ホッコータルマエ単語

ホッコータルマエ
4.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ホッコータルマエとは、2009年産の日本競走馬である。名は冠名+前山。
東京大賞典連覇・川崎記念三連覇など、GI級競争10勝を誇り長らくダート戦線の役の1頭であった。騎手幸英明

な勝ち
2012年:レパードS(GIII)
2013年:かしわ記念(JpnI)帝王賞(JpnI)JBCクラシック(JpnI)東京大賞典(GI)佐賀記念(JpnIII)名古屋大賞典(JpnIII)アンタレスS(GIII)
2014年:川崎記念(JpnI)チャンピオンズカップ(GI)東京大賞典(GI)連覇
2015年:川崎記念(JpnI)連覇帝王賞(JpnI)
2016年:川崎記念(JpnI)3連覇

概要

はすっかり大種牡馬キングカメハメハダムチェロキーCherokee Run。近に活躍はあまりおらず、系はあんまりよくなさそうである。一応UnbridledとかBlushing Groomのような有名な種牡馬血統表には入っているのだが。

そんななのでセリでは1,575万円という安値で購入され、テイエムオーシャンカワカミプリンセスを管理した「世界西浦」こと西浦勝一調教師に預託される。

3歳

1月デビューするが新馬戦は11着と大敗。2戦で初勝利を挙げる。その後しばらくは勝ったり負けたりしながら徐々にをつけ、6月1000万下で古相手に勝つまでに7戦3勝。ジャパンダートダービーに挑戦するが2戦前にも負かされていたハタノヴァクールらに全くついていけず5着。しかし続くGⅢレパードステークス重賞勝利を挙げる。今思えばハタノくらいしかいなかったJDDよりナムラビクターとイジゲン、フリートストリートがいたこちらの方がレベルが高かったのかもしれない…。

この後しばらく休養し、初戦はみやこSで3着。ジャパンカップダートでも9番人気に反発してニホンピロアワーズの3着にる。これならとOP特別のフェアウェルSは圧倒的1番人気に推されるが外からグランドチーにあっさりかわされ2着。は善戦しながら勝てないまま終わる。

4歳

東海Sも1番人気に推されるがグレープブランデーの前に3着。フェブラリーステークスには向かわず地方交流へ歩を進めると佐賀記念名古屋大賞典GⅢを圧倒的な強さで連勝。中央に舞い戻るとアンタレスステークスでは前年JCDを勝ったニホンピロアワーズを直線で競り潰し勝。勢いに乗ってJpnIかしわ記念に挑むと、逃げる古エスポワールシチーをきっちり捉え快勝。4連勝でGⅠ級初制覇を果たす。帝王賞でも不良馬場を先行したニホンピロアワーズワンダーアキュートを外から差し切り、GⅠ級2連勝。一気にダート王の座へ駆け上がっていく。

マイルチャンピオンシップ南部杯から始動。こいつも通り先行策を取るが、今度はエスポワールシチー後藤浩輝逃げに屈し2着。連勝は5で止まる。しかしJBCクラシック@金沢競馬場では自分が逃げの手に出るとすら踏ませず2身差で快勝。ジャパンカップダートゴール前で差し2頭に屈して2年連続3着に敗れるも、東京大賞典ワンダーアキュート以下を寄せ付けず勝利。この年交流GⅠ級4勝を挙げ、NAR特別賞を受賞する。ただし中央GⅠで勝てなかったのでJRA最優秀ダートは受賞できなかった。

5歳

川崎記念から始動する。メンバーが軽くなったこともあり単勝1.1倍の圧倒的人気に支持されると、これに応えるように自分をマークしていたムスカテールを振り切り優勝。堂々フェブラリーステークスに挑むが、2番手から抜け出した最低人気コパノリッキーをかわせず2着に敗れてしまう。それでも営はドバイワールドカップ遠征を決断するが、直線に入る前からすでに手応えが怪しくなり最下位に惨敗。ウイルス性腸炎を発症していたらしく、帰後長期休養に入る。

休み明けぶっつけでJBCクラシック@盛岡競馬場に出走するが、ここはさすがに休養明けでは荷が重かったかコパノリッキーの前に4着。次走はジャパンカップダートから新装開店したチャンピオンズカップ@中京競馬場に出走。2番手から積極的に競馬を進め、直線は内に進路を取ると外から突っ込んできたナムラビクターローマレジェンドを振り切り勝利。念願の中央GⅠ制覇を成し遂げる。この後東京大賞典ではコパノリッキーを全く相手にせず4身差の圧勝。JRA最優秀ダートの座も手にする。

6歳

前年同様川崎記念から始動。今度は単勝元返しの圧倒的人気に推される。直線では捲ってきたカゼノコの追撃を受けて立ち、これを璧に退ける貫録の競馬。GⅠ級8勝を手にする。今度こそと言わんばかりにドバイワールドカップに挑戦すると、逃げて見せ場はつくるが直線さすがに苦しくなり5着。なんでも周囲のスピーカーの音を怖がっていたらしい。

今度は体調も良好なようで、2年ぶりに帝王賞に出走。前に行った中央を見るように4,5番手で構えると3コーナー手前からめに進出を開始、直線ではクリソライトとの競り合いを制し勝利ヴァーミリアンエスポワールシチーが持つGⅠ級最多勝記録に並んだ。

JBCクラシックで史上最多のGⅠ級10勝を狙う。絶好調だけに、この記録更新は確実と思われた。

しかしぶっつけのJBCクラッシク@大井競馬場ではもう1頭のダートコパノリッキー逃げに屈し3着。一叩きされて変わるだろうと見込まれ、連覇を狙って出走したチャンピオンズカップタルマエとコパノリッキー世代交代を狙う3歳の新ノンコノユメを加えた三つというのが戦前の予想だった。単勝オッズは予想通り前述の3頭が3倍台で人気を分け合う形、ホッコータルマエは3.3倍の1番人気だった。レース本番ではいつもどおりの先行策をとる。4コーナー逃げていたコパノリッキーに並びかける接戦に持ち込んだが、直線で2頭って伸びを欠いて5着。コパノリッキーは7着。ノンコノユメはやや不利といわれた1番したか、先行有利な中ダートで内からよく伸びたが勝ちを捉えられず2着。勝ったのは12番人気サンビスタJRAダートGⅠ初のによる勝利であり(このレースについては複勝圏すら初)、単勝6640円の波乱に場内は騒然となった。

連覇、そしてGⅠ級新記録して臨んだ東京大賞典サンビスタ引退、2着のノンコノユメは回避ということで再びコパノリッキーとの二強決戦の様相で、単勝オッズは2倍台で人気を分け合う。

レース本番、逃げコパノリッキーの後ろに付くホッコータルマエ。4コーナーから直線に入るとコパノリッキーを抜き去って突き放す。ついに記録更新か、と思われた・・・がしかし、外から猛然と突っ込んできたに差し切られまさかの2着。GⅠ級勝利記録更新を阻んだのはサウンドトゥルー日本テレビ盃(Jpn)でコパノリッキーを下し、チャンピオンズカップではノンコノユメよりコンマ1速い上がり最速の末脚で3着。出走歴の大半が複勝圏内かつ、メンバー中最速の上がりを持っていて、戦前ではオッズ1倍差の3番人気という不気味な存在だった。

かくして記録更新はおあずけとなったホッコータルマエ。JRA最優秀ダートコパノリッキーにさらわれてしまう。

7歳

明けて2016年営は懲りずに再びドバイワールドカップに挑戦することを表明。一叩きとして、三連覇がかかるJpnI川崎記念に出走。サウンドトゥルー人気を分け合う。いつも通りに先行しじっくりと競馬を進める。3で迫ってきたサウンドトゥルーが潰れた逃げに一煽られた隙を突いて一気に仕掛け、抜群の手応えで直線に突っ込み先手を奪う。しかしその外から、王座を奪取せんとすサウンドトゥルーが猛追。じわりじわりと差を詰められるが、ホッコーは最後まで譲らず、最後はアタマ差まで詰め寄られるが振り切ってゴールを通過。ヴァーミリアンエスポワールシチーえる史上最多のGⅠ級10勝川崎記念3連覇でを添え、ドバイに向けて上々の滑り出しとなった。が、ドバイWCでは全くペースについていけず惨敗。

帝王賞では4番人気と評価を落とし、結果もコパノリッキーに大きく差をつけられた4着。休養明けの南部杯も、で不向きなマイルとはいえコパノリッキーレコード勝ちの後ろで3着。

続いてJBCクラシックでは3番人気に支持されたが、ダートの新アウォーディーの2着に敗れた。

その後はチャンピオンズカップに出場の予定だったが、11月29日調教後に左前肢に跛行が見つかり出走を断念。そのまま引退することになった。2017年から優駿スタリオンステーション種牡馬となる。

2020年には産駒がデビュー。中央や地方ダートで好成績を挙げ地方種牡馬リーディングとなり、2022年にはブリツファング(兵庫チャンピオンシップ)が産駒初のダートグレード競走勝ちとなっている。

血統表

キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファ
1991 黒鹿毛
*ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ダムチェロキー
2001 鹿毛
FNo.9-e
Cherokee Run
1990 黒鹿毛
Runaway Groom Blushing Broom
Yonnie Girl
Cherokee Dame Silver Saber
Dame Francesca
*アンフォイル
1995 鹿毛
Unbridled Fappiano
Gana Facil
Bold Foil Bold Forbes
Perfect Foil

クロス:Mr. Prospector 3×5(15.63%)、Northern Dancer 5×5(6.25%)

主な産駒

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%A8
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホッコータルマエ

52 ななしのよっしん
2021/09/26(日) 10:38:34 ID: 9RNfxc5X0K
>>51
ママママカロニはそのままハイセイコー記念行くのかな
2歳であのポテンシャルだから順調に行けば大井JpnI戦線の役になれそう
53 ななしのよっしん
2021/10/01(金) 14:32:54 ID: IDhgxTu3CG
ママママカロニ、圧勝!
タルマエのファンとしては嬉しいっ。
しかし、くもセリ取引価格の3倍以上稼いでるってのがなんともはや。
JRAに来てくれないかな。あ、欲り過ぎか・・・
54 ななしのよっしん
2021/11/15(月) 01:57:06 ID: TlpPlznhrI
JRA催の地方が混じってないGⅠを勝ったのはチャンピオンズカップの一回だけだから
かつてのヴァーミリアントランセンドよりも弱いだろう
8歳で衰え切ったエスポワールシチーとも直接対決で負けてるから
最盛期のエスポワールシチーとやってたらまずどこでも勝てない
かなりダートレベルが低い時代だから走れただけの
55 ななしのよっしん
2021/11/18(木) 15:39:33 ID: tpFmLhbeix
ママママカロニ噛み合わないなと思ってたら折で悲しい
2歳戦に全みたいなところだから難しかったのかもしれないが
治ったら理せずゆっくり調教していってほしいわ
56 ななしのよっしん
2021/12/05(日) 18:54:05 ID: EEYElNXeZN
上で騎手焼きそば焼いても3着潜り込んだやぞ、弱いわけがない
57 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 20:52:56 ID: SuXjOAkAUB
なぜこんなに弱いことにしたがってる人が多いんだ なんか嫌われることしたのか?もしくは記録を破られたファン
58 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 21:22:18 ID: D1RWZUr+KZ
まぁニコ百なんて逆張りオタク厄介オタクの巣窟だからね
間違いなく名ダートホースの一頭なのにね
59 ななしのよっしん
2022/02/21(月) 12:09:47 ID: D1RWZUr+KZ
ホッコータルマエ産駒 ヘルシェイク
60 ななしのよっしん
2022/05/05(木) 22:48:05 ID: 4hj5A6U0rO
ブリツファングは交流重賞何勝できるかな
61 ななしのよっしん
2022/05/22(日) 02:41:52 ID: ywE5FpYW4w
最近産まれた赤ちゃんヒトにずっと吸い付いてて