ペドリ単語

ペドリ
3.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ペドリPedro González López,2002年11月25日 - )とは、スペインサッカー選手である。スペインラ・リーガFCバルセロナ所属。

ポジションMF。174cm60kg。利き足は右足。

概要

カナリアのテグエテス出身。フルネームペドロ・ゴンサレスロペスカナリアダビド・シルバフアンカルロス・バレロンといった名MFを輩出した場所であり、この地に根付いている創造性やテクニックといった文化を受け継いでいる選手である。町の広場には郵便配達人だった大叔父アントニオゴンサレス像が建っている。

家族は筋入りのバルセロナファンで、祖はテグエスでのバルササポータズ・クラブを創設するほど。そんな環境もあって物心ついたときにはバルセロナファンになっていた。父親レストラン経営に携わるまでは3部リーグプレーしていた。2歳年上のの影もあって幼くしてボールを蹴り始め、3歳の頃には地元のUDテグステでプレーするようになる。当時から非な才を発揮しており、特別な才を持った少年という評価を受ける。

14歳のときカナリア最大のクラブであるCDテネリフェからの誘いを断り、近くの町のクラブであるフベントゥ・ラグーナでプレーする。15歳の頃には大人に混じって地域リーグ(5部相当)でプレーするようになり、飛び級で活躍するペドリの活躍を聞きつけたレアル・マドリードから誘いを受け、入団テストを受けるが不合格となっている。

ラス・パルマス

2018年にUDラス・パルマスの下部組織へと入団。そこでトップチームペペメル監督が才に惚れ込み、1年後の2019-2020シーズンには当時16歳にしてプロ契約を結ぶ。2019年8月18日のウエスカ戦でセグンダ・ディビジオンピッチに立ち、プロデビューを果たす。そして、デビューしたばかりのルーキーだったにも関わらず、9月2日、憧れのバルセロナ2020年7月1日より加入することが内定する。9月19日のスポルディング・ヒホン戦でプロゴールを記録し、そのままとして定着。結局ペドリは36試合に出場し4得点7アシストを記録。プレー時間が16歳にしてチーム最多だったという事実がいかにメル監督からの高い評価を受けていたがを物語っている。

バルセロナ

2020年8月20日、正式にFCバルセロナの一員となり、2年契約で移籍500ユーロ背番号は「16」。プレシーズンロナルドクーマン監督から評価され、2020-2021シーズン開幕戦のビジャレアル戦で途中出場し、プリメーラ・ディビジオンでのデビューを飾る。徐々にプレー時間を増やすと、10月21日のフェレンツバローシュ戦では移籍後初となるUEFAチャンピオンズリーグでの初ゴールを記録。11月9日ラ・リーガ第9節ベティス戦ではリーガでの初ゴールを決める。17歳ながらアンドレス・イニエスタを思わせるプレー判断とオフ・ザ・ボールの質の高さ、卓越したボールコントロールによって2020年11月あたりの時期にはバルサの中盤に欠かせない存在へとなっていた。中心選手として過密日程の中で公式52試合出場とフル稼働したことでシーズン終盤にはコンディションを落とし、クーマン監督シーズン最終節を前に休暇を与え、故郷のカナリアへ戻らせるという異例の措置を取っている。

スペイン代表

2019年から各年代のスペイン代表としてプレーU-17スペイン代表として2019年11月に開催された2019 FIFA U-17ワールドカップに出場。準々決勝5試合全てでプレーしている。

将来を嘱望されていたが、2021年3月飛び級としてフル代表のメンバーに選出される。3月25日2022 FIFAワールドカップ欧州予選のギリシャ戦において途中出場を果たし、歴史上6番若さとなる18歳120日でのスペイン代表デビューを果たす。3月28日ジョージア戦では初スタメンを飾り、フル出場するが、試合中相手からの悪質なタックルを受けヒヤリとする場面があったが事なきを得ている。

2021年6月に開催されたEURO2020メンバーに選出。初の舞台での大きな大会となったが、ルイス・エンリケ監督はペドリをとして起用。初戦からスタメンとしてプレーすると、チームメイトでもあるセルヒオ・ブスケツと共に中盤を支配し、質の高いボールポゼッションをもたらす。準決勝のイタリア戦までの6試合をほぼフル稼働し、代表でも欠かせないキーパーソンとなる。スペインベスト4進出に貢献した働きぶりは世界中から高く評価され、大会の最優秀若手選手賞とベストイレブンに選出される。

EURO2020で奮闘する最中、東京オリンピックに出場するU-24スペイン代表のメンバーにも選出される。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2019ー20 ラス・パルマ セグンダ 36 4
2020ー21 バルセロナ プリメーラ 37 3
2021ー22 バルセロナ プリメーラ

プレースタイル

トップ下、センターハーフウイングなど様々なポジションプレーできるが、最も得意としているポジションは左のインサイドハーフ。中盤のゲームメーカーであり、ゴールに繋がるパスを出す選手であり、自分でドリブルで仕掛けることもできる。プレースタイルそのものやストロンポイントバルセロナレジェンドであるイニエスタに似ている。

基礎技術のレベルが非常に高く、ボールコントロールに長けている。ワンタッチでしっかりボールを止めて、ツータッチで優位な状況を作るという一流のMFなら当然持っているを高い強度の試合の中でもミスすることなくこなせる選手である。狭いスペースであっても巧みなコントロールで相手の選手をかわすことができ、相手の動きを最後まで見ながら動きに応じてボールコントロールできたり、相手選手を複数人ひきつけて味方選手にスペースを作る場面もみられる。

ドリブルに関しては、緩急で相手をかわすイニエスタべるとスピードを活かした推進で抜こうとする傾向がある。そのため、1人で持ち運んでカウンターの起点となることも多い。ドリブルをしながら様々な選択肢を準備できており、相手をかわす方向と次にパスを出す相手を頭に入れている。視野も広いため、逆サイドへのロングボール選択肢に入っている。

何よりイニエスタ再来と呼ばれる点は、プレー選択肢を常に間違えないところで、理と判断すれば受けたパスを後方に返して、動き直しからパスコースを作り、前へ運ぶ最良の選択肢を見つけるためこの作業を繰り返すことができる。加入してすぐにバルセロナの戦術にフィットできたのもこのが高いためだと言われている。

守備でも貢献度の高いプレイヤーであり、フィジカルコタクトは特別得意としているわけではないが、スペースを的確に埋めるが非常に高く、構造的に問題になりやすいメッシの後方を埋める役割も担っている。

エピソード

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9A%E3%83%89%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ペドリ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ペドリについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2021/09/20(月)02時00分 現在