ボレーシュート単語

ボレーシュート

ボレーシュートとは、サッカーにおけるシュートの種類の1つである。

概要

ボレーとはスポーツにおいて地面から浮いたボールく動作をし、ボレーシュートとは浮いた状態のボールを足でシュートすることをす。較的手なプレーである。

同じように手なダイレクトシュートと意味が混同されやすいが、別にダイレクトでなくても浮いたボールシュートすれば「ボレーシュート」であり、浮いていなくても転がってきたボールを直接シュートすれば「ダイレクトシュート」となる。浮いた状態で向かってきたボールを直接シュートすれば「ダイレクトボレーシュート」となる。やっぱり紛らわしい。
ドリブルからそのままシュートに移行するとき、蹴る寸前にボールが跳ねてしまって思いがけずボレーシュートになることもある。その場合、ボールは高い確率宇宙の方へと飛んでいく。

ドライブシュートへの活用

ボールを下から上へとこするように蹴ることで、回転をかけてシュートの軌を縦方向に大きく曲げることができる。これをドライブシュート呼ぶが、浮いていないボールでやるのはかなり難しい。なのでドライブシュートを狙うときは、わざとボールを浮かせてボレーにすることで回転がかけやすくなる。
           ↓4分10あたり                     ↓5分0あたり

 

ハーフボレーシュート

浮いたボールが地面にぶつかって弾んだ直後を狙って蹴るシュートボール重力と逆向きのがかかっているので、そこを斜め上からくと作用・反作用の法則によりシュートの威が増す。

ジャンピングボレーシュート

浮いたボールジャンプしながら蹴るシュートボールの位置によっては、ジャンプしないと蹴れない/蹴りにくい場合があるため必要になる。当然ふつうに蹴るよりもシュート難易度は上がるが、これができると蹴るポイント選択肢が広がる。後述するが、に飛んでくるボールを直接蹴るときに、体全体と蹴り足の度をえるためにジャンプすることもある。ベルバトフのシュートがその例である。
            ↓20あたり                      ↓1分30あたりから

ダイレクトボレーシュート

決まると格好良いけど難しいシュート。特に威をあげようとすると難易度がとても高いので、かが中距離以上から決めてるのを見かけたら褒めてあげてください。

インフロント(足の甲)で蹴る場合
シュートの前に、身体を少し横に倒した方が蹴り足をボールの高さに対応させやすい。ボールがゆるやかな放物線を描いて飛んでくる場合には、ボールの高さに関わらず身体をなるべく倒した方が姿勢に理がなくなるのでミートしやすい。軸足と上半身が直立のまま蹴り足だけ振り上げた場合、キックに動かしにくく線もぶれるため失敗しやすい。

インサイド(足の内側)で蹴る場合
身体を横に倒すとフォームが乱れて失敗しやすい。

オーバーヘッドシュート

決まると最高に恰好いいけど危険なシュート理に行うと怪をしやすいので要注意。相手ゴールを背にした状態から、バク転の要領で体を回転させながら浮いたボールを後ろに向かってシュートする。
          ↓4分10あたりから                    ↓3分50あたりから

おまけ

ジャンピングダイレクトオーバーヘッドシュートドライブ回転がかかっていれば(記事的に)璧だった

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボレーシュート

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ボレーシュートについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!