ホビットの冒険単語

ホビットノボウケン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

 ホビットの冒険とは、J・R・R・トールキン著のファンタジー小説である。

 “In a hole in the ground there lived a hobbit.

概要

原題はThe Hobbitで、1937年にイギリスで出版されたホビット族の主人公ビルボ・バギンズの冒険と活躍を描いた児童文学である。トールキンが試験の採点用にふと思いついて書き付けた “In a hole in the ground there lived in a hobbit.”という一文が始まりとなって執筆が行われた。

本作のヒットを受けて作られた続編が映画ロード・オブ・ザ・リング」で有名になった「指輪物語」であり、こちらは本作以上の成功をおさめトールキン世界観は多くの人々に受け入れられるようになった。

現代に至るまでナルニア国物語などと並んでファンタジー分野における児童文学古典名作として世界中でされている。

あらすじ

  ホビット村の袋小路屋敷に住むビルボ・バギンズ穏だが、ありふれた毎日を送っていた。しかし、ある日魔法使いガンダルフが彼の前に現れたことによって彼の日常は一変する。魔法使いはかつてによって奪われたドワーフの王「エレボール」の富を奪還するというドワーフたちの計画にビルボ推薦したのだ。

最初は旅の途中でも袋小路屋敷のことばかりを考えてばかりいたビルボだったが、数々の冒険やエルフを初めとする他種族との出会いを通して心身ともに成長していく。の中でビルボはつらぬき丸、ミスリルの鎖帷子、そして身につけると姿が見えなくなる「指輪」などを手に入れ、ビルボの存在意義を疑っていたドワーフたちを逆に助けるようになる。

数々の冒険を経てビルボ達はついにエレボールまでたどり着くが、彼らの冒険は最終的には人間エルフを巻き込んだ思いがけない決着を見ることとなる。

映画

ロード・オブ・ザ・リングと同じく、ピータージャクソン監督となって製作された。ホビットの冒険の映画化は「王の帰還開後い段階から計画されていたが、製作会社とジャクソンの訴訟問題を中心に様々な問題が重なって計画はなかなか進まなかった(この頃のジャクソンはかなり痩せてしまっており、関係者を心配させた実際にはこの前にジャクソンが撮影した『キング・コング』開時にはダイエットしてスリムになっていたのだが、『ホビット』撮影前よりどんどん太って、『ホビット3部完成のころにはほぼ『ロード・オブ・ザ・リング』撮影時の体に戻ってしまった)。2011年になってようやく撮影が開始され、計画段階では二部作だったのが三部作にめられた。

第2部の原題を直訳すると「スマウグの荒らし場」であったが、日本での上映に際し監督側と話し合った結果、わかりやすい「に奪われた王」に変更された。

最終作(第3部)は二部作段階から「ゆきてかえりし物語」を題としていたが、三部作化によって主人公ビルボ的地に到着してしまったことから原題をBattle of the Five Armies(五軍の合戦)に変更することになった。また、「ホビット」自体が日本では人口に膾していないためか、邦題は「決戦のゆくえ」とされた。

登場人物

名前 備考 キャスト 吹き替え
ビルボ・バギンズ ホビット族の青年
方から冒険好きなトゥックの血を受け継いだ。
後に「指輪物語」の主人公フロドを養子にしている。
マーティンフリーマン 森川智之
ガンダルフ 魔法使でトーリンビルボ推薦した本人。
映画では他の魔法使いとの接触も描かれる。
吹き替えも有博が死去したため羽佐間道夫が後任。
イアン・マッケラン 羽佐間道夫
トーリン 一行の長で、かつてのエレボールの王スロールの孫。
樫のオーケンシールド」の異名を持つ。
リチャード・アーミティッジ 東地宏樹
バーリ 一行のドワーフの中の年長者
トーリンとは最も長いつきあいで、その補佐役を務める。
ケン・ストット 稲垣隆史
ドワーリン バーリンので、オイングロイン従兄弟 グレアム・マクタビッシュ 玄田哲章
フィーリ キーリので、トーリンの甥。
キーリと彼は一行のドワーフの中で一番年が若い。
ディーン・オゴーマ 落合弘治
キー フィーリので、トーリンの甥。
映画ではを使って活躍する。
エイダンターナー 土田大
イン グロイン映画では補聴器を使っている。 ジョンカレン 小島
グロイン イン。彼の息子が「指輪物語」のギムリ ピーターハンブルトン 稲葉実
ドーリ ノーリとオーリの。この三人もドゥリン
血を引くが、トーリン達からはかなりの遠縁。
マーク・ハドロウ 茶風林
ノー ドーリので、オーリの ジェド・ブロフィー 佐藤せつじ
オーリ ドーリとノーリの アダムブラウン 宮田幸季
ビフール ボフール、ボンブールの従兄弟
この三人はドゥリンの血は引いていない。
ウィリアムキルシャー
ボフール ボンブールので、ビフールの従兄弟 ジェイムズネスビット 平田広明
ボンブール ボフールの。かなりの大食らいで
かつかなりの肥満体だが、動きは敏捷。
スティーブン・ハンター

関連動画

関連商品

岩波版。原作旧版を元としているが、初めての人にはこちらがおすすめ。

こちらが映画開と同時に発売された新版。固有名詞や独特の台詞翻訳に難がある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホビットの冒険

61 ななしのよっしん
2015/01/24(土) 17:10:02 ID: zhiGRNnkxJ
sm25413148
62 ななしのよっしん
2015/02/16(月) 20:02:54 ID: 52uZewsRms
この時代に指輪ぶん投げてれば、あんな大事には……
63 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 22:12:14 ID: eMEQ8tWStX
ぶん投げても壊れたりはしないから少々先延ばしになるだけでしょ
64 ななしのよっしん
2016/01/31(日) 14:17:40 ID: QCooPuSJEn
決戦のゆくえの裏テーマは「親子」だったのかな、と思ってみたり。
バルドとバイン、スランドゥイルレゴラストーリンキーリ(これは実の親子じゃないけど)、そんでアゾグとボルグも。

ビヨルンの扱いとか不満もあったけどここらへんの関係はうまく描けてたなーと思った。
65 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 16:33:41 ID: k3y4gq4QGv
遊び過ぎじゃないですかねぇ……
https://www.youtube.com/watch?v=lcMkf2iq1Acexit
66 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 00:25:47 ID: D3M3QM2ahZ
原作小説版読んでたら、昔のホビット英雄の話で
ゴブリンとの戦いで相手のボスの首を刎ね、その首はすごく飛んで100ヤード先のウサギに落ちた。」
までは普通武勇伝なのだが「これがゴルフというゲームの起である」とあって、民明書房思い出したw
67 ななしのよっしん
2017/09/14(木) 20:52:39 ID: fRpztsiX+J
映画、単純に面シーンが多くて◎
の山とかスマウグの暴れっぷりとか
ゴルフは作り話でしょ」「良いサーガには良い作り話が付き物じゃ」
68 ななしのよっしん
2017/09/23(土) 18:09:04 ID: Yxy0BHrMK/
民明書房というか、イギリス人には場で騒ぐときの持ちネタとして
いろんなものの起とか)についてそれぞれ持論を持っていて
(本気で議論するとかではなく)まともな説とかトンデモ説とかいろいろ互いにするのが楽しみらしい
とか聞いたことがある

なおゴルフの起オランダ説は実際に有らしいが、リンドンロンドン相当だとするとオランダホビット村のあたりらしい
69 ななしのよっしん
2017/11/02(木) 07:51:37 ID: fIpsLMSjhC
指輪物語ってこれの続編だという事を初めて知った。
指輪物語スピンオフだと思ってたから衝撃。
70 ななしのよっしん
2018/03/14(水) 22:10:46 ID: D3M3QM2ahZ
>>68
そうだったのか、イギリスの文化を1つ知ったぜ。

>>69
個人的には前半に出てくるトロル脳筋バカキャラとして描かれていたが『指輪物語』であの3名がトロルとしてはインテリだったと知って複雑な気持ちだった。

急上昇ワード