編集  

ボーダーライン単語

ボーダーライン
項目の分割 この項ボーダーライン相棒)とボーダーライン分割する提案が出されています。
掲示板にて同意が得られると、作業が開始されます。

ボーダーラインとは、

  1. 英語で、境線や際どいことを意味する単。Borderline
  2. なんらかの界線の意味。
  3. 2.から、入試の合格判定の界を意味するものとして使われる単
  4. セガアクションゲーム
  5. 刑事ドラマ相棒Season9の第8話の題名。⇒当記事で解説する。
  6. 津田美波三上枝織が、理沙+ミドリ Starring 津田美波+三上枝織として歌う楽曲。携帯彼氏+』の題歌。
  7. 同人音楽サークルAlieson」の楽曲。
  8. ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による2015年映画。原題:Sicario

5.について

概要

2010年12月15日に放送された、相棒 Season9の第8話の題名である。脚本は「相棒シリーズ X DAY」の脚本を担当した櫻井氏で監督は同じく「X DAY」を監督した橋本一氏が担当。
相棒は度々時事問題を取り入れた話があるが、これも雇用問題などを取り入れた話となっており、
放送後、ネット上で大きな反を呼んだ。

あらすじ

年の瀬の押し迫る12月半ばの都内で、ビルから転落したと見られる男性の遺体が発見された。
男性の名は柴田。年齢は36歳。手には物による攻撃を防ぐ時につく防御創が残っていたことから、
被害者はビルの屋上で何者かに物で襲われ、揉み合っているうちに転落したと見られた。
柴田もなく、期限切れ間近の保険と、大中小3つの鍵を持っていただけだった。
一課が傷致死事件の疑いで捜を始める中、数の子牛肉ワカメリンゴ小麦粉脂肪分という
に残された支離滅裂な内容物から事件に興味を抱いた杉下右京も、神戸尊と共に捜を開始する。

事件の全貌

下ネタバレ

柴田が以前住んでいたアパート管理人によると、1月に寮付きの仕事が決まったからとアパートを出た柴田
そこから死ぬまでに11ヶ空白があった。
柴田は、柴田に借を頼み込んでいたが、は親と自分の家族の面倒を見なければならないことから、
を断っていた。以降は、連絡を取っていなかったという。

3つの鍵の内、大きい鍵がレンタルコンテナのものと判明する。
柴田はコンテナを借りていたが、中で寝泊まりしていたため、契約を解除されていた。
寮付きの仕事が決まっていたはずなのに、なぜ寝泊まりする必要があったのか?

3つの鍵の内、小さい鍵が私書のものであることが判明し、柴田ハローワークに通っていたことが分かる。
ハローワークの担当職員は柴田から生活相談を受けたと言する。その際には柴田は元気だったらしい。
その後、ん中の鍵がハローワークロッカーのものと判明。
そこには柴田が医療事務資格を取得した際に勉強したノートや未届けの婚姻届、プリペイド携帯が残されていた。
ノートには医療費の不正受給の具体例が記されていた。

婚姻届をもとに婚約者を訪ねると、結婚を前提に交際していたのに別れていたことが分かった。
原因は正社員の話がフイになり、柴田の生活が不安定になったことに婚約者が難色を示したため。
3月に婚約者は柴田に「あなたは価値がと判断された」と別れを切り出していた。

その後、柴田大学を出たときは就職氷河期で正社員の職が得られなかったこと、
派遣社員としてイベント企画会社で働いていたものの不況を理由に解雇されていたこと、
その会社の社長に紹介されて建設作業請負の会社に住み込みで再就職したこと、
その土建会社も雇い止め(雇用契約更新拒否。実質的に解雇)に遭っていたこと、
医療事務資格を取得したものの実務経験がないことから就職試験に失敗していたこと、
などが新たに分かった。

特命係はイベント会社社長に話を聞き、作業請負の土建会社を紹介してもらいそこを訪れる。
すると柴田仕事がないことを理由に雇い止めにあっていたものの、会社自体は先々まで仕事を受注しており、
明らか不自然であった。
さらに伊丹らの捜で、会社は技術者を現場に派遣しない偽装請負(違法派遣)をしていたことが判明する。
警察責任者を追及して分かったことは、その会社の正体は他の派遣会社の派遣切りの請負であり、
派遣元はそこを紹介することで雇い止めしたい社員を体よくクビ切りしていた、という実態だった。
更に、この会社には事前に説明していたような社員寮はなく、それに文句を言うものは雇用契約をせず、
一定の期間雇い終えると勝手にクビにしていた。まあ最初からまともに仕事をさせるつもりのない会社であり、
柴田が雇われていたのも1ヶ程度、2月までであった。これが3月の婚約解消の引き金になったのである。

こうして柴田4月には生活保護の申請を行おうとしていたことが分かる。
以前の担当職員が言った「生活相談を受けた」というのはだったのだ。
柴田は医療事務資格をもとに就職旋を願っていたが、実務経験がネック面接まで至らず。
生活保護圧縮のために作戦を展開していた行政の方針に基づき、
当職員は柴田を上手く誘導し門前払いにしていた。受理すらされなかったのだ。
当職員は「不気が悪い、自分は上からの命令に従っただけだ」と開き直る。

プリペイド携帯の履歴から、柴田が古物商の資格を持っていることが判明。
しかも、古物商として現在営業中だという。
調べたところ、名義貸しの事実明らかになり、柴田の名義を騙っていた男は盗品を扱っていた為に逮捕される。
男によれば、資格保持者はでもよく、たまたまさそうな柴田を利用したとのこと。
柴田は盗難品を売る男の誘いに乗り、古物商の名義貸しを10万円で引き受けてネットカフェで寝食をしていた。
以後、日雇い労働と就職活動の傍ら、報酬10万円でたびたび名義貸しを行っていた。
名義貸しはそれだけでなく、携帯電話や偽装結婚、借の保人など、ありとあらゆることに対し行っていた。
そうして名義貸しを続け幾ばくかのを得たものの、やがて法的に綺麗だった柴田の名も汚れてしまい、個人の名義貸しの限界まで至った柴田は「お前の名前に価値は」と切り捨てられ、名義貸しもすることができなくなる。
彼はさらに追い詰められた。

就職先も見つからず、生活保護も受けられず、名義貸しすらできなくなった柴田は、
スーパーの試食など無料で飲食できる場所を転々としていた。これが例の雑多なの内容物の正体であり、
ただ来る日も来る日も「食べる為だけに歩く毎日」であった。
彼は携帯にあるメモを残していた。それは、どの店を何日に訪れたかを記録したもの。
店員に顔を覚えられてを付けられないための防御策だった。追い出されない様、身だしなみにも気を遣う。
だが、彼を覚えていた店員がいた。店頭でドーナツの試食を行っていた菓子店の女性である。
男性が試食をするのはしい上に、身なりはいいのに一度も買って行ってくれないから覚えていたのだ。
彼の事情を知らない彼女はちょっとした意地悪をしてしまう。その日試食に訪れた柴田にこう言ったのだ。
「いつもどうも。あの、こちら、新作です。どうぞ。 ・・・・・・気に入ったら、買って下さいね?」
もちろん柴田には、ドーナツを買うなどない。彼はドーナツを根こそぎ奪い取り、言で走り去ったという。

走り去ったその先で柴田が見たのは、自分が以前住んでいたアパートに入居者が入っている場面だったろうと、
杉下右京は推測する。
就職のためには住所が必要であり、柴田は旧住所から私書郵便物を転送することで、
なんとか現住所があるように見せかけていた。
しかしアパートに人が入ってしまうと、旧住所を使うことはできなくなる。そうなると日雇いすらも難しい。
それはこんな社会でも懸命に生きようとする柴田が、縋り付く最後の拠り所を失くした間だった。

柴田は医療事務の勉強で得た知識を使い、最後の行動に出た。
本物の防御創と、偽装した防御創の見分け方。不正請に備える為に必要な知識である。
彼はこの知識を使い、件のビルの屋上で本物そっくりの防御創を自分のや腕に刻む。
それを示すように、現場付近で見つかったナイフには柴田紋と血が付着しており、
紋から自分に向けてナイフを向けていたのは明らかだった。

そして意を決し、柴田屋上から身を投げたのだ。

柴田は「他殺」だった。
傷つき疲れ果てた柴田は「自分を殺したのは『社会そのもの』だ」ということを告発して、命を絶ったのだった。

ネットでの反響

放送直後からブログTwitterなどで、ボーダーラインに対する反が寄せられた。
その内容のどは、柴田に自分自身を重ね、柴田明日の自分を見て、身につまされる思いをしたというもの。
「負け組ざまぁwwwwwww」などというアホコメントは、記事主が知る限りではない。
それだけ人々の生活や日本経済情勢が逼迫していることの左であろう。

もちろん、脚本が優れていたというのも理由に挙げられる。
この話で起きた一連の出来事はすべてフィクションであるが、
そこで取り上げられれた雇い止め、偽装請負作戦、名義貸しなどは実際に起きていることである。
また、一旦ホームレスになってしまえば、そこからの復帰は絶望的に困難になるという社会現実もある。
これらを緻密に組み合わせ、現代の日本普通の暮らしをしたかっただけの一人の人間が、
を踏み外し、追い詰められ、価値と尊厳を踏みられ、やがて死に至るまでを見事に描いている。

故に人々は身につまされたのだと思われる。

最後に

「周りの人間も、そして彼自身も、手を差し出す勇気かったのかもしれません。
 もしどちらかが本気で手を差し出していたら、この様な事にはならなかったんじゃ
 ありませんかねえ。・・・・・・残念ですねえ。」

杉下右京

関連項目

相棒
登場人物 特命係 杉下右京 - 亀山薫 - 神戸尊 - 甲斐享
その他 米沢守 - 角田六郎 - 伊丹憲一 - 内村完爾 - 大河内春樹 - 小野田公顕
本編 ピルイーター - ボーダーライン
映画 相棒 -劇場版Ⅱ-
関係者 役者 水谷豊 - 寺脇康文 - 及川光博 - 成宮寛貴
六角精児 - 山西惇 - 川原和久 - 片桐竜次 - 神保悟志 - 岸部一徳 - 石坂浩二 - 生瀬勝久
脚本 太田愛
音楽 池頼広
制作 テレビ朝日 - 東映 - 小学館
関連項 刑事ドラマ - テレビドラマ - テレビ番組の一覧 - 官房長シリーズ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3
ページ番号: 4556578 リビジョン番号: 2509809
読み:ボーダーライン
初版作成日: 11/02/01 07:46 ◆ 最終更新日: 17/07/23 20:47
編集内容についての説明/コメント: 曖昧さ回避に2015年の映画を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボーダーラインについて語るスレ

133 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 00:44:54 ID: hr70ridkxE
イジメっ子なんかは正に>>126のようなだね
「自分が同じ立場だったらと考えてみろ」と言われても「自分は虐められるようなヘマは絶対にしない、だからそんな事は考える価値がない」と返すだけ
134 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 01:16:33 ID: Cp6ZKLMGlt
いじめってのは加者と被害者がいて成り立つもの
この話は死んだ方に原因があるわけだから事情が違うだろ

まー現実感を伴って自分はこうなりたくねえなあと思わせられたんだから非常にクオリティの高いお話だとは思う

>>132
視野もクソもあの状況じゃ何やっても助からなかったんじゃないか
ホームレスになればいいと言われればまあそうだけど
135 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 09:17:42 ID: rW6Le6k0Wb
NEW GAME!! 第12話「ぜひ買ってくださいね!」

これはやはりそういう意味なのか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
136 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 02:47:33 ID: ZvNXrDuAMB
右京さんから相を聞いたが悔やんでるシーンがつらい
137 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 10:53:48 ID: l95uvR3SC/
事情はどうであれ、試食は銭飲食を提供する場所ではいだろう。

の近くの総菜屋で、試食で提供しているから揚げを、ホームレスの男が
皿から根こそぎ、持ってた袋に詰めているの見たことあるから
試食を飲食する為に利用するのは悪い事だと思う。
138 : ななしのよっしん :2018/01/03(水) 20:30:07 ID: ATT16HbY+S
んな事は自殺した柴田自身もよく自覚してただろうよ
139 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 14:24:51 ID: jCQYkz+hGC
弱い者を作って虐げるのは山でも変わらんから霊長類としての宿命なのかねえ。
140 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 16:22:45 ID: OG3DNf/rQn
先週の科捜研の女も調べたら自殺だったオチの話。
しかもこの話と似たような追い詰められた理由。
141 : ななしのよっしん :2018/03/16(金) 17:44:47 ID: Hr8uQa5iMM
警察側としてはこの事で多くの犯罪者に辿り着けた訳だけど
柴田さんにはそれが何の救いにもならないのがなぁ。ひたすら憂になる

>>139
も狭い水槽だと弱い者を虐めるらしい
逃げ場がいというのはどんな生き物でも厳しいんじゃないかな
142 : ななしのよっしん :2018/03/17(土) 16:03:34 ID: Cp6ZKLMGlt
宿命かどうかはわからないけどこのエピソードは弱い者を作ったんじゃなくて自分から転落しただけだろ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス