ボンドルド単語

ボンドルド
2.2千文字の記事
  • 65
  • 0pt
掲示板へ

私はボンドルド
奈落の探窟
『黎明卿』───と人は呼びます

ボンドルドとは、『メイドインアビス』の登場人物である。

黎明卿」、「新しきボンドルド」とも呼ばれる。CV.森川智之

概要

の一人。は最高位の探窟に与えられる称号であるものの、その実、監視基地(シーカーキャンプ)に引きこもって年端もない子を裸りしたり、子供を置いて探掘に勤しんだり、勝手に深層6層に突入(ラストダイブ)したりと、良くも悪くも自分勝手な者が多い描写をされている。
その中で彼はアビス深層へ向かうルートの新規開拓、人間として事に地上に戻れる限界である深層5層での活動拠点・前線基地(イドフロント)の整備、地上の生態系への悪事前に排除、アビスの一つである上昇負荷への対抗策の研究など多数の功績を残しており、人類への貢献度合いは計り知れない。

しかし実行するための手段は選ばず、必要であればを焼き払い、を流すことも厭わない。また、自分自身や配下、身寄りのない子供たち、果ては自分のを被験体として非人体実験の数々を行っている。
他者からの評価も「筋入りのろくでなし」「ゲス外道」「得体の知れない何かが仮面被ってヒト真似をしている」と言わしめるほどである。


上記だけ読むとマッドサイエンティストの極みなのだが、ボンドルドの行動アビス探索と人類の発展のためであり、邪心や出世欲、銭欲がない。祈手(アンブラハンズ)と呼ばれる配下を多数引き連れており、彼らとは非常に強いともいえるもので結ばれている。また、プルシュカを男手で育てながら、愛することを止まず、孤児が多い本作中では数少ない相思相愛を体現した代表例でもある。さらには、海外から多くの孤児を引き取り養っており、たとえ姿が移り変わろうとも、子供達の名前・性格・個性などを総ては暗記するなど慈善としての一面も備えている。

身寄りのないナナチアビスに迎え入れたのも彼であり、ナナチは、彼の元で培った医療技術を活かし、深層4層でタマちゃんを浴びたリコを救っており、間接的ではあるもの主人公の恩人ともいえる。ナナチ友人とともに彼の元を後にするが、その後もナナチ等の事を気にしており、その動静をながら見守っている。

他者への物は柔らかく、口数は少ないものの常に丁寧で礼儀やおもてなしを欠かさない。また、常に仮面や装備で覆われており、作中でも表情を伺うことは皆無であるものの、この物語意をつく箴言(「君(ナナチ)はかわいいですね」「ですよ ナナチ」など)と、人を越するほど一貫した信念が、巷の人気を後押ししている。

作中、主人公等とは見解の相違により相対することとなるが、上述の通り主人公等が持つ憎悪の念や一方的正義心のようなものはなく、人類への貢献に繋がるであろう自らの研究のため、ナナチレグも自らの仲間に取り込みたい思いであることが示唆されている。その点で言えば、主人公等は前線基地(イドフロント)の施設半壊、電気窃盗、配下の殺など、現実世界において犯罪と呼べる行為の限りを尽くしていることも、ボンドルドの言動とは対照的である。

他のと同様に多数の遺物で武装しており、戦闘時は高い身体でそれらを使いこなす。
また「ある手段」によってアビス呪いへの対策も用意しており、深層の上昇負荷も抑制しながら行動できる。
なお、仮面からビームは出ない出ました。

装備

呪い針(シェイカー)
手甲から射出される針。打ち込んだ相手に強制的に上昇負荷を生じさせる対人用武装。
明星へ登る(ギャンウェイ
仮面から出るほうのビーム。たとえ射線が通っていなくとも、強く意識した対に命中する。逆に、意識していない対にはダメージを与えられない。ナナチく「当たっても気だった」。
に触れる(ファーカレス
アビスの原生生物に由来するい触腕。ロープや網のように使用できるが扱いが難しい。ちなみに上記3種は競売にかけられた遺物をボンドルドが改造したものである。
に至る天蓋
ボンドルド及び「祈手」のパワードスーツ。各々の役割に応じたカスタマイズが施されている。
枢機へ還すスパラグモス
両肘から出るほうのビームレグの火葬と同質の武装で、触れたものを時に分解消滅させる。ちなみに命名はボンドルド。ナナチく「ノリリコと同じ」。
カートリッジ
呪いから身を守る手段となる画期的な装備。背部に装着して使用し、とある方法によって上昇負荷をカートリッジに肩代わりさせ、自身に掛かる分を効化・または大幅に軽減することが可。ただし、耐久性には限界があり、使用後は排出・棄される使い捨て式。ボンドルドがボンドルドたる所以の最たるモノの一つなのだが、その実態は自身ので確かめていただきたい。
尻尾
尻尾のように見えるものも遺物装備であり、祝福ではない。効果は不明
触手のような眼球
これもまた遺物である。効果は不明。

余談

名前が覚えづらいためか、「ボンボルド」「ボルボンド」「ボンバルディア卿」「ボンボヤージュ卿」「ボンカレー卿」「ボ卿」などと呼ばれイジられている。まるでハイラガードのフロなんとかさんのように。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 65
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ボンドルド

1197 ななしのよっしん
2022/08/07(日) 10:37:33 ID: g0uTArEg1h
>>1195
次に繋がらないような破壊は好まなそうではある
リコ隊にボロクソやられたのも成果は色々あったし
1198 ななしのよっしん
2022/08/08(月) 15:57:00 ID: NtO9sNX2wB
ボ卿以上にやべーやつがいるとすれば
アビスそのものを産み出した何者かだろうな
1199 ななしのよっしん
2022/08/09(火) 03:22:24 ID: hODaFcML4I
ボンドルドがミーティ見せに来たのはなれ果てはなれ果てが一番知ってると思ったからじゃない?
1200 ななしのよっしん
2022/08/09(火) 16:28:38 ID: 6ZXagwty/T
最近読み返したり映画見たりで思ったのは、ボ卿のあの遺物で子に乗り移るの、"一番最初の本人"が登場してないから「自分をボ卿本人と思い込んだ他人」である可性が否定しきれないんだな。も同じ理由で使えなかったりして。

果たして"本物"も同じような下種外道だったのか…
1201 ななしのよっしん
2022/08/09(火) 18:01:25 ID: 2S7SwogVS0
うーん、今前線基地にいるのがボンドルドでないかだったとして、そいつは黎明卿に成り果てて久しいだろうからな……
仮面も相まって、大元の個体識別に意味合いは薄く思える。「本物」がどうであれ、今のあれらこそが様々な功績をあげた黎明卿ボンドルドだと言うしかないんじゃないか?
1202 ななしのよっしん
2022/08/09(火) 18:17:15 ID: 9dbdMVUDXD
許しがたい悪とかではないけど、ナナチが実際にボンドルドと刺し違えようもんなら色そのまま割とガチで叱ってきそうではある。
1203 >>1200
2022/08/10(水) 00:52:38 ID: 6ZXagwty/T
>>1201
なるほど確かに。すでに"ボンドルド"という社会的個人が確立されている以上最初の個人はどうでもいいか。現在いるボンドルドスワンプマンみたいなもんだな。

でもファプタがボ卿と話したら何て言うか気になるな。
本人の話が本当なら、乗り代わり以後はあのを吹ける個人としては認めてないっぽいし、側が使う者を選べるなら何で認められないんだろう?
それとも側の意思とは関係ない所で使用者の制限があるんだろうか。
1204 ななしのよっしん
2022/08/10(水) 03:38:00 ID: 9dbdMVUDXD
>>1203
まあ、本人が言うようにになったのが最初の本人ってことで良いとは思うけどね。一応はつかないお方だし。
そうでなくともカジャのいう「自分の口で自分 騙せているならそれはその者にとっての本当」って事なんだろう。

に関しては、乗り代り後も使えてるはず。
認められてないってのは多分
リコ「自分自身を供物にできるならカートリッジもそうすればいい」
ボン「最初の私がこれ() それ以降の々は精性が人間でないと判断され使い物にならない」
っていう「ボンドルド達」がカートリッジとして使えないってところと混同してるかも。
1205 1200
2022/08/10(水) 18:58:26 ID: 6ZXagwty/T
>>1204
マジだ。
ボ卿使えないのにどうやって六層まで来たんだろうと思ってたらただの勘違いだったとは…

でもカートリッジ(呪いの受け子)にはなれないのに必要ってことは呪いは受けるんだね。人にも人外にも等しく呪いは降りかかるのなら、呪いの受け渡し先になれないのは技術的な問題な気がする。
ければ身代わりにはなれない」ってとこまでは来てるけどその先にはまだ至ってないってことかね。
1206 ななしのよっしん
2022/08/10(水) 19:21:52 ID: g0uTArEg1h
があれば身代わりになれるってのも不可思議な仕組みだよな
するという事は、相手を自分の一部のように・自分を相手の一部のように扱い、命との価値を地続きにすると言い換えられるので、その状態をアビスに認識させる事で「相手の呪いを(自分のもののように)引き受ける」事が出来ると考えられる

そういう構図を踏まえると、ボ自身がカートリッジになれないのは、自他の界が曖昧になってしまってるからかもしれないね
これはゾアホリックの副作用とも言えるし、ゾアホリックを使っても精を保てたという事は元々狂ってて自他の界の曖昧さもあった、とも取れる
何れにせよそりゃ精性が人間でない、ってなるわ

急上昇ワード改