編集  

ポケモントレーナー単語

ポケモントレーナー

ポケモントレーナーとは、ポケットモンスターに出てくる職業いは肩書きである。

一応項だけ作っておいてリンクだけ繋いでおこうかなぐらいの項

概要

ポケモンを育てている人全般を差す言葉で、狭義にはその中でもポケモンバトルをする者を言う。そのため、主人公も、ライバルも、アロマおねえさんジムリーダー四天王チャンピオンフロンティアブレーンや敵の組織の面々もみんなポケモントレーナーとなる。似たようなものにポケモンコーディネーターやポケモンブリーダーも居るが、ポケモンを育てることと言うのはどのことでも繋がるのでコーディネーターでありポケモントレーナーブリーダーでありポケモントレーナーという人も居る。

大分すると一般トレーナージムリーダー四天王チャンピオンフロンティアブレーン悪の組織となる。

一般トレーナー

視線が合うと戦わなければならない人たち、お金稼ぎ、レベルアップのためなどに戦う。最初はたんぱんこぞうミニスカートぐらいしか出てこないが、話が進むとエリートトレーナーベテラントレーナーなどの実者も出てくる。
「むしとりしょうねん」「からておう」「サイキッカー」など専門タイプがあるトレーナーや、しいポケモンを出してくる「ポケモンコレクター」など何かしら傾向があるトレーナーも多い。
ポケットモンスター世界ではバトル以外にも様々な場所や用途で人とともにポケモンが活躍しており必ずしもバトル軸においている人ばかりではないのだが、「つりびと」が釣ったばかりのポケモンで向かってきたり、「さぎょういん」が作業用ポケモンで向かってきたりと戦闘的でないと思われるポケモンであっても挨拶代わりに戦いを仕掛けてくることもある。
主人公達やライバルストーリーに関わる一般トレーナーも存在する。

初代では「たんぱんこぞう」「ミニスカート」などそれぞれの肩書きで呼ばれていたが、
第ニ世代からは「たんぱんこぞうゴロウ」「ミニスカートのリカ」といったように名前も表示されるようになった。

第三世代以降はいろいろな肩書きを持ったトレーナータッグを組んでダブルバトルを挑んでくる場合があり、
「ふたごちゃん」「センパイコウハイ」「ラブラブカップル」といったタッグチーム専用の肩書きも存在する。

第五世代ではさらに種類が増えたが一般人ポケモントレーナーの見分けが付かなくなると言う事態が発生し、話かけるのすら場合によっては慎重にならないといけなくなった。パン屋とかパン屋とかパン屋とか……。

第六世代ではペアになったトレーナー(ダブルバトル)達がペア名が着くようになった。

主人公タッグパートナーなど特に肩書きのない人物、は「ポケモントレーナー」という肩書きが付く。
また、同じ肩書きを持っていても、性別や出現場所によってグラフィックが異なることがある。

一般トレーナーの種類

第一世代から:むしとりしょうねん、おとなのおねえさん、ジェントルマン、スキンヘッズ、きとうし、でんきやのオヤジ
二世代から:じゅくがえり、まいこはん、おまわりさんせんせいギタリスト、だいすきクラブ、、ビキニおねえさん
第三世代から:おぼっちゃま、いせきマニアうきわガールニンジャごっこ、ポケモンレンジャー、パラソルおねえさん
第四世代から:メイドアイドル、けんきゅういん、ポケモンごっこ、げいじゅつか、ぼくじょうおじさん、さぎょういん 他
第五世代から:ベーカリー、パイロットドクターバックパッカークラウンOLダンサー、園児 他  
第六世代から:スカイトレーナーローラースケーター 他

そして第五世代にはタイガという一般トレーナーではあるがその強さでプレイヤーの印に残ったトレーナーも居る。 

主人公ライバルなど、世代別ライバルはここも参照

ジョウト主人公アニメだとケンタマリナ、ゲームだとゴールドクリスタルになる。

 

 

カントー レッド
レッド
リーフ
リーフ
グリーン
グリーン
   
ジョウト ケンタ
マリナ
GBバージョン
シルバー
シルバー
ヒビキ
ヒビキ
コトネ
コトネ
ホウエン ユウキ
ユウキ
ハルカ
ハルカ
ミツル
ミツル
シンオウ コウキ
コウキ
ヒカリ
ヒカリ
ジュン
ジュン
   
イッシュ トウヤ
 トウヤ
トウコ
トウコ 
N
N
チェレン
ベル
ベル
イッシュ二年後  キョウヘイ
男主人公、ちょい女に見える
メイ
髪型凄いよね
ヒュウ
カロス カルム
カルム
セレナ
セレナ
サナ
サナ
トロバ ティエルノ
ティエルノ
 アローラ ハウ グラジオ

ストーリーに関わってくる一般トレーナー

カントー  ブルー
ジョウト ミナキ
ホウエン ミツル
シンオウ モミ
ミル
ゲン
マイ
バク

ジムリーダー

それぞれの地方最低でも八人居る。例外としてホウエン地方トクサネポケモンジムではジムリーダーは二人(双子ダブルバトル)居たり、イッシュ地方ではサンヨウシティポケモンジムでは相手のタイプにあわせるということで、ジムリーダーが三人いる。

八つあるポケモンジムリーダー、九割方エキスパートタイプと言う専門タイプを持っている。ジムには仕掛けがあるところもあり、解いたり中にいるトレーナーと戦ったりしてジムリーダーし、戦い、ジムバッジを得ることがポケモン本編的の一つとなっている。
初代では名前のみで呼ばれていたが、第2世代からは「ジムリーダー」という肩書きが付いた。
ジムバッジには特殊効果が着いていてストーリーを進めるための秘伝技が使える許可でもあるのでどうしても戦わなければならない。第五世代では秘伝技はジムバッジなしでも使えるようにはなったが、ストーリーを進める上でジムリーダーに便宜を図って貰ったりしないと先に進めないことばかりなので、ジム攻略はどのみち必須である。ジムリーダー一覧表は以下の通り、詳細はリンクを参照に。
バージョンによっては強化後のジムリーダーとも戦える。世代交代していたり、バージョンによってジムリーダーチャンピオンになったりしているところもある。また、第五世代ではBWだとソウリュウシティジムリーダーだとアイリスだとシャガとなっており、二年後のBW2では、ジムリーダーの一部に変更が見られる。ジムリーダーとしての役を降りた人物に関してはゲーム内で事情がられている。(戦う順番も一部変更が見られるため、変更があるところ記載)

カントー地方 タケシ カスミ マチス エリカ キョウ
アンズ
ナツメ カツラ サカキ
グリーン
ジョウト地方 ハヤト ツクシ アカネ マツバ シジマ ミカン ヤナギ イブキ
ホウエン地方 ツツジ トウキ テッセン アスナ センリ ナギ フウとラン ミクリ
アダン
シンオウ地方 ヒョウタ ナタネ スモモ マキシ メリッサ トウガン スズナ デンジ
イッシュ地方 ポッド
コーン
デント
アロエ アーティ カミツレ ヤーコン フウロ ハチク シャガ
アイリス
イッシュ二年後 チェレン ホミカ シャガ シズイ
 カロス地方 ビオラ ザクロ コルニ フクジ シトロン マーシュ ゴジカ

ウルップ

キャプテン・しまキング・しまクイーン

第七世代に登場。今までとは異なり、キャプテンに与えられた試練をこなし、しまキング・しまクイーンポケモンバトルをする大試練に挑むというアローラ地方独特の習にならう形になる。試練は基本的に「ぬしポケモン」を倒し、Zクリスタルを手に入れることでクリアとなるため、キャプテン自らと戦うことはないが、ストーリーをある程度進めた後にキャプテンの自宅などを訪ねるとイベントが発生したり、殿堂入りバトルツリーに現れる場合もある。
にいるキャプテンの数はそれぞれ異なるが、しまキング・しまクイーンは必ず一人存在している(ポニは一部例外あり)。
試練をクリアするとトレーナーパスにスタンプが追加される。効果は過去ジムバッジ同様他人から貰ったポケモンでもいうことを聞くようになったりショップで買える品数が増えるというもの。

メレメレ

イリマ

ハラ
(しまキング)

アーカラ スイレン カキ マオ ライチ
(しまクイーン)
ウラウラ マーマネ アセロラ

クチナシ
(しまキング)

ポニ マツリカ ハプウ
(しまクイーン)

四天王

バッジを八個集めてから行けるポケモンリーグに待ち受けている四人。彼等を倒すことでチャンピオンに挑める。第四世代までは四人に連続して勝たなければチャンピオンには辿り着けない。第五世代以降では戦える順番は自由に選べるようになったが、細かいところは変わっていない。アイテムは持ち込み放題なので物量作戦でも倒せるが、論、ある程度のポケモンレベルがあることは必須。専門のタイプを持っている点はジムリーダーと共通する。最近はバージョンによっては強化もされている。
初代では名前のみで呼ばれていたが、第2世代からは「してんのう」という肩書きが付くようになった。
キャラクターリンク参照。

リーグ本部
カントージョウト
カンナ
イツキ
シバ
キョウ
キクコ
シバ
ワタル
カリン
ホウエンポケモンリーグ カゲツ フヨウ プリム ゲンジ
シンオウポケモンリーグ リョウ キクノ オーバ ゴヨウ
イッシュポケモンリーグ シキミ  ギーマ カトレア レンブ
 カロスポケモンリーグ パキラ ズミ ガンピ  ドラセナ 
 アローラポケモンリーグ ハラ ライチ アセロラ カヒリ

 チャンピオン

四天王全員倒したら挑める人、リーグチャンピオンとも言う。リーグ最強チャンピオンを倒せば『殿堂入り』を果たして一応本編クリアと言うことにはなるが(第五・六世代は例外、第七世代は仕様が異なる)、本編を終わらせた後もポケモンはまだまだ続く。続くったら続く。最近は他のトレーナーのように強化されるようにもなってきた。詳しい説明はリンク参照。
手持ちはタイプが統一される場合と全にバラバラである場合に大きく分かれる。
元々は名前のみで呼ばれていたが、第2世代から「チャンピオン」が肩書きになる。

チャンピオンは一人ではあるが二人明記されているのはバージョン本編の年代によって違うため。あるいはストーリーの都合。

ポケモンリーグ本部
 (カントージョウト
グリーン
後のトキワジムジムリーダー
ワタル
ワタル
ホウエンポケモンリーグ ダイゴ
大誤算
ミクリ
ミクリさん
 
シンオウポケモンリーグ シロナ
初めての女性チャンピオン
イッシュポケモンリーグ アデク
アデク
N
N
 アイリスBW2
服はシャガさんがプレゼントしたのよ
 カロスポケモンリーグ カルネ    

フロンティアブレーン+サブウェイマスター+バトルシャトレーヌ

バトルフロンティアのそれぞれの施設のボス四天王ジムリーダーよりも強いとされている。とは言え、バトルフロンティアはほぼポケモンリーグのように戦うわけではないため、はっきりと強いとも言いづらい。
肩書きはそれぞれの施設ごとに異なっている。説明はリンク参照

サブウェイマスターとはイッシュ地方・ライモンシティバトルサブウェイという電車(地下鉄)に乗ってポケモンバトルで勝ち進んでいくと出会えるポケモントレーナーのことである。まとめてここに記述。

バトルシャトレーヌカロス地方バトルハウストレーナーORASにも出ている。

ホウエンカントー)・バトルフロンティア
リラ
リラ
ヒース
ヒース
ダツラ
ダツラ
アザミ
アザミ
コゴミ
コゴミ
ウコン
ウコン
ジンダイ
ジンダイ
シンオウ&ジョウトバトルフロンティア
クロツグ
クロツグ
ネジキ
ネジキ
ダリア
ダリア
カトレア&コクラン
オーナーのカトレアとブレーンのコクラン
ケイト
ケイト
サブウェイマスター
ノボリ
ノボリ
クダリ
クダリ
バトルシャトレーヌ
ルミタン ラジュルネ ルスワール ラニュイ

悪の組織

ポケモンを悪事に利用する組織。(結果的にではあるが)主人公によって解散させられるのがお決まりとなっている。
初代ではボス以外の全員が「ロケットだんいん」という同じ括りにされていたが、第2世代以降は「かんぶ」と「したっぱ」の2つに大きく分けられるようになり、また新たに女性グラフィックが登場した。
ちなみにこの「かんぶ」と「したっぱ」は一般トレーナーにおける「名前」と同じ位置付けにあった。
第3世代以降は幹部に固有の名前が付けられるようになり、またボスにも肩書きが与えられた。
各組織のボスは以下の通り。未だに女性ボスは登場していない。

ロケット団
カントージョウト
マグマ団
ホウエン
アクア団
ホウエン
ギンガ団
シンオウ
プラズマ団
イッシュ
 フレア団
カロス

 スカル団(アローラ)

サカキ
サカキ
マツブサ
マツブサ
アオギリ
アオギリ
アカギ
アカギ
N

 (ゲーチス
ゲーチス
アクロマ
アクロマ
 フラダリ グズマ

スマブラにおけるポケモントレーナー

以上を踏まえた上で、スマブラに登場するポケモントレーナーについても記述する。

大乱闘スマッシュブラザーズX」にてプレイヤーキャラとして登場。自身はステージには立たず、ステージの向こうからゼニガメフシギソウリザードンの3匹を交代で繰り出し他のファイター達と渡り合う。

デザインは「ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン」の主人公レッド(ポケモン))のものであるが、プレイヤーキャラとしての名前は「ポケモントレーナー」となっている。これにより、スマブラで操作できるポケモントレーナー原作に登場する特定かではないということ、ひいては同じデザイントレーナー世界中にいる(もちろん原作に同じデザインの人物が登場するという意味ではなく、同じゲームで遊んでいる人が大勢いるという意味)ことを強調するのに成功している。

ときおりアニメポケットモンスターと混同して「サトシ」などと呼ばれることもあるが、こちらのポケモントレーナーはあくまでゲームイメージスマブラ化したものであり適当ではない。声優半場友恵という方が担当しており、サトシとは別人だと思ったほうがよい。

アニメのポケモントレーナー

サトシもみんなポケモントレーナーではあるが最近では特徴のあるポケモントレーナーがよく出るようになった。ネタになりやすいのはダイヤモンド・パールに出てきたシンジタクトでだろうか。どんな人物か知りたい時はリンク参照。

サトシ シゲル タケシ カスミ ケンジ ハルカ ヒカリ シンジ 

タクト アイリス デント シューティー カベルネ ケニヤン ラングレー バージル コテツ など

ジムリーダー四天王チャンピオンアニメに出てくるが全員が出ているわけではなく、(ホウエン四天王とか)、キャラの性格も一部変わっている

ポケスペでのポケモントレーナー

二つ名を持っていたり、を持っていたりする者もいる。ポケスペはそれとポケモンVSトレーナーとかトレーナーVSトレーナー物理的な意味で)が起きたりもするため、身体をる機会が多い。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC
ページ番号: 4386861 リビジョン番号: 2645753
読み:ポケモントレーナー
初版作成日: 10/06/15 00:28 ◆ 最終更新日: 18/11/27 22:28
編集内容についての説明/コメント: ブルー追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ふりそでのキリカ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポケモントレーナーについて語るスレ

159 : ななしのよっしん :2018/08/21(火) 00:54:59 ID: 6mc+4VzXZr
リザードンに関してはポッ拳との差別化もあるんじゃないかなーと思ってる
160 : ななしのよっしん :2018/08/21(火) 11:40:52 ID: 7D78fjaHoY
>>157-158
なんか誤解されてるようだが、>>156で言ったのは
既存のファイター、つまりピカチュウミュウツーゲッコウガら、そしてこの3匹の中から
3匹自由に選んで、下必殺を交換に置き換えて出撃、という意味合いでのことであって
別に初代御三家以外を新しく出せとか言ってるわけじゃないぞ

もちろん、手間増えてだからありえないことは承知の上ということも書いてる
161 : ななしのよっしん :2018/08/21(火) 17:25:28 ID: h2XuR26IlG
なんというか下準備がめんどくさそう
162 : ななしのよっしん :2018/09/13(木) 04:31:32 ID: BEj+EZOXgK
あの三匹で全然いいと思うけれど、せっかく最初の三匹を採用するんだから、反動技や誓い、ピンチになると技の威あがる特性など、御三家特有の面い要素を活かした方が面いとも思う

特に誓いなんか三匹を入れ替えながら戦うシステムにもぴったりハマって面くなりそうじゃない

まあ今のままでも十分。御三家らしい御三家使いたかったら原作ポッ拳やればいい。色んな作品で補えるのがポケモンの良いところ
163 : ななしのよっしん :2018/09/13(木) 06:27:57 ID: FFBcVgLnnA
全然面くなるビジョンが見えない
164 : ななしのよっしん :2018/09/13(木) 08:02:37 ID: BEj+EZOXgK
>>163
なぜそう思ったの?参考までに聞かせてくれると嬉しい

交換ありきの技を作ってしまうとゼニガメだけ操作したい人とかにはデメリットだからかな。それか分かり辛くなるだけで初心者にも厳しいからかな

流とかを再現するとルカリオの波導と被るからつまらない
ブラストバーンとかを再現すると後隙が長くてクソ技になるからつまらない
こんなところかな
165 : ななしのよっしん :2018/09/13(木) 16:57:58 ID: UQ1h1YKJJA
切りふだが誓い技みたいなもんなんだよなぁ
トリプルバトルでさんみいったい出来なかったことは未だに根に持ってる
166 : ななしのよっしん :2018/09/14(金) 07:42:16 ID: BEj+EZOXgK
なるほど 自分みたいなのの逆も居るんだな
トリプル復活して逆輸入されるといいね
167 : ななしのよっしん :2018/11/19(月) 22:22:30 ID: puk8oBAgS4
下Bの硬直が大幅短縮された上1Fから無敵とかいうトンデモ仕様らしい
これだけいと色々使えそうだ…交代要素をこういう向きで推してくるとは
168 : ななしのよっしん :2018/11/27(火) 22:36:51 ID: MrbYcKGfGo
ポケモンというゲームプレイヤーのことってのも載せてほしい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス