ボーパルバニー単語

ボーパルバニー
2.2千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ
ボーパルバニー
ホ゛ーハ゜ルハ゛ニーは、ニコちゅうに とひ゛かかった。
3かいあたり、9のタ゛メーシ゛
ニコちゅうは、くひ゛を はねられた!

ボーパルバニー(ヴォーパルバニー、Vorpal bunnyとは、恐るべき殺人ウサギである。

概要

もしもあなたが聖杯める旅の途中であったり、あるいは冒険者として迷宮に足を踏み入れたのならば、たとえらしいウサギを見かけても決して近寄ってはならない。
(そもそもそれがただのウサギであるのならとっくの昔に獰猛な怪物どもに食い尽くされているはず)
もしも闊に近付いたならばウサギはたちまちその本性を現し、鋭い牙を剥き出してあなたの喉に喰らいつき、その首を残に切り落としてしまうだろうから!

ボーパルバニーは、可らしいその外見に反し、驚異の跳躍と素さ、そして発達した門人間の首を掻っる残酷なモンスターなのだ。

この恐るべきモンスターが一にして人の命を奪い去る一部始終が記録された最古の映像資料として知られるのが、アーサー王伝説を描いた作品の中でもっとも正しい歴史飾考を誇る『モンティ・パイソンアンド・ホーリー・グレイル』である。洞窟から現れたウサギぬいぐるみのように真っ白生き物が、ピアノ線でも付けられたかのような直線的な動きで騎士に飛び掛かり、く間に首を刎ねてしまう様子は非常にショッキングである。

気を抜くな、信じるな、ホーリーグレネードを手放すな!

動物ウサギ人間の首を刎ねるなんて!」とお思いの方も多いであろう。しかしボーパルバニーは単なるウサギであることをやめ、暴なモンスターへと変化した生物である事を忘れてはならない。ひとたび変化の世界へと足を踏み入れれば、アメーバやヘドロ状の汚泥が迷宮を這いずり回るスライムに、トカゲやサンショウウオが火を吹く恐ろしい巨大なドラゴンへと変貌を遂げるのが世の常である。

また、人の姿をしたウサギに「社会的に」首を飛ばされてしまうケースも多く報告されている。現代社会においてはこちらの方がより脅威となろう。読者諸君においては、くれぐれもウサギにクビを飛ばされぬよう細心の注意を払っていただきたい。

細かい解説

ゲームウィザードリィ」で有名なモンスターがボーパルバニー。迷宮の浅いフロアに登場する敵で、そうな見たに反してクリティカルヒット(首をはねる、即死)を使ってくる、非常にインパクトの強いモンスター
その元ネタと考えられているのが映画モンティ・パイソンアンド・ホーリー・グレイル」で「カルバノグの洞窟」を守っていた殺人ウサギ(Killer Rabbit)で、これに首を刎ねられて命を落とす姿はまさにクリティカルヒットそのものであった。
その後、ボーパルバニーは他のゲーム等でもしばしば登場するようになった。原典に近いキラーラビットや、時には「カルバノグ」の名を持つウサギも見受けられる。『ホーリー・グレイル』のオマージュであるドラマ勇者ヨシヒコシリーズでもキラーコアラキラーチワワキラー太鼓と、毎回ぬいぐるみにしか見えないキラーモンスターの登場が伝統化している。

ただ、映画キラーラビットが円卓の騎士をたった一匹で半壊させた恐るべき怪物であるのに対し、「ウィザードリィ」のボーパルバニーは序盤のザコ敵に過ぎず、低レベルの攻撃魔法などで対処できる。もちろんクリティカルヒットを使うので油断はできない相手でもあるのだが、それを使う敵自体もしくなく、同じフロアでもレベル1ニンジャハイウェイマンが使ってくる。

「ウサちゃん(bunny)と思った?」という表現が映画中に出てくるが、ボーパルバニーはまさにその「ウサちゃん」であり、原典のキラーラビットに忠実な魔物でもないのである。だからこの両者はよく似ているが別の生物であると考えたほうがいいのであるが、ボーパルバニーがキラーラビットの別名として用いられることもまあ、ある。

なお昨今モンティ・パイソンとの関係が取り沙汰される「ウィザードリィ」だが、実際は初期作品でモンティ・パイソンと思われているのはこのボーパルバニーくらいである。後発の「ウィザードリィ4」ならモンティパイソンパロディがかなり多いのだが。

ちなみに、“vorpal”という単イギリスの童話作家ルイスキャロルの『アリス』に登場する造。『ジャバウォック』の中で、主人公が正体不明の怪物ジャバウォックを倒す際に用いたのが「ボーパルの(vorpal sword)」であり、その描写からは鋭い切れ味を持つことがえるが、正確な意味はよくわかっていない。
ご存知かと思われるが、この単自体はウィザードリィに限らず各種ファンタジー作品に引用されているもので、これ自体がパロディ的に使われることはあまりない。

関連動画

たとえごく普通の野ウサギや飼いウサギであっても油断してはならない。
彼等のDNAにはボーパルバニーへの変化の可性が残されているのだ。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボーパルバニー

61 ななしのよっしん
2021/02/13(土) 15:53:05 ID: J47zCHaxR1
ダンジョン飯読んで「うおお!!ヴォーパルバニーだ!!!」って感動してしまった。
地味魔物なのに落にならない被害出してるけど。
62 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 15:52:05 ID: /vmn9Jdcn1
丁度ダンジョン飯10巻読んでて出てきたのが嬉しくて飛んできたぞ
63 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 00:43:58 ID: n4vpfjet52
同じくダンジョン飯から
しかし今まで「あので首をるものなの?」って思ってたけど
もっとスマートな構造で納得いくやり方があって感した
64 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 13:35:34 ID: 34TqzXJXaS
げっ類の小さい故の身軽さ+強な跳躍の鋭さからくる殺傷初見殺し過ぎる。ただ逆に言えば、さえ通らなければに近くなるから対策のしようはあると。でもダンジョン飯の冒険者って移動が多いからか軽装のが多くて首元はカバーしてないから相性が悪すぎるんだよね。そりゃ怪談作られる位勝率も高くなるわ。
65 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 13:44:43 ID: AbvniTYMLx
>>64
原典だとグレートヘルム+サーコート+ホーバークで首元含めて全防備だったボールス卿が一撃で首を落とされているので装甲化そのものが意味だった
66 ななしのよっしん
2021/02/19(金) 23:49:46 ID: JKdM7RKYJa
ホッキョクウサギUCのNT-D発動と合わせたネタが何か作れねえかな…
67 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 16:19:31 ID: 9S9zMFFtTK
首筋ちょっと蹴られたライオスが血をして倒れるシーンが凄いインパクトだったですわ。
68  
2021/04/10(土) 08:20:53 ID: voTUlj2eHm
原点のモンティ・パイソンだと、ひたすら強いウサギで、円卓の騎士が惨敗する始末
なる手榴弾とかいう聖遺物スキ
69 ななしのよっしん
2021/06/10(木) 18:44:35 ID: +jizJvmjVB
こいつは捕まえて解体すればいい武具の材料になりそうだな
70 ななしのよっしん
2021/06/12(土) 10:39:35 ID: o51w6E5Xrl
GGOに巣キャリーケースピンク死神……。

急上昇ワード改