ホバークラフト単語

ホバークラフト

ホバークラフトとは、空気圧により面から浮上して高速航行を行う船である。
尚、「ホバークラフト」というのは商標であり、一般呼称では「空気浮揚艇」または「エアクッション艇/エアクッション船」と呼ばれる。(も、実際は(特に日本国内では)"ホバークラフト"の方が一般的ではあるが)

概要

船体下部に空気を送り込み、空気圧により面から浮上して航行する船舶。
船体を浮上させて航行するため、からの抵抗を受けずに高速航行を可とする、(地であれば)そのまま陸に上がれるなどの特徴を持つ。
反面、浮上させるためにエネルギーを余計に使う、騒音が大きいなどのマイナス面も幾つか持っている。

民間用としては幾つか難があるものの、軍用としては「地であればそのまま陸に上がれる」などの点が重要であり、揚陸艇などとして重宝する船でもある(LCACが代表格)。

ちなみに最初にホバークラフトを作ったのはイギリスだ。ああ、いつもの英国面

ホバークラフトの原理

用意するもの

  • CD-R
  • 風船
  • らな場所(机の上でも廊下でもいい)

やること

  1. 風船をおもいっきり膨らませる
  2. 膨らませた風船CD-Rん中のに付ける
  3. 2をらな場所に置く。風船から吹き出す空気CD-Rが少し浮き上がる。
  4. その上で風船付きCD-Rをちょいと押してやると、摩擦抵抗を受けずに等速直線運動で滑っていく

ね、簡単でしょ?

風船から吹き出した空気が」「CD-R(船体)の下に溜まって空気のクッションを形成し」「床面(面)からの抵抗を受けなくなるため」「高速で走行できる」というのがホバークラフトのおおまかな理屈である。

ホバークラフトの特徴

  • 高速航行可
    面/地面から浮き上がって航行するため、摩擦抵抗を受けずに高速航行ができる。
  • 地であれば陸地にも上がれる
    らな場所であればそのまま陸地にもできます。らな場所なら。
  • 荒れ地は勘弁な
    一方で「船体を浮かせて摩擦抵抗と縁の状態にして高速航行を可とする」ということは、逆に言えばゴムタイヤのように「摩擦理やり坂を突破する」ということができないということでもある。つまり、急な坂に弱い。
    また「船体下部に空気を噴射し空気のクッションを形成することで浮上する」ため、荒れたや荒れ地ではまともに空気のクッションを形成できなくなるので浮上ができない。ヘタすれば空気を溜め込むためのスカートゴム風船お化け)を傷つけてしまうかもしれない。
  • 物など視して爆走!爆走!大爆走!
    浮いて走るために面や水中にある障物など視して大爆走できる。魚雷?そんなの浮いてりゃどうってことない。機?なんだそれは。触らなければいいんだYO!
    これは軍用としては見逃せない長所である。
  • 騒音が大きい
  • 浮上させるためにエネルギーを余計に使う
    船体を浮上させるにはそれなりにエネルギーを使うし、さらにその船体を浮上させるだけの動や、いは空気の噴射により結構バカにならない騒音が発生する。
  • 法律により陸両用の特性を発揮しにくい
    日本を含めた多くのでは陸の乗り物水上乗り物では適用される法律からして違うため、陸両用の特性を発揮しにくい。これだから役人は…。

ホバークラフトの応用例

  • 民間
    民間用としては水中船とともに「高速船」として使われる。
    日本国内では大分空港から発着していたが有名である。
    但し普通の船とべて運航コストが高く付いたり、また悪にも(較的)弱いため、内でのホバークラフトによる定期航路は現在では存在しない。
    またホバークラフトの理屈を応用した高速貨物船として「テクノスーパーライナー」も開発されていた。
  • 軍事
    民間向けではいろいろと問題があるホバークラフトであるが、軍事用としては「陸両用」や「爆発物が反応しにくい」などの見逃せない長所があるため、いくつかの応用例がある。
    特に「陸両用」の特性を活かし、からそのまま砂に上がれる揚陸艇としては重宝される。
    考えてみれば、砂なんて「広大地」だしホバークラフトの独壇場じゃないか。
    有名なのはLCACであろう。
  • その他の例
    SF作品で登場するエアカーは、空気浮上タイプのものは基本的にホバークラフトの応用と考えても差し支えないと言われている。
    またフランスで計画された空気浮上式列車アエロトラン」は、原理的には「レール上を走るホバークラフト」とも言えるシステムである。

小ネタ

関連動画

LCAC

関連立体

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホバークラフト

1 ななしのよっしん
2014/08/23(土) 00:45:12 ID: AbFZ2osS61
記事作成乙です
せっかくなので関連項目に架ホバークラフト代表?の「巨大ホバー戦艦アルティメイトストーム」の項も追加してください。
2 ななしのよっしん
2014/08/23(土) 01:10:08 ID: QivToDLXzL
自分が初めてコレを知ったのはディディーコングレーシングだったな。
地上が得意なカートを飛べるプロペラ機と並んで水上レースの際に使うマシンとして用意されてて、カートほど高速ではないけどちゃんと陸上も走れる事もあって「こんなボートがこの世にあったのか」とビックリしたわ(船ではなくボートと思ったのは、ゲームのヤツが明らかに1人用の大きさで本来のヤツが船舶並みとは思わなかったから)。
3 ななしのよっしん
2014/08/23(土) 11:50:02 ID: LlbfGF3YK+
昔、トミカホバークラフトが出ていた。
九州で運航していた紅白ボディのやつ。
4 ななしのよっしん
2014/08/23(土) 20:17:22 ID: 76MmlCR8JL
厳密に言えば違うのかもしれんけど、
ホバークラフトと言えばっ先にドムが思い浮かぶな
5 ななしのよっしん
2015/03/12(木) 18:29:44 ID: MfsaX6Q65o
日本国内の運行例としては、瀬戸大橋開業までの高航路も有名かもね。
とか鉄道とかの方面からも触れる機会があるわけだし。

とは言え自分が知ったのはやっぱり>>2だなあ。現物はとうにジェットフォイルの時代になってたわけで。
ゲームコンセプトもそうだけど、今思い返せば伊達に原産地の英国製じゃないと思うわ。
6 ななしのよっしん
2018/07/26(木) 04:03:56 ID: 1BTUuTtneo
自動車みたいな外観の昔のホバークラフト知らない?80年代より前の物。
道路向けの試作バージョンと軍用バージョンがあるアメリカの物らしいと読んだのだが、名前も思い出せず調べるのに困っている。
eBayで売りに出されてると言う話題を呼んだ気がする。
7 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 06:32:25 ID: fUSesQ1BZg
アブロカーですかね?カナダ
まああれは低飛行するUFOって感じだけれども
8 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 14:31:14 ID: fuO8jbdStF
ホバークラフトが地上を走行するのはゲームだからだと思ってたわ