ペルフェクティオ単語

ペルフェクティオ

 ペルフェクティオとは、「スーパーロボット大戦D」に登場する敵キャラクターである。

CV:関俊彦第2次スーパーロボット大戦OGより)

概要

 スーパーロボット大戦Dラスボス南極の地下に存在する古代遺跡の最深部、「ファブラ・フォレース」と呼ばれる異界の門から現れた破滅の王と呼称されるエネルギー生命体であり、破滅・滅びといった概念そのもの。作中では門が開いた際に一番近くに存在した主人公ジョッシュリム父親フェリオ・ラドクリフの体を半ばイレギュラーの様な形で乗っ取って現る。正確には「破滅の王」が本来の呼称であり、フェリオの体を「破滅の王」が乗っ取った姿がペルフェクティオと呼称される。またその影か奪った体が全盛期近くまで若返っており、実子ジョッシュと言っても差支えがない程の青年へと外見上は変化している。

 設定上ではスパロボ最強の敵として名高く、その驚異的な宇宙にペルフェクティオが存在しただけで宇宙が破滅を迎えてしまうという、ゲーム史上で探し回っても類を見ない程のとんでもないを有している。(実際、Dでは「メガゾーン23世界」はペルフェクティオによって破壊された)
 
 作中でもスーパーロボット軍団がファートゥムを撃破する事には成功しているが、それだけ圧倒的なを持つ機体でありながら所詮は計り知れぬ破滅の王のの片鱗に過ぎず、破壊した間に復活されている。その為本体であるペルフェクティオが宇宙全に現出する前に、とあるキャラが自身の機体ごとファートゥムを異次元の彼方に押し返してその一の隙にファブラ・フォレースを破壊、一応の事態を解決しただけであり、最終的に倒すことは出来なかったという辺りで、この敵の桁外れの脅威を理解していただきたい。ちなみにスパロボにおいて和解などによって滅ぼされなかった敵勢はいれども、戦って倒せなかった、追い返すだけで精一杯だったというラスボスは今のところこのペルフェクティオのみである。ちなみに、もし作戦失敗した場合は、マクロス7艦隊と一部敵勢の全火力をもって、地球ごと破壊して被害拡散を防ぐつもりだったというから、その恐ろしさは推して知るべし。
 
 一部では「霊帝ケイサル・エフェスが『桁違い』ならば、破滅の王は『桁そのものが意味を成さない』」とまで称され、そのトンデモぶりは別次元と考えられている。

 たとえや創造の類であっても滅びや死からは逃れられない(作品によっては全能神でさえ死ぬ)がゆえに、あらゆる死や滅びを糧として存在する破滅の王の全な打倒はほぼ不可能であり、知的生命体を取り込むというイレギュラーが発生している為、本来は存在しえない知性や体という縛りが発生している。この為、これでも人間が対応出来るレベルまで本来の在り方からランクダウンしている。その本来の在り方とはペルフェクティオ自身が述べるように『破滅』という現そのもの。

 搭乗機はファートゥムラテン語で「運命」を意味する破滅の王のの片鱗にあたる機械体とされている。

 このようなトンデモ設定になった背景は、マクロス7プロデビルンを倒した後に控えている敵な為、それ以上のスケールアップしたからだと考えられている。

 スーパーロボット大戦EXヴォルクルス第3次スーパーロボット大戦αケイサル・エフェスOG外伝ダークブレインスクコマ2のユキムラと並んで、スパロボ五大巨悪の一つに掲げるファンも多い。

 ペルフェクティオがラテン語で「全な」という言葉を意味する為、ファンからはジョッシュ父親の体を乗っ取っている事に関連付けて親父と呼称される事が多い。

 その他、彼の持つ特徴・特性から、クゥトルフ神話アザトースモチーフとも言われている。

 

 その設定と描写故にOGシリーズシリーズを統括するラスボスになるのでは?と予想するファンもいた。
しかし、「第2次OG」にて登場を果たすもラスボスではなくメリオルエッセ共々ボスキャラの1体としての登場となった(それでも共通ルートの最後に登場である。ここまででSRポイントをどこまでとれたかがのEDへ行けるかどうかのカギである)。が、そのゲーム中でも屈の極悪性イベント内容などから、プレイヤーによってはラスボスよりもしんどい、と言われることも少なくない。以下に、要因をざっと挙げる。

  1. ペルフェクティオの前座として、先にメリオルエッセの2体(イグニスウンブラ)を倒さなければならない。
    そのため、ファートゥムの登場まで精神コマンドやEN・弾薬をあまり消耗しすぎるとファートゥムとの戦闘で攻め疲れ、文字通り『絶望』に追い込まれる。
  2. ファートゥムはHPが380000もあり、これまでに登場したボスユニット達を大きく引き離しているのみならず、後々に控えている大ボスガンエデンを上回るほどに多い。さらにHPが減少するとイベントが発生し、何と2度に渡ってド根性を発動してくるので実質的なHPラスボスすらも軽く上回る(およそ600000~650000くらい)。削っても削っても全回復され、終わりが見えない展開はまさに『絶望』そのものである。頑れば1ターンキル不可能ではないが、精神コマンドや援護攻撃、マキシマムブレイク合体攻撃など使えるものを総動員しないと実現は難しい。
  3. 力武器の2つがそれぞれ「精禁止」「戦闘不能といういやらしい特殊効果を持っている。特に前者は精神コマンドを封印するだけではなく、「集中」「鉄壁」など効果が持続中の精神コマンド被弾した効化させる。そして後者に至っては、喰らったままターンを終了するとペルフェクティオの2回行動と合わせて撃墜される危険が跳ね上がる。「パイロットブロック」「フルブロック」持ちをメインに出撃させる他、「祈り」「信念」などで対抗を。ペルフェクティオ自身のステータスも本作屈の高さで、精神コマンドの補助しで攻撃を避けるのは不可能に近い。(または分身回避に頼るか。)
    ちなみにファートゥムの武器性をよーく観察すると、武器の射程距離がある事がわかるはず。コレに気づいたか否かで、ファートゥム戦の難易度は大きく変わるだろう。
  4. さらにファートゥムの特殊機「パッシーオ」によって、ターン終了ごとに出撃メンバー全員の気ダウンさせてくる。戦闘が長引けば長引くほど気がじわじわ削られ戦闘力が低下、力武器や必殺技も軒並み封印され、最後はプレイヤー自身の闘志をヘシ折られることになる。戦意高揚があればひと安心。
  5. ペルフェクティオの「気+(ダメージ)」のスキルと、「大物」な性格のおかげで、戦闘するごとに気がグングン上昇する。1度の戦闘で気が10以上上がる事もザラで、援護攻撃も加えるとさらに上昇するため「脱」をかけてもど意味を成さない。気を下げてもすぐに150になってしまうため、ターン終了間際に使うのが吉。
  6. そして強化パーツ「Sアダプター」を装備しているため、実際の戦闘ではステータス画面で確認できる数値以上のさらなる補正がかかっている。地形適応の補正につき命中率だけではなく攻撃まで底上げされているので、ガンエデン応龍皇以上に受けるダメージが大きい、なんて事もあったりする。
  7. 要するにHP回復機い事やアーマーブレイカー普通に通用するのが救いに思えてくる。
  8. 何より、後に登場するボス達(AI1、ガンエデン等)がファートゥムとべて相対的に弱く見えてくる。


また、ペルフェクティオ戦で流れるBGMDespair」(「絶望」という意味の英語)は高い人気を誇る一曲である。このBGMスパロボDでは曲名が分からなかったが、第2次OGに参戦したことにより新たに曲名が付けられた(それまでは「ペルフェクティオのテーマ」など様々な呼び名で呼ばれていた)。

ちなみに第2次OGではペルフェクティオやガンエデンラスボスを含めた一部のボス敵の登場イベントや曲変更イベントに「その場に存在する全キャラクター戦闘曲優先度を化する」という命コードが仕込まれていて、そのイベントコードが発動するとその場で流れている曲(イベントで変更された曲)を、例え何者であろうとも変更する事が出来なくなるという事が発生する。

この命コードの前には、かの某食通さんの「Trombe!」すらも逆らう事が出来ない。

以下、第2次OGネタバレ

第2次OGではファブラフォーレスの正体がクロスゲートだったというオチがあり、クロスゲートを通って現れた存在とされた。一度は鋼龍戦隊を追い詰めるが、シュンパティア経由でイルイの助を得た自軍によってペルフェクティオは撃退される。その後、破滅の王本体がゲートから現れそうになったが、ウェントスゲートの向こう側のクリスと協して門を閉じることによって追い返された。

ファートゥム

ファブラ・フォレースを介してのエネルギー供給を受け実体化を果たした、破滅の王のの片鱗たる機械体。
両腕に相当する部分にそれぞれ「絶望の男面」「恐怖の女面」という名の巨大な2つの顔が付いているのが大きな特徴。戦闘中まばたきするさまが地味に微笑ましい。?)に相当する部位には唇があり、そして機体下部には蜘蛛のような脚が付いている。
何より、この不気味な姿そのものが「人間の顔」をったものであるとされる。

破滅の王のが健在である限り何度破壊されても再生する、恐るべき存在。事実、「D」「第2次OG」双方で、他のボスとは一線を画する凄まじい耐久を持つ(後者の「第2次OG」については、前述の通り)。

スペック

全長 不明(少なくとも戦艦並みはある)
重量 不明
移動タイプ ・陸
装甲材質 実体化した、異次元の負のエネルギー
負の感情
開発元 ルイーナ
パイロット ペルフェクティオ

武装・必殺技

関連動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ペルフェクティオ

662 削除しました
削除しました ID: zB/3a0VTVq
削除しました
663 削除しました
削除しました ID: G2Mmnj9ehI
削除しました
664 ななしのよっしん
2018/07/23(月) 00:19:35 ID: PZ4FNvYGWs
記事でケイサル・エフェスに触れてるけど破滅の王出てきた時点で負のそのものを破滅させたり出来るのかね?
665  
2018/07/29(日) 08:37:48 ID: wV3mVMcvy0
>>664
ペルフェクティオ自身が「すべてを飲み込みと為してへと帰す」と言っているので、正・負等の性質を問わずあらゆる存在やを飲み込んで自分のに出来るのだとは思う。
そしてそのすべてをへと帰す事も。
も、破滅の王のその性質が限であるならば、やはりこれも飲み込んで己がとしてへと償却してしまうのではなかろうか。
666 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 04:58:12 ID: PZ4FNvYGWs
なるほどなー
しかし破滅の王って何か大規模だけど宇宙とか次元そのものを循環させる役割持ってる感がする
宇宙が崩壊する前に新しくやり直すカリ=ユガとは別で
宇宙そのものをにすることで別の宇宙の可性を広げる余地を作っているような
667  
2018/08/04(土) 17:38:41 ID: wV3mVMcvy0
それは、どうだろう。
ペルフェクティオは存在するだけで破滅をもたらすわけで、その宇宙に存在し続ける限り、破滅した後の再生は不可能かな。
死を前にすれば何かしら悲しみ等含めて正のを持つものも負の感情を抱くだろうから、破滅の王自身はその存在でもって己の原動を確保し続ける事が可なので恐らく破滅した後の宇宙が再生する事は、現時点での情報では理かな(自然に動確保できず存在できなくなる可性も低い)
それこそ、ペルフェクティオ全に対となる存在がないと循環はできないと思われる。
668 ななしのよっしん
2018/08/14(火) 14:26:17 ID: PZ4FNvYGWs
新たな宇宙自体は常に分岐…というか枝分かれに増えていてそれは放っておくとその様々な次元の入ったフラスコ自体が割れて大崩壊を起こすんじゃないかなって
ペルフェクティオ自体も意図してるわけではないけどそうして宇宙を一つ一つ破滅させることで大崩壊が起きるまでの時間が結果的に延びているのでは考えてみたり
669  
2018/08/16(木) 15:22:13 ID: wV3mVMcvy0
フラスコの正体がよくはわかってないので、今後の展開次第ではあるけれど、多数の次元バランス装置、と言う意味ではそういう側面は結果的には持っているかも知れないね。

シリーズ通して、クロスゲートにせよ、門としてのファブラフォーレスにせよ、全なオーパーツみたいだし、カドゥム・ハーカームもノータッチみたいなので、バランス装置の端末としてクロスゲートが存在している、と仮説を立てる事自体はできるかな
670 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 18:24:57 ID: FruSY7UQAQ
宇宙次元そのものの循環装置(0にする側)と考えると、ペルフェクティオと同等の位置にいる生み出す側の存在もやはりいるのだろうか。
671 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 16:57:16 ID: asYx/FMECP
OGシリーズの大トリこいつだと思ってたがこうなってくるとSC設定があること考えるとマジでユキムラが大トリになりそう、となるとラーゼフォンポジになるのは味方勢だとアストラナガンディストラ、敵も含めるとカリユガと至高Z辺りか?因果相当の設定あるのってこいつらくらいだし(設定的にサイバスターもいけそうな気はするが)
そこにガンエデンや玉座機、最強その他もろもろ合わせて破滅の波動に対抗するという熱い展開になるのかな?
そして最終的に破滅の王と同化して絶望の化身へと変貌
発展しすぎか・・・・今のスパロボチームにそこまでする気なさそうだし