ホセ・オルテガ・イ・ガセット単語

ホセオルテガイガセット
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ホセ・オルテガ・イ・ガセットJosé Ortega y Gasset1883-1955)は、スペイン出身の哲学者・文筆

著作に「大衆の反逆」「ドン・キホーテをめぐる省察」「現代の課題」など多数。

概要

スペイン、マドリード出身。高名なジャーナリスト系に生まれ、後には「輪転機の上で生まれた」と自称したこともある。

マドリード大学哲学博士号を取得後、ドイツに留学。帰後は高等師範学校教員を経てマドリード大学上学教授となる。

内戦勃発に伴ってスペインを離れるが、第二次大戦終結後の1946年に帰1950年ごろからはドイツを中心に講演活動を行う。

1955年スペインに帰。死去。

1914年の「ドン・キホーテをめぐる省察」にはじまり、多数の著作・講演・ジャーナリズムを通した啓活動などを行った。その活動分野は哲学から美術・文学批評、社会教育社会思想・政治など幅広い。

現在でも色あせることのない現代文明批評の先駆者として、20世紀思想の第一人者の一人ともいえよう。

思想

オルテガには自らの思想を体系的な著作としてよりも試論(エッセイ)、批評、ジャーナリズムへの寄稿などを通して示唆する姿勢があった。現在日本でもそれらの著作が多く翻訳されている。なものに軽く触れる。

ドン・キホーテをめぐる省察」
セルバンテスのドン・キホーテを取り上げ、スペインにおけるゲルマン的なものと地中海的なるものの対、「小説」と「叙事」の対などを通して、「とは環境である」という形上学的命題を提示している。
「現代の課題」
「生の理性」という独自の哲学命題を提示し、「純理性」をその軸とする既存の伝統哲学することが必要であると論じる。オルテガ哲学軸をなす「生の理性」が初めて提示された論文である。
「大衆の反逆」
現代を「大衆人(マスマン)の時代」と規定し、その内在する危機について論じた著作。1930年の刊行以来、現代文明の本質を明確に規定した著作のひとつとして現在でも評価されている。オルテガは大衆とそれを構成する大衆人を(及びそれと対される「高な生」)を社会階級としての労働者階級(プロレタリアート)ではなくより精的な部分において区分している。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホセ・オルテガ・イ・ガセット

1 ななしのよっしん
2011/06/19(日) 13:12:10 ID: Nxhs3gmwQK
何で記事あるんだw
あいや、哲学の記事はもっと増えて欲しいんだが…
ほら、もそっと有名どことかあるじゃない?
2 ななしのよっしん
2011/06/30(木) 16:33:22 ID: GZ7egz5IpO
なぜオルテガチョイスしたのかw

>>1
同意。ソシュールとかレヴィストロース。
フロイトとかデリダ、そのあたりの記事もか作ってほしい。
3 ななしのよっしん
2012/06/25(月) 15:56:28 ID: yMgjES/fa3
そもそも思想・哲学系の動画がないから。
個人的にはフッサールやクワインとかがいいけど
4 ななしのよっしん
2014/11/11(火) 22:06:09 ID: jAm2uqPng/
サイコパス16話で引用されたオルテガ

急上昇ワード