編集  

ボンドルド単語

ボンドルド

私はボンドルド
奈落の探窟
明卿』ーーーと人は呼びます

ボンドルドとは、『メイドインアビス』の登場人物である。

明卿」、「新しきボンドルド」とも呼ばれる。CV.森川智之

概要

の一人。は最高位の探窟に与えられる称号であるものの、その実、監視基地(シーカーキャンプ)に引きこもって年端もない子を裸りしたり、子供を置いて探掘に勤しんだり、勝手に深層6層に突入(ラストダイブ)したりと、良くも悪くも自分勝手な者が多い描写をされている。
その中で彼はアビス深層へ向かうルートの新規開拓、人間として事に地上に戻れる限界である深層5層での活動拠点・前線基地(イドフロント)の整備、地上の生態系への悪影事前に排除、アビスの一つである上昇負荷への対抗策の研究など多数の功績を残しており、人類への貢献度合いは計り知れない。

しかし実行するための手段は選ばず、必要であればを焼き払い、を流すことも厭わない。また、自分自身や配下、身寄りのない子供たち、果ては自分のを被験体として非人体実験の数々を行っている。
他者からの評価も「筋入りのろくでなし」「ゲス外道」「得体の知れない何かが仮面被ってヒト真似をしている」と言わしめるほどである。


上記だけ読むとマッドサイエンティストの極みなのだが、ボンドルドの行動はアビスの探索と人類の発展のためであり、邪心や出世欲、銭欲がない。祈手(アンブラハンズ)と呼ばれる配下を多数引き連れており、彼らとは非常に強いともいえるもので結ばれている。また、ルシュカを男手で育てながら、愛することを止まず、孤児が多い本作中では数少ない相思相愛の親子を体現した代表例でもある。さらには、海外から多くの孤児を引き取り養っており、たとえ姿が移り変わろうとも、子供達の名前・性格・個性などを総ては暗記するなど慈善としての一面も備えている。

身寄りのないナナチをアビスに迎え入れたのも彼であり、ナナチは、彼の元で培った医療技術を活かし、深層4層でタマちゃんのを浴びたリコを救っており、間接的ではあるもの主人公の恩人ともいえる。ナナチは友人とともに彼の元を後にするが、その後もナナチ等の事を気にしており、その動静を影ながら見守っている。

他者への物は柔らかく、口数は少ないものの常に丁寧で礼儀やおもてなしを欠かさない。また、常に仮面や装備で覆われており、作中でも表情を伺うことは皆無であるものの、この物語意をつく箴言(「君(ナナチ)はかわいいですね」「ですよ ナナチ」など)と、人を越するほど一貫した信念が、巷の人気を後押ししている。

作中、主人公等とは見解の相違により相対することとなるが、上述の通り主人公等が持つ憎悪の念や一方的正義心のようなものはなく、人類への貢献に繋がるであろう自らの研究のため、ナナチもレグも自らの仲間に取り込みたい思いであることが示唆されている。その点で言えば、主人公等は前線基地(イドフロント)の施設半壊、電気窃盗、配下の殺など、現実世界において犯罪と呼べる行為の限りを尽くしていることも、ボンドルドの言動とは対照的である。

他のと同様に多数の遺物で武装しており、戦闘時は高い身体でそれらを使いこなす。
また「ある手段」によってアビスの呪いへの対策も用意しており、深層の上昇負荷も抑制しながら行動できる。
なお、仮面からビームは出ない出ました。

装備

・呪い針(シェイカー)
手甲から射出される針。打ち込んだ相手に強制的に上昇負荷を生じさせる対人用武装。

明星へ登る(ギャンウェイ
仮面から出るほうのビーム。たとえ射線が通っていなくとも、強く意識した対に命中する。
逆に、意識していない対にはダメージを与えられない。ナナく「当たっても気だった」。

に触れる(ファーカレス
アビスの原生生物に由来するい触腕。ロープや網のように使用できるが扱いが難しい。
ちなみに上記3種は競売にかけられた遺物をボンドルド改造したものである。

に至る
ボンドルド及び「祈手」のパワードスーツ。各々の役割に応じたカスタマイズが施されている。

・枢機へ還す(スパラグモス
両肘から出るほうのビームレグの火葬と同質の武装で、触れたものを時に分解消滅させる。
ちなみに命名はボンドルドナナく「ノリリコと同じ」。

カートリッジ
背部に装着し、使用後は排出される使い捨ての装備。詳細は自身ので確かめていただきたい。

余談

名前が覚えづらいためか、「ボンボルド」「ボルボンド」「ボンバルディア卿」「ボンボヤージュ卿」「ボンカレー卿」「ボ卿」などと呼ばれイジられている。まるでハイラガードのフロなんとかさんのように。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%89
ページ番号: 5493142 リビジョン番号: 2638638
読み:ボンドルド
初版作成日: 17/07/08 00:47 ◆ 最終更新日: 18/11/03 07:06
編集内容についての説明/コメント: 【ナナチをアビスに「向かい入れた」のも → ナナチをアビスに「迎え入れた」のも】に訂正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボンドルドについて語るスレ

539 : ななしのよっしん :2018/10/24(水) 17:35:27 ID: 9luuFXDsyW
コイツ出て来る度にコメントの量が増し過ぎww
わくわくさんオルタ、アヴィケブロンオルタ、倫理観ゆるキャラあたりの赤字コメ大草原不可避だった。よう思いつくわwww
540 : ななしのよっしん :2018/10/24(水) 18:50:11 ID: BxkupZidpy
>>538
その後魔女狩りにあったとしても欠片も疑う余地がないボ卿さん
541 : ななしのよっしん :2018/10/25(木) 14:48:42 ID: pSvCYn4F3E
>>540
ボさんは魔女狩り裁判の「に沈めて死んだら罪、生きてたら魔女(火あぶり)」で
普通に死んで罪勝ち取って埋葬されたのに次の日然と居そう
542 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 03:50:56 ID: ypR+siub2b
ボ卿ってもしかしてナナチとミーティ実験結果を見てから興味持ったんじゃないかと
543 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 11:05:37 ID: VJHDYcM1R+
>>542
ルシュカ生誕の時点でによる祝福の可性を見出してそうだからナナチミーティ実験はその確認作業に過ぎないんじゃない?
ナナチの実年齢が見たよりだいぶ上でプルシュカがその後生まれた可性もなくはないけど
544 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 07:43:45 ID: i4hAb+/F6N
この人アビス信仰に対してどういう考えなんだ
良き伝統や探窟の誇りを踏みにじって明けをす〜って言われてる一方でデザインの件とか祈手(アンブラハンズ)とか「喜びしか知らぬ者から祈りは〜」はじめプルシュカナナチ達へのセリフとか妙に「祈り」に対してこだわってるんだよな
545 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 09:46:01 ID: G3ueilsSvj
悪意はないなら実験台は犯罪者とか捕虜とかじゃあかんのやろうか
拘束して連れてくるコストリスクが高すぎるのかな あとそんなに確保できないとか?
546 : ななしのよっしん :2018/11/10(土) 09:40:53 ID: i4hAb+/F6N
>>545
仮にから犯罪者や捕虜を提供してもらったとしても大人となると体積的な問題で一度に5層まで輸送できる量が限られるし理矢理連れてくるとなると運搬中や実験前に暴れた時の手間もあるから「アビス興味のある子どもを集めた方がはやいですね」ってなってそう
547 : ななしのよっしん :2018/11/11(日) 16:44:34 ID: G3ueilsSvj
546だけどその後原作読んだ感じ





廃人の部下?たちとかには犯罪者とかいるかもしれない、ただの身寄りのない成人とか探屈かもしれないが
というか祈手もどこまで元の自残ってるのかな…と思うと色々怖いな
548 : ななしのよっしん :2018/11/11(日) 16:49:11 ID: G3ueilsSvj
>>57が分かりやすかったけど正解でいいのかな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス