ホッキョクグマ単語

ホッキョクグマ

ホッキョクグマとは、クマの一種である。シロクマとも呼ばれる。

概要

体長はオスが2.5~3m、メスが2~2.5m。体全体がい体毛でおおわれているように思われているが毛は透明。地肌は屈折ためにく見える。鋭いと牙を持ち、北極圏の食物連鎖の頂点に君臨する地上最大のである(北極以外にもアラスカロシア北部などにも分布している)。

雑食性で、アザラシに、魚類鳥類哺乳類捕食する。また、嗅覚も鋭く、氷の下にいるアラザシの匂いを察知することができ、氷を掘って巣にいる個体を狙ったり、氷上にある呼吸用の流氷の縁で待ち伏せるなどの方法を用いるなど、高い知を持つ。

日本では1973年動物園で初めて飼育下繁殖に成功し、それ以来様々な動物園で飼育され、人気を博している。しかし、近年は温暖化による生息域の減少で、個体数の減少が危惧されている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホッキョクグマ

13 ななしのよっしん
2014/01/20(月) 14:00:08 ID: MUtX2Dmyvl
1134kgという記録が本当なら最大のはコディアックベアな気がする
14 ななしのよっしん
2014/09/04(木) 09:41:25 ID: z6I1gl4+we
北極圏という特殊な生息環境もあって、他のクマと違って人間を襲った記録はあまりない模様。
皆無ではないらしいが生息数が少ない上に周辺の人口密度も低いので遭遇する事自体が稀であるとか。

ちなみに分類学上はヒグマの近縁種なので、最近の温暖化の影北極圏まで生息域を拡げつつあるヒグマとの雑種が確認されてたり。あとヒグマと戦った場合、水中・氷上ではホッキョクグマが勝ち、陸上ではヒグマが勝つらしい。
15 ななしのよっしん
2015/01/08(木) 22:58:43 ID: ODsO9ktWXG
ウィードで見たな>ハイブリッドクマ
あのシリーズクマと戦ってこそだと思ってる
VSシリーズも好きだけどね
16 ななしのよっしん
2016/03/02(水) 21:07:30 ID: JfhLGBGMd9
アザラシが一回「アラザシ」になってます。

 体毛が、中心部に洞を持つ構造のため、その毛が壊れて藻が生えちゃってミドリになりかけの可そうなポーツマスでなくてポーラベアが前いた
17 ななしのよっしん
2016/04/03(日) 18:13:07 ID: DRQdyV59eT
愛媛県民にとってホッキョクグマといえばとべ動物園のピース
内初の人工保育の成功例であり、すっかり大きくなった今でもアイドル的存在
18 ななしのよっしん
2016/05/18(水) 17:23:42 ID: p5s6GqPlwH
よく格闘漫画で腕試しの相手として血祭りに上げられる可哀想な動物
19 ななしのよっしん
2016/08/09(火) 19:59:42 ID: oi77hu+hJZ
雑学の本によるとホッキョクグマには2つのグループがあって、
温暖化による環境の変化で片方は増えているらしい。
だとしても片方が減っていると遺伝子の多様性が減っているから問題ありだと思う。
20 ななしのよっしん
2016/10/02(日) 03:44:01 ID: 4xeHqF25eY
>>18
刃牙以外の例ってあるの?
21 ななしのよっしん
2017/04/29(土) 21:28:29 ID: 6Dw/Bfg+k1
動物園で有名なホッキョクグマダイブ豊橋ののんほいパークが発祥
これも豆ね
22 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 21:21:36 ID: mGCYms0Zjm
>>20
シャーマンキングはあれグリズリーだっけ?