ペーパーマリオ スーパーシール単語

2件
ペーパーマリオスーパーシール
4.7千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ
マリオシリーズの関連項目一覧 > ペーパーマリオシリーズ > ペーパーマリオ スーパーシール

ペーパーマリオ スーパーシールとは、インテリジェントシステムズ開発任天堂発売のニンテンドー3DSシールバトルアドベンチャーである。ペーパーマリオシリーズの第4作となる。
海外版の名称は「Paper Mario : Sticker Star」。

2012年12月6日発売。ダウンロード版も展開されており、ダウンロードカードでも購入可

概要

ペーパーマリオ スーパーシール
 Paper Mario : Sticker Star
基本情報
ジャンル シールバトルアドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
開発 インテリジェントシステムズ
発売 任天堂
発売日 2012年12月6日
価格 4,800円
ゲームソフトテンプレート

Wiiで発売されたスーパーペーパーマリオの続編に当たる作品。
ニンテンドー3DS発表初期に開されたのだが、開発途中で大きな方針転換があり、方向性が変わった為か、長い間あまり情報がない時期が続いた。 

今までのペーパーマリオシリーズニンテンドウ64ニンテンドーゲームキューブWiiと全て据え置き機で発売されており、携帯機で出るのは初となる。携帯機では同じくスーパーマリオRPGの流れをくむマリオ&ルイージRPGシリーズが展開されており、マリオ&ルイージRPG4の登場で初めて両シリーズが同一ハードで発売される事となった。

ストーリー

シールラベルタウンで年に一回開催される「シールフェスタ」。今回はゲストとしてピーチ姫マリオもやってきた。
フェスタも佳に差し掛かった中、願いをかなえるという「ロイヤルシール」が降ってきた。するとロイヤルシールが物にせんと大魔王クッパクッパ軍団シールフェスタに乱入してきた。キノピオ達の制止を振り切りクッパロイヤルシールを入手する。
しかしクッパの様子がおかしい。ロイヤルシール魔力に憑かれ、「ギラギラ」しはじめ、会場で散々暴れた末にキノコ王国のあちこちでシールを使ったいたずらを始めだした。
マリオシールからやってきたという「ルーシー」と共に各地に散らばったロイヤルシールを集め、クッパ暴走を止める新たな冒険にでた。

特色

全体的にペーパー感がパワーアップしており、フィールド背景体力ゲージまでダンボールなどが材料工作品のような質感になっている。

今回の玉はタイトルにもなっている「シール」。ワールド中に貼られているシールを剥がして集めながら冒険する。
フィールドシールだらけになっており、シールらしい様々なギミックが登場する。
回復アイテム武器シールとなっており、HPコイン等の相場は今までにべるとインフレ気味となっている。 

従来のシリーズサブキャラクターサブイベントといった要素が少ない。仲間キャラも今作では一人しかいない他、今までの特徴的なストーリー要素はほぼなくなっている。
というのも、今作は元々『ペーパーマリオRPG』に近い路線で開発していたが、これでは新しい事をしていないとの摘があり、また、ストーリーなどの要素がクラブニンテンドーアンケートによると支持が少ない等の理由で、シールを中心にしたシンプルな方向性で作る事になったからだそう。
キャラクターデザインといった部分も含め、スーパーマリオ本編に近付けたような要素が多くなり、過去シリーズの中でも異色な作品と呼べる。(以降の作品も今作と同じ方針で作られている。)
ただし、ペーパーマリオシリーズ恒例のさは健在。敵も従来よりカオスになっている。

この辺の事情は外部リンク社長が訊くで詳しくられているので、読んでいない人は読んでみよう。 

システム

フィールド3Dになっており、『マリオストーリー』や『ペーパーマリオRPG』に近い見たになっている。場所によっては『スーパーペーパーマリオ』のように2Dの場所もある。
今作では『スーパーマリオブラザーズ3』のようなマップ制が導入。フィールド間をマップで移動するようになった為、今までにあった移動の手間が簡略化された。 

バトルは、集めたシールを消費して攻撃や回復等の行動をするシステムとなった。また、経験値レベル概念止され、シールの使い分けや組み合わせでマリオを強化するようになっている。

バトルスロットというシステムが導入され、 スロットの結果によって使用できるシールの枚数が変化する。この時に使用するシールの組み合わせが戦略上重要になる。
スロット押しなんか大嫌いだ」と言う子供大きなお友達にもうれしいスペシャルがあり、コインを払うことで2ついが確定、更にコインを払うと2ついのスローになる。(ボス戦ではだんだん値上がりしていくので注意。)

一部のステージワールドボスでは扇風機、はさみといった「モノシール」で攻めないと確実に詰む。ステージ終盤はそのままボスのところへ行く前に前ステージでモノシールを製作してからボスに向かうことを推奨する。
(ちなみにバトルシールゴリ押しで敵を倒すとルーシーから「シールをたくさん使ったわよね…」と言われる。何か問題でも?)

経験値が存在しないというシステム上、敵は回避していってもステージクリアはできる。が、敵をたくさん倒してステージクリアすると倒した敵の数に例してたくさんコインがもらえるので、やはりある程度は倒していったほうがいい。

HPの上限アップはこれまでと異なり、ステージにある「+5ハート」を入手することで上げることが出来る。
攻撃アップする上、弱い敵はハンマー一撃で倒せるので確実に拾うべし。

ペパライズ

本作の特徴の一つとして大きく取り上げられているのがペパライズ
フィールドが1枚絵のようになり、シールを貼ったりフィールドの一部を貼り直したりして謎解きをする。

例えば、別の場所にあるマップピースを持って来て通れるようにしたり、フィールドの下敷きになっているキャラクターを救出したり、台の向きを逆向きにしたりと様々な謎解きがある。

一部の仕掛けを操作したり、ペパライズブロックと呼ばれる種類の隠しブロックを出現させるのにもペパライズを使用する。また、モノシールをペパライズして使用する事で環境が大きく変わるステージも存在する。

キャラクター

今作ではキャラクターデザインに一部変更があり、ペーパーマリオシリーズ独特のデザインからスーパーマリオシリーズ本編に近いデザインになったキャラクターが多く存在する。カロンテレサメットなどが分かりやすい。シリーズを通して「ガボンへい」として登場していたガボンは今回は「ガボン」として登場。デザイン行動パターンも従来のものになった。
今までの可らしいデザインもそこそこ人気があったので一部で悔やむもある。

また、今回はシリーズを通して人気ボスパックンボスゲッソーワールドボスとして登場する。

の住人も個別の名前が用意されなくなったが、強な個性を放つ一部のキャラは「ああ、こいつだな」と理解できるようにはなっている。一部イベントではマリオに同行する。

仲間・味方

ルーシー
今作一の仲間キャラプロローグから登場。シリーズクリオクリスチーヌアンナ的なポジション
前作のアンナ同様、フィールドでは攻略ヒントを言ってくれる。事になっているが、全体的に攻略テキストは少なく、雑談が多い
アンナと違いものしりは使えないが、敵の攻略ヒント戦闘中、稀に自動的に言ってくれる。
気の強い性格だが、冒険の様々な出来事の中、次第にマリオにも気を許すようになる。
また、ペパライズ彼女である。
キノピオ
今作一の住民キャラペーパーマリオシリーズマリオ&ルイージRPGシリーズでは、クリボーノコノコボム兵など様々な種族が住民として登場するのが恒例であったが、今作ではキノピオしか登場しない。
しかし、今までのキノピオべ一人一人の個性の立つキャラクターとなっている。
ハナチャン
ワールド3のに住むまだまだ子供のやんちゃなハナチャン
味方キャラクターだが、カメック魔法バラバラにされた体と戦う事も。 
を汚された事に怒っており、終盤のシーンでは恩返しとして成長した姿で協してくれる。 
条件を満たすと日記を読む事が出来る。かわいい
みどりの人
ワールドごとに隠れている緑色帽子をしたキャラクター
ペパライズをすると逃げていき、新聞の記事が読めるようになる。

シール

バトルシール

全96種類。

今までのシリーズジャンプハンマーといった攻撃やアイテムは全てバトルシールと呼ばれるシールになっている。名前の通りバトルで使うシールであり、回復アイテムであるキノコバトルシールとなっている為、バトル中でしか使えない仕様となっている。

フィールド上ではイベント攻略でペパライズをして貼り付ける場面がある。

同じ効果のシールでもいくつかバリエーションがあり、冒険が進むにつれて強いシールが出現する。
強さは以下のとおり。
「ぼろ」< 「ノーマル」<「キラ」<「キラキラ」<「キデカキラ」<「メガキラ」 

バトルシールフィールドで剥がしたりブロックいて入手する他、ショップで購入できる。
また、特定の敵を倒すと出現するシールもある。 

モノシール

全63種類。

本作では、シールどころかリアル扇風機招き猫まで登場し非常にシュール光景が見られる。
これは「モノシール」と呼ばれ、ステージ中に置かれているモノを拾うとそのままでは使えず、ステージが進むことによってオープンするモノ投げ屋でモノシールに変換してバトルに使える。

バトルで使うと高い攻撃を発揮する他、フィールド上ではイベント攻略特定のモノシールをペパライズして使う場面がある。
一度バトルイベントに使うとモノシールはくなるが、モノを手に入れたステージの場所で再度手に入れることが出来る他、モノ投げ屋の隣にあるモノ屋でモノを購入することが出来る。

施設

シールショップ

シールを売ったり買ったり出来る店。5店舗登場し、ショップにより扱っている商品は異なる。
また、冒険を進めると買える商品が増える。

モノ投げ屋

モノを投げてモノシールにする施設。2箇所登場するが、役は変わらない。 

モノショップ

ランベルタウンのモノ屋の隣にある、パチンコ店で言う品交換所みたいな場所。
一度入手してモノシールとして使ったモノを、少々値はるがコインで購入出来る。

シール博物館

ラベルタウン復活ではしゃいだ結果噴水に巻き込まれたキノピオを助けると、に案内され、思わず「!?」となるぐらいな地下室のシール博物館へと案内される。

手に入れたバトルシール、モノシールを額縁に貼るとそのシール解説が見ることが出来る。
ただし、(ステージ上でも同じことだが)条件と違うシールを貼ると剥がれてしまい、キラシール、デカキシールを間違って貼ると泣きを見るので注意。

バトルシールやモノシールをコンプリートすると少しいい事がある。

関連動画

関連項目

外部リンク

マリオシリーズRPG
スーパーマリオ
RPG
スーパーマリオRPG
ペーパーマリオ
シリーズ
マリオストーリー - ペーパーマリオRPG - スーパーペーパーマリオ - スーパーシール - カラースプラッシュ - オリガミキング
マリオ&ルイージ
RPG
1 - 2 - 3 - 4 - ペーパーマリオMIX

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

vα-liv (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: クリッキー
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ペーパーマリオ スーパーシール

1022 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 17:58:09 ID: qJUzBA8fGl
長いで見ると、路線変更に踏み切ったことは間違ってなかったと思う
もし初期の路線のまま続けてたら、マンネリ化したり、マリオらしさと異質さのバランスがぶっ壊れたりでシリーズが先細るのは想像に難くない
👍
高評価
0
👎
低評価
4
1023 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 19:07:23 ID: gtzUXP84kS
路線変更したのはこのゲームではなく横スクアクションの前作のスペマリじゃね?
むしろこのゲーム事前情報だとシール要素こそ戦闘謎解きに使われてたがフィールドの雰囲気や戦闘画面の垂れ幕に仲間要素とペパマリの続編として作られてたのに急な大幅変、恐らくそれで納期が間に合わずこの出来になっただけだろう
次回作のカラースプラッシュ普通に良ゲーだし
👍
高評価
3
👎
低評価
0
1024 ななしのよっしん
2024/04/13(土) 17:17:47 ID: V8hIhssTXz
正直現状見たらRPG捨てて失敗してるようにも見えるけどねぇ
アクション部分なんてマリオ系で沢山あるんだしRPGで一本筋通して欲しかった
👍
高評価
2
👎
低評価
0
1025 ななしのよっしん
2024/04/13(土) 17:36:20 ID: THwcLcLya+
まあRPGしたのはマリルイとのシェア争いを避けたかったのかなとは思うが マリルイが途絶えた今マリオRPGペパマリリメイク出したのはRPG路線再始動できるか否かの手応え確認なんだろうし
👍
高評価
2
👎
低評価
0
1026 ななしのよっしん
2024/04/18(木) 19:44:54 ID: qJUzBA8fGl
なんというか、初期三作ってそれぞれ個性は全く違うけど進行の組みは一緒だから、そのままだとアイデアが煮詰まってしまうんじゃないかなーって気がしてて。もちろんクリエイターめてるわけじゃないです!😣
二のシリーズだから、これからももっと広がってほしいなーっていう個人的な希望があって。
オリガミキングで旧ペパと違った完成形を見せてもらった気がして、その起点たるシールめて称えたかっただけなんです。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1027 ななしのよっしん
2024/04/18(木) 19:54:56 ID: qJUzBA8fGl
癪に触る言い方ではあるけど、まぁ一個人の感想だし言い切っちゃった方が切れいいかって感じで書きました。
長々とイイワケ申し訳ない~新旧ペパの戦いだけはしたくないんです
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1028 ななしのよっしん
2024/04/18(木) 20:07:20 ID: gtzUXP84kS
てかそのマリルイ側もリメイク除けば一応1番新しい作品になるペパマリMIXでも原作キャラしか登場させなかったしやっぱりこれが足を引っってたと思う
オリガミキングオリー王ブンボー軍団それなりにキャラ立ってるからこそストーリーの面さは増してると感じる

営がオリジナルだとクッパ軍団が味方になる展開も作れてマリオルイージピーチキノピオとその生する隊長キノピコくらいで意外とバリエーションが少ないところにクリボーノコノコヘイホー等の個性溢れる面々も一般人として使えるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1029 ななしのよっしん
2024/04/18(木) 20:19:16 ID: c1Zha7v06k
そもそもマリオシリーズって、大元の「マリオが敵を倒しながらステージクリアする」というシステムの都合上、味方NPCバリエーションが極めて少ないのよな
少なくとも、サンシャインならモンテ、ギャラクシーならチコと、毎作新規に生み出す必要があるぐらいには

>>1028の言うように、本来敵役であるクッパ軍団キャラクターNPCにすることによって、相当RPGとしては作りやすいだろうね
と、シールキノピオ地獄を見て思ったよ...
👍
高評価
1
👎
低評価
0
1030 ななしのよっしん
2024/04/20(土) 23:13:38 ID: V8hIhssTXz
実際味方NPC、登場キャラがどうこうでゲームの面さはそんな変わらないとは思うけどな
どちらかというとシステム面じゃね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1031 ななしのよっしん
2024/05/18(土) 14:59:20 ID: A1kMhH6ucO
スーパーシール以降の方向性は理解できるけど
アドベンチャーゲーム路線でやるならRPGみたいな戦闘や雰囲気だけのダメージ表示とかいらないのに何を駄にこだわってんだろうとは思う
逆にRPGでやるなら育成要素やアイテムダメージを明確にしないのがよくわからんしどっち付かずのゲーって感じ
👍
高評価
0
👎
低評価
0