ポケットビスケッツ単語

ポケットビスケッツ
4.1千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ポケットビスケッツ (POCKET BISCUITS) とは、かつて活動していた音楽ユニットである。通称「ポケビ」。

概要

日本テレビ系バラエティウッチャンナンチャンのウリナリ!!」から誕生した(正確には前番組のウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!時代の誕生だが、番組の歴史上同一番組扱いのケースが多い)音楽ユニット

メンバー

構成メンバーは「ウリナリ」の内村千秋・ウドの3人で、役柄が決められていた。

TERU内村テル
内村光良プロデューサーキーボード
CHIAKI(坂本千秋
千秋ボーカル
UDO(独活野大木
ウド鈴木ギターエレクトリックドラム)  

の3人。

TERUとUDOは当初演奏が出来ずエアバンド状態だったが、3人それぞれソロ曲を出す企画TERU弾き語り、UDOはクラシックギター独奏(後にボーカル付きバージョンも出来た)のCDリリース。以降は拙いながらも演奏する部分や独奏する部分も曲中に入れられていった。

また、当時としては最新技術に当たるモーションキャプチャーを用いたCGによるPV制作など、バラエティ番組のえた本格でもあり、「プロバンド活動がどのようなことをしているのか?」を子供たちに知らしめた功績は計り知れない。(実験的にソロ活動やボーカルチェンジを行う、というのは本格的なロックバンドでもよく行われることである)

視聴者層からファンの9割は小中学生だった(特に女児)と言われるが、売れると低年齢層へのシフトを行うグループが少なくない中、歌詞の内容はCHIAKIによる「大人恋愛」であったり「大人世界」について謡われたものがどで、決して子供向けとして子供だましのものを作ろう、という姿勢ではなかった。このため、成長してからめて歌詞の意味を知る、という人も多かったようである。

なお、番組企画で度々解散危機が訪れ、その多くは○万枚以上売れなければ、○位以内に入らなければ、○名の署名がければ、といった人戦術を必要とするものだったが、当時はネットショップもほぼかったことが幸いしてか、現在のような「大人買い」や「個人での常識外れの大量発注」という例はほぼかったらしく、純に買いたい人は買っていたが、買わない人は買わない、というスタンスであった。(実際、ブラビの場合、この企画が災いして事実上の解散となっている)

結成までの経緯

メインボーカル千秋はそもそも歌手志望でオーディション番組「ゴールド・ラッシュ!」(フジテレビ)で合格し芸デビューしたという経歴があり、どうしても歌手デビューをしたかった。
しかし、当初の番組導の企画アイドルユニットMckee」をデビューさせるという音楽企画の際、このメンバー選抜から千秋は漏れてしまう。そこで南原清隆お前らお前らでやっとけ」千秋メインオマケユニットの結成を促し、内村光良「第2のマモー・ミモーを作ってやる!」と発言した。ちなみに、そのコントでミモーを演じたのは千秋ならぬ「ちはる」というアイドルであった。
このやりとりは番組スタッフ側も全く想定していなかったアドリブで生まれたものであり、「ついでにやっておこう」程度の存在で、番組のプッシュはほとんど受けていなかった。ポケビのライバル扱いでのデビューブラックビスケッツより扱いはかなり低かった。

しかし、同時発売でリリースされたMcKeeとポケビのシングル売り上げで、ポケビが勝利してしまうという予想外の結果となる。これをきっかけに番組側も本格的にポケビをメインとした企画に変更。この路線変更が功を奏し、「ウリナリ」の番組視聴率も急上昇して、一躍人気番組の仲間入りを果たすこととなる。

ミリオンヒットも生み出し、さらに番組内における対抗ユニットブラックビスケッツとともに紅白歌合戦にも出場(1998年)。企画元の「ウリナリ」とともに高い人気を獲得した。「ウリナリ」は、1970年代後半~1980年代まれの世代に流行っていた番組のため、「80年代生まれホイホイ」などと呼ばれることも。

なお、代表作となる『YELLOW YELLOW HAPPY』は作曲者のパッパラー河合の所属する爆風スランプにおいてセルフカバーされているほか、ポケビ再結成こそわなかったものの、2015年千秋が単独で出演した『水曜歌謡祭』においてミリオンセラー特集が行われた際にこの曲を披露している。復活については「ウッチャン次第」とのことである。

一夜限りの奇跡の復活

 復活の事態が動いたのは2018年、この日日テレ系列では毎年恒例の24時間テレビの放映日でその日のに放映されたズームイン・サタデーでの番組告知において「伝説アーティスト一夜限りの全復活」とアナウンスされる。その伝説アーティストヒントとして出されたのが

 この発表にネットではこの伝説アーティストの予想合戦が展開され、その中で当時ファンだった現在アラサー層のユーザーを中心に「これはポケビではいのか?」「武道館ライブ放送とかポケビだけでしょ」などと予想が集まるようになる。

 チャリティーランナーみやぞんマラソン出発前にこの伝説アーティストがポケットビスケッツだと判明し3人がYELLOW YELLOW HAPPYPOWERを歌唱。Twitterではトレンドラキングでポケットビスケッツ関連で埋め尽くされポケビ復活を待っていたアラサーを中心としたユーザーが狂喜乱舞。2年前にひっそりと発売されたポケビ結成20周年のベストアルバムに注文が殺到。放映翌日付けのビルボードJAPANにこのアルバムデイリーで20位以内にランクインした。

再度の復活に向けて-登録者100万人への過程-

 事態が動いたのは2020年11月メンバーCHIAKI(千秋)がインスタグラムにて
「(中略)わたしも歌いたい。
心から。
でも歌う場所がない。
ごめんなさい。
ごめんなさいって苦しくなります。
需要がないのです。
たまーに歌番組の特別企画みたいなので歌えることがあるのですが(御褒美みたいに幸せ)、出演者の名簿の、わたしレコード会社の欄だけ白紙です。他の出演者全員、埋まっているのに。
あはは😅って思うけど、それでも10年に一度くらいでも、歌える機会があるだけ幸せですよね。
事務所もずーっと言ってるけど、なしのつぶて。(以下略)」
 と現在の心情を吐露し、歌手としての希望YouTubeに託し、YouTuberとして活動を開始。第1弾として『POWER』を20年振りにフルコーラスで歌ってみたexit投稿。その中で当時ポケットビスケッツのサウンドプロデューサーだったパッパラー河合YouTube上での音楽活動を全面協する事を約束チャンネル開始当初はチャンネルの方向性やプロデュース千秋が行い、撮影・編集等の技術面をパッパラー河合が担当)
 翌年、活動として慣れて来た頃に今後の活動について報告。チャンネル登録者数が
10万人達成したらポケビのい曲を歌います」と約。これを2021年7月に達成し8月
千秋がポケビデビュー曲『Rapturous Blue』 を歌ってみたexit」を投稿。(撮影、編集、録音:パッパラー河合 編集仕上げ:千秋
 9月に今後の活動基準としてチャンネル登録者数が
「20万人突破でDays
「30万人突破でMy Diamond
「40万人突破でRed Angel
「50万人突破でYELLOW YELLOW HAPPY
の歌唱を約。また、25万人と35万人の突破でアルバム曲の中から披露を約。(5万人でアルバム曲のWhite Summer Heavenを披露済)
 50万人以降は新曲制作も発表(作詞は当時のCHIAKI&ポケットビスケッツ名義で書いていた千秋作曲編曲パッパラー河合制作予定で、千秋名義ではあるが事実上のポケットビスケッツ新曲制作が決定)
 そして100万人を突破した約として「ポケットビスケッツの復活(1日限定)」を約。それをTERUに報告した際は「確約は出来ない。いいけど約束は出来ないよ?」という返答を貰い、UDOに報告した際はUDOからは全面協する事を約束。こうして2021年9月に「ポケビ100万人登録者運動」が開始した。

 速同年9月に15万人を突破し、2021年10月約通り「千秋がポケビのViolet Moonを歌ってみた Album『カラフル』より」exit投稿。(録音:パッパラー河合 撮影、編集:千秋

発表シングル・アルバム

ちなみに、最初の頃は曲の一部に色が入った。

リバイバル歌唱集-チャンネル登録者100万人への道のり-

『千秋、ポケビ「POWER」を20年振りにフルコーラスで歌ってみた』exit2020年12月22日投稿
exit
『ポケットビスケッツ White Summer Heaven を千秋が歌ってみた』exit2021年1月22日投稿。5万人突破

『千秋がポケビデビュー曲『Rapturous Blue』 を歌ってみたexitexit2021年8月13日投稿。10万人突破
exit
『千秋がポケビのViolet Moonを歌ってみた Album『カラフル』より』exit2021年10月1日。15万人突破

関連動画

 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポケットビスケッツ

99 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 21:24:48 ID: U3IaYiI0ky
24時TVで今限り復活したみたいだな。
Twitterでは予想でポケビと言ってたらしいが、見事に正解

ボーカルの人ドラミちゃんなんだよね
100 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 23:24:10 ID: SeudoSbXB4
>>97
応援してたけど、ネットが発達した今それをやったらかれてただろうなあ。当時もかれてたかもしれんが
今思えば結構すごいことやってたな
101 ななしのよっしん
2018/08/26(日) 18:42:02 ID: b9i9WVJhan
ウリナリだったからこそここまでの伝説を築きあげられたんだろうし、
ウリナリだったからこそ短い期間でしか活動できなかったんだなぁ
野猿もそうだけど、番組で結成された本業じゃない人らのユニットってどうしても時間の限界く来ちゃうんだよな
それでももっともっと聴いていたかった
102 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 18:54:38 ID: 5U449qbkgQ
ポケビブラビにしろ、野猿にしろ、企画モノだからこそ「その時分に全で事に当たれる」ってのはあったと思う。
でもって、当時はテレビ番組が最後の煌めきを放ったとも言える時期。
そんな時期にガチ企画が来たら応援しないわけにいかんでしょ

カラオケ行くことも少なくなったが、行ったら歌う曲ではあるな。
103 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 19:00:40 ID: XCM9adYWkz
そうか、今の若い子は千秋といえばポケビじゃなくてドラミの人になるのか
104 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 12:02:59 ID: KUsAaZZVJe
ポケビの活動は2000年までだとすると
当時にポケビの署名活動をやってた小学生が8~12歳くらいだとして
今は20代後半くらいになってるね
105 ななしのよっしん
2019/09/15(日) 14:16:11 ID: zzZkThFpjx
今から考えるとかなりロック歌詞だな
テレビ局よく流してたな
106 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 11:27:28 ID: QyEdcvlZVh
>>100
良くも悪くもそういう手法が通用したある意味テレビ全盛期だよね
ガチンコ!とか今やったら打ち切り必死だろうし
107 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 02:03:33 ID: Uc9oHE0DGS
ポケビって世代的に名前しか知らなくて、
デレステカバー聞いていいなと思ったんだけど、
オリジナルPV見て他の曲も聞こうと思ったわ。
それくらい良かった
108 ななしのよっしん
2020/11/18(水) 00:39:37 ID: y3h1Uqi8d0
流星のような一の煌めきだった。
この言葉が一番似合うアーティストだとは思う。

小学校低学年でCD買うこともできなかったけど、アニソンとかライダーOPとか以外で初めて好きな曲になった。
それがPOWERだったよ。

急上昇ワード改