとほぼ同じ性
ハイスペック機だからね
59 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 11:07:58 ID: enS2K4uhB4
設定、デザインゲーム
ほぼ全てが裏に出た悪い例

設定:EXAMと被りすぎ(わざとだろうと何だろうとインパクト減)
デザインブルーディスティニーと被りすぎ(わざとだろうと何だろうとインパクト減、せめて色ぐらい変えろよ)
ゲームクソゲー(宣伝効果や印マッハダウン)

可哀そうなMS…