ポケットシリーズ単語

ポケットシリーズ

ポケットシリーズとは、任天堂またはメディアファクトリーが発売した万歩計ゲームである。

この記事ではポケットと付いた万歩計ゲームをまとめて紹介する。詳しくは該当記事を参照。

概要

任天堂が販売をしているが、ポケットサクラのみメディアファクトリーから販売されている。

基本的なゲームの内容は歩いて貯めたポイントミニゲームに使うといったもので、どのシリーズも基本的にこれを踏襲している。

後に任天堂からは生活リズム計ポケウォーカーフィットメーターといった万歩計アイテムが登場しており、いずれもゲームと強く連動していることが特徴である。

シリーズ一覧

ポケットピカチュウ

1998年3月27日発売。基本的なゲームシステムはすでに完成されており、後のシリーズの基盤ともなっている。開発にはクリーチャーズが関わっている。

画面の中に一匹のピカチュウが住んでいる設定になっていて、画面の中のピカチュウは砂場や三輪などで遊んでいる。プレイヤーの総歩数が増えるごとにピカチュウの遊びのバリエーションは増えていく。歩いたりミニゲームを遊ぶことで「ワット」というポイントがたまる。内蔵ミニゲームには「スロットゲーム」。

時計が内蔵されており、現実の時間に合わせてピカチュウと遊ぶことができる。

動画

↓商品

ポケットピカチュウカラー金・銀といっしょ!

1999年11月21日発売。モノクロだった液晶がカラーになり、赤外線通信・アラームが追加された。開発にはジュピターが関わっている。

赤外線通信機で、ゲームボーイカラーソフトポケットモンスター 金・銀」と『ふしぎなおくりもの』の通信ができる。アラームは、アラームとしての使い方のほかに64音までのアラームメロディ作曲することができる。

内蔵ミニゲームは「ハイアンドロー」。もちろん前作のポケットピカチュウと同じ遊び方もでき、最高歩数が増え7日前までの履歴を確認することができるといった万歩計の機の部分でもパワーアップしている。

当時のCMexitYouTubeに飛びます)

動画

↓商品

ポケットハローキティ

1998年8月21日発売。「ポケットピカチュウ」のハードを流用している。名前の通りハローキティ万歩計である。サンリオではなく任天堂が販売している。歩くことで「ワット」の代わりに「kitt」がたまる。

内蔵ミニゲームは分かれのどちらかを選択していく「キティ」。アイテムkittがもらえる。

100万歩を達成するとファンファーレが鳴り、お祝いの画面が現れる。

当時のCMexitYouTubeに飛びます)

ポケットサクラ

2000年6月23日発売。「ポケットピカチュウカラー金・銀といっしょ!」のハードを流用しており、ポケットピカチュウカラーと同じくジュピターが開発に関わっている。サクラ大戦真宮寺さくら万歩計である。発売元はメディアファクトリーGBC専用ソフトサクラ大戦GB 檄・花組入隊!」 と赤外線通信することが可(ちなみにサクラ大戦GBジュピターが開発担当)。

最後に発売されているだけあって、今まで出た物の中ではゲームシステムが一番完成されている。他のシリーズと違い、散歩に行くときはあらかじめ的地を設定しておく必要がある。歩くことでたまるポイントは「お金(点数)」 。内蔵ミニゲームは「サイコロ」。

動画

↓商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポケットシリーズ

1 ななしのよっしん
2016/06/18(土) 01:36:28 ID: u6XKPxLy5b
>ミニゲームには「スロットゲーム」、「ハイアンドロー」がある。

ポケットピカチュウ』のミニゲームが「スロットゲーム」で
ポケットピカチュウカラー 金・銀といっしょ!』のミニゲームが「ハイアンドロー」だと思ってたけど
ポケットピカチュウ』には「ハイアンドロー」もあったのか?
2 ななしのよっしん
2016/06/28(火) 21:18:40 ID: u6XKPxLy5b
修正です!

急上昇ワード