ポケモンリーグ単語

ポケモンリーグ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ポケモンリーグとは、ゲームポケットモンスターシリーズにおける、最終決戦の場である。本項ではゲーム版について記述する。

概要

ポケモン世界において、強さや名めるポケモントレーナーす場所。

ポケモントレーナーの頂点に君臨する組織で、ポケモンジム運営などポケモンバトルに関する一切を仕切っているのもここと思われる。ちなみにポケモンリーグの「League」は「総当たり戦」というよりは「連盟」と訳すほうが適切だろうか。ハートゴールド・ソウルシルバーではラジオCMで連れ歩きの啓発活動も行っていた。

ポケモンリーグには「四天王」と呼ばれる凄腕トレーナー4人とさらにその上をいく「チャンピオン」がおり、彼らを相手に勝ち抜くことで最高のポケモントレーナーとして認定され、「殿堂入り」することができる。

どのポケモンリーグもまずはチャンピオンす強トレーナーや強な野生ポケモンがひしめく洞窟チャンピオンロード」に挑むことになる。ここを抜けて初めてポケモンリーグへの挑戦権を得ることができる。ポケモンリーグの入口にはポケモンセンターと高価な具をえたフレンドリィショップが併設されており、最後の準備をここですることになる。

そして各地の8人のジムリーダーよりも更に強四天王チャンピオン、計5人と連戦することになる。途中で1人にでも負けると失格となり、再び最初から挑戦することになる。ルールは通常のトレーナー戦とあまり変わりはなく具の使用も自由だが、「一度入ってしまえば負けるまで退室不可」「ポケモンの回復装置などは一切なし」と厳しいルールがついて回る。

カントーホウエンシンオウの各リーグでは決められた順番に連戦することになるが、イッシュカロスアローラの各リーグでは、四天王と戦う順番を自由に決めることができる。

ポケモンリーグを制覇し、殿堂入りすることでエンディングスタッフロールを見ることができる。これがゲームプレイ上で大きなひとつの節、他のゲームでいうところの「ゲームクリア」となる。

ちなみに四天王は常時ポケモンリーグに常駐する必要があるらしく、四天王に持つセキチクジムリーダーアンズ四天王の業務はを問わないため大変、とっている。一方、チャンピオンは気ままに各地を放浪する者が多く(各地で石集めをするダイゴ、各地で遺跡調をするシロナ、放浪し若きトレーナー導するアデク四天王を勝ち抜くトレーナー自体がまれなのかもしれない。
ファイアレッド・リーフグリーンでは四天王カンナが故郷である4のしまに帰し、その影でポケモンリーグ自体がお休みになったことがある。

各地方のポケモンリーグの場所と地名

カントー地方ジョウト地方
「セキエイこうげん」 カントー北西端。トキワシティから北西に向かった場所。ジョウトからはワカバタウンの東、トージョウのたきを抜けたその先になる。カントーもしくはジョウトジムバッジを8個集めた者のみが入場を許される。「ポケモンリーグ本部」とも言われており各地のポケモンリーグを統括していると思われる。赤・緑ではチャンピオンロード内に伝説のポケモンファイヤーが生息している。
金・銀ではバッジゲートが簡略化されており、さらにはシロガネやまへのゲートも兼ねている。シロガネやまへ入山するにはカントージョウトすべてのバッジを集めたうえでオーキド博士の承認を得る必要がある、とさらに厳しい条件が課せられている。
ホウエン地方
サイユウティ」 ホウエン東端。ルネシティトクサネシティなどから南東に向かった場所。サイユウティに囲まれたであり、BGMも重々しい他のシリーズと異なり穏やかで明るい音楽となっている。
リメイクオメガルビー・アルファサファイアではサイユウティ元ネタ沖縄県ということもあり、ポケモンリーグの建物が首里城を意識したものへとめられている。
シンオウ地方
「ポケモンリーグ」 シンオウ東端。ナギサシティから北に向かった場所。この地方のポケモンリーグは西洋の古を思わせるデザインとなっており、静かなBGMが流れている。
ちなみにチャンピオンロードからは224ばんどうろへと出ることもできるが、中は険しい地形に加え濃いもでるので突破は困難を極める。
イッシュ地方
「ポケモンリーグ」 イッシュ北端。ソウリュウシティの北に存在する。ポケモンリーグの外観はまさに古代の闘技場といった趣だが、内部は機械仕掛け満載で各四天王キャラクター性を表すかのような大層な仕掛けが施されている。ちなみに秘密組織「プラズマ団」がひそかにポケモンリーグを囲うように巨大なアジト「Nの」を建設しており、Nがチャンピオンアデクを撃破すると同時にNのが地上に出現、ポケモンシリーズとしては前代未聞のストーリーが展開されることに。
BW2ではソウリュウシティ北の通路が崩壊した影ジャイアンホールから西に向かうことになる。チャンピオンロードへつながる23ばんどうろにも強トレーナーがひしめいている。ポケモンリーグ自体の外観は以前と変わらないが内部の仕掛けが一新されている。チャンピオンの部屋には変化はないが、バトルが始まると宇宙空間を思わせる幻想的な間へと変化する。ちなみにNのは崩壊し、チャンピオンロード深くに沈んでいる。
大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』の「イッシュポケモンリーグ」はポケモンリーグの玄関が舞台となり、時折「Nの」も出現する。
カロス地方
「ポケモンリーグ」 マウンテンカロス中部ハクダンティエイセツシティから北側に向かった場所。この地方のポケモンリーグは非常に巨大なといった外見となっており、四天王の部屋もなかり大きめとなっている。
大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU』の「カロスポケモンリーグ」は四天王四人の部屋を回るという形式になっており、荘厳な建築を堪できる。
アローラ地方
ウラウラの「ラナキラマウンテン」山頂。カプの村から北に向かった場所でアローラ地方で最も標高の高い場所に存在する。
アローラにはもともとポケモンリーグが存在しなかったが、巡りの総仕上げとして、巡りを達成したトレーナーをラナキラマウンテンに招待し、各のしまキングクイーン4人と戦うという「大大試練」という、ポケモンリーグに近い儀式は存在した。それを、「アローラトレーナーの素らしさを世界に発信したい」とククイ博士揮を執り建設していた。主人公エーテル財団にまつわる一連の騒動を終結させたあたりで完成し、アローラポケモンリーグが発足する。
四天王にはアローラ各地のしまキングキャプテンなど選りすぐりのトレーナーが選抜されている。ラナキラマウンテン内部の洞窟に作られ、自然色を多く残しているのが特徴。チャンピオンの部屋は透明なドームとなっており、ウラウラを一望できる。
今までのポケモンリーグと違うのは、まだチャンピオンがおらず、この地方リーグが発足して初めての挑戦者が主人公であるという事。つまりリーグを勝ち抜く主人公が初代チャンピオンとなる。
殿堂入り後も再びリーグに挑む事ができるが、「もう一度四天王およびチャンピオンに挑戦する」のではなく、「チャンピオンとしてチャンピオンの間に訪れるにはいつでも四天王を下せる強さが必要」と言う理由で再戦。四天王を下した後はチャンピオンの玉座に座り、チャンピオンとして挑戦者を待ちうけ防衛戦を行うという図式になる。
その性質上、四天王の後に戦う最後のトレーナーは決まっておらず、毎回違う挑戦者がやってくる。顔なじみのライバルからまさかのモブトレーナー、初登場のトレーナーなど様々。
ちなみに今まではポケモンリーグのある地を訪れるにはチャンピオンロードと呼ばれる(またはそれに相当する)長いダンジョンを通り抜ける必要があったが、サン・ムーンではラナキラマウンテンの麓に呼ばれてから登頂するまでは意外と短い(大半をエレベーターで昇る)。1つ前にとても長いポニの大峡谷を踏破させられている関係だろうか。

四天王とチャンピオンの一覧

カントー地方

四天王 チャンピオン
カンナ シバ キクコ ワタル ライバル(グリーン)
こおり かくとう ゴースト ドラゴン 不定

ジョウト地方

四天王 チャンピオン
イツキ キョウ シバ カリン ワタル
エスパー どく かくとう あく ドラゴン

ホウエン地方

チャンピオンは、『ルビー・サファイア』『オメガルビー・アルファサファイア』ではダイゴ、『エメラルド』ではミクリ

四天王 チャンピオン
カゲツ フヨウ プリム ゲンジ ダイゴ ミクリ
あく ゴースト こおり ドラゴン はがね

シンオウ地方

四天王 チャンピオン
リョウ キクノ オーバ ゴヨウ シロナ
むし じめん ほのお エスパー 不定

イッシュ地方

チャンピオンは、『ブラック・ホワイト』ではアデク、『ブラック2・ホワイト2』ではアイリス

四天王 チャンピオン
シキミ カトレア ギーマ レンブ アデク アイリス
ゴースト エスパー あく かくとう むし不定 ドラゴン

カロス地方

四天王 チャンピオン
パキラ ズミ ガンピ ドラセナ カルネ
ほのお はがね ドラゴン 不定

アローラ地方

四天王 チャンピオン
ハラ ライチ アセロラ カヒリ 主人公
かくとう いわ ゴースト ひこう 不定

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポケモンリーグ

75 74
2018/11/25(日) 17:57:11 ID: 8yMwifI3fn
カンナサンドパンだったし、そもそもも外されていなかった…
76 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 10:23:13 ID: hq2oRsTOrX
四天王チャンピオンごぼう抜きする本家リーグと基本モブ相手とは言えかなりの連戦を強いられるアニメリーグどっちが難易度高いんだろうね
77 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 02:53:34 ID: 7JdU7WUA6W
アニメリーグはあの大会で優勝してようやくゲーム版で言うところの四天王に挑戦できる、とかそう言う仕組みだったような気がする。
設定を見る限りではアニメの方がハードそうな感じ
大会形式だからいつでも好きなタイミングで何度でも挑めるってわけでもなさそうだし、ほかの参加者もモブとは言え設定上少なくともジムバッジを8個集められる実はあるわけだしなあ…
アニメジムは各地方に8つと固定じゃないらしいから中には較的レベルの低いジムバッジを集めてしまったという参加者も居そうではあるが
78 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 14:35:42 ID: X3Uih7Z5KS
 アローラ地方において、巡りの総仕上げの大大試練が行われていたラナキラマウンテンポケモンリーグ建設を推進しているククイ博士巡り文化の破壊者
 ゲームだとポケモンリーグトレーナーの腕試しの面が強いけど、アニメとか漫画の媒体においてはスポーツ大会的な意味もかなり強いわけで、ククイ博士がやってるのは富士山頂にサッカースタジアムを建てるみたいなこと。
 カントージョウト地方シロガネ山そのものは避けてるし、シンオウ地方テンガンざんには建ててない。
 だけどククイ博士地方で一番高い山であるラナキラマウンテンを開発してポケモンリーグを作った。ただカントー式のポケモンリーグを作りたいならセキエイこうげんみたいに中あたりに立てればいいのに。
 一番に近い場所で最高のバトル々みたいなリスペクト素晴らしいんだけど、伝統的な文化である巡りをグロバルポケモンリーグシステムで上塗りしてしまうのはいただけないなと思う。
 地元民が挑戦する儀式としての巡りと、グロバルで商業的なポケモンリーグシステム
 地域おこしとし
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
79 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 10:47:00 ID: mvYwWxTA1u
>>78
むしろ巡りとポケモンリーグを両立しようとして、理やり各地にジムを建設して
ジムリーダー」と「キャプテンおよびしまキング」の間で対立が生まれて
アローラ地方全体にいがみ合いが発生、
みたいな方がよっぽど地域のためにならないと思う(マジレス

作中では描かれてないけど、多分しまキング全員に話をつけたわけでしょククイ博士
巡りの最高責任者であるしまキングたちの了承を得た上でのポケモンリーグ建設なら文化の破壊にはならないよ
あとラナキラマウンテンは、一見に見えるが、実はカプののお気に入りの場所でもないのもポイント
スーパーメガやすの愚行は繰り返していない
80 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 10:53:00 ID: yd/4HtNdld
元々巡りを終えた後にキングクイーンと4連戦する最終試練みたいなものがあって、それを達成して晴れ巡り終了って感じだった気がする。SMじゃその役割がポケモンリーグに移ったって感じかな
81 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 16:06:07 ID: 9BoXX7PZ8t
ガラル地方ポケモンリーグは巨大企業運営していてエンターテイメント化してるらしいけどなんか胡散臭すぎるな

アニメじゃ普通だったけど、ゲームジム戦やリーグ戦はトレーナーの試験みたいなもんだし見せ物じゃないんだよな
82 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 21:49:46 ID: uYiaMaA2OB
既にローズとオリーヴ黒幕説出てるくらい露アピールしてるもんなあ
83 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 09:34:26 ID: tDxXRc2Ikn
>>81
ピカブイポケモンジムは観客席が併設されてたりする
あとグレンジムは内装がTV番組のそれでグレンタウン一のエンターテイメントとまで言われてる

まあガラルはスポーツ行とかのノリが強すぎるけど
84 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 12:56:02 ID: rz557mRtI+
今作、ジム復活の代わりに四天王止説とか浮上してきてるんだが
頼むからガセであって欲しいな リーグ防衛戦は面かったけど、ジム四天王だけは普通ってる方がいいんじゃあ・・・