ホシエイ単語

ホシエイ

ホシエイ(鱝、鱏)とは、エイの一種である。

概要

トビエイアカエイ科に属する魚類英語では「pitted stingray」と呼ばれ、「あばた(くぼみ)のあるアカエイ」を意味する。学名はDasyatis matsubarai、ギリシャ語で「松原さんの毛深いガンギエイ」を意味する。「松原さん」は、名著『日本魚類検索(第一版)』の著者である魚類学者・松原喜代に因む。

体盤は偏ひし形で吻部(頭部)は軽くっている。面は白色だが、縁がい。背面は灰黒色でい斑点が並ぶ。日本語の「ホシ」、英語の「pitted」はいずれもこのい斑点にちなんで命名されたものと考えられる。

体長は成で約1.8メートル、尾はその半分を占める。また尾には他のアカエイ科のエイ同様毒針がついており、ノコギリのような形状が「返し」の役割を果たしているため、一度刺さるとなかなか抜けずかなり痛む。このように悪な毒針を持つホシエイだが、自ら外敵に毒針を刺しに行くことは少なく、温和な性格である。ただしホシエイは沿部の海底に潜んでいるため、海水浴客などが気づかずに踏んでしまい、それで刺されるケースが多いようだ。

分布は日本太平洋日本海沿から朝鮮半島南西まで。その分布から日本でも揚げされるが、アカエイと違いほとんど流通しない。ホシエイを食する食習慣が根付いていないために需要が少ないこともあり、ホシエイを的とした漁がおこなわれる事はほとんどなかった。他の的とした漁の際に混獲されることがあるが、毒針があることなどから漁師からは厄介者扱いされ、時には棄されてきた[1]

しかしそれとは裏にかなりの美味であることが近年知られるようになってきており、テレビ番組や書籍などでも扱われはじめている(下記「関連リンク」参照)。に煮付け・煮こごりにして食されるらしい。また肝がとりわけうまいとのことで、「全ての肝の中で一番」と評する人も居る[2]

関連動画

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *秋山清二. 館山湾の大型定置網における漁獲物の投棄実態. 日本水産学会誌 2007; 73: 1103-1108.exit
  2. *「魚通じ感動届けたい」 | 逗子・葉山 | タウンニュースexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホシエイ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ホシエイについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード