ホモソーシャル単語

ホモソーシャル
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ホモソーシャルhomosocial)とは同性間(特に男性同士)の連帯あるいは対立といった(基本的には非性的な)諸関係・関連性を意味する学術用

いい加減な大雑把な概要

ようは「男には男の世界がある」「男同士の話に口を挟むな」「男の友情」とかいう代物をやたら小難しく分析した学術用である。

 下記みたいな男子校とか運動部のノリである。

「一人は皆のために、皆は一人のために」

俺達の熱き友情!」

「男と男の間に口はさむんじゃねえ」

お前オカマだろ?近づくんじゃねえよ、死ねよ」

真面目な概要

社会学(特にジェンダー学)において、同性間(特に男性同士)の関係性を表す用である。それは同性としての連帯感であったり、親の情であったり、あるいは対立感情であることもある。基本的には性関係(=同性愛)を含まない関係性として定義づけされる。よりわかりやすく「非性的な関係性」と狭く解釈することもある。[1]

より噛み砕くと「男同士の関わりあいを学術的に解剖すると、その中身はどうなっているか?」という代物であり、この「男と男の繋がり」を定義するためにイヴ・セジウィックという学者が使いだして定着した用である。
さらにこの関係性の発露をして「ホモソーシャルの(男同士の)」あるいはそれを望む心理として「ホモソーシャルへの欲望」という形で使われる事が多い。 

軍隊や男子校、団体競技といったいわゆる体育会系の場面での発露がよく摘されるが、いわゆるオタクコミュニティのような場における女性観にこれを見出す向きもある。 

ホモという言葉が入っているため一見同性愛ホモセクシャル)の用に見えるが、実際には後述するように「同性愛者の存在自体を否定(というよりも後述するようにこのにおいて同性愛存在してはならない)」という極めて強いホモフォビア(同性愛嫌悪)を内包している。つまり同性愛とは180度反対の理論である。

また、「女はひっこんでいろ」という一言で説明できるミソジニー女性蔑視)も多分に含んでいることが摘され、その先にあるのは「異性を絶対的な前提とする男尊女卑長制」であるとされる。

 女と女の繋がり(女性のホモソーシャル)についても似たような関係性発露があると摘する学者もいるものの、基本的には男と男の繋がりに限定された話として論じられることが多い。

セジウィックが摘したこの関係性は「男と男の友情」のみならず「男と男の争い」でも発露している点に注意が必要。

以下、いくつか例を挙げて説明していく。

 一人の女を二人の男が愛した三角関係

この用一般化させるに至ったイヴ・セジウィックが最初に摘したもの。

このような状況に陥った時、その二人の男は女との関わりよりもむしろ敵の男との関係性に没頭する。つまり女そっちのけで相手の男との関係(ホモソーシャル)ばかりを気にかける、とセジウィックは摘した。 

この手の描写は古典現代問わず数多の作品に頻出する。
男A「こうなりゃで決着をつけよう!」
女「やめて、私のために争わないで!」
男B「女はひっこんでいろ。これは男と男の問題だ」

小説でも漫画でもアニメでも、おそらく一度はこの手の場面をにしたことがあるだろう。セジウィックの摘は、このやりとりを学術的に解剖したものであると言える。 

重要なのはここでは女の意思は一切考慮されていない。つまり女が男Aと男Bどちらを愛しているかは、AとBの間においてはこの際関係いのである(ぶっちゃけ女がどっちも嫌いであったとしても関係がい)。そしてこの意識には「女の意思なんか知ったこっちゃない(言いかえれば女は戦利品でしかない)」というある種のミソジニー女性蔑視)が前提として存在していることが摘される。そのような状況において女性は「男と男を関係させる(ホモソーシャルの発露)」ための接着剤でしかない。
おまけにもし女性が相手の敵を好いていると気づいた場合、その女性を振り向かせる(自分を好いてくれるようにアピールする)のではなく、敵を排除するという方に向かう。これもよく見られるである。

古典文学でもこの手の三角関係はよく描写される。

古典としてはシェイクスピアの『夏の夜の夢』がある。
劇中ではハーミアという一人の女性をライサンダーとディミートリアス二人の男が取りあうが、(明確にライサンダーへのを表明している)ハーミアの意思を知りながらディミートリアスはライサンダーを殺しにへ入る。そして妖精たちの介入で今度はヘレナという女性するようになった二人は、やはりヘレナの意思そっちのけで決闘しだすのである。

シェイクスピアの作品にはこの手のホモソーシャル的を描いた物が割とある(たとえば『ヴェローナの二紳士』。『オセロー』のオセローとイアーゴーにもこの手の関係性を摘するがある)。

また近代文学では、読書感想文で買わされる定番夏目漱石の『こころ』でもホモソーシャルの発露が見いだせる。
この作品において描写されるのはお嬢さんという共通の女性に惚れた先生とKという男性二人の強い関連性であり、その両者の言動においてはお嬢さんが先生とKどちらを好いているかは全に二の次である。

ホモソーシャル的な絆は疑似的な同性愛か?

上記では男2に女1という三角関係において、男性同士が女そっちのけで男同士の関係性を重視しだすということを見てきた。

一方で、いわゆる「男の友情」といった場面を見た場合、それは時には抱きついたりじゃれあったりといったスキンシップとして外に発現することがままある。それは全く関係のい第三者からは「男同士がイチャついている」というに見え、それは一周回って同性愛者がパートナーと行うそれと似通ったものが多い。

ならばここである疑問が沸く。
ホモソーシャルに基づくは「性的関係」がいだけで実際には「疑似的な同性愛」なのではないか?という疑問である。その論理構造を明らかにしたのが、一般社会より強いホモソーシャルのを発現させるスポーツ界に対する研究である。

結論からいえばこれは、「俺達全員同性愛者じゃないからじゃれあっても」という極めてホモフォビック論理構造を持つ。以下、ホモソーシャルのの中でも「キス」という行為にまで発展する、ヨーロッパサッカーを例に挙げて説明する。

サッカーの劇的場面における選手同士のキス

ホモソーシャルのは、軍隊や男子校、団体競技といったいわゆる男臭い場で頻出し、また強く発現することが摘される。

その中でもヨーロッパサッカーは、キスといった極めて性的な行為までスキンシップとして行うことから、研究対として分析されている。
サッカーではしいプレイの後やゴールを決めた選手がチームメイトに抱きついてキスをする場面が時折見られる(実際にどのようなかは関連動画参照)。しかし彼らは別に同性愛者ではない(とする。本当かどうかは知らない)し、キスをした相手を性的対として愛しているわけでも当然い。

この事もホモソーシャルので説明される。つまりサッカーゴールを決めるといったような男同士の究極的友情が発現し結実する場面においては、キスハグといった本来性的なアピールでさえ熱い友情として許容される、という具合である。

かしここで問題になるのが同性愛の存在である。もしキスをした当事者が同性愛者だった場合、これは友情とは明確に異なる性的関係を示すことになる。しかしそれは「男の友情」というホモソーシャルのにおいては許容され得ない。よってこの手の行為の前提には「男は全て異性者である(同性愛者などというものはそもそも自分たちの世界に存在してはならない)」という暗黙の、そして一般社会よりはるかに強いホモフォビアが内包されている。
この辺りはスポーツに限った事ではなく、このことは次項で説明されるような「オカマの排除」へ繋がっている(後述)。

日本ではこの手の場面をもって「ホモだ」などと化すようなコメントが見られるが、実際には「俺ら全員が男の異性者」という暗黙の、そして絶対的な前提が根底にある。つまり同性愛とは対極の行為なのである。むしろこの意識が(競技として女性が排除され、ホモフォビックな言動として同性愛が排除されるという具合に)遂されているからこそ、キスといった一見男らしくない行為にまで先鋭化できるのである(このあたりは日本では岡田摘し論文化している)。

女性や女性性・同性愛者の排除

前述したようにホモソーシャルのには「俺達全員男で異性者」であるという暗黙の大前提が存在する。その結果として出てくるのが女性の排除、そして「男らしくない存在(これには同性愛も含む)」の排除である。

的なケースとしては学校男子校男子コミュニティ)でお菓子作りが好きな男子や容姿が中性的(=女っぽい)な男子オカマレッテル張りされてからかわれたり、いじめられたりといった具合である。

これらは男性同士の関連性において「男で異性者以外の何か」を示唆する存在であり、そのため明確な拒絶を見せることが摘される。なお、ホモソーシャルのが顕著に表れる世界では、これらへの排除・攻撃のために性的行為が持ち込まれるケースがままある。噛み砕いていえばこいつは男ではないから性的に犯してもというロジックが働いている(「お前オカマだろ。しゃぶれよ」というような具合)。

一方女性同士の関連性では一般的に短ジーンズ履き(つまり女らしくない言動)だからといってそれが直接的には蔑視の対にはならないあたりが注される。

重要なのはその排除される対が、実際にジェンダーが男性ではない(トランスジェンダー)とか、同性愛者(ゲイ)であるとかは全く関係がい(男らしくない、という事自体が問題なのである)。逆に同性愛者であったとしても、それを隠して「異性者のフリ」をすることで、極めてホモフォビックなホモソーシャルのへ参画しているケースもある(後述のロビー・ロジャースのようなケースが典だが、男子校でも普通に見られる。ただし当事者にとっては極めてストレスフルな行為であり、メンタルヘルスに悪を与える事が摘されている)。
こういったホモソーシャルな場では、同性愛者・いは女っぽい男という誤解を避けるために「より男らしく」をめることになる(そしてそれは女性への侮辱や、同性愛者への差別的発言として現れていることがたびたび摘される)。

プロスポーツとホモソーシャル

思い切りホモソーシャルが発現する団体競技のプロ選手においては、同性愛者であるとカムアウトすることさえかなり稀で、中にはその手の行為が問題になったケースもある。以下は一例。

崩れゆくホモソーシャルの世界

もっとも上記の状況はここ十年足らずで劇的に変化してきている。
「男らしさ」「女らしさ」の伝統的価値観が崩れ、「男は外・女は事」「女は男の三歩後ろ」といった従来の性別役割分担がもはや社会からも望まれなくなりつつあり、それどころか趣味も見たも多様化した結果「男らしさ」の定義すらも曖昧になり、男女界が急速に崩れゆく中で、上記に説明したようないわゆる「女はすっこんでろ」といったノリも徐々に古臭い雰囲気を帯びはじめている(もちろん今でも存在はするが)。

同性愛についても同様である。各で同性結婚も含めた社会制度の整備が進んだ結果、「周囲に存在しない幻想世界」から「リアル隣人」に急速に可視化され、結果「全員異性者」であるという暗黙の前提を持つホモソーシャルのは、もはや存在自体を許容されなくなりつつある。
直近では2017年9月アメリカ軍空軍士官学校長Jay Silveriaが、校内に書かれた人種差別メッセージ批判するスピーチの中で性の多様性を訴えて、話題となった。
スポーツ世界では上記したように現役選手のカムアウトは極めて稀ではあるが、同性愛を理由に差別待遇をしたら即座に問題となるくらいにはなっている。

イヴ・セジウィックが1980年にこの用を提唱して40年足らずだが、その間にホモソーシャルのあり様も急速に変質してきていると言える。
今後別の形で再形成されるのか、それともそれ自体が崩壊するのかは注に値する。

関連動画

サッカーにおけるホモソーシャルの発現例。左:しく交錯した相手選手と。右:動画前半部分。

関連商品

関連コミュニティ

ホモソーシャルに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *厳密には性的行為がこのホモソーシャルの世界観に持ち込まれる事があり、性的行為と縁の関係性ではい。体育会系部活での性的いじめはその典例である。これは相手の男性性への攻撃という意味合いを多分に含んでいる。この手の性的暴行と同性愛はある程度切り離して考えなければならない。

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%A2%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホモソーシャル

36 ななしのよっしん
2020/07/16(木) 06:47:15 ID: dYpBoYc7+a
ホモソーシャルって同性同士の繋がりだろ
まあ、元が女の取り合いでので
ミソジニーホモファビアは前提ではなく、しばしば見られるってだけで別にそれを摘した文言ではないよ
ホモソーシャル理ならそれこそ同性の友人がいないってなんじゃ
37 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 00:20:56 ID: YFcIVpZ5EC
腐女子って女性ホモソーシャルじゃないの
38 ななしのよっしん
2020/07/30(木) 18:42:47 ID: N8aI/gpFJn
ホモソーシャルという言葉事態が「男性」を前提としてる
元の文学研究者の意図はともかく、フェミる「ミソジニーホモファビア前提」のホモソーシャルこそ表に出てくる単

そも男は同性同士の繋がりを態々ホモソーシャルなんて言わない ミソジニーも含めて高圧的・理不尽な事を要してくる昭和マジリティを「体育会系」と呼ぶ

あと多分フェミの言う「ホモソーシャル」にホモファビアは含まれていない 自分達に関わりいからどうでもいい
39 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 18:44:51 ID: WBxhrwj1Vh
ホモ(ホモセックス)はヘテロの対義だから!男性異性者じゃないよ!というよくみる注意がある一方で「"ホモ"ソーシャル」は「男同士の関係」のみをすよ、ってのが誤解を生む構造なんだよね

普段「ホモ=ゲイじゃない!」って言ってるくせに「"ホモ"ソーシャル」の話だけは男だけ対なのかよっていう


まぁもしホモソーシャルと対になる「ミサンドリー(男性蔑視)とヘテロフォビア(異性嫌悪)から由来する女社会」について論じたいならかが用定義するしかないんじゃない?
需要があるのかは知らんけど

体感的には腐女子フェミニストに確かに存在はすると思う

40 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 20:58:02 ID: 45VUcivOjT
腐女子コミュニティよく見る学級会ってホモソーシャルそのものだよね
41 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 21:51:02 ID: lda5c5dERa
女の◯◯もホモソーシャルだ!って書き込みがちらほらあるが
女の集団とホモソーシャルの圧倒的な違いにホモフォビアの有がある
女のレズに対する恐怖や嫌悪は男がホモに大して感じるそれに大して圧倒的に薄い
オカマ野郎」「ケツを掘ってやる」というホモ関連の罵り文句は世界にあるが
レズ女」「合せしてやる」という罵り文句はいと言われたら分かりやすいと思う
42 ななしのよっしん
2020/10/08(木) 20:25:50 ID: XXD71XjgbY
ぐるナイの女性メンバー要らねって思うのもホモソーシャル的な感性ですかね
女に奢らせたところで、いたたまらなくだけで何の面みもいだろと思う
あぐるナイ自体そこまで好きじゃないけど
43 ななしのよっしん
2020/10/14(水) 01:03:51 ID: y9DN+NUsp+
個人的な話だけどリア充爆発しろとか※ただしイケメンに限るとか
ホモソでもいいけど不快だなって思う

こういうとネタだから良いじゃんっていう人がいるけど
女性は統計的には性格をみてるらしいよっていうと
そうだね!
※ただしイケメンに限る

とか絶対受けれないという姿勢を感じてしかもそういうやつがいっぱいいて不快すぎた
44 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 13:11:49 ID: fULObyDu4S
>>41
フェミの人って条件で女がゲイ差別してないと思ってる人多いけどホモからすると言い寄って来たり媚び売って来たりするオンナを適当にあしらったら逆恨みされて嫌がらせやホモバラされたりなんてことよくあるからね
まああんま男と接点ないフェミからしたらそういう女は男社会洗脳されてるって言うだろうけど、女の大半がその種の人間だし、十分ホモソーシャル体的に参加してて旨い汁も吸ってるし
そこら辺視して被害アピール&ゲイの味方アピールなんてみっともない
女性なんていう駄に大きいものじゃなくて喪女なら多少は理屈も通るけどね可哀想だし
45 ななしのよっしん
2020/10/20(火) 20:24:48 ID: CINflARBBB
ミサンドリー玩具にしか見えないな。
同性同士の会話で異性に文句を言う・化すなんてのは
男女関係なく普遍的に存在してるし、その中で男だけ狙い撃ちするのは卑怯

何かにつけてこれはホモソっぽいから悪、ホモソは人を傷つけるから差別やめろだの
いちゃもんつけてるが、そうやって自分から首突っ込んで叩き散らす側も十分人を傷つけて
あろうことか加者ですらない人間にまで生きづらさを押し付けてるんだよ。

そもそも今どきインセルに類するような露女性嫌悪や同性愛差別なんて
男同士の会話でも出てきたら引かれるっての。
淫夢ネタノリまで行くとちょっとどうかと思うが、少年誌や男性向けコンテンツにまでホモホモソ言って非難するなら
少女漫画男性BLを娯楽として消費するのも同様に傷つくからくしてくれや。

急上昇ワード改

おすすめトレンド