ボルシチ単語

ボルシチ

ボルシチ(борщ)とは、ウクライナの伝統的な料理である。

東欧で広く普及しており、中国翅湯タイトムヤムクンフランスブイヤベースと共に、五人揃って四天王世界三大スープの一つにも数えられる。

概要

ボルシチと言えば「ロシア料理スープ」と、条件反射的にそう思うかもしれない。
しかし厳密にはボルシチはロシア料理ではなくウクライナ料理である。そもそも「ボルシチ」自体がウクライナ語である。
だがウクライナソビエト連邦の一つでもあったので、総じてロシア料理であると日本では認識されていった。この辺り、日本における焼き餃子(旧満州で食されていたのが戦後日本に持ち込まれた)と似ている。

調理方法については様々な方法があり、レシピ地方によって多岐にわたる。
共通するのは

以上の2点。

テーブルビート由来の鮮やかな紫色が特徴で、人によっては々しいという印を持つ事がある。サワークリームを多めに入れると手なピンク色になるので猶更である。
色素を分解する酵素を持っていないと、翌日トイレで悲鳴を上げる人もいるとか何とか……

こういった背景もあってか、テーブルビートになじみの薄いアジア圏では、代用にトマトを使った「ボルシチ」が往々にして供される。日本で最初にボルシチが紹介されたのは東京新宿中村屋1927年に販売したのが始まりとされているが、こちらもトマトを使用したレシピだった。

通常は温かい状態で頂くが、には冷製にして供される事も多く、クワス(微炭酸アルコール飲料)と並ぶ風物詩としてされている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボルシチ

1 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 18:10:38 ID: XQUVCqRGiv
サトウダイコンもわからないけど

急上昇ワード

2019/08/22(木)03時更新