ボツワナ単語

ボツワナ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ
基礎データ
正式名称 ボツワナ共和国
Republic of Botswana
Lefatshe la Botswana
国旗
国歌
等の大地
Fatshe leno la rona)
公用語 英語、ツワナ
首都 ボローネ(Gaborone)
面積 600,370k世界第44位)
人口 203万人(世界144位)
通貨 プラ (BWP)

ボツワナとはアフリカに存在する国家である。

概要

アフリカ南部にあるであり、人口の多くをツワナ人が占める。 中央部は所々に木があるサバンナであるが、西部南部砂漠、北部は沼地となっている。そのためか人口密度は3人/世界有数の低さである。(例えば日本の人口密度は336人/

アフリカでは数少ない民主主義国家であり、ボツワナ民主党独立以来政権の座を独占しているものの実態のある野党が存在している。

アフリカ有数の所得の高さを持つ。

AIDS感染者の割合が高く、かつて高かった寿命を下げる原因ともなっている。

ザンビアとの100m余りしか存在しない。

歴史

ツワナ人は17世紀ごろからボツワナに定住した。

19世紀にはいると、黒人系のズールーオランダ系のボーア人の侵攻などにより、現在南アフリカ共和国近辺に住んでいたツワナ人がボツアナ方面へ逃亡。

ドイツ帝国ナミビアにより、1885年イギリスはケープ植民地の防とするためボツワナをベチュアナランドとして保護領にした。

しかし、労働としてのツワナ人以上の魅をベチュアナランドに感じなかったイギリスは、実質的に現地の族等に統治を任せ、政庁も南アフリカ内のマフィケング(当時はマフェキング)に置いていた。

1966年独立

独立後、運良くダイアモンド鉱山が発見され、初代大統領のセレツェ・カーマの施政の成功もあり現在に至っている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%8A
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボツワナ

29 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 21:27:42 ID: LIh2lHXV6s
ブツワナと言えばボツワナゲートは石好きの間では有名かな
ダイヤモンドべたら価値は全然低いけど
優しい色合いで、見ていて飽きない石だよ
30 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 21:29:19 ID: LIh2lHXV6s
↑ブツワナってなんだボツワナです。ごめんね。
31 ななしのよっしん
2020/09/14(月) 00:57:33 ID: 3sxFgTg0Z7

ボツワナ国旗
タイトル:ボツワナ国旗
Twitterで紹介する

32 ななしのよっしん
2020/09/25(金) 02:55:17 ID: sb8CZUV8sR
ダイヤの枯渇とかは怖いけど基盤はしっかりしてるし他のアフリカほどひどくはならないとも思う
まあ>>4摘してるように結局先のことはわからないってのが実際だけど
というかこのほど先のことはわからないということを実感してるもないだろうね(ダイヤモンド発見、エイズ危機回避)
33 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 03:21:12 ID: NfxvnCNn1V
>>32
だからこその黒字財政だったのかもな
34 ななしのよっしん
2020/12/16(水) 16:46:04 ID: X7mBJALnUS
日本の立場で言うのもなんだがゾウ狩猟がんばってほしい
自然保護」なんていう今までさんざん工業化してきた先進国の勝手な価値観のために
罪のないアフリカの人々が正当防衛すら禁じられたまま猛に殺されるなんてバカバカしすぎる
35 ななしのよっしん
2021/02/10(水) 03:55:15 ID: RFBiWgm2j2
自然保護は余裕があるからこそできるものだよね
かしこんな土地にありながら運や人に恵まれて、ほんとすごい国家だとめて思う
36 ななしのよっしん
2021/12/09(木) 22:08:13 ID: XixXTKEf5P
まあやる夫ボツワナで書かれてるほどアフリカで突出したでもねーわな
エイズ問題も結局どうにもなってないし
37 ななしのよっしん
2022/02/10(木) 19:39:02 ID: FXAIs7Kl2j
その辺はどれだけとして優秀でも所詮は小国だしなあ…
38 ななしのよっしん
2022/03/03(木) 07:49:23 ID: ugtGE68Ggg
多くの人が必死になって取り組み、ダイヤモンド産出のような強みを生かして、それでやっと地味生きること
アフリカの一国家という位置づけである以上、それが関の山ではある。
大成功の物語は、の成長にはそれほど転がってはいないものだし、
一見して大成長しているも、それは、十分な(しかし、やたら多すぎても難しくなるが)人口や運に恵まれでの、民間における数の成功と失敗の物語によって奏でられたものだからねえ