ホビロン単語

ホビロン

ホビロンとは、以下の事柄をす。
なお、ここでは両方について解説する。 

  1. ホビロン - 卵料理
    大変グロテスクな要素を含むため、耐性のい方は戻るボタン押下を推奨

  2. ホビロン(罵) - 1.に由来する。アニメ花咲くいろは第3話にて、鶴来民子が考案した画期的な罵 

  
            _,,,--''''''''''''''- 、,,_       
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{E}::/   
  /::::::::::::, ---------、______/
   'ー'ミ彡ニッッ,,,,  ,,,,ッッェ、 lミ}
      トy' <ェァ-ア `イ,ェェァ- |`I   
     | |   - ;  ::.ヽ、_  i`l  
    . !_l    /'、_ __)、    lノ  
      _l  /:::  ~  l   /   
        ,  ..-'''/": l  (ー<ニ>、!  /、_______        
   ' ヽ、  /   iヽ   ー   ,イ ヽ  r`--、
        ヽ `ー---- '"ノ    l  | 

グロ中尉[First Lieutenant Gros]
   (1932~ アメリカ)

真実を知る事が出来るのは、知る勇気を持つ者だけだ”

1.の概要

ホビロン(ベトナム語: hột vịt lộn /hotˀ vilonˀ/)とは、見たが非常にアレなことで有名な食べ物である。

東南アジアで一般的に食される卵料理であり、孵化しかけのアヒルを茹でただけのシンプルな食べ物。

ゆでたを割って中のスープをそのままの形で頂く。孵化しかけで身体が全に作られていないため全体的に柔らかく、やくちばしもそのまま食べる事が出来る。中身の成長具合によって種類が分かれており、それぞれでまた違った食感や味が楽しめる。味はもちろんだが栄養価も高く、見たとっつきにくさに反して値段はお手頃である(現地価格で20円程度)。

ちなみにホビロン(ホッヴィッロン)とはベトナム語(北部方言)での呼び名であり、「タネ(ホッ)」「アヒル(ヴィッ)」「混ざった(ロン)」つまり「身やらヒヨコやらが混ざったアヒルのタネ」という意味。テュンヴィッロン(trứng vịt lộn)とも言い、こちらは「身やら(ry)混ざったアヒル(テュン [cɯŋˀ])」。

他の言ではフィリピン語マレー語のバロットバルット(balot/balut 「(に)包まれた()」)、ラオス語カーイルーッ(ໄຂ່ລູກ khāi lūk 「羽根」)、タイ語カーイカーオ(ไข่ข้าว  khāi khāo 「コメ?」)、カンボジア語ポンアコン(ពងទាកូន  bporng tiea goan 「子アヒル」)、中国語マオダン(毛蛋 máodàn)、スータイダン(死胎蛋 ǐtāidàn)、ヤーヅァイダン蛋 yāzaǐdàn)、ワンヂーダン(旺蛋 wàngjīdàn)、フオジューヅ(活珠子 huózhūzi)などなど、言によって名前がコロコロ変わる。

ネットにおいては「検索してはいけない言葉」のひとつとしても有名で、軽い興味心で検索してトラウマを負う人も多いらしい。なので決して気軽に検索してはいけない。

美味しんぼにおいては

グルメ漫画美味しんぼ』(原作:雁屋哲 、原画:アキラ)66巻の第5話「ベトナム」で登場する。この話は団社長の友人のアメリカ人が生卵を貶した事から団社長激怒してしまい、いつも通り山岡いつもの面々が解決していく話である。グロテスクアヒルの子のアタマがデーンとリアルに描かれており、富井に至っては絶叫しまくって地べたを這いずり逃げ出すという有様。興味があれば読んでみるといいだろう。

関連動画

関連項目

2.の概要

松前緒花に向け発せられる。元の口癖の「死ね!」では人に言うにあまりにもひどいと緒から諭され、しく以後自重したかと思いきや繰り出してきた代替策。

気持ち悪く生理的に受け付けない食用のホビロンになぞらえ、嫌悪感を表している。これは言葉での攻撃だが、昂した発展形として胸ぐら掴み物理で殴らんとする『ホビロン(物理)』や、複合として『リア充ホビロン!』(リア充爆発しろ!)が第4話の視聴者コメントにて確認され、第8話では、(叱られることに定評のある)緒の失言に急に黙りこんだ民子に対し「今ってもしかしてホビロン?」と言われる前に先制な『ホビロン(自己申告)』の発動も視聴者コメントによって観測されている。

  ほんとに

  びっくりするほど

  論外! 

関連コミュ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホビロン

192 ななしのよっしん
2016/05/01(日) 22:20:50 ID: S5F2nCY1fj
>>188
「死体」を生理的に嫌悪するのは生き物としての正常な本やぞ。
そして、何をもって「死体っぽさ」を感じるかと言えばそりゃあ見たよ。や捌かれたおグロく感じず、見るからに死体らしい見たをしたホビロングロく感じるのは、自然なことやぞ。なんも悪いことはない。
現地の人らにとっても、「グロいけど美味いもの」扱いやぞ。
193 ななしのよっしん
2016/05/04(水) 22:51:58 ID: 44V5T/SUKb
活け造りには何の抵抗もないけど、これは生理的に理だな
逆に向こうの人は生け造りに抵抗があったりするのかな?
194 ホビロン(σ・∀・)σ
2016/05/06(金) 15:25:30 ID: axG9PF1Kz8
>>191
それは動画だろ。リアルタイムで見たんだよ
20年前ぐらいで間違いないぞ
まあ録画してたには驚きだなw
195 ななしのよっしん
2016/05/23(月) 00:59:37 ID: 7U8CibHz4o
>>194
なんかのテレビ番組でオタクゲストの回でプラモフィギュアを芸人に触られたか倒されたかしてキッと睨み付けて
「ほんとホビロン!」(まじホビロン!かも)と吐き捨てたやつ?
ならやっぱりここ10年以内だと思う
20年て90年代後半でしょ?その間雑誌でもネットでもホビロンという罵倒なんて聞いた事ないし
196 ななしのよっしん
2016/07/16(土) 07:28:56 ID: 4iXoYXmU6I
結局、ホビロン(食べ物)とホビロンアニメ)を分離できなかったのか。
無能>>1は。
197 ホビロン(σ・∀・)σ
2016/08/27(土) 13:27:34 ID: axG9PF1Kz8
>>195
いやそれ10年以内じゃないだろ
198 ななしのよっしん
2016/10/04(火) 20:21:21 ID: WETFlRRwM3
検索すればすぐ出てくる
2011年の番組
199 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 14:11:03 ID: x7W8WYD5Qs
スタードラフト会議やな。お笑いくりぃむしちゅー会やってたやつ。放送回は2012年で、オタクダンサー集団R.A.B涼宮あつきが登場した回。持参したけいおん!フィギュア劇団ひとりに咥えられてキレた時に放ったのが「本当、ホビロン」だったはず。涼宮あつき科記事にもある
200 ななしのよっしん
2018/07/13(金) 17:31:45 ID: UlnsM8NuT2
人の記憶は如何にあやふやというものかが分かって面いやりとりだね
結局結論としては時系列的に2011年オンエアで初使用された
花咲くいろはの方が2.の用法の初出ということだよね
201 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 21:24:12 ID: tkIWDZerp8
>>188
日本でも江戸時代初期まではを食べてたよ。生類憐れみまでは
むしろ、日本を食べなくなったのがここ最近(数年前)
675年の食禁止は除外)にもの名が上がってるし、
教師ルイス・フロイスの記した日欧文化較でも日本人の好物として上げられている